2008年04月17日

さかいIPC環境ビジネス研究会定例会に参加してきました。

昨日、さかいIPC環境ビジネス研究会の定例会があり、参加して
きました。

この研究会は、環境ビジネスへの進出や環境に配慮した
事業活動を行おうとする企業の情報収集や産学官のネット
ワークづくりの機会を提供することを通じて、中小企業の
新分野進出や企業間連携に寄与することを目的とした研究会で
現在23社が参加しています。

無論、弊社も参加しているわけですが、昨日のテーマは、
今年度の研究会の事業スケジュールと、現在活用できる
公的支援制度について、というものでした。

大阪はニュースなどでもご存知のとおり、財政が厳しい、
いや、もとい、危機的状況ということで橋本府知事が打ち出した
予算やり直し案から、公的支援制度の見直しもあるのでは
ないかと思っていたのですが、案の定、府の各種の本年度
制度案は、止まっているようです。

堺市の場合は、このような状況の中、新支援制度を2つほど
検討中とのことなので、がんばっているなぁという感じが
しました。

さて、そんな中で、今回の定例会で、ここ数ヶ月の環境がらみの
新聞記事を100ページに渡りプリントしたものを頂きました。
その記事を読み進めながら、ざっと世の中でどのような話題が
あるか、どんなビジネス展開があるか、についてディスカッション
していったのですが、その中で、南海電鉄の”水を使わないトイレ”
がとても好評を博していました。

わたくし、ちゃりんこ通勤なので、最近めっきり駅を利用することが
減っているのですが、そんなにいいのか??と思い、定例会の
帰りに南海電鉄 中百舌鳥駅に行ってみることにしました。

南海電鉄 中百舌鳥駅 トイレ1中百舌鳥駅のトイレは、改札の中にあるので、
電車を利用しない人は通常入ることができま
せん。
でもって、駅員さんにお願いして、トイレを
お借りすることにしました。勿論、目的は
用をたすことですよ(汗)

快くトイレ利用を許可頂いた、南海電鉄 
中百舌鳥駅の駅員さん、有難うござい
ました(汗)。
また、勝手にトレイ撮影しちゃって
ごめんなさい。

我が膀胱をすっきりさせて、さて、こっそりブログ用画像の撮影に
と思っていたら、人が...(汗)。そりゃそうです、駅のトイレ
なんですから。
無人になるのを待って、撮影したのが上の画像。

南海電鉄 中百舌鳥駅 トイレ2この”無水トイレ”、なぜそんなに
話題になっているのか、というと
まず、水を流さなくても洗浄水を
使わないので、環境にやさしく、
さらににおいもない、というのが
その最大の特徴で、研究会に
参加されていた方がおっしゃって
いたのですが、このトイレの
システム自体が海外のもの
だそうです。

さてさて、気になるその精度や
いかに?なんですが、まず、トイレに入ってみて臭いは?と思って
嗅覚に神経を集中していたのですが...???...いやいや
まぁこれぐらいは...???...

個人的な感想としては、やっぱり臭かったです...(汗)
まぁ、男性用トイレには”大”のほうの便器もありますからね。
ということで、ちょっと本日はトイレのレポートになってしまいました。


全国法面防災協会 イージーシェルフ工法
posted by ケイエフ at 10:29| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 出展・イベント参加レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック