2018年02月15日

そっちもあるか!?...融雪水使用増加で地下水渇水、地盤沈下の恐れも 富山

融雪装置融雪装置 / rch850

※イメージ画像です。

なるほど...そういうこともあるんですね...

【まさかの節水依頼...】


yomiuri onlineの伝えるところによりますと、大雪の影響で地下水を使う消雪装置の使用が増えたことが要因で富山県内で、地下水の減少が深刻だそうです。

記事によると、県は現在、富山市奥田北、高岡市能町、射水市作道の3か所で、24時間体制で地下水の水位を観測、地下10メートルの「安全水位」を下回ると、地盤沈下や、水圧が低下して海水が流れ込む「塩水化」が起きる恐れがある、と伝えています。

【融かした雪を返すとか...】


色んな問題が起こるもんですね...融雪して出来た水をそのまま地下に戻すとか...そんな簡単なことじゃないですかね^^;

ここに地震とかほかのチカラが加わるとさらに怖い事態となりますね...

【関連記事】


多少関係性はあると思うが...大雪の後には巨大地震が起きやすい!?

雪で外出しづらい今こそ防災食の消化を...『ローリングストック法』という考え方

豪雪地帯は注意を...雪の影響で土砂崩れ 京都(2017)

これはすごい!沈下したコンクリを高密度ポリウレタンフォームで押し上げる【PolyLEVEL】(2015)

今更感もありますが...地下水の使いすぎで断層地震が増える可能性 研究結果(2014)


(株)ケイエフの土ほぐし機 エアースコップ



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!







posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。