2018年02月23日

同じ地域で5箇所 米フロリダ州で陥没相次ぐ




日本も昨年だったか、小学校の校庭で陥没(毎日新聞)したとかありましたね。

【一軒の家の敷地で複数??】


ナショナル・ジオグラフィックで伝えられていたのですが、米フロリダ州で陥没が頻発してるそうです。

記事に動画があったのでこちらにも貼らせて頂きました。
これが結構な数です。



動画を見ていると、上の方から崩れてますね。浸食されたのなら、下のほうかと思ったのですが...

記事によりますと、この地区では、ほかにも5つの陥没穴が開いたそうです。
陥没ができる仕組みとしては、これも記事に説明がありますが、
地下にある岩や土でできた層が地下水に浸食され、地中で徐々に陥没していくことで形成される...(中略)...まず、地面の下にある岩盤が水に溶かされて、地中に空洞が開く。すると、ぽっかり開いた穴の上には、薄い土層が覆っているだけになる。そして、岩盤の支えを失った地表の層は、崩落するしかなくなる。


だそうで、層状やドーム状の岩塩、石こう、石灰石などの炭酸塩岩のように水に溶けやすい岩石は、陥没を引き起こす危険性が高い、と記事は続けています。

【大雪となった日本もこの後...】


上記の地域では、陥没が発見された後、近所のゴルフ場の人工湖の水がかなりのスピードで減少したとあるので、関係してそうだとのことです。

もう一本動画が記事には紹介されてますが、その動画では一軒のお宅が紹介されており、2箇所ぐらい陥没の被害に遭ってます。そして、陥没だけならまだしも、その陥没の影響で家の壁や床に亀裂が生じる始末。

この冬、大雪となった日本にあってはこのあと、雪解け水が大量に地下に浸透していくことになるわけで、大丈夫ですかね??

あと、石灰石の地盤だと陥没が出来やすいとありますが、先日紹介した沖縄の道路の話からすると、沖縄も陥没が起きやすいということになるのでしょうか?

こういうのは前兆がないだけに怖いですね。

【関連記事】


知らなんだ...沖縄の道路は白っぽい??舗装は地域により違う、らしい。

年末近くに多発?...今度は新潟で道路陥没、車脱輪で乗車親子けが(2017)

台風18号でも影響でるかしら...台風16号通過後、畑に巨大穴出現 宮崎(2016)

海外からも絶賛された日本の土木技術...福岡駅前陥没復旧工事を約1分にまとめた映像(2016)


(株)ケイエフの土ほぐし機 エアースコップ



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!







posted by ケイエフ at 08:46| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月22日

藻類で土砂流出を防ぐ”あの工法”がNetis登録されたそうです。

Photo credit: TerryChen - Blooming Beauty 綻放美麗的力量 on Visualhunt / CC BY-ND

※イメージ画像です。

植物が早く育つ土壌を作って、植物で斜面崩落とかを防ごうって感じですか?

【BSC工法というらしい。】


BtoBプラットフォームというサイトにアップされていた、日本工営(株)のプレスリリースによりますと、当ブログでも以前ご紹介しました、藻類を散布することで植物育成の地盤を作り、土砂流出でのり面崩落を防ぐ工法がNetis登録された、とのことです。

同プレスリリースによりますと、BSC工法の”BSC”とは、『イオロジカル・ソイル・クラスト/Biological Soil Crust』の頭文字で、
土壌表面が藻類やコケ等で覆われることで環境が改善し、崩壊後の斜面に草などが生え、追って木が生えてくるという、いわゆる植生遷移の初期に見られる自然現象

のことなんだそうです。

同工法では、通常数年かかる初期の植生遷移を 2 週間から1か月という短期間で形成させる特許技術を用いて、植物が育成する土壌を作り、地盤強化につながる工法、のようです。

【まだまだ開発の予知あり?】


以前のブログでも書きましたが、まだまだ藻類だとか菌類だとか、色々植生ほかに有効活用できそうなヤツがいてそうですね。

現在、どれくらいの藻類や菌類が研究されてるのか解りませんが、まだまだ未知のチカラを秘めたヤツがいそうです。^^;
今後の研究にも期待ですね。

【関連記事】


金返せ!ってレベルらしいです...会計検査院27年度報告による、のり面工事の不備事例あれこれ

微細藻類で斜面崩壊を防止 日本工営(2017)

来年度予算も割当、流木食い止める「土砂透過ダム」拡充 国交省(2017)

レーダー使用で24時間計測可能 のり面工事の動態観測をレーダーで 安藤ハザマ(2017)



(株)ケイエフの簡易吹付け法枠工 イージーシェルフ工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!







posted by ケイエフ at 09:00| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月21日

