2018年04月17日

397現場で労働安全衛生法に関する違反発覚!...近畿6労働局 建設業監督結果



※イメージ画像です。

65%強はひどいな...

【安全衛生法違反が6割強】


労働新聞社の伝えるところによりますと、 大阪、京都、滋賀、兵庫、和歌山、奈良の近畿2府4県の労働局が、平成29年12月に実施した609の建設工事現場に対する一斉監督の結果を公表、65.2%に当たる397現場で労働安全衛生法に関する違反が発覚した、そうです。

内訳の詳細も記事にありますが、「墜落・転落防止」違反が( ̄ロ ̄|||)なんと!?480事業場もあったそうです。

【人の命よりコストダウンですか?】


当ブログでも度々工事現場の事故をお伝えしていますが、必要最低限の安全確保は施さないとダメですよね。
ただでさえ、人手不足で、危険なところで仕事をするわけですから。

女性の進出も増えてきてることですし、しっかり安全確保する環境を整えましょう。
弊社では土木・のり面工事の安全具を多数取扱っておりますので、お気軽にご相談ください。

【関連記事】


安全確認は十分に...下水道工事で土砂に埋もれ作業員死亡

あんえいネットで守りましょうよ!鳥取で落石事故 作業員死亡

フルハーネス着用必須...あべのハルカス、日本一のビル屋上に屋外デッキ設置

ハーネスの準備は大丈夫ですか?第13次労働災害防止計画 答申 厚労省

第13次労働災害防止計画(2018年度〜2022年度)発表 厚労省




(株)ケイエフの土木・のり面工事の安全具



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!






posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 | Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。