2018年02月14日

クラウド化でいいんじゃないかと...土木工事書類スリム化ガイド作成 関東整備局

書類の山書類の山 / khf_fjs

※イメージ画像です。

いつになったらペーパーレス社会は実現するのやら...

【働き方改革の一環】


minkabuの伝えるところによりますと、関東地方整備局が7日、「土木工事書類スリム化ガイド(PDFファイル)」を公表、削減可能な工事書類、紙と電子データによる工事書類の二重納品防止の徹底を図る、と伝えています。

記事に詳細が記載されているので、読んで頂ければよいかと思いますが、いくつか引用させて頂くと、
・作成不要な書類を添付しても工事成績で評価しないことを明記。

・段階確認書などで監督職員に代わり現場技術員が立ち会う場合、受注者は説明資料作成が不要とした。

・品質証明書は試験成績報告書や製品カタログなどの書類の添付を不必要とした。

などとなっているようです。

ガイドの発行は、同局が建設業の「働き方改革」を推進するために策定した「“地域インフラ”サポートプラン関東2017」に連動した取り組みだ、と記事は続けています。

【多少コストがかかっても...】


よい傾向ですね。
しかし、業務で作成する書類なんて、もはや9割がデジタル。なので、こういうのって、いい加減クラウド管理でいいんじゃないのかと...

システムにはお金がかかるかもしれませんが、長い目で見るとやはり色んな労力や時間をカットできてよいのではないかと思うんですけどねぇ。

昔、行政がらみのお仕事をいくつかやらせて頂いたことがありますが、恐らく日本で一番分厚いであろうファイルに死ぬほど書面を詰め込んで、それをダンボール数箱に詰めて台車で持ってきた業者さんがいましたが、恐らくこんなの出しても見ないだろうな...とか思ってました^^;。

あと、行政に提出する書類(入札とか報告書とか)は中身スカスカでも枚数があればあるほど信憑性が増す、とか言ってる人がいましたね┐(´д`)┌ヤレヤレ。

今回のガイドではこういうのは、評価しませんと明記されちゃうようなので、小賢しい手は使えなくなる、というわけですね。よい傾向です。(^^)

【関連記事】


報酬付き...交通やインフラに関する意見、ネットモニター募集 国交省

ちょっと期待だが...大量配布されるチラシを元に”リサイクル品”で還元 『e-Pod』

働き方改革本格化か...日建連・週休二日推進本部実現計画案を承認、周知アイテム作成も(2017)

荒んでるなぁ...獣害駆除で報奨金不正多発 全国で(2017)



(株)ケイエフの瞬発・多段式 非火薬岩盤破砕システム NRC



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!






posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。