知らなんだ...沖縄の道路は白っぽい??舗装は地域により違う、らしい。

Photo credit: wareta_tamago on VisualHunt.com / CC BY-NC-SA

※イメージ画像です。

舗装の素材は地産地消なのか...そりゃそうか。^^;

【沖縄道路の舗装骨材は石灰石】


乗り物ニュースで紹介されていた、道路舗装の地域差の話が興味深いですよ。

記事によると、沖縄の道路は白っぽく、雨が降ると滑りやすくなるという話をよく聞くそうで(初耳なんですけど...^^;)、それを世紀東急工業(株)が解説しています。

その説明によると、
沖縄の道路では多くの場合、コーラルリーフロック(隆起珊瑚礁石灰岩)と呼ばれる石灰岩が使われており、この石の色が白いことから道路舗装が白く見えます。また、この石はすり減りやすく、車両の走行により舗装面が次第に磨かれてくるため、舗装面が滑りやすくなってしまいます。...

だそうです。

一般道が石灰岩なのか...

さらに、道路のアスファルトについての説明も興味深いです。
道路舗装に使われるアスファルト混合物は、粗骨材(石)、細骨材(砂)、フィラー(砂より細かい粉)、アスファルトを高温で練り混ぜて作られます。アスファルト舗装は、施工直後は骨材がアスファルトに被膜されているのでアスファルトの黒色が目立ちますが、車両の通行が始まりしばらくすると、アスファルトの被膜がむけて骨材の色が目立ってきます。

そんな風になっていたのね。^^;

さらに、
沖縄は川も少ないため、砂利も採取しにくいということもあります。

なるほど。

重量物だけにそうそう他府県から持ってくるのもコスト高になりますしね...

【地域性が色濃く出る道路舗装】


詳細は記事を読んで頂ければよいかと思いますが、面白いですよ。
骨材は基本その地域で採取されるものを使うことが多いらしく、製鉄工場がある地域では鉄鋼スラグを使ったり、北海道では貝が骨材として使われたりすることもあるそうな。

舗装に使う材料って、重量物が多いので輸送費が結構かかるので、地産地消になるのも解りますね。
勉強になりました。

【関連記事】


職人技...工事看板をきれいに手書きしちゃう人がすごい。

そっちもあるか!?...融雪水使用増加で地下水渇水、地盤沈下の恐れも 富山

年末近くに多発?...今度は新潟で道路陥没、車脱輪で乗車親子けが(2017)

いい地盤の物件を紹介する『Jibangoo』、防災の日を前にリニューアル。(2017)




(株)ケイエフの強力空気搬送機 ジェクター



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!







posted by ケイエフ at 08:40| 大阪 | Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月20日

もはや重機の近くにいる必要すらない、と!?...auの5Gで建機を遠隔操作、実証実験成功

03.30 「臺北市106年全民防衛暨2017臺北世界大學運動會災害防救及金華演習」,現場人員連絡調度03.30 「臺北市106年全民防衛暨2017臺北世界大學運動會災害防救及金華演習」,現場人員連絡調度 / presidential office

※イメージ画像です。

こういうのって、セキュリティ的にはどうなんだろか?
回線乗っ取りとかできちゃわないの?

【作業効率が従来の無線LAN使用時よりアップ】


ケータイWatchの伝えるところによりますと、KDDI、大林組、日本電気(NEC)が、5Gの特徴のひとつである「高速・大容量」を活かし、4K解像度の3D映像を利用して建機を遠隔操作する実証実験に成功したと発表した、とのことです。

記事によりますと、今回の実証実験では、現場で撮影した3D表示用の4K解像度の映像を5Gの28GHz帯で伝送することで、遠隔操作室において、3D表示用モニターで4K解像度かつ裸眼立体視が可能な映像を表示、これにより従来の遠隔操作よりも作業効率を改善するのが狙い、だとのことです。

記事に実際の動作映像が掲載されていたので、こちらでも貼らせて頂きます。
記事には2本動画があります。




【リアル災害現場ではどうなんですかね...】


実証実験なんで、割りと近いところから操作してるんですが、瓦礫の山の隣にブースを構えて砂埃が舞うところでやるとどこまで出来るんだろうか?というのが気になりますね。

記事にも実際、これからの労働人員不足に対応すべく、東京から全国の災害現場で作業というのを見据えている、と伝えられてますね。5G回線だとそれが可能なんだとか。

今後さらなる実験での進歩に期待ですね。

【関連記事】


ちょっと面白い試み...京大が研究テーマのガレージセールを開催。

形は大事...色んな形の防波堤実験

リアルに使えそうなワイヤレス充電が世界最大の家電見本市「CES」に登場した、らしい。

全身コンセントにできる繊維『ウェアラブル セルフォーム』帝人が開発

M9.0でも大丈夫!?塗って耐震を強化するコンクリート、カナダで実用化へ


(株)ケイエフのリモコン式無人掘削工法 セーフティークライマー工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!







posted by ケイエフ at 08:43| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月19日

ラジオ波で土砂災害予知システム、呉高専の学生考案

パクチョンのラジオ裏パクチョンのラジオ裏 / JIRCAS

※イメージ画像です。

最近の学生さんはすごいな...

【発想がすごい...】


yomiuri onlineの伝えるところによりますと、呉高専の学生が、ラジオ放送を活用した土砂災害早期予知システムを考案し、国の支援事業に選ばれた、とのことです。

記事にその原理も説明されていますが、一部引用させて頂くと
山肌で反射する電磁波から土砂に含まれる水量の変化を計測し、土砂崩れの危険度を判定する。

だそうです。

実証実験で有効性が証明されれば、災害予知への活用が期待できる、と記事は続けています。

【電波の特性を活かしたアイデア】


電波で土中水量を計測とか、どっからそんな発想が出て来るんでしょうか...すごいわ^^;。
しかも構想としては、自宅で土砂災害の危険度を判定できるシステムを構築したいとか...これが実現するとかなり人的被害を軽減できますね。

今後の研究に是非期待したいです。

【関連記事】


ちょっと面白い試み...京大が研究テーマのガレージセールを開催。

全身コンセントにできる繊維『ウェアラブル セルフォーム』帝人が開発

人材難のこれからは”自己修復系”が必須...というお話

ツイッター利用による災害救助要請のひとつのアイデア

M9.0でも大丈夫!?塗って耐震を強化するコンクリート、カナダで実用化へ(2017)


(株)ケイエフのコスト縮減型吹付法枠 アールティーフレーム工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:39| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月16日

金返せ!ってレベルらしいです...会計検査院27年度報告による、のり面工事の不備事例あれこれ

Photo credit: Matsukin on Visual Hunt / CC BY

※イメージ画像です。


先日、弊社の営業スタッフがとある勉強会に参加し、特定非営利活動法人 日本緑化工協会『緑化工技術 第39集』という冊子を持って帰ってきました。

そこに興味深い内容が書かれていると教えてくれたので、ちょっとご紹介です。

【のり面緑化の失敗例】


件の営業マンからざっくり聞いた内容からすると、のり面緑化すると言って、国の助成金を使ってのり面緑化工事を行ったが、現場をよくよく調べて見たら、緑化に失敗(草木が生えていない)しており、どういうことだ?と調査してみたら、色々お粗末な工事になっていた、というわけです。

そこで国としては、こんな工事は認められん!と激おこして、助成金を自治体に返還するよう求めた、というお話なんだとか...

【会計検査院いわく...】


同『緑化工技術 第39集』に会計検査院の検査報告(平成29年11月8日公表、27年度報告)というのがあり、そこに、
法面にはそれぞれの立地条件等があり、同じエリアだからと一律な設計とすべきではな く、それぞれの立地条件等を踏まえた設計等を行うべき

と掲載されています。

そして、幾つか具体例が紹介されています。あんまり詳しく紹介してしまうと、同団体から怒られちゃいますので、タイトルレベルでご紹介させて頂くと、


く事例 1>工法選択が不適切で植物が生育していない。

急勾配等、適切でない状況を知っていたが種子散布工を選定した。

く事例 2>鹿対策が不十分で植物が消滅している 。

鹿の生息数が多い地域であることから「シカ保護管理計画」の対象地域になっているにもかかわらず、防護柵の設置が有効であるのに、そのような設計としていなかった。

く事例 3>土壌硬度を調査せず植生工を実施。

土壌硬度を調査することなく植生マット工を選定、指針では植被率が70%から80%以上の状態となっているものを可としているが、植被率が70%未満の状態。
このため、基材が降雨により流出しネットのみが残って地山が露出していたり、植物が十分生育していなかった。

く事例 4> 植生工の生育判定が行われていない。

植生工施工箇所の一部において、植物が発芽しなかったり、枯死したりなどしていて、 法面の安定及び緑化により景観の保持を図るという工事の目的が達成されていない。

く事例 5>鹿対策が不十分で植物が生育していない。

施工箇所周辺は鹿の生息数が多く、近隣におけるその被害の発生を把握していたのに、 設計では被害を防止するための防護ネットを設置するなどの工法を選択していなかったため、植物が 食害を受けたり植生基材が踏み荒らされていたりなどしていた。


とこんな風な現実がある、と指摘されています。

設計段階の不備や調査不足、あるいは防護柵等の対策をしていたが、やりっぱなしで経年後の補修等を行っていないので獣害や落石などの被害が発生というのもありました。

【折角お金を使うわけだし...】


少子高齢化で地方に行くほど過疎化が進み、ただでさえ予算組等難しくなる昨今なので、折角お金をかけるなら有効な手段で対策すべきですね。

のり面緑化やのり面の獣害対策なら弊社でもご相談を承っておりますので、お気軽にお問合わせください

【関連記事】


敵かな!?、味方かな!?...シカを襲う野犬目撃情報相次ぐ 京都

全国展開へ...愛知のシカ情報マップ

25年ぶりの新税 2024年に『森林環境税』導入 年1000円程度(2017)

微細藻類で斜面崩壊を防止 日本工営(2017)

1ヘクタール18分で植林する、ドローンを使った植林システムが注目(2017)



(株)ケイエフののり面のシカ・イノシシ侵入柵 シカ矢来



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!







posted by ケイエフ at 08:39| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月15日

そっちもあるか!?...融雪水使用増加で地下水渇水、地盤沈下の恐れも 富山

融雪装置融雪装置 / rch850

※イメージ画像です。

なるほど...そういうこともあるんですね...

【まさかの節水依頼...】


yomiuri onlineの伝えるところによりますと、大雪の影響で地下水を使う消雪装置の使用が増えたことが要因で富山県内で、地下水の減少が深刻だそうです。

記事によると、県は現在、富山市奥田北、高岡市能町、射水市作道の3か所で、24時間体制で地下水の水位を観測、地下10メートルの「安全水位」を下回ると、地盤沈下や、水圧が低下して海水が流れ込む「塩水化」が起きる恐れがある、と伝えています。

【融かした雪を返すとか...】


色んな問題が起こるもんですね...融雪して出来た水をそのまま地下に戻すとか...そんな簡単なことじゃないですかね^^;

ここに地震とかほかのチカラが加わるとさらに怖い事態となりますね...

【関連記事】


多少関係性はあると思うが...大雪の後には巨大地震が起きやすい!?

雪で外出しづらい今こそ防災食の消化を...『ローリングストック法』という考え方

豪雪地帯は注意を...雪の影響で土砂崩れ 京都(2017)

これはすごい!沈下したコンクリを高密度ポリウレタンフォームで押し上げる【PolyLEVEL】(2015)

今更感もありますが...地下水の使いすぎで断層地震が増える可能性 研究結果(2014)


(株)ケイエフの土ほぐし機 エアースコップ



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!







posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月14日

チキチキマシンかよ!?...未来の消防車がなんか漫画チックな件





なんか、もっといい感じの消火方法が開発されてそうな気もするんですが...^^;

【ドローン、なの??】


ひろぶろで紹介されていた、未来の消防車が色んな意味でちょっと微妙ですごい?です^^;

とりあえず、動画をどうぞ。



今あるテクノロジーを全部詰め込んだようなシロモノになってますが、進化するのは消防車だけじゃないわけで、もうちょっとなんとかなったんじゃないかという感じが否めません^^;

現役の消防士さんはこれをどう見るんでしょうか...^^;

【関連記事】


ミストスクリーンに写した映像を触ってるかのように見える技術がすごい。

週末は大きいお友達の行列ができそう...FindJob!のプロモ『未来変身ボックス』

なんか軽くイラっとする...例の会社がまたヤラかしてます『2045年に消える職業を落AI陽一が診断』

アスクル倉庫火災の消火が長引いた原因のひとつが、衝撃的な件。(2017)

映画が一本できそう...『スモークジャンパー』というお仕事を知ってますか?(2017)

【危険物安全月間・大阪】知らなんだ...どこでも買える”アレ”が消火器代わりになる、らしい(2016)

無理、無理...消防士さんはいつもこんな過酷な状況で消火活動している、という映像。(2015)





(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!






posted by ケイエフ at 13:06| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クラウド化でいいんじゃないかと...土木工事書類スリム化ガイド作成 関東整備局

書類の山書類の山 / khf_fjs

※イメージ画像です。

いつになったらペーパーレス社会は実現するのやら...

【働き方改革の一環】


minkabuの伝えるところによりますと、関東地方整備局が7日、「土木工事書類スリム化ガイド(PDFファイル)」を公表、削減可能な工事書類、紙と電子データによる工事書類の二重納品防止の徹底を図る、と伝えています。

記事に詳細が記載されているので、読んで頂ければよいかと思いますが、いくつか引用させて頂くと、
・作成不要な書類を添付しても工事成績で評価しないことを明記。

・段階確認書などで監督職員に代わり現場技術員が立ち会う場合、受注者は説明資料作成が不要とした。

・品質証明書は試験成績報告書や製品カタログなどの書類の添付を不必要とした。

などとなっているようです。

ガイドの発行は、同局が建設業の「働き方改革」を推進するために策定した「“地域インフラ”サポートプラン関東2017」に連動した取り組みだ、と記事は続けています。

【多少コストがかかっても...】


よい傾向ですね。
しかし、業務で作成する書類なんて、もはや9割がデジタル。なので、こういうのって、いい加減クラウド管理でいいんじゃないのかと...

システムにはお金がかかるかもしれませんが、長い目で見るとやはり色んな労力や時間をカットできてよいのではないかと思うんですけどねぇ。

昔、行政がらみのお仕事をいくつかやらせて頂いたことがありますが、恐らく日本で一番分厚いであろうファイルに死ぬほど書面を詰め込んで、それをダンボール数箱に詰めて台車で持ってきた業者さんがいましたが、恐らくこんなの出しても見ないだろうな...とか思ってました^^;。

あと、行政に提出する書類(入札とか報告書とか)は中身スカスカでも枚数があればあるほど信憑性が増す、とか言ってる人がいましたね┐(´д`)┌ヤレヤレ。

今回のガイドではこういうのは、評価しませんと明記されちゃうようなので、小賢しい手は使えなくなる、というわけですね。よい傾向です。(^^)

【関連記事】


報酬付き...交通やインフラに関する意見、ネットモニター募集 国交省

ちょっと期待だが...大量配布されるチラシを元に”リサイクル品”で還元 『e-Pod』

働き方改革本格化か...日建連・週休二日推進本部実現計画案を承認、周知アイテム作成も(2017)

荒んでるなぁ...獣害駆除で報奨金不正多発 全国で(2017)



(株)ケイエフの瞬発・多段式 非火薬岩盤破砕システム NRC



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!






posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月13日

台湾地震の前揺れ?...落石直前でクルマを止めた車載映像が怖い...




こわぁ...

【日付からして前兆...?】


運転中に落石を察知しクルマを止めた車載映像がyahooニュースで紹介されています。

映像を見る限り、ほんとにギリで止めてますね。
youtubeにも同じと思われる映像があったので、貼っておきます。



記事では、台湾 花蓮市での地震の扱いになってますが、ドライブレコーダーの日付が2月4日になってますね。
台湾地震の前揺れでしょうか??
前を走ってるクルマもギリすり抜けたっぽいですし...

【そして、2月6日の地震の揺れ...】



そして、あの大地震の揺れがこちら。



踏切待ちしている最中の映像。
スクーターの人が立ってられなくなってますね。
電車が通りすぎた後の揺れだったようですが、電車は大丈夫だったんでしょうか??

しばらく余震も続くでしょうから、注意が必要ですね。台湾加油!
台湾地震の際、沖縄でも揺れたという話があるので、日本も油断できないですね。
韓国でもちょっと大きめの地震が一昨日あったようですし(livedoorニュース)。

【関連記事】


多少関係性はあると思うが...大雪の後には巨大地震が起きやすい!?

年末年始に気になったニュース2018 その1

あわや大惨事...落石でスピード落としたら土砂災害

落石防止ネット外れて、作業員に直撃 死亡事故 いわき市(2017)


(株)ケイエフの植生基材注入工 グリングリーンマット工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!







ラベル:映像 落石 地震 台湾
posted by ケイエフ at 08:44| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月09日

敵かな!?、味方かな!?...シカを襲う野犬目撃情報相次ぐ 京都

Photo credit: ideanotes2 on Visual Hunt / CC BY-NC-ND

※イメージ画像です。

うーむ、オオカミ放置論までいかなくてもこいつでOK!かと思いきや...

【飼い犬の野犬化??】


京都新聞の伝えるところによりますと、昨年6月から7月にかけて、京都府宇治市南東部の山間地、白川地域でシカを襲うシェパードのような大型犬が目撃されて以降、周辺市町の山間部などでシカを襲う野犬の目撃が続いている、そうです。

記事によると、さらに昨年7〜12月にかけて、城陽霊苑(城陽市寺田)付近や、宇治市と宇治田原町の境界に近い府民スポーツ広場(久御山町飛び地)、天ケ瀬ダム周辺でも同等の野犬が目撃されており、シカに噛み付いてる姿も目撃されている模様。

ただし、前出と同様の野犬かどうかは不明、だそうです。

同地域では人への危害も懸念されることから、捕獲用のおりを設置した、と記事は伝えています。

【野生対野生でお願いしたいですね。^^;】


記事には、シェパードのような大型犬とあるのですが、飼い犬が野犬化したタイプなんですかね?
大きさからすると怖いです。...シカとかイノシシだけ襲撃してくれれば、獣害対策になるんですけどね^^;

ま、相手は動物なんで...近隣の皆様はご注意ください。
のり面の獣害対策には、シカ矢来を宜しくお願いします。

【関連記事】


年末年始に気になったニュース2018 その1

業界紙ってシュールやわ...狩猟専門誌『けもの道』という雑誌がある、らしい。(2017)

全国展開へ...愛知のシカ情報マップ(2017)

驚愕のオプション機能付き、野生動物忌避装置『スーパーモンスターウルフ』(2017)


(株)ケイエフの、法面のシカ・イノシシ侵入防止柵 シカ矢来



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!







ラベル:京都 野犬 シカ 獣害
posted by ケイエフ at 08:43| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月08日

チャンネル登録必須かも!?...自衛隊lifehackチャンネルが何気にすごい件





防寒対策からベッドメイキングまで、お役立ち情報満載です。

【”守る”ことのプロはやはりすごい。】


ひろぶろで紹介されていた、
『自衛隊員が100均の「あの商品」を使って教える寒さから身を守る術!!』
がなかなかよさげで、動画を見たあとふと次の動画を見たら、『自衛隊LifeHackチャンネル』がずらり。しかもこれが結構いいですよ。

いくつかご紹介してみると、

【自衛隊員が100均の「あの商品」を使って教える寒さから身を守る術!!】



【車につもった雪の落とし方】



【車内のガラス曇りを軽減する方法】



ね?お役立ちでしょ?
弊社が関係する業界にあっては、ロープの結び方なんかも公開されてますよ。

【さらには、こんなのも...】



【車がすれ違う時のヘッドライトで目がくらむのを防ぐ方法(暗調応)】



【自衛隊式!かまくらの作り方】



【たまに乗る船で酔わない方法】



防災系のライフハック満載です。
色々見てみてはどうでしょ?長くても1分少々程度です。
なかには、やっぱ自衛隊ですね^^;というものもありますが。

【関連記事】


知ってました?落とし物はネットで探せるって。(2017)

食欲の秋、だから??食べ物系ライフハック2つ(2017)

3つの材料でスニーカーが真っ白に蘇る技がすごい。(2017)


(株)ケイエフの安全具



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!







posted by ケイエフ at 08:41| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月07日

鳥取西道路の重山地区で法面変状、大規模地すべり対策 中国整備局

Photo credit: Japanexperterna.se on Visualhunt.com / CC BY-SA

※イメージ画像です。

最大地すべりは山頂を越える深い位置にあるってどういうこと??

【グラウンドアンカーの一部が破断】


建設通信新聞の伝えるところによりますと、中国地方整備局は、昨年開通予定だった鳥取西道路(浜村鹿野温泉IC〜青谷IC)の重山地区(鳥取市鹿野町乙亥正地内)で法面変状が発生したことから、大規模地すべり対策を施す、とのことです。

記事によりますと、変状が発生した重山地区では、法面に設置したグラウンドアンカーの一部が破断し、法面の基準点が10cm動いた、周囲の山を含めた広い範囲で滑動が生じていることが考えられたため、応急対策として、法面の水抜きボーリングと土量1万m3の押さえ盛土を実施した、と続けています。

工事の概要は、トンネル工を含めた盛土工10万m3、押さえ盛土撤去、コンクリート舗装工、工事延長570m、うちトンネル長さ120m、とさらに記事は伝えています。

【10センチって結構な移動じゃないですか?】


10センチ動くって、これ地殻変動とかそういうのが原因ですか??
大災害にならなきゃいいんですが。工期は2019年2月28日まで、だそうです。

【関連記事】


絶景スポット、年単位でアクセス不可へ 県営林道玄倉線の一部 斜面崩落

近くでリニア工事...県道松川インター大鹿線滝沢トンネル北西側 飯田市(2017)

あらら、やっぱ確定ですか...県道松川インター大鹿線の土砂災害、リニア工事の影響と発表(2017)



(株)ケイエフのロックボルト関係部材



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!







posted by ケイエフ at 08:37| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月06日

報酬付き...交通やインフラに関する意見、ネットモニター募集 国交省

Photo credit: presidential office on Visual hunt / CC BY

※イメージ画像です。

物流がかなりヤバい状態のようなので、この際物申したい方はどうぞ。

【年間4000円の報酬も】


yahooニュースの伝えるところによりますと、国土交通省が、交通やインフラについての国民の意見を集めて国土交通行政に反映させるため、2018年度「国土交通行政インターネットモニター」を1000人程度募集、終了後、回答の実績に応じて年間4000円を上限に謝金を支払う、と伝えています。

ざっくり、同特設ページの応募要項から引用させて頂くと、


1.募集者数・・・全国で1,000名程度

2.募集期間・・・平成30年2月1日(木)から平成30年3月9日(金)まで

3.応募方法
国土交通行政インターネットモニターホームページ( https://www.monitor.mlit.go.jp/ )にア
クセスして、「モニター新規応募」をクリックしてください。

4.応募資格
日本国内に居住する20歳以上(平成 30 年 4 月 1 日現在)の方で、インターネットを利用でき
る方とします。
(ただし、次の@〜Cに掲げる方は除きます。)
@ 国会議員及び地方議会の議員
A 国土交通行政に従事する常勤の国家公務員及び地方公務員
B 国土交通省所管の独立行政法人、特殊法人及び地方共同法人の役職員
C 上記@〜Bに掲げる方の同居の親族


という感じです。詳細は国土交通省の行政インターネットモニターの制度概要をご覧ください。


【意見を反映させるチャンス】


そう言えば、何年か前にもこの制度、当ブログで取扱ましたね。^^;
あのときに比べると、さらにいろいろ社会構造が変わっているので、今のほうが色々不便に感じてることがあるのではないでしょうか?

どうしても制度改革してほしい、という方はこれを利用してみてはどうでしょ?
選ばれれば、社会を変える一翼を担えるかも、ですよ?^^;

【関連記事】


豪雨・融雪による土砂災害発生件数が過去 10 年で最大を記録 国交省、H29の土砂災害発生件数速報値を発表

来年度予算も割当、流木食い止める「土砂透過ダム」拡充 国交省(2017)

梅雨前線に伴う豪雨などによる災害の対策に緊急的に予算支援 国交省(2017)

道路施設の点検要領の策定の最後、道路のり面点検要領策定 国交省(2017)

モノ申したい人に朗報...国土交通行政インターネットモニター募集 国土交通省(2015)


(株)ケイエフの、雪の上でも目立つ親綱 スーパーセーブロープ



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!







posted by ケイエフ at 08:38| 大阪 ☔| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月05日

また事故か...堤防護岸工事現場で、土砂が崩落 福岡

Photo credit: taken_spc on Visual Hunt / CC BY

※イメージ画像です。

やっぱ寒さで注意散漫になってるんじゃ...

【工事関係者、意識不明】


西日本新聞の伝えるところによりますと、25日午後、福岡県宮若市福丸、河川敷の堤防護岸工事現場で、土砂が崩落し、工事関係者が土砂の下敷きになった、とのことです。

詳細は不明ですが、同工事関係者は病院に搬送されるも意識不明、と記事は続けています。

【なんか、目立つ...】


ちゃんと調べたわけじゃないので、なんとも言えませんが、このところ、工事現場での事故多くないですか?
つい先週末にもショベルカーが小学生の列に突っ込んだ事故とかありましたし(TBS News
やっぱ、この寒波で注意散漫になったり、カラダがちゃんと動かないので普段と同じ感覚でやってたら事故になったとかあるんじゃないですかね。

状況をよく考えて、事故にならないように注意しましょう。
せっかく新年を迎えたばかりなのに、年の始めから入院とか、萎えますしね。

【関連記事】


掘削作業中に土砂崩れ 排水路で作業中の男性重体

重機がのり面から川へ転落 作業者、腕が下敷きに

二次災害で被害拡大...重機2台が民家を直撃 神戸

働き方改革本格化か...日建連・週休二日推進本部実現計画案を承認、周知アイテム作成も(2017)

落石防止ネット外れて、作業員に直撃 死亡事故 いわき市(2017)


(株)ケイエフの土ほぐし機 エアースコップ



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!






posted by ケイエフ at 08:41| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月02日

なんの罰ゲーム??...5日以降過去最強クラスの寒波が襲来 2週間ぐらい続く模様



※イメージ画像です。

..._| ̄|○ ガクッ...なにかにつけ、無理はしないようにしましょう。

【西から寒気が入り込む予想】


livedoor newsの伝えるところによりますと、来週は西から再び強烈な寒気が入ってきそうで、一部、過去最強クラスの予想、新たに寒さの記録を更新する所が出てくるかもしれない、と伝えています。

記事によりますと、
気象庁は30日、「北・東・西日本の長期間の低温に関する全般気象情報」を発表しました。北日本や東日本、西日本では、この先2週間程度も寒気の流れ込みやすい状態が続き、気温がかなり低くなる時期もある見込みです。

とのことです。

【水道凍結対策など準備を】


先日も新潟県佐渡市で寒波のせいで、水道管破裂が各所で起こり1万世帯断水(yomiuri online)というニュースがありましたが、低温による色んな所の凍結対策が必要になりますね。

新潟日報にそんな水道凍結対策が記載されています。
記事より引用させて頂くと、
水道管の中の水が凍ると体積が増え、水道管を内側から外側に向かって押し出す力が生じる。その力が強いと水道管に亀裂が入り、気温が上がって凍結が緩んだときに損傷部分から水が漏れ出す。

 水道管は気温が氷点下4度を下回ると、凍結しやすくなる。水道管が屋外でむき出しになっている所や、風の強い場所は特に注意が必要だ。凍結を防ぐには、むき出しの部分に水道管用の保温カバーを掛けるのが有効だという。


夜間、ちょろちょろ水道を出しっぱなしにするという雪国ならではの方法もよく聞きますね。
うーむ、しかし、水道料金が...という方もいらっしゃるかと思いますが、そんなアナタにはこのツイートを。


水道料金は各自治体によって違うので、あくまで参考ですが、ひと晩でうん十円とかいうレベルなら、まさに凍結するよりマシです。流しましょう。

こんな記事を書きながら水道料金が他地域より高いと言われる弊社のある堺市の水道料金はどれくらいになるんだろう?とぐぐっていたら、こんな動画を見つけました。

水道管凍結対策の仕方。



( ´_ゝ`)フーン...やりますな。それはそれとして、水道料金下げてほしいんですけど...

ともあれ、来週はさらに気温が下がるようなので、寒さ対策、凍結対策をしっかり準備しておきましょう。
無理な行動は控えて、無駄にケガ等しないようにしましょう。

【関連記事】


雪で外出しづらい今こそ防災食の消化を...『ローリングストック法』という考え方

列島すっぽり覆う寒波...週末にかけて各地市街地でも積雪に注意

多少関係性はあると思うが...大雪の後には巨大地震が起きやすい!?


(株)ケイエフののり面工事の安全具



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!






posted by ケイエフ at 08:43| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月01日

絶景スポット、年単位でアクセス不可へ 県営林道玄倉線の一部 斜面崩落

Photo credit: backyard822 on Visualhunt.com / CC BY-NC-SA

※イメージ画像です。

上記のアイキャッチが『ユーシンブルー』だそうです。

【年単位で絶景スポットへ近づけなくなる。】


タウンニュース足柄版の伝えるところによりますと、山北町玄倉の県営玄倉林道で17日朝、幅約14メートルにわたる斜面崩落があっり、小規模な崩落も続いているため、県は林道の一部を通行止めにした、とのことです。

崩落現場は全長8・1キロの林道入口から約6・6キロ先にある玄倉第2発電所の近くで、斜面の花こう岩が落石防止ネットに沿って崩落し、林道に人の背丈まで積み上がり道をふさいだ、と続けています。

同崩落現場は、絶景スポットで知られる「ユーシンブルー」を観ることができる玄倉第2発電所があり、県はもともと落石が多くあり危険だったが、今回は過去に経験のない大規模な崩落でより危険が増している、復旧には年単位の時間が必要、と語っている、そうです。

【ユーシンブルーを知らなかった^^;】


ユーシンブルーという絶景スポットがあったんですね。
記事に説明もありますが、
県企業庁の玄倉第2発電所のダムにせき止められた玄倉川の水が花こう岩に反射して青色に輝く「ユーシンブルー」は、西丹沢の人気スポット

なんだそうです。

そして、記事に崩落現場の画像がありますが、落石防護柵を突き破って落石が流れ出てますね。
山間部の絶景スポットは、どうしても土砂災害や落石のリスクが伴いますよね。

復旧するまでしばしの我慢です。
とは言ってもこの季節は、写真家とかじゃないと寒くて観光どころではないと思いますが...^^;


【関連記事】


住宅裏ののり面崩落、2世帯7人が公民館へ避難 17日 氷見市

あわや大惨事...落石でスピード落としたら土砂災害

落石防止ネット外れて、作業員に直撃 死亡事故 いわき市(2017)

これは酷い...道路脇のり面崩落、愛媛(2017)

落ちる前に打つ!...ノルウェーの落石対策が豪快。(2017)


(株)ケイエフの作業員を守る、あんえいネット



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!






posted by ケイエフ at 08:36| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月31日

多少関係性はあると思うが...大雪の後には巨大地震が起きやすい!?

Photo credit: T.Kambayashi on VisualHunt.com / CC BY-NC-SA

※イメージ画像です。


地震発生には色んな要因があるんでしょうが、一体どれくらいの割合でこの『季節負荷』が影響するのか、気になるところです。

【『季節負荷』というのがあるらしい。】


tocanaにちょっと興味深い記事がアップされています。
タイトルが『【緊急警告】大雪の後に巨大地震が起きやすいことが科学的に判明! 寒波の東京で悪夢の首都直下地震に警戒せよ!』。

少々オーバーな表現ではありますが、内容を見てみるとあながち無視できない内容です。

詳細は記事を読んで頂ければよいかと思いますが、ざっくり説明すると、雪や雨の重みが断層を刺激して地震を引き起こすらしい。この”重み”のことを『季節負荷』と呼ぶらしい。

ではそれは科学的に正しいのか