2019年12月13日

覚えておこう、行動量と体重から必要な水分量を導き出す公式





職場から自宅までの徒歩ルート距離をちゃんと割り出しておきましょう。

【体重✕行動量(時間)✕5】


今年の夏に弊社社長が実際に職場から自宅まで徒歩で帰ってみた!という実験を行ったことは、以前、当ブログでご紹介しましたが、以来、社長は登山に目覚めたらしく、最近では登山を勤しんでいらっしゃるそうです。

そんな登山者となった社長のところに『山岳遭難セーフティーカード』なるものが送られてきた、そうです。

このカード、登山する際に登山者登録みたいなことをすると送られてくるようで、山岳遭難対策中央協議会という団体が発行しているようです。

手のひらサイズの折りたたみ式ブックレットみたいなものですが、そのブックレットの中に、『水分補給で快適安全登山』というコーナーがあり、登山で必要な水分量を計算する公式が掲載されています。




ちょっと見づらいかもしれませんので、テキストで書き起こすと

水分量の目安(ml)= 体重(Kg)✕ 行動時間(h)✕ 5


例えば、体重75Kgの人が5時間行動する場合、

75Kg ✕ 5時間 ✕ 5 = 1875 ml

の水分が必要、ということになるわけです。

先日の弊社社長が自宅まで徒歩で帰った際、4時間かかり、概ね2リットルの水分補給が必要であったことからすると、大体同じような水分量が出てますね。


【徒歩帰宅の祭に必要な水分量もこれで割り出せる】


上記の式を覚えておけば、災害発生時に交通手段が使えず、徒歩で職場などから帰宅する場合、必要な水分量を導き出すことができますね。

無論、汗(水および塩)をかくので、水分だけでなく塩分の補給も必要としますので、塩分も補給することを考えておく必要があります。

同ブックレットには、怪我や骨折、心肺蘇生法なんかも解説されていました。
心肺蘇生と言えば、かれこれ10年くらい前に、ビージーズのStayin' Aliveのリズムがよい、という記事も書きましたね
覚えておきましょう。



【関連記事】


ややこしいわ!震度は7が最高レベル、でも10段階って知ってました?

最終いくらになるのやら...最新の防災対策された住宅事情がすごい

ちゃんとした奴なら、ちゃんと効果あるのね...油圧式ダンパーが正しく稼働した場合の動き

自宅地域分ぐらいは落としておくとよいかも...日本のGoogleマップ、オフライン対応、まずはAndroidから

これは見ておいたほうがいい!気象庁発行のリーフレット「雨と風(雨と風の階級表)」

台風時で役立ちそうなモノ・こと 3つ




環境・防災・リサイクル(株)ケイエフ



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月12日

ぜん動ポンプで土砂を運ぶ試験機、NEDO



※画像は中央大学 中村研究室がyoutubeにアップしている動画よりキャプチャさせていただきました。

どれくらいのペースで搬送できるんでしょうか...

【腸のぜん動運動を機械的に模倣】


新建ハウジングdigital の伝えるところによりますと、 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が、竹中工務店、中央大学と共同で開発を進める、土砂の搬送が可能な「ぜん動ポンプ」の試験機を完成させた、とのこと。

仕組みとしては、加圧機構が経路上に分散して配置され、対象物を外部から遮断された状態で搬送するもので、今回の試験機では、土砂の粒子の性状・含水比・搬送特性の関係を分析し、ゴムチューブの形状の工夫や含水比を調整できる機構を設けることで、土砂の搬送が可能となった、とのことです。

将来的には、大深度・海底や月面などの極限環境での掘削・運搬作業への適用が期待される、土砂の搬送が可能な「ぜん動ポンプ」は世界初だと記事は続けています。

【歯磨き粉チューブを押し出す感じ?】


動画がアップされていたので、どうぞ。



もうひとつ、こっちのほうがイメージはしやすいかも。



見た感じ、歯磨き粉のチューブを押してチューブの中にある歯磨き粉を押し出す感じなんですかね?
弊社で取り扱っているジェクターは、コンプレッサーで空気を送って土なんかを搬送する機械ですが、それとはまた違うタイプですね。

土質や含水比を分析して調整できる、というところをもう少し詳しく知りたいところです。

ジェクターの場合もそうですが、水分を含んだ土というのは、どうしても搬送途中でホース内部にへばりついたりするので、これをスムーズに行うようにできるかどうかが大きなポイントです。

ベルトコンベアー並にスムーズに搬送できれば、それこそかなりの省力化となるのですがね...今後の開発に注目です。


【関連記事】


防氷剤は果物から...米大学が開発

色々応用が効きそう!あのメーカーが吹き付ける『人工皮膚』を開発

台風時で役立ちそうなモノ・こと 3つ

なんでもダイナミック...地面まるごと吸引しちゃう『Vacuum Excavation』

早く市場に出てほしいです!音の94%を遮断できる新しい素材を3Dプリンターで開発-ボストン大学


(株)ケイエフの強力空気搬送機 ジェクター



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月11日

防氷剤は果物から...米大学が開発

色づくぶどう色づくぶどう / kinumi.

※イメージ画像です。


塩をまくより、よっぽどいいですね。

【他の凍結防止剤よりもはやく氷を解かす】


techable.jpの伝えるところによりますと、アメリカの大学ではいま、塩化ナトリウムの代わりになる防氷剤の開発が進んでいるらしい。

その代替物は、ぶどうから作るられるようで、記事より引用させて頂くと、
ワシントン州立大学研究チームは、化学分解と自然発酵を行い、廃棄ブドウの皮から化学物質を抽出して溶液をつくった。このブドウ抽出物ベースの溶液が、他の凍結防止剤よりもはやく氷を解かし、コンクリートとアスファルトの損傷を大幅に減らして、近隣水域へのリスクも軽減することを研究チームは発見した。

だそうです。

ほかにボタンやテンサイやタンポポの葉、およびリンゴの廃棄物に適用できる、と記事は続けています。
同研究は、アメリカ国立科学財団、ワシントン州運輸省、および米国運輸省によって支援されているようで、今後に期待と記事はしめくくっています。

【路面を傷つけないで防氷できるのはよい】


果物の皮や葉っぱから抽出したエキスというのはよいですね。ぶどうだと、街にもよい香りが漂いそうです。

ちょうど今、そんなシーズンですしね。

コンクリートやアスファルトも経年劣化していくわけで、それを少しでも遅らせることができればそれに越したことはありません。

にしても、そのエキスを抽出するので、どれくらいのコストがかかるのかも気になるところですが...

【関連記事】


色々応用が効きそう!あのメーカーが吹き付ける『人工皮膚』を開発

日本でも通用するのかな?フィリピンの交差点交通事故対策




(株)ケイエフの土ほぐし機 エアースコップ



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月10日

うまく回ればこれにこしたことはない...浸水被害のお米をセメントの原料へ 宮城

DSC_4972-5DSC_4972-5 / zunsanzunsan

※イメージ画像です。

食べ物を粗末にしたら、目が潰れますからね。^^;

【セメント製造の燃料へ】


yahooニュースの伝えるところによりますと、宮城県大郷町は台風で水に浸かり、出荷できなくなったコメをセメントの材料にする取り組みを始めた、とのことです。

記事によりますと、大郷町内にある農協の倉庫に、台風19号で水に浸かり出荷できなくなった、町内の農家のコメ261トンが保管されている、青森県内のセメント会社の協力で、セメントを製造する際にコメを燃料の石炭と一緒に燃やし、灰をセメントの「材料」として活用するとのことです。

1日20トンずつ運び出し、12月20日までに作業を終える見込みだと記事は続けています。

【衛生的にもいい具合】


そういえば、先日は栃木で災害で出たゴミをセメント材料製造のための燃料にする、というニュースがありましたね。

台風15号とか19号でダメージを受けた農作物や、廃材の処理方法を考えるのも大変ですね。
特に食品系は腐食すると衛生面で新たな問題も発生しますしね。

セメント以外の使い道ってないもんですかね^^;

【関連記事】


耐久性は6〜9倍、ゴムみたいに柔軟な『コンクリート』を開発 ロシア

こんなに扱いづらいとは...プラスチック完全リサイクルが難しい理由

問題はコストだと思う...砂を最大50%代替でき断熱材のリサイクルにもなるモルタル、スペインの大学が開発

難易度高め?! 運送時に使用するパレットの再利用を考える『Palette Award』開催

溶けたりしないのかしら??...廃プラを道路素材にする試みが行われている、らしい。 米ダウ

すばらー!...災害ゴミをセメント製造のエネルギーに 栃木県の企業



(株)ケイエフのモルタル吹付け補強繊維



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!







posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月09日

ケイエフ 2019 まとめ





今年も残すところわずかとなりましたので、恒例の(株)ケイエフの一年をまとめてみました。

【イベント・展示会】


【6月】【イベント参加】EE東北’19でお手伝い

【9月】【イベント協力】 太陽光発電展 PV EXPO

【10月】【イベント協力】 建設技術展2019 近畿に出展

【10月】【イベント協力】#建設技術フェア2019イン中部でフラットキャップ展示

【事務局事業】


【1月】 【事務局対応】 #セーフティークライマー協会、インスタグラム開始しました

あまり更新できてない^^;。

【2月】【事務局対応】 #イージーシェルフ工法、CAD図面アップ 告知しました。

ご活用頂いておりますでしょうか?

【3月】【実績】#スーパーサッチャー設置例 福井県

【7月】【事務局対応】 全国法面防災協会 技術研修会 開催報告アップしました。

【10月】【事務局対応】 全国法面防災協会総会2019を開催致します。

【実績】


【1月】【実績】 山の調査時の安全確保 #あんえいネット

【4月】【実績】#コンクリートキャンバス施工事例 広島

【5月】【実績】#コンクリートキャンバス 施工事例 岩手

【5月】 【実績】#コンクリートキャンバス施工事例 兵庫

【7月】【実績】納入した #フラットキャップ が施工された現場 群馬建設新聞に掲載されました。

【7月】【実績】 #イージーシェルフ工法 宮城県 白石現場

【7月】【実績】 #あんえいeco落ネット 施工現場 兵庫

【8月】【実績】 #あんえいeco落ネット 落石止める 滋賀

今年一番の実績!\(^o^)/

【8月】【実績】 #補強繊維混合吹付による防草工事 岩手県 国交省現場

【9月】【更新】#エアースコップ と #シェクター の実績を更新しました。

【10月】【実績】#フラットキャップ、反射シール

【10月】【更新】 #フラットキャップ ページに動画設置しました。

【11月】【実績】 #コンクリートキャンバス 施工例 広島

【12月】【実績】 #セーフティークライマー工法、北海道胆振東部地震斜面復旧工事

【取扱製品】


【1月】 【新取扱商品】重機等が進入不可能な場所でも施工可能! #コンクリートキャンバス

【5月】【新取扱商品】注意看板が車椅子になる!『マルチ看板』

【9月】【お知らせ】 #安全基本行動リストテープの取扱いを開始しました。

【9月】【お知らせ】 工事現場専用カメラ『Olympus TG-6工一郎』取り扱い開始

【10月】【お知らせ】 #鉄筋挿入工非破壊調査装置NND 説明

【その他事業関連】


【1月】 【お知らせ】 #ケイエフ、 #Instagram開始しました。

最近あまり更新できてない(T_T)。

【2月】【更新】 イージーシェルフ工法、CAD図面アップしました。

【9月】【お知らせ】 #補強繊維混合吹付 による防草、のリーフレットを作成しました。

【10月】【更新】 #アールティーフレーム工法 CAD図 アップしました。

【10月】【更新】 #スーパーサッチャー、仕様変更およびパンフ更新

【10月】【更新】 #イージーシェルフ工法、 #ケイエフ総合パンフレット、更新

【11月】【更新】 #安全確保アイテム 関係カタログ、更新しました。

【11月】【お知らせ】#藤井電工、 #ハーネス型墜落制止器具、傾斜面作業用新規格対応型を発表


【その他】


【1月】【社会貢献】カレンダー市に寄付します!

【3月】【地域交流】#堺市駅前スマイルファミリーフェスティバル 開催

【4月】【お知らせ】 #大阪エヴェッサ のオフィシャルパートナーになりました。

【5月】【環境活動】Coolbiz ポスター2019

【8月】【防災の日直前特別コラム】職場から自宅まで歩いてみたことありますか?...実録!通勤サバイバルにチャレンジした男の話。

弊社社長が実践してみた避難記録です。

【こうしてみると...】


配送受難のいち年でしたね...遅延お知らせ多い...
来年はスムーズにお仕事できるようになるとよいのですが。


年末年始の弊社の営業案内については、弊社の更新ブログ『KF Logs』をご覧頂ければ幸いです。


【関連記事】



ケイエフ 2018年まとめ

【まとめ】ケイエフ2017のまとめ


安全・防災・リサイクルの(株)ケイエフ



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月06日

これは興味深い...船舶航路上では落雷が多く発生する、その理由

タンカータンカー / n.kondo

※イメージ画像です。


これって、ひょっとして、工場なんかの近くも落雷多かったりする??

【これもある意味、人災?】


Wired.jpに非常に興味深い記事がアップされています。

船舶が航行する海上ラインでは雷発生率が、同じような気候条件にある周辺地域の2倍になる、というのです。

詳細は記事を読んで頂ければよいかと思いますが、ざっくり要約すると、タンカーなどに使われる粗悪な燃料(バンカー燃料、というらしい。)に硫黄が大量に含まれており、これが雲の元になる、粒子が多いほど雷は多発するらしいので、船が航行時に燃やす燃料から放出される硫黄が雷発生率を上げている、これが航路上での雷発生率アップのメカニズム、らしいです。


【大気汚染はそういう意味でも重要課題】


大気汚染は人体に大きな影響を及ぼすので、危険なわけですが雷を発生させる元になる”軽い雲”を作り出すことにもなるので、宜しくないですね。

上記の記事は船舶の話ですが、工場なんかが排出する煙にもこういう要素を多分に含んでいるのではないですか?
そうなると、都市部でも同じように雷発生率を上げてる可能性があります。

この時期にお隣大国から流れてくるPM2.5なんかも影響しちゃうのかしら....北欧のエコなお嬢ちゃんじゃないですが、環境問題はもう少しちゃんと考えたほうがよいかもしれません。


【関連記事】


気候変動で起こるさまざまな事象が話題

こんなの、マンガでしか見たこと無い...11月12日の桜島噴火の映像が美しい、と話題。

これはどうにも出来ない...集中豪雨にも影響、『大気重力波』という現象

現場仕事の皆様、気をつけましょう...仮設トイレで爆発 米フロリダ

これぐらいになるとさすがにビビる...メキシコで車を押し流すほどの大量のヒョウが降る

なんか、バチでも当たった気分になりますね...ロケットに落雷する映像がアップされる




(株)ケイエフのロックボルト関連部材



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月05日

どんどん面倒臭くなりそうな...『住宅用太陽光発電』も立ち入り検査対象に 経産省

太陽光パネル太陽光パネル / kennejima

※イメージ画像です。


住宅用太陽光発電って、意外と普及してるんですね。


【台風などの自然災害増加につき...】


msnニュースの伝えるところによりますと、経済産業省は、住宅用の太陽光発電設備の安全規制を強化する方針を固めた、とのことです。

重大事故が発生する恐れがある場合や、実際に事故が発生した際に立ち入り検査できるようにする、大型台風で太陽光パネルが飛ばされるなど重大事故への懸念が高まっているためで、来年の通常国会に電気事業法改正案を提出する方針だ、と記事は伝えています。

【メガソーラーのほうが多いと思ってた。】


記事に、太陽光発電設備の7割が住宅用だと記載されていて、びっくりです。
そんなに太陽光発電が普及しているとは...

何年か前から、太陽光発電のパネルが台風なんでかすっ飛ばされてるニュースをあちこちで見かけますが、飛ばされた後も発熱してるので処理にも困る、というニュースもよく見かけます。

台風も大型化する昨今、安全規制することは大事なのですが、ただでさえ売電価格が下落してメリットが薄れつつある太陽光発電、さらに面倒な手続きやら安全性を個人宅に求めるとなると、誰もやらなくなるのでは...



【関連記事】


なぜソーラーパネル!?道路に埋め込むタイプのソーラーパネル「Power Ground」

野良パネルが増えなければいいが...太陽光発電、全量・固定価格買い取り終了を検討 経産省

場所と規模が問題...メガソーラー建設、各地で反対の意見

色々応用できそう!瑞典発の熱調節可能な窓フィルム




(株)ケイエフの墜落制止用器具ほかハーネスなど安全確保アイテム



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月04日

水洗いOKで最長16時間暖かさ持続のベスト「Warm Geek Best」がクラウドファンディングに登場





水洗いOKなら、現場仕事でも重宝しそうです。

【素材的には3年以上使用可能、らしい。】


techable.jpで紹介されていた『Warm Geek Best』がよい感じです。

同アイテムは、記事によるとウォッシャブルな防寒ベストなんですが、Makuakeでクラウドファンディング中です。

詳細は記事を読んで頂ければよいかと思いますが、ざっくりその特徴をピックアップすると、

・38〜53度の間で暖かさを4段階調整、可能

・容量5000mAhのバッテリーを使用した場合、38度設定で10〜16時間、53度設定で4〜10時間暖かさを持続可能。

・表面は超撥水性。そして洗濯(水洗い)もできる。

・薄くて、軽い

・税込9280円から支援可能(送料込、2月お届け予定)


となっています。

目標額20万円(え?20万??)に対し、すでに10倍以上の額を集めているようです。

【薄くて軽いのはよいですね。】


通気性とかちょっと気になるところはありますが、ベストなら作業するにも動きやすく、薄くて軽いようですし、洗濯もできるなら現場仕事の方にもコスパがよいのではないかと。

これでサイトにあるように3年使えたら、十分減価償却できますよね。
支援は12月30日まで受け付け、来年2月末までのお届け予定らしいので、なんとかこの冬の防寒に間に合いそうです。

気になる方はチェックしてみてはどうでしょ?

【関連記事】


防水規格IP65をクリアなのでアウトドアでもOK、1万mAhバッテリーのヒーティングパッド『ColdProof』が資金調達中

ショールームとかにはよいかも...窓拭きロボ ホームタイプ『Limodo Window Wizard 』が資金調達中

空調服よりエアコン服だ!...sonyが『着るエアコン』を開発、その名も『REON POCKET』

朝昼晩いつでもOK?...1万円で生涯『納豆定食』無料なクラウドファンディング挑戦中。




(株)ケイエフの安全確保アイテム、ハーネス



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月03日

地震大国日本でも大丈夫?...海底の下にCo2を閉じ込めることに国内初成功 

ドライアイスドライアイス / yuuki.miyo

※イメージ画像です。

ドライアイスになりそう...

【海底下の深さ1100〜1200メートルと2400〜3000メートルに送り込んで】


yahooニュースの伝えるところによりますと、「日本CCS調査」は25日、北海道苫小牧市沖の海底の地中に、地上の排出ガスから分離した二酸化炭素(CO2)を封じ込める技術(CCS)の実証試験で、22日、計画していた30万トンのCO2の圧入に成功したと発表した、とのことです。
(※yahooニュースの記事がリンク切れとなっているようなので、読売新聞の記事でどうぞ。)

今回の実験では、出光興産北海道製油所の排出ガスをパイプで引き込み、ガスの約半分を占めるCO2だけを取り出す、その後、海底に向けて斜めに掘り下げた井戸を通じ、圧縮したCO2を海底下の深さ1100〜1200メートルと2400〜3000メートルに送り込んで封じ込めた、CO2の流出はなく、監視を続ける、と記事は続けています。

【これだけ深いと地震の影響はないのか...】


なんか、ものすごいことやってますけど、すごいお金かかるんじゃないのかと思うんですが、地中にCo2を埋める意味はなんなんですかね?

温室効果ガス削減方法にも色々あると思うのですが...

日本の周りにはいろんなプレートがあり、地震の元になってるかと思うのですが、プレートがズレて地震が発生した際に、埋め込んだCo2が一気に放出とか、ないんですかね?^^;

色々気になることが多々ありますが、地球温暖化が進む昨今、待ったなしで温室効果ガスの削減が世界的に叫ばれているので、これが功を奏することに期待です。



【関連記事】


食べても大丈夫??...堺の川にマイワシとおぼしき魚群が遡上

11月6個目の台風発生と温室効果ガス濃度が過去最高

日本にもあるのか!?致死的濃度の二酸化炭素がたまる場所『Mazuku』

気候変動で起こるさまざまな事象が話題

侮れない牛産ガスを抑制したら、牛が健康になって管理費減でウハウハになったでござるの巻。(2013)

温室効果ガス減らし、牛の育ちをよくする【スーパー牧草】開発される。(2013)



(株)ケイエフの土ほぐし機 エアースコップ



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!







posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月02日

けが人がでなくてよかった...会津鉄道で土砂崩れ、電車が乗り上げる

P5254183
P5254183 / omoon

※イメージ画像です。


この時間はまだ暗い時期ですからね...気づいても対処不可能かも。

【発見とともにブレーキかけるも、間に合わず】


response.jpの伝えるところによりますと、福島県の会津鉄道会津線で11月27日、会津田島5時24分発の上り始発列車が脱線する事故が発生した、とのことです。

NHKでも同ニュースを伝えており(こちらは動画があります)、その記事によると、当時、乗客11人と運転手が乗っていましたが、けがはなかった、線路脇ののり面が幅5メートルほどにわたって崩れ土砂が線路上に流れ込んでいた、と続けています。

【年末だし、色々気をつけないと...】


5時台だと、この時期、まだ真っ暗ですからね...怖い、怖い。
年の瀬が近くなると、何かとバタバタするので注意散漫になりがちですし、そこへ災害が起こったりすると反応が遅くなったりします。
寒いし。

自然災害なので、ある種やむを得ないのですが、気をつけなければいけませんね。
けが人、死人がでなくてよかったです。


【関連記事】


線路に土砂流入...群馬 JR上越線で脱線、すでに運転再開

一週間でこうなるのか...地面より高いところの線路がみるみる水没するタイムラスプ映像

なんか斬新...お馴染みの黄色いアイツが線路を走る映像

大雨のあと、らしい...静岡県の県道で土砂崩れ、一時174世帯が孤立

開発業者が倒産...台風被害の近鉄沿線のり面崩落災害、復旧は住民で負担1億円(2018)



(株)ケイエフのコスト縮減型吹付法枠 アールティーフレーム工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月29日

老朽化も進むしね...工事成績評定見直し 維持修繕を加点評価

三軒家毒ガス貯蔵庫跡三軒家毒ガス貯蔵庫跡 / zamojojo

※イメージ画像です。

色んな構造物がそろそろ限界に来てるみたいだし。

【他の工種も評価対象とするケースがあり得る】


建通新聞の伝えるところによりますと、国土交通省は、直轄工事の「請負工事成績評定要領」の運用を見直し、維持修繕工事の受注者を加点する新たな評価項目を設ける、とのことです。

詳細は記事を読んで頂ければよいかと思いますが、ざっくり要約すると、他工種と比べて工事成績の平均点も低く受注意欲が低い、維持修繕工事でも評定点に1点を加点できるようにする、という内容です。

12月1日に入札公告する工事から適用する、と記事は続けています。

【いっそのこと通常の工事の加点条件にしてしまえば?...】


こと土砂災害に関して言うと、今年は特にあちこち土砂災害が多発したので、工事業者さん的にはそこまで手が回りません、という状態。

なので、どうしても収益率の高い、緊急性の高い工事へ行くのも致し方ないのかもしれません。

ただ、補修や維持管理も定期的にやっておかないと、今後、それが事故や災害に繋がるので、しっかりやらないといけないわけです。

割り振るとなると問題でしょうけど、何件維持管理・補修工事をやらないと他の工事点数減らしますとか(やりすぎか!?^^;)、どうしてもやらないといけなくなるような条件を付けてみてはどうですかね?

あと、点数もさることながら、やはりある程度利益が出るような発注の仕方は必要なのではないかと。
お仕事なので...

【関連記事】


やはりエグかった...台風19号の土砂災害被害 20県821件で過去最多

これはよいかも...タクシーの「事前確定運賃」が認可された件

いま一度見直しを...ノーマーク地域でも土砂災害 群馬

住宅被害増大で...盛り土の災害対策 補助率引き上げへ 国土交通省

賃貸居住者は一度見ておくとよいかも...賃貸住宅でのDIY、やってOK? NG? が1分で分かる判定ツールを開発 一般社団法人HEAD研究会



(株)ケイエフの反応型けい酸塩系表面含浸材 リアル・メンテ



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月28日

11月6個目の台風発生と温室効果ガス濃度が過去最高


ケイエフブログ アイキャッチ

※画像はrakuten newsの記事よりキャプチャさせて頂きました。


マジか...言い方は悪いですが、日本にはほぼ影響ないですが。

【11月、6個目】


rakuten newsの伝えるところによりますと、11月26日(火)9時、マリアナ諸島で発達中の熱帯低気圧が台風28号(カンムリ)になったとのことです。

記事によりますと、この台風は日本には影響しない模様だが、平年の11月の台風発生数は2.3個に対し、同台風は今年の11月の台風としては6個目。1991年以来で28年ぶり、1951年以降の記録では最多タイ、だそうです。

そして、このシーズンの台風は日本には影響しないようですが、アジア諸国では年明けまで台風シーズンが続くので、年末年始をアジア諸国で、とお考えの方は要注意です、と記事は続けています。

【温暖化はやっぱり影響大きいのでは...】


日本を直撃するわけではないとは言え、つい先日の27号でしたっけ?、も沖縄周辺まで北上し、それが前線を刺激して関東以北で大雨となったところも多いようですし、油断できないですね。

そもそもまもなく師走を迎えるというのに、日本の南のほうで台風が発生するというのも如何なものかと...

WMO(世界気象機関)がこの25日に発表したところによると、温室効果ガスの平均濃度が観測以来、過去最高に達したというニュースがも流れています。

海水温の上昇が台風発生の原因と言われるので、この地球温暖化はますます見過ごせない課題となりそうです。

台風や大雨、ゲリラ豪雨、そしてこのシーズンからのどか雪、こういうところが全部関係してくる問題ですしね...

今後、ますます気象情報から目が離せなくなりそうです。

【関連記事】


最終いくらになるのやら...最新の防災対策された住宅事情がすごい

やはりエグかった...台風19号の土砂災害被害 20県821件で過去最多

気候変動で起こるさまざまな事象が話題

これはどうにも出来ない...集中豪雨にも影響、『大気重力波』という現象

これは見ておいたほうがいい!気象庁発行のリーフレット「雨と風(雨と風の階級表)」


のり面工事資材販売の(株)ケイエフ





(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月27日

ご苦労さまです...土砂災害に備えて消防が訓練





どんどん救助テリトリーが増えて大変そうですね。ご苦労さまです。

【全国で初めて】


日テレNEWS24の伝えるところによりますと、富山県の高岡消防署が土砂災害に備えて救助訓練を行った、とのことです。

記事に動画がありますが、全国で多発する土砂災害、富山県内でも昨年度33件の土砂災害が発生していることから、担当者は危機感を持って訓練していきたい、とコメントしています。

【発生後早急に動ける組織があるのは頼もしいことです。】


レスキューに携わる人たちも大変ですね。
いろんなシチュエーションの人命救助に対応していかなければならないわけですから。

以前弊社でロープ高所作業の特別教育を行った際にも、消防関係の方からご連絡を頂いたことがあります。

確かにここ最近、民家の裏庭の山が崩れて巻き込まれた、などのニュースもよく聞くようになったので、レスキュー関係の人も対応訓練が必要になりますね。

地域にこういう訓練された組織があると、心強いものです。
ちなみに、堺市にはそういうレスキューのための施設があります。


【関連記事】


電波飛距離は世界最高峰、登山趣味の人には、必須かも『Life Beacon』

ナイスなアイデアだが、いいのか、これ!?高所から救護者を下ろす一つのアイデア

映画が一本できそう...『スモークジャンパー』というお仕事を知ってますか?(2017)

労働安全衛生規則が改正になってるんですが...消防隊員が和歌山城の石垣を清掃 和歌山市(2018)

なんという瞬発力&パワー...飛び降り自殺の男性を階下の窓から受け止めた消防士(2018)


(株)ケイエフの強力空気搬送機 ジェクター



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月26日

ややこしいわ!震度は7が最高レベル、でも10段階って知ってました?





学術的には、それでいいんでしょうが、一般ぴーぽーにそれ言われてもねぇ...

【震度8以上は無意味かも、って...】


人間の脳というのは、数が大きいほど威力もでかいと勝手に思い込んでしまうわけで、7という数字を示されるとさすがに10よりはマシか、とそりゃ思っちゃいますよね?

しかし、こと地震の震度においては7が最高レベルらしいです。
しかも、7なのに、震度は10段階ある、とか...ナニソレ?おしいいの?って感じです。

そんなお話をひろぶろで紹介されていたので、ご紹介。
動画をどうぞ。頭こんがらがっちゃうかもですが。



ともかく、震度は7が最高レベルってことだけは頭にいれておきましょう。


【関連記事】


ちゃんとした奴なら、ちゃんと効果あるのね...油圧式ダンパーが正しく稼働した場合の動き

知らなんだ...『余震』という言葉がニュースから消えた理由

内閣府防災がアップした南海トラフ地震対策の動画に役立つ情報が満載、だと話題。

マジか...マグニチュードの威力を可視化するとエグいことになる、という動画

マグニチュード12で地球まっぷたつなのか...改めて、『震度』と『マグニチュード』のお話(2017)




(株)ケイエフの土砂崩れ検知・警報装置 スーパーサッチャー



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月25日

大雨のあと、らしい...静岡県の県道で土砂崩れ、一時174世帯が孤立

Mount TakaoMount Takao / Dick Thomas Johnson

※イメージ画像です。

何日か前に大雨が降った模様。

【梅ヶ島温泉につながる静岡市葵区有東木の県道】


読売新聞オンラインの伝えるところによりますと、20日午前5時45分ごろ、梅ヶ島温泉につながる静岡市葵区有東木の県道で、通行人から「土砂崩れで道がふさがっている」と静岡中央署に通報があった、とのことです。

記事によると、のり面から土砂が崩れ、長さ15メートル、幅5メートル、高さ4メートルにわたって道をふさいで、道路の分断、温泉の宿泊客や梅ヶ島地区の174世帯約400人が一時的に孤立した、と続けています。
けが人等は出ていない模様。

【まだ台風が発生する時期なので...】


だいぶ落ち着いたとはいえ、まだ台風が発生する時期であり、先日の台風27号は本州に上陸こそしなかったですが、本日の雨はこの台風の影響と言われてます。

まだまだ油断出来ないですね。
この冬は降雪量は減るようですが、どか雪の回数は例年と変わらないらしいので、色々注意が必要です。

【関連記事】


やはりエグかった...台風19号の土砂災害被害 20県821件で過去最多

泣きっ面にハチ...千葉、福島など土砂災害など多発、二次災害も...

いま一度見直しを...ノーマーク地域でも土砂災害 群馬


台風による前線刺激の影響か...静岡、長野で土砂災害

文化財にも被害、日本三景・松島でのり面崩落、9県で40件被害




(株)ケイエフのコスト縮減型吹付法枠 アールティーフレーム工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月22日

最終いくらになるのやら...最新の防災対策された住宅事情がすごい

PICT6403
PICT6403 / Travel-Picture

※イメージ画像です。

いやもう、ノマ...いやそれを言っちゃぁおしまいですかね?^^;

【気象連動で蓄電、逆流防止弁つき配管などなど】


NHK News Webで最新の防災対策住宅設備の特集記事が組まれています。

詳細は記事を読んで頂ければよいかと思いますが、これがなかなかすごいです。

例えば、

・気象情報と連動して夜間の電気代が安い時間に電力会社から電気を買取り、夜間でも常時蓄電池が満杯になっている状態にしておくシステム

・EV車から電気供給できるシステム

・井戸の設置

・水圧に耐えられる窓ガラス

・逆流防止弁付きの配管

などなど...これでもかというぐらい、都市災害対策システムが紹介されています。


【全部付けたら、いくらになるのやら...】


激甚化する日本の自然災害な昨今なので、どれも欲しいシステムではありますが、最終あれこれ付けたら『家』という人生でもっとも高い買い物はおいくら万円になるのでしょうか...

もはや庶民が手を出せる代物ではなくなっているような気もします^^;
そして、ここまでがんばってあれこれ付けて、最終被害に遭いました、なんてなったら目も当てられませんね。

いっそのこと、国をあげて住宅すべて『カッパドキア』化計画とか考えてみてはいかがかと...

これからマイホームの購入を検討されてる方は、記事を一読してみるとよいのではないでしょうか。

【関連記事】


ちゃんとした奴なら、ちゃんと効果あるのね...油圧式ダンパーが正しく稼働した場合の動き

自宅地域分ぐらいは落としておくとよいかも...日本のGoogleマップ、オフライン対応、まずはAndroidから

これは見ておいたほうがいい!気象庁発行のリーフレット「雨と風(雨と風の階級表)」

制度設計が必要かと...公共施設の避難所化における課題が浮き彫りに...

台風時で役立ちそうなモノ・こと 3つ




(株)ケイエフのコンクリートキャンバス



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月21日

やはりエグかった...台風19号の土砂災害被害 20県821件で過去最多

あれ? 速度落ちとる… 実は、14日の方が #台風19号 ヤバい?あれ? 速度落ちとる… 実は、14日の方が #台風19号 ヤバい? / ながいの

※イメージ画像です。

こんなのが年に数回来るとしたら、狂気以外のナニモノでもないですね。

【2004年の台風23号襲来時を上回る】


徳島新聞の伝えるところによりますと、台風19号による土砂災害は国土交通省の6日午前8時時点の集計で821件に上り、一つの台風がもたらした被害としては記録がある1982年以降、最多となっていることが分かった、とのことです。

各都道府県が国土交通省に報告した災害内容を集計すると、

■崖崩れ394件

■土石流383件

■地すべり44件

(2019/11/6 午前8時の時点)

と記事は綴っています。

【豪雨は年々ひどくなる。】


今回の土砂災害の主な原因はやはり広範囲にわたる記録的な大雨だと記事は伝えていますが、雨の量は年々ひどくなりますね。

年々防災を真面目に意識しないといけなくなっていくのは、ちょっと辛いです。
しかし、日本に住んでいる以上、いろんな自然災害を全く無視できないので仕方ないですね。

先日もお伝えしましたが、この冬は短時間の大雪があるっぽいのでそちらも気にしたほうがよさそうですし。

山間部に近いところにお住まいの方は、さらに気をつけましょう。

【関連記事】


いま一度確認を...台風19号の被災地で避難所が冠水しやすい低地であったことが判明

国が動く!避難対象外地域での土砂災害、避難に関する実態調査へ 内閣府

台風19号被害、調査すら手が回らない...コンサル不足で指名停止企業と随契 宮城県

これは見ておいたほうがいい!気象庁発行のリーフレット「雨と風(雨と風の階級表)」



(株)ケイエフの簡易吹付法枠工 イージーシェルフ工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月20日

気候変動で起こるさまざまな事象が話題

Morpeth FloodMorpeth Flood / johndal

※イメージ画像です。

北欧の少女じゃないですが(あれも影響?^^;)、気象変動で人間社会に影響するさまざまな事象を各種メディアが取り上げています。

【植物が巨大化し飲水を奪われる??】


まずはナショナルジオグラフィックの記事

詳細は記事を読んで頂ければよいかと思いますが、ざっくり引用させて頂くと、

・二酸化炭素排出量が増えて温暖化が進むと、植物が巨大化し、植物の成長期間が長くなるため、その分、水を消費する期間が長くなって地上の水が少なくなる。

・さらに光合成の作用が増幅され、植物はより大きく成長し、葉の数も増える。
 つまり、雨が降った際、濡れた葉の表面積が広くなり、蒸発する水も増える、
 モデルを使ったシミュレーションでは、こうした葉からの蒸発の増加は、地下に吸収されずに流れる雨水や、土壌の水分量に大きく影響する。

・植物が蒸散した水分は、高緯度地域や熱帯地域で、植物が成長のために消費した量を相殺する降水があり、北米やヨーロッパ、中央アジアを含む中緯度地域で、河川の水量が減少する

んだそうです。つまり雨が降るところと降らないところが極端に分かれる、ということでしょうか?

【大気汚染も絡んで長期的な健康被害も】


Reutersも気候変動について取り扱っており、こちらでは世界各国の災害誘発と長期的な健康被害について語られています。

医学誌ランセットでは、気候変動は既に異常気象や大気汚染を通じて人々の健康を悪化させているとの研究結果を掲載した、と述べています。

【国産の鮭、イクラ、しゃこは2050年までに消滅!?】


さらに、News post セブンでは、気候変動で日本から秋がなくなる、と伝えています。
同記事で、とある気象予報士は、四季の中に『梅雨』というシーズンが出来てしまうのではないか、と予想しています。

そして、気温や海水温の上昇で、台風や豪雨が増えるだけでなく魚が日本近海で捕れなくなったり、天候不順による野菜の不作など我々の生活に大きく影響する、という内容が記載されています。

【気象庁がこの冬、新しいタイプの雪情報を配信】


yahooニュースが伝えるところでは、今年から気象庁は新しい雪の情報をつたえるとして、短時間で降る大雪に対して警戒を呼びかける新たな気象情報を配信する、と伝えています。

記事によると、この冬、降雪量は減るかもしれないが、どか雪は減らない、そうです。

【各種メディアがこれだけ伝える、ということは...】


今週あちこちニュースを見ていると、上記のような気候変動ネタがとてもよく目に付きました。

ということは、もうちょっと真面目に温暖化だの気候変動などに目を向けないと、本当に取り返しがつかなくなりますよ、ということなんですかね?
(まぁ、今にはじまったわけではないんですが...)

弊社を取り巻く土砂災害工事などの業界も、手が回らない、人がいないという話をよく聞きます。それだけ、今年の、特に台風15号と19号の被害が多かったということなんでしょう。

人類は新たなフェーズに入っていくのかもしれませんね。


【関連記事】


こんなの、マンガでしか見たこと無い...11月12日の桜島噴火の映像が美しい、と話題。

これはどうにも出来ない...集中豪雨にも影響、『大気重力波』という現象

これは見ておいたほうがいい!気象庁発行のリーフレット「雨と風(雨と風の階級表)」

それだけ気象条件の比率が高いということ?気象情報から労働災害を予知するシステムが開発される

一週間でこうなるのか...地面より高いところの線路がみるみる水没するタイムラスプ映像



(株)ケイエフのリモコン式無人掘削工法 セーフティークライマー工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月19日

これはエグい...落石で一瞬にしてスクラップになるトラックの映像 エクアドル





前兆現象があるので、解りやすいですね。

【見た目には崩れそうにないのだが...】


今年の7月にインド北東部で発生した地すべりの映像だそうです。
1000gmで紹介されていました。



遠目のアングルの映像もあります。



さらには、後ろからのアングル。




【小石ぽろぽろはやはり危険】


映像を見て頂ければおわかりになるかと思いますが、小石がポロポロ落ちてきてます。
これが崩れる前兆現象なんでしょうね。

一見、どっしり埋まってるように見える巨石は意外とあっけなく落ちるものです。
しかし、これって、山がまだ揺れてたりするんですかね?
周りにまだいっぱい人がいますが、早急にその場から離れたほうがよさそうな...

山に入られる方は気をつけましょう。

【関連記事】


これはエグい...またお隣の大国だけど、落石で車がスクラップにされる映像

2メートル級の岩も...沖縄・うるま市で土砂崩れ

落石防護網の下から漏れ出てる...南アルプス公園線で落石 山梨




(株)ケイエフ、警告看板が車椅子になる マルチ看板



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月18日

ちょっと怖いが、アリかも...「現場作業員のデータを見える化」するAI画像認識技術を開発

Innovation & Research Symposium  Cisco and Ecole Polytechnique 9-10 April 2018 Artificial Intelligence & CybersecurityInnovation & Research Symposium Cisco and Ecole Polytechnique 9-10 April 2018 Artificial Intelligence & Cybersecurity / Ecole polytechnique / Paris / France

※イメージ画像です。


なんか全部見透かされてるようで、あまりいい気分ではないですが、場合によってはアリかも、です。

【個人の体調から近くにある物体まで】


techable.jpによりますと、AIによって現場作業員の活動を数値データ化&見える化し、業務効率改善や安全性向上につなげる「ヒューマンセンシング AI(Lightblue Sense)」をリリースした、とのことです。

同社は東大発のベンチャー企業だそうで、ざっくりどんなことができるかというと、カメラで撮った現場の動画像を用意するだけで、その動画像から様々なデータを認識・分析し、現場での作業状況をリアルタイムに「数値データ化」できるようになるので、アナログで大量のデータを集める必要なく作業の安全性や効率を分析できる、らしい。

さらに、
人の動きと同時に、建設資材や工事用車両などの物体検知もできるため、危険物が作業者に接近していることを検知してアラームを出す、といったことが可能なほか、姿勢推定、顔向き推定、感情推定などのAI技術を組み合わせることで、作業員の健康状態なども把握できる。

と記事は伝えています。

「ヒューマンセンシング」のデモ動画があるのでどうぞ。




【ひとが管理するよりはよいかも。】


行動のすべてを見透かされているというのは、あまり気持ちいいものではないですが、短期間で効率のよい方法が浮かび上がるのと、危険な作業現場での労働災害を減らすのには役立ちそうです。

職場にどんどんこれからAIが入ってくるというのは、なんか、まだまだ実感がないのと、モヤっとした感情が残りますが、うまく付き合っていけますかね?


【関連記事】



ついに出来たのか!?光学迷彩的なシートをカナダの会社が披露

すごいわ...映像内にスポンサー企業の商品画像を自然に合成する技術をあの国が開発

なるほど、この手があるか...ジェスチャーコントロールースマホの使いみち

VR内で物に触れるかも、触覚フィードバックする人工皮膚を開発 スイス連邦工大

墜落防止器具を着用も使用してないケースも...自主点検通じ墜落災害防止 渋谷労基署

ICT活用 支援事務所を全都道府県に 国土交通省




(株)ケイエフのトゲ無しスリングワイヤー



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする