2018年03月20日

googleがトンネル掘削技術に参入?「HyperSciences」



※Gif画像は、IEEE Spectrumというサイトより拝借しました。

もうよくわからない世界ですね^^;

【ピストルみたいな掘削システム】


Googleがトンネル工事技術に参入するかもしれない、とtechableが伝えています。
正確には、HyperSciencesという掘削技術を買収するんじゃないか、という憶測なんですが...当のGoogle本体は否定している、と記事は伝えています。

この「HyperSciences」という掘削技術について、記事が丁寧に説明してくれているので引用させて頂くと、
HyperSciencesは、ドリルの前方からコンクリートによる発射体を秒速2km以上で発射する斬新な掘削システムを開発している。発射体は数秒おきに発射され、岩面を崩壊させていく。

地表から7km掘り下げる同社のシステムは、既存のシステムの10倍の深さで井戸を掘ることができ、世界中のあらゆる場所で地熱エネルギーの利用を可能にする

というものらしいです。

上記のGif画像がそのイメージのようで、IEEE Spectrumというサイトから拝借しました。^^;

この技術を使えば、1/5のコストで、2.5倍のスピードでトンネル掘削ができるんだとか...

【どこに向かっているのやら...】


イーロン・マスク氏のhyperloop構想といい、今回の、Googleが注目するトンネル掘削技術といい、最近のお金持ちは土木に興味津々なんですかね?^^;

やっぱ、この2者の構想からして見ている先は宇宙なんでしょうか...
このHyperSciencesで実際に掘削しているところを見てみたいものです。

【関連記事】


現況と約0.1秒前の画像を繰り返し比較で落石予兆を察知 大林組と岡山大学がシステム開発

もはや重機の近くにいる必要すらない、と!?...auの5Gで建機を遠隔操作、実証実験成功


(株)ケイエフの土ほぐし機 エアースコップ



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!






posted by ケイエフ at 08:38| 大阪 ☔| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。