2019年06月20日

まだまだ油断できない...国道345号で複数道路隆起、土砂崩れ多数 新潟地震

震災時の自室震災時の自室 / hageatama

※イメージ画像です。

被災された方に心よりお見舞い申し上げます。

【土砂崩れ多発、のり面に亀裂も】


報道等ですでにいくつも情報が出ていますが、2019年6月18日 22:22ごろ、山形県沖を震源とし、新潟県村上市で震度6強を観測した地震の影響で周辺に多くの被害が出ている模様です。

yahooニュースの伝えるところによりますと、新潟県村上市の国道345号の複数箇所で道路が隆起したり、土砂崩れが起きたりしているとの情報がある、とのことです。

また別のyahooニュースによりますと、国道345号の「弘法トンネル」で落石があり、車が乗り上げたとみられる。けが人の有無など被害状況は分かっていない、とのことです。

さらにNHKニュースの伝えるところによりますと、山形県鶴岡市の温海庁舎の職員によりますと、「住宅の近くにあるのり面に亀裂が入った」とか、「落石が起きている」などの住民から通報が相次いでいて、状況を確認している、とのことです。

まだあります。
朝日新聞digitalの伝えるところによりますと、新潟県村上市府屋の山北総合体育館に、最大で200人が避難したが、最も広い「メーンフロア」は天井のパネルが三カ所落下して使えず、避難者はウォーキングマシンなどがあるトレーニングルームや、ロビーで一夜を明かした、と伝えています。

さらにさらに、産経ニュースのTweetには、土砂崩れの画像も掲載されています。




地震発生時の定点カメラの映像もTweetにアップされておりますが、これがエグいです。
結構な揺れですね。




不幸中の幸いだったのは、地震発生時のほぼ同時刻が『干潮』だったことでしょう。






【最悪なのは雨】


今回の地震、昨年の大阪北部地震と同日というのもあるのですが、55年前にほぼ同じ場所で発生した新潟地震とも同じ日なんだそうですね。





夜に地震が発生したことも最悪なのですが、梅雨時期であり、週間天気予報によると、新潟はこの週末にも雨になりそうな予報です。

上記の記事でも判るように、すでにのり面に亀裂が入っていたり、落石があったりしています。
これが雨で地盤が緩むとさらに土砂崩れや地すべりの危険性が高まります。
連動した地震が発生しないとも限りません。

リスキーな状況はまだまだ続きそうなので、状況が安定している間に可能な限りの準備をしておきましょう。

【関連記事】


【展示会】第6回 震災対策技術展 大阪 に行ってきました。その1

【展示会】第6回 震災対策技術展 大阪 に行ってきました。その2

またか..._| ̄|○ ガクッ...地震保険、再来年にまた値上げ予定

山間部で地震が発生するとこうなる...先日の台湾での地震の際の落石映像

連休中に読んでおきたい!『命を守るワガヤノ防災』を寝屋川市が全世帯に配布、HPからDL可

情報共有は大事!...国交省 『盛り土マップ』、『液状化マップ』を公表予定




(株)ケイエフの土砂崩れ検知・警報装置 スーパーサッチャー



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!







posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月19日

梅雨だし...のり面崩落で国道25号通行止め 12日 三重

網網 / 柳雩

※イメージ画像です。

落石防護網破ってますね。

【長さ、高さともに10mに渡って崩落】


伊勢新聞の伝えるところによりますと、三重県鈴鹿建設事務所は、亀山市関町金場の国道25号で、のり面の崩落が12日夜発生したことを受け、同日午後10時から、同路線二・九キロ区間を全面通行止めにした、とこのほど発表した、とのことです。

記事によりますと、崩落現場は、昨年5月に土砂崩れのあった場所から西に約百メートルの場で、金属製落石防護ネットが破れ、長さ約十メートル、高さ十メートルにわたって崩れ落ち、路面に土や石が飛散した、と続けています。

【梅雨はこれからが本番なので...】


近畿圏はまだ本格的な梅雨に入っていませんが、この週末あたりから梅雨の足音が聞こえてきそう、と天気予報も言ってたので、注意が必要です。

記事に現場写真がありますが、落石防護網が老朽化してたんですかね?それとも落石の威力が大きかったんでしょうか?

山間部で作業される方、山間部付近にお住まいの方はご注意ください。


【関連記事】


軽傷でよかった...林道の土砂崩れに巻き込まれた車が発見された 北海道

土砂崩れで源泉停止、奈良 十津川温泉

軽傷でよかった...林道の土砂崩れに巻き込まれた車が発見された 北海道




(株)ケイエフのコスト縮減型吹付法枠 アールティーフレーム工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 | Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月18日

やはり生態系って繋がってるのね...シカの増加が川の魚の個体数に影響か

Shinagawa Aquarium: SalvelinusShinagawa Aquarium: Salvelinus / Dick Thomas Johnson

※イメージ画像です。

自然は繋がっているわけです。

【生息する魚の種類に変化が...】


AXISの伝えるところによりますと、京都大学東南アジア地域研究研究所の中川光特定助教が、ニホンジカによる大規模な林床植物の食べ尽くしがおこっている芦生研究林内の由良川において、約10年の調査の結果、調査地の川では森から流れ込んだ土砂が堆積して砂に覆われた川底が増える一方で、大きな石に覆われた川底は減少、このことにより、生息する魚の種類に変化があった、と伝えています。


詳細は記事を読んで頂ければよいかと思いますが、シカの増加は世界的にも問題となっており、この研究は、水質改善だけでは解決できない河川の生き物の問題というのもあることを示唆しているのだろう、と記事は結んでいます。

【お魚も迷惑してた...】


シカが木を食べてる→木が枯れる→土砂災害が起きる→川底に砂が増える→住む魚の種類変わる...ということが起きてるんですね。

見えないところでシカの影響がいろいろ出てるのですね。
シカの食べ物の好みは変えることは出来ないでしょうか?木の皮が食べたくなくなるような...^^;

せっせと捕獲するシカない?


【関連記事】


野生動物に背中を見せてはいけない、という教訓がよくわかる動画


獣害対策にならんがな...カナダで『煩悩の塊イーヌ』が爆誕してしまう。

春だし野生動物、活発化?中能登・国史跡「雨の宮」6カ所、イノシシに荒らされる

犯人はイノシシか?ロマンスカー、落石接触で緊急停止




(株)ケイエフの【法面緑化工法】獣害対策はシチュエーションによって工法選択を



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!







posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月17日

野良パネルが増えなければいいが...太陽光発電、全量・固定価格買い取り終了を検討 経産省

solar-cells-solar-cells- / zakzak7

※イメージ画像です。

新規参入者が対象みたいですが...

【代替案は検討されるが...】


yahooニュースの伝えるところによりますと、 経済産業省が、太陽光発電など再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度の終了を検討していることが12日、分かった、とのことです。

記事によりますと、買い取り費用を電気料金に上乗せする仕組みだが、消費者らの負担が増したことに対応、再生エネ拡大と負担軽減が両立するような新制度をつくる方向で議論を進め、2020年度の法改正を目指す、としています。

これに対してネット民の反応は...













などなど...

【2020年からこの事業に参入する人、いるの?】


対象は2020年から同事業に参入する事業者とネット民がコメントしていますが、現時点でこのニュースが流れている以上、さらに参入する事業者がいるんでしょうか?

やはり心配なのは、終わる事業だと解った以上、メンテとかしなくなるんじゃないかと...すると産廃が増えるのでは?

太陽光発電については、なんだか、過去もやってよかった!という声を聞いたことがあまりありません。
ちょっと時期尚早だったのかもしれませんね。

ライフラインでもある電気、ガス、水、通信はやはり安定供給と低価格でないとね...

今後の展開が気になるところです。


【関連記事】


場所と規模が問題...メガソーラー建設、各地で反対の意見

年末年始に気になったニュース その4

買い取り制度開始から初、太陽光発電設備で土砂対策等怠り、自治体が通報(2018)

設置場所の問題だと思う...平成30年7月豪雨災害が浮き彫りにする「太陽光エネルギー」という人災(2018)




(株)ケイエフのEG植栽パック(集水保水型植栽袋)



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月14日

土砂崩れで源泉停止、奈良 十津川温泉

十津川温泉 (6)十津川温泉 (6) / Kuruman

※イメージ画像です。

源泉が枯れたわけではないのですね^^;

【公衆浴場計12軒で温泉が利用不可】


奈良新聞の伝えるところによりますと、7日に十津川村平谷の県道735号(県道龍神十津川線)で起きた土砂崩れの影響で、温泉に源泉を供給するパイプが損傷、公衆浴場計12軒で温泉が利用できなくなった、とのことです。

近日中には再開できる見通し、だと記事は続けています。


【これから梅雨入りなので...】


関東ほかではすでに梅雨入りしていますが、近畿はこれから梅雨入り。
この一週間は、数日お天気が崩れることもありましたが、そこそこ天気よいので、観光日和なんですけどね...

