2007年12月05日

名神高速、のり面緑化でCo2減らそう、京のグループ植樹活動

京都新聞電子版によると、雑木の茂る京都市伏見区深草の名神高速
道路ののり面を美しくしようと、近くの京エコロジーセンターを活動拠点
とするボランティアグループが西日本高速道路(大阪市)と連携し、
緑化に取り組んでいる、とのことです。

付近の山の植生に習った樹木を植え、一帯を「森」にする、んだそうです。
グループは樹木の二酸化炭素(CO2)吸収量などを調べ、のり面樹林化
の有効性を探っていく、と記事は伝えています。

いいですねぇ。地域の植生に習った植生にするなら、弊社が推進する
植物誘導吹付工」で是非お願いしたいです。
植物誘導吹付工は、再生可能な植物質源を有効に活用し、多様な
土壌微生物による分解と自生種の種子を含む表土が混在した地域
素材を現地でリサイクルして、再生する方法です。

また植物誘導吹付工で使用する、酵素入り添加剤「はえる
ちゃん」
は、、大阪府の平成18年度ベンチャー新技術率
先発注モデル事業の「安全で豊かな環境の創造」という
テーマ
で、郷土植生誘導型法面緑化工法として弊社の添加剤
「はえるちゃん」を使った植物誘導吹付工法が認定されたスグレモノ
です。

地球温暖化には、やはり緑を増やすことが環境にやさしくてよいと
思うのですが、のり面緑化をご検討の自治体様、民間の方、
企業の方がいらっしゃいましたら、是非弊社の植物誘導吹付工を
ご検討ください。ご質問等ございましたら、お気軽に弊社営業スタッフに
電話メール、または弊社のホームページにお問合せフォーム
ご用意させて頂いておりますので、お気軽にお問合せください。

酵素入り添加剤 「はえるちゃん」
posted by ケイエフ at 10:18| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック