2018年09月11日

引っ越すしかない?平成30年7月豪雨の傷跡まだ...団地の、のり面崩落2ヶ月手付かず



※イメージ画像です。

団地なので、管理会社と住人の話し合いの問題ですかね。

【行政の復旧工事の対象外】


中国新聞の伝えるところによりますと、西日本豪雨で崩落した岩国市の団地ののり面が2ヶ月手つかずで放置されている、と伝えています。

民有地の工事は所有者負担が原則なので、行政の復旧工事の対象外、住民は二次災害を懸念している、と記事は続けています。

【賃貸なのか、購入物件なのか?】


記事に画像がありますが、結構緊急を要する状態だと思うのですが...
ん?記事の画像、団地...なの??^^;

あら、なんか、違うところに意識が行っちゃいました^^;
記事に『海土路団地』とあるので、ぐぐってみたら、ここです、よね??

それっぽいところが団地の周りにないんですが...ほかにも同名の団地があるんでしょうか?
ちなみに、同地図の団地なら、県営団地なので県が対応しないといけない案件となるのですが...

ともあれ、これから秋雨前線の影響を受ける季節となるので、さらに崩れるとほんとに怖いですね。

賃貸なら引っ越せば済みますが、購入物件ならかなり頭の痛い問題です。
早急に対応が必要となりますね。

【関連記事】


平成30年7月豪雨の被害、ほかにも色々

平成30年7月豪雨、いろんな分野に被害波及

これは酷い...衛星写真でみる、平成30年7月豪雨の被害

【平成30年7月豪雨】斜面崩落5000箇所以上、しかも山頂部も多し...



(株)ケイエフの植生基材注入工 グリングリーンマット工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!







posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☔| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。