復旧の見通しは立っているそうなので、温泉旅行は安泰でしょうけど、土砂崩れのリスクはこれからなので用心が必要です。
温泉には入れるが、土砂崩れで温泉地に缶詰めとかなると、これはこれで大変ですからね。

周辺の点検を併せてお願いしたいです。


【関連記事】


軽傷でよかった...林道の土砂崩れに巻き込まれた車が発見された 北海道

落石防護網が限界か...逗子市の国道沿い駐車場で土砂崩れ 23日

やっぱ影響出たか...大雨で10号線のり面崩落 大分



(株)ケイエフの強力空気搬送機 ジェクター



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月13日

カモちゃんのほうがいいカモ...日産、田んぼの雑草対策に『アイガモロボット』を作ってしまう。





風景としてかわいいので、リアル・アイガモちゃんのほうがよいかも^^;。

【ドロを巻き上げて雑草対策、するらしい。】


日産自動車が田んぼの雑草対策にアイガモロボットを開発している、と話題です。

togetterでその効果について語られていますが、田んぼの中のドロを巻き上げ、一度ドロが巻き上げると半日から一日、水は濁ったままの状態で、これで、農薬を使わずとも雑草を抑制できる、そうです。
いわゆるアイガモ農法と同じ原理なんだとか。

では、その愛らしいお姿をご覧ください。




ほかにも、
本当のアイガモは、害獣から守るために数を用意したり、成長すると今度は稲を食べたりするし、その後どうするといった課題がある。それをロボにして解決したいとのこと

だそうで、コスト的には、今の所とんとんだとTwitter民が解説しています。


【クチバシと鳴き声があれば...】


このところ、里に出没する野生動物も増えてることですし、雑草防止にもなるなら、メリットは多いのかもしれません。

農業を実際にやってる方には結構魅力的かもしれませんが、あの”ぐわっぐわっ!”という汚い鳴き声とか、優雅に田んぼを遊泳する姿が見れないのはちょっと残念です。

クチバシとあの鳴き声があれば...いやあの鳴き声があると有害動物が寄ってきてしまうのか...
やっぱロボットがいいのかも^^;

田んぼ法面の防草対策にコンクリートキャンバスとかどうですか?^^;

【関連記事】


【展示会】関西エクステリアフェア2019に行ってきました。

【展示会】産業用ロボット開発技術展ほか展示会に行ってきました。

やっぱ、ちょっとキモい...BD社のロボわんわんを連ねてみた映像

まだまだかな?...倉庫内で荷捌きしちゃうボストン・ダイナミクスのロボット

ロボット掃除機オーナーは要注意!東京消防庁が公開した最近の火事動画



(株)ケイエフのコンクリートキャンバス



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月12日

Co2由来の生分解性プラスチック「CO2ポリ乳酸」爆誕、東大発ベンチャー

プラスチックリサイクル:PET とプラスチックリサイクル用製品と添加剤プラスチックリサイクル:PET とプラスチックリサイクル用製品と添加剤 / マクダーミッド

※イメージ画像です。

強度とか気になる...

【100%脱石油のプラスチック】


東大発ベンチャー 株式会社CO2資源化研究所が、世界で初めてCO2からの乳酸生成の技術確立に成功、この技術に関する基本特許が近日登録されることから、生分解性プラスチック「CO2ポリ乳酸」の早期工業化へ向け注力する、とPR Timesで伝えられています。

同プレスリリースによりますと、現状、プラスチックは、石油由来が主流であり、一部バイオマス(とうもろこし、サトウキビ等)からの生産が行われているが、この「CO2ポリ乳酸」はCO2から製造するもので各方面から期待されている、とのことです。

【不織布とか出来るのか!?】


プレスリリースに期待されるポリ乳酸の用途として、
食品トレー(惣菜、鮮魚、精肉用等)、食器(リターナブル食器、簡易食器具)、パソコン・携帯端末等の筐体 包装資材(エアーパッキング等)、インキ・接着剤、土木資材、繊維・不織布製品、事務用品・雑貨 他

というのが挙げられています。

弊社が推進しております、イージーシェルフ工法で使用する部材 グラスタンドもかつてはプラスチック素材(生分解性プラスチックではない)でした。

これで作ったアイテムなら生分解性プラスチックなので、ほっとけば土の中で分解されるのでよいですね。

ただ、強度とかどれくらいで分解がはじまるのか、とかいろいろ気になります。
これを使ったアイテムは早々に出てきそうなので、今後の展開が楽しみです。



【関連記事】


特殊加工で金属より強く、熱吸収も低い新素材が木材ベースで開発される 

降ってくる雪で発電する技術、爆誕。

来年の冬用にほしい!1分で30℃に、暖かさが7時間持続、洗濯可能なヒートテックシャツ『DURAN』

溶けたりしないのかしら??...廃プラを道路素材にする試みが行われている、らしい。 米ダウ

自己修復技術ラッシュなの!?今度は自己修復する新ポリマー 理研が開発



(株)ケイエフの簡易吹付け法枠工 イージーシェルフ工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!






posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月07日

【展示会】第6回 震災対策技術展 大阪 に行ってきました。その1





昨日からグランフロント大阪で開催中の『第6回 震災対策技術展 大阪』に行ってきました。

本日17:00まで開催されており、入場無料(招待券は必要、ただ現地で貰うことも可能)なので、お時間にご都合の付く方は行かれてみてはどうでしょう?

【女性目線のポイント商品多し。】





毎年この時期に開催される同展示会。
メインは地震にかかる各種の災害対策の技術・対策アイテムを展示するイベントです。
開催時間の10時に併せて行ったのですが、この人だかりです。(ヽ´ω`)フゥ-3





入り口にこんな立派な書が...かっこいい。





入ったらところはこんな感じ。





入ってすぐ目についたのは、日本気象協会のブース。
早速人だかりが出来ていたので、なんだろう?と思ってよっていくと...




拡張現実(AR)で台風や大雨を体験できるデモをやってました。
しかも、このシステム、無料で出張講習してくれるらしいです。

日程が合えば、らしいですが。(交通費ぐらいは請求されるのかな??)
工事関係業者さんの安全大会とかでやってもらってはどうですかね?




そして、船型のシェルターでしょうか、洪水が来ても大丈夫的な...
以前は2.3社出展してたんですがね、シェルター。

そして、早速テレビ局の取材が来てました。昨日の夕方のニュースで流れたんですかね?




うっかりブースの画像を撮るのを忘れてしまったのですが、こちらは近鉄百貨店のブース。
災害発生時の保存食やその保存食の消費期限管理のシステムまで取り扱っているそうです。

無論、百貨店なので、自社開発ではなく業者さんとタッグを組んで、という形ですが。
意外だなぁ、と思ったのは百貨店って最近はこういうビジネスもやってるんですね。

そして、今回の震災対策技術展、出展しているいろんな防災、災害対策グッズが女性目線にポイントをおいたアイテムが多く見られた点です。
近鉄百貨店さんでご紹介頂いた災害アイテムも、女性用ケア製品でした。




こちらは、”ほぼ”紙で出来た簡易トイレだそうです。




こちらは、豪雨で出来た自然ダムの水を、これまた”ほぼ”電気不要で排水できるシステム。

最初の吸出しのための動力は電気なのですが、一旦水が流れ出したら電気を止めても水が流れていくそうです。

ただし、高低差が必要だそうですが...現在レンタルだけのサービスで、排水ホースは別で8万円〜となっているようです。




こちらは汚水を手動でろ過するシステム。




こちらはURさんのブースですが、ペッパーくんは未だ健在で働いてるようです。^^;




自治体さんも、以前はもう少し出展していたようなイメージですが、今年は近畿圏のみでしたかね?
弊社のある堺市も出展してました。

ただ、自治体さんのブースはどこもほぼ無人なんですが...
もうちょっと仕事したほうがいいと思うのですが。^^;


長くなってきたので、続きはのちほど。

【関連記事】


次世代農業Expoほか、インテックス大阪で開催中の展示会に行ってきました。

【展示会】第5回 震災対策技術展 大阪に行ってきました。(2018)

防犯防災展2018に行ってきました。(2018)

サービスロボット開発技術展・産業用ロボット開発技術展・ロボットITソリューション展に行ってきました。(2018)


KENTEN(建築材料・住宅設備総合展)2018に行ってきました。(2018)

関西エクステリアフェア2018に行ってきました。(2018)



(株)ケイエフのコンクリートキャンバス



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月06日

やっぱ火山灰な土壌が原因?...少雨で斜面が崩壊の共通した理由

火山灰的收集攻略火山灰的收集攻略 / No Dust

※イメージ画像です。

そりゃ、少雨で崩れますよね(T_T)

【地下水が溜まりやすいので、少雨でも脆く...】


大分合同新聞に《大雨ないのに斜面が崩壊、共通点は「火砕流台地」》という記事があり、少雨で斜面が崩落する共通した理由について記載されています。

詳細は記事を読んで頂ければよいかと思いますが、昨年4月に中津市耶馬渓町で起きた山崩れと同じケースの斜面崩壊が、九州で少なくとも戦後8件発生していたことが国土交通省の資料で分かったそうで、火砕流が堆積した台地となっている模様。

そして、記事より引用させて頂くと、
地質が複雑で、異なる地質の境界に地下水がたまりやすくなっているとみられるという。このため、長い時間をかけて境界付近が粘土化するなどし、雨が降っていない状態でも崩壊した可能性があると推測されている。

ということらしい。


【歴史は大事】


こういうの見てると、その地に残された地名とかやっぱり大事なんじゃないですかね?地名にその土地柄が表現された場所とかありますし。
関東も確か『関東ローム層』とか言って火山灰が重なった層じゃなかったでしたっけ?

ということは関東でも同様の土砂災害が発生する可能性は十分あるということですね。
これから梅雨時期で雨が増えるので、お住まいの地域の地盤の元はどんなのか、知っておいたほうがよいかもしれません。

そう言えば、そんなサービスがありましたね?


【関連記事】


GW中に気になったニュースあれこれ その2

最大60〜70m/秒の暴風だった...大阪での台風21号 京大が推定

キャパオーバーが原因か!?地下へ大量雨水、のり面緩み崩落 西日本豪雨の原因


(株)ケイエフのスーパーサッチャー



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月05日

【更新】なんか微妙な作りだがためになる...生き埋めになったときにやること。





この動画、ところどころ表現がおかしくない??(((*≧艸≦)ププッ

【こんなことにならないことを祈る】


秒刊サンデーに『生き埋めになった時「生存率を飛躍的に高める!?」ライフハックが話題に』という記事があり、これが結構重要なことを書いているのですが、紹介されてた動画の表現はちょっとところどころヘンです^^;。

記事の内容的には、とある親子の会話から生き埋めになったらまず放尿しよう!という内容のTweetを取り上げたもので、それをフェルミ研究所というところに動画があるよ、という流れです。

そして、その動画がこちら。3分少々あり、小芝居モードで展開されるのでお時間のあるときにどうぞ。




言ってることは非常に重要で大事なことなんですが、助けを呼ぶのに『オラァァァァ!!』はどうかと思うのですが。^^;

それはさておき、とりあえず、生き埋めになったら放尿しましょう、いや、マジでマジで。

【訂正してお詫びします。】

上記の情報について、ライブドアニュースで、BLOGOS編集部が災害救助犬の育成・派遣に携わるNPO法人に取材したところ、「災害時に救助犬が糞尿のにおいに反応することはない」との回答があった、とのことです。

記事にはその理由もかかれており、

救助犬が災害現場で捜索の頼りにするのは、生きている人間が放つ息や汗のにおい。遺体の捜索時には腐乱臭が手がかりになる。また土砂崩れや地震などの災害現場ではトイレ自体が壊れているケースも多いため、「救助犬が糞尿のにおいに反応していては捜索ができない」という。
災害現場で救助を求める人がその場でトイレをしてしまうこともありますが、それが救助犬の捜索にとってプラスになることはありません


ということなので、必ずしも操作の手助けになることはないようです。

誤った情報を掲載してしまい、ここに訂正してお詫び申し上げます。


【関連記事】


コンクリートは燃えないが、爆発する可能性がある、らしい。

知らなんだ...ドライバー(工具)の磁力を自在にオン・オフする方法

結局そこじゃないかと...高齢者ドライバーがなかなかブレーキを踏まはい一つの要因を表す動画が話題

日本でも通用するのかな?フィリピンの交差点交通事故対策

世も末...日産、あおり運転緊急ボタンをオプションで装備






(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 13:00| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

災害復旧工事中、ショベルカー斜面横転、オペレーター死亡 徳島



徳島新聞の動画よりキャプチャさせて頂きました。


あらら...セーフティークライマー工法、使ってください。

【オペレーターは病院搬送後、死亡】


yahooニュースの伝えるところによりますと29日午前8時ごろ、徳島県三好市山城町粟山の林道で、西日本豪雨被害の復旧工事をしていた同市西祖谷山村後山、建設会社の男性社員(56)が、ショベルカーごと斜面に転落、男性は胸を強く打つなどして三好市内の病院に運ばれ、約3時間半後に死亡が確認された、とのことです。

詳細は記事を読んで頂ければよいかと思いますが、現場は災害復旧の現場のようで、土砂撤去作業中に25メートル下へ落ちた模様。

徳島新聞の動画がyoutubeにアップされていたので、こちらにも貼っておきます。




【梅雨に突入する時期ですし...】


そろそろ梅雨に突入していき、雨の日が増えると地盤が緩んでくるので、こういった事故が起こりやすくなります。
重機で作業される方は十分注意して作業を行いましょう。


【関連記事】


結構でかい...大鹿村のトンネル出入り口で落石 長野

またも作業現場で土砂崩落...下水道工事で作業員2人死傷 熊本

春近しだからか?痛ましい労働災害3件 現場の安全を再確認




(株)ケイエフのリモコン式無人掘削工法 セーフティークライマー工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月04日

野生動物に背中を見せてはいけない、という教訓がよくわかる動画





すごい、解りやすい...

【クマ、即反応(((( ;゚Д゚))))ガクガクブルブル】


こんな解りやすい動画は珍しいです。^^;

オレ的ゲーム速報@JINで紹介されていたクマの動画はよい教訓になります。

野生のクマにちょっかいを出す男性。しかし、その後クマに背を向けると...




野生動物に対峙してしまったときは、動物から目を離さず、あとずさりしながら離れましょう、とよく聞きますがまさにそれです。
背中を受けると、やられちゃいますね。(T_T)


【関連記事】


獣害対策にならんがな...カナダで『煩悩の塊イーヌ』が爆誕してしまう。

春だし野生動物、活発化?中能登・国史跡「雨の宮」6カ所、イノシシに荒らされる

犯人はイノシシか?ロマンスカー、落石接触で緊急停止

新たな獣害が...小学生、猿に追いかけられて車に轢かれる事故が発生 青森

ナイスな発想!獣害駆除した野生動物の、ジビエ以外の処理方法



(株)ケイエフの獣害対策ののり面工法は選択が必要



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!







posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 | Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月03日

軽傷でよかった...林道の土砂崩れに巻き込まれた車が発見された 北海道

Photo credit: 北台灣OffRoad團 on Visual Hunt / CC BY-NC-SA

※イメージ画像です。

衝撃映像で見るようなシーンに出くわしてしまったのですね(T_T)

【幅10メートル、高さ5メートル 土砂崩れ】


日テレ ニュース24の伝えるところによりますと、北海道 新ひだか町の林道で車が土砂に突っ込んだ状態で見つかり、通りかかった付近の人が通報した、とのことです。

車の持ち主、43歳のドライバーは病院に搬送されたが軽傷だ、と記事は伝えています。

【結構な山道...】


軽傷でよかったですが、走行中に土砂崩れがあったんですかね...記事に映像がありますが、フロントガラスが割れてることから、走行中に土砂が降ってきた感じですか?
(((( ;゚Д゚))))ガクガクブルブル

これから梅雨シーズンですし、山道の移動は注意が必要ですね。
ニュース映像にある『ペンケモシヨシ林道(と読めるんだけど、違う??)』というのが気になる^^;

と気になったので調べてみたら、アイヌ語らしいですね。
意味が結構グロかったです。ウジ虫らしい( ;´Д`)ゲロゲロ。

今月は土砂災害防止月間なので、意識して行動しましょう。

【関連記事】


落石防護網が限界か...逗子市の国道沿い駐車場で土砂崩れ 23日

やっぱ影響出たか...大雨で10号線のり面崩落 大分

山間部で地震が発生するとこうなる...先日の台湾での地震の際の落石映像




(株)ケイエフの注意看板が車椅子になる、マルチ看板



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月31日

特殊加工で金属より強く、熱吸収も低い新素材が木材ベースで開発される 

20070324-35-220070324-35-2 / Peace.Chang

※イメージ画像です。

住宅使用なら、夏はいいけど冬寒そう^^;

【過酸化水素で強化】


Gigazineの伝えるところによりますと、「鋼鉄より強く、太陽光を反射し余分な熱を放射する」という素材が開発された、そうです。

この研究を行っているのは、メリーランド大学のLiangbing Hu博士。
詳細は記事を読んで頂ければよいかと思いますが、木材を過酸化水素水に漬け、リグニンを取り除いた木を圧縮するというもので、高密度の水素結合のメッシュが生み出され、通常の木材よりも強度の高い木材が完成する、そうです。

さらにその分子構造的に通常の木材より太陽光を反射するため熱を吸収しにくい素材となっている模様。

セメントやコンクリートは製造の過程で多くの二酸化炭素を生み出し、鋼鉄の製造には多くの資源が必要となりますが、この素材を建材等に使えば資源の少量化、建物のエネルギー削減につながりそうだと期待されているようです。

開発者のコメントが動画でアップされているようです。機械翻訳レベルで日本語字幕が付けれます。



【木材ベースなら、いずれ土に還る?】


完成して、これらを使った建築物ができれば夏場のクーラー使用が減るかもです。ただ、冬は寒そうですが^^;
あと木材ベースということは、いずれ土に還る生分解性なんですかね?

だとしたら、いろいろ捗りそうです。
今後の進捗が気になるところです。...ただなかなかこういうのって市場に出回るまでに時間かかりますけどね^^;

【関連記事】


パネル以外の方法のほうがよいのでは...光合成パネルで空気浄化『BioSolar Leaf』

GW周りに気になったニュース その1

降ってくる雪で発電する技術、爆誕。

来年の冬用にほしい!1分で30℃に、暖かさが7時間持続、洗濯可能なヒートテックシャツ『DURAN』

溶けたりしないのかしら??...廃プラを道路素材にする試みが行われている、らしい。 米ダウ

自己修復技術ラッシュなの!?今度は自己修復する新ポリマー 理研が開発

水中でも可能なのか!?...金属のキズ、ヒビを自己修復する新コーティングを米大学が開発


(株)ケイエフのコスト縮減型吹付法枠 アールティーフレーム工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 | Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月30日

構造だけなら24時間で一棟できちゃう!『村』ひとつ3Dプリンターで製造 南米で





災害時の仮設住宅とか、これでよくないですか?

【低所得層向けで農作や養鶏もできる、らしい。】


ブルームバーグが興味深いニュースを伝えています。

この夏、南米に3Dプリンターで『村』ひとつ作っちゃうそうです。
現地のコンクリートを使い、移動可能な3Dプリンターで200戸作る予定で、屋外キッチン完備、広いスペースもあるので、農作や養鶏が可能だそうです。

動画で詳細が紹介されているので、どうぞ。(日本語字幕あり)





【仮設住宅とか、これよくない?】


動画に仕上りパースみたいなのが映ってますが、昭和なボロアパートよりはるかによいですよね。^^;
構造だけなら24時間でプリント可能というなら、災害時の仮設住宅とかこれでよくないですか?

なんなら、昭和なボロアパートもこれで建て替えちゃうとか...^^;
コンクリート構造物はこれから3Dプリンターで作っちゃう時代になりそうですね。

【関連記事】


この熱、なんかに使えないのかね? コンクリートが固まる際に出る熱でゆで卵をつくる実験

マジか...レーザー積層タイプの金属3Dプリンタがすこぶる有能な件

今度は液体から成型...最新の3Dプリンターがなんかすごい件

印刷するだけじゃない!『4Dプリンター』なるものが開発されてるらしい。

コンクリートは燃えないが、爆発する可能性がある、らしい。




(株)ケイエフの反応型けい酸塩系表面含浸材 リアル・メンテ



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☔| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月29日

災害対応が早くなるかも...キャタピラ、後付可能な遠隔操作システムを年内発売へ

Wireless LAN receiver and Camera kit.Wireless LAN receiver and Camera kit. / MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito)

※イメージ画像です。

後付で使えるのはすごいですね、どっかの大手ゼネコンさんも確かこういうの開発してたんじゃないかと...

【ベース機はCAT次世代油圧ショベル】


response.jpの伝えるところによりますと、キャタピラージャパンが、災害対応の迅速化に貢献する、Cat次世代油圧ショベル用リモートコンロールキット「Catコマンド」を2019年中に発売すると発表した、とのことです。

同リモートコントロールキットは、Catコマンドは次世代油圧ショベル「Cat 320/323」に後付け可能、操作は最大400m離れた場所からモニタ付きの専用コンソールを使って指1本で可能。運転席から現場を見ているような感覚で、掘る、積む、均すなどの油圧ショベルの作業ができる、と記事は続けています。


【汎用性があればなおよいかも。】


メーカー問わずだと、さらによいんでしょうが、基本やはりCATのショベルカーなんですね。^^;

大きめの災害が増えて、もはや『災害大国』と言われても仕方ない我が国ですが、そうなると復旧への機動力が必要となります。
一日でも早く復旧できる態勢が整えられるようになるのはよいことです。

災害現場は、通常の工事現場よりさらに過酷な環境となるので、無人操作できると作業員も安心して作業できますね。
弊社推進のセーフティークライマー工法もよろしくです。

【関連記事】


意外と人気?今度はドイツの重機シュミレーションゲームがバージョンアップ

趣味と実益を兼ねてどうぞ、重機操作ゲーム『重機でGO』まもなくローンチ。

ハイブリッドな無人重機!?のり面整形に試験的に導入 大林組(2017)


(株)ケイエフのリモコン式無人掘削工法 セーフティークライマー工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 | Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月28日

コンクリートは燃えないが、爆発する可能性がある、らしい。





なんか、粉塵爆発に近い現象っぽく見える...

【特に高強度のコンクリートが爆裂しやすい】


カラパイアに興味深い記事がアップされています。

高強度のコンクリートは爆裂しやすいらしく、その原因について記載されています。

詳細は記事を読んで頂ければよいかと思いますが、高強度コンクリートは200度以上の熱にさらされると爆発する危険性があるらしい。

そんな高温にさらされることは日常そうそうないと思うのですが、トンネルなんかで火災が発生するとコンクリート爆発が発生する可能性があり、被害も甚大になる、と記事は伝えています。

そして、コンクリート爆発の実験映像も掲載されていたので、こちらにも貼ってみました。



では何がコンクリート爆発の原因なのか?
それはコンクリートの中に微妙に残っている水分、だそうです。

記事にそのからくりが詳しく解説されてるので、どうぞ。

【コンクリート爆発防止にはポリオレフィン系の繊維が有効】


一般人が早々遭遇する事故ではなさそうですが、建築・土木関係の人は身近な問題かもです。

しかもここ数年の酷暑とも言える夏など、ひょっとしたらコンクリート内部の水分が膨張しまくってるかもしれませんね。

記事の最後にポリオフィレン系の繊維が高強度コンクリート爆発の防止になるっぽいことを書いているので、補強繊維を混ぜることは亀裂などの防止にも繋がるということではないかと思います。

弊社では補強繊維を多数取り扱っておりますので、ご用命の際はケイエフへm(_ _)m

【関連記事】


人知れず、太平洋に巨大隕石が落下...その破壊力、広島原爆10個分

ロボット掃除機オーナーは要注意!東京消防庁が公開した最近の火事動画

身も蓋もない、どストレートな解説で爆破シーンを台無しにしてくれる動画がおもしろい。

自己修復技術ラッシュなの!?今度は自己修復する新ポリマー 理研が開発



(株)ケイエフのモルタル補強繊維



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月27日

落石防護網が限界か...逗子市の国道沿い駐車場で土砂崩れ 23日



※画像はANNニュース動画よりキャプチャさせて頂きました。


落石防護網が負けた感じですかね。

【けが人はなし、道路にも影響なし。】


テレ朝ニュースの伝えるところによりますと、23日午後5時ごろ、神奈川県逗子市で「山が土砂崩れ」と目撃者の男性から110番通報があり、警察が駆け付けると、国道134号沿いの崖が崩れていて、すぐ下の駐車場に土砂が流れ出ていた、とのことです。

駐車場に停めてあった車には、傷がついたがけが人等は出ておらず、道路にも影響がないと記事は続けています。


【21日の雨の影響か】


関東はこの21日に結構な雨量だったようなので、その影響ですかね?
動画がyoutubeにもアップされてますが、現場の画像を見る限り落石防護網がその荷重に耐えられなかった感じですね。

あちこち地盤が緩んでる可能性があるので要注意です。
そろそろ梅雨でもあるので、なおさらですね。

【関連記事】


やっぱ影響出たか...大雨で10号線のり面崩落 大分

山間部で地震が発生するとこうなる...先日の台湾での地震の際の落石映像

結構でかい...大鹿村のトンネル出入り口で落石 長野




(株)ケイエフのコスト縮減型吹付法枠 アールティーフレーム工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!







posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 | Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月23日

やっぱ影響出たか...大雨で10号線のり面崩落 大分

P9131695P9131695 / merec0

※イメージ画像です。

今週はじめ、九州は結構雨降ったみたいですしね...

【道路脇ののり面が長さ約40メートルに渡って崩落】


大分合同新聞によりますと、20日に大分県内は前線や湿った空気の影響で南部を中心に大雨となり、国道10号は宮崎県延岡市北川町で道路脇ののり面が長さ約40メートル、高さ約10メートルにわたり崩落した、とのことです。

応急復旧工事のため、曽立交差点(同所)―大原交差点(佐伯市宇目大平)間の約22キロが全面通行止めになった、と記事は続けています。

大分朝日放送newsが動画をアップしています。現場画像はありませんが、地図が見れます。



【九州から四国は被害出てそう】


屋久島では50年に一度の大雨になったようですが、まだニュースにはなってないですが、あちこち崩れてそうですね。
今週前半は西日本で結構な雨になったようですし。

大雨といえば、愛知県の豊川用水の水源「宇連ダム」の渇水は解消されたんですかね?

【関連記事】


山間部で地震が発生するとこうなる...先日の台湾での地震の際の落石映像

国道375号で土砂崩れ 島根県



(株)ケイエフの簡易吹付法枠工 イージーシェルフ工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 | Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月22日

これでバードストライクも回避可能か!?ドローンの障害物瞬発回避技術が開発。





これが実用化されれば、ドローン宅配が本格的に稼働しそうですね。

【とは言え、実用化はまだまだ先】


Gigazineの伝えるところによりますと、チューリッヒ大学の研究チームが、カメラによって飛んでくる物体を認識して自動で回避する技術を開発、実際にこの技術を用いたドローンによる実験ムービーを公開している、とのことです。

その動画がこちら。



なかなかやるじゃなぁい?...と思ってしまうのですが、記事に悲しいコメントが。
チューリッヒ大学の研究者であるDavide Falanga氏によると、動いている対象物をとっさに回避する機能を商業用ドローンに搭載するのはまだほとんど不可能だとのこと。
(中略)
このようにドローンが動いているものを自動で回避できない理由は、ドローンに搭載されているモーターの応答速度とセンサーの待ち時間などでボトルネックが引き起こされるためだと研究チームは述べています。

というのがその理由。

【全然ダメダメかと思ったが...】


動画の最初のほうを見た時、え?こんなレベルで回避したと言えるの?と思ったのですがexperiment 3ぐらになると、あぁなるほど、そういうことね、と納得のいく回避映像が見れます。

ドローンのような飛翔体の最大のネックは障害物やバードストライクなので、恐らく商用利用で配達や測量などで使おうと思えば、一番重要な技術ではないかと思います。

開発者もいずれ標準装備の技術となる、と言ってますしね。

つい先日、『ドローン等飛行禁止改正法成立(NHK)』したばかりの我が国、今後の開発で色々検討が必要な部分も出てくるでしょうね。

早いとこ、実用化レベルになってほしいです。



【関連記事】


熱感知で人命救助、熱漏れ発見、動物監視など...Parrot サーマルカメラ搭載ドローンを発表

早く市場に出てほしいです!音の94%を遮断できる新しい素材を3Dプリンターで開発-ボストン大学

GW中に気になったニュースあれこれ その4

GW中に気になったニュースあれこれ その3

GW周りに気になったニュース その1




(株)ケイエフの強力空気搬送機 ジェクター



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!







posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする