2008年04月01日

黄砂はやっぱり怖い?黄砂に汚染物質付着を確認

怖いですねぇ、、これ、やっぱりお隣の大国からですか?

nikkei netの記事によりますと、東大と名古屋大学のチームが
大気汚染物質が黄砂に付いて運ばれてくることを確認したと発表
したとのことです。

同チームは、黄砂の粒子が含む化学物質の種類を1粒ごとに連
続測定できる装置を試作し、3月16日夜―19日朝に東大構内で
約5万個の粒子を観測したところ、ほとんどから自動車や工場が
排出する窒素酸化物(NOx)や硫黄酸化物が原因とみられる
物質が見つかった、と記事が伝えています。

こういう問題の難しいのは、その汚染物質がどこで付着したか?
が問題となるわけで、明らかにお隣の大国で付着し、そのまま
日本に飛んできたと、特定できれば文句のいいようもあるので
しょうが、それを確実に特定できなければ、言い訳されてしまい
ますよね。まぁ、99%確実にそうなんでしょうが。困ったものです。

特定できたところで、飛ばさないで、と言えるわけでもないですからね。
環境対策をしっかりやってもらうしかないですね。

ケイエフは、チームマイナス6%に参加しています。
posted by ケイエフ at 09:31| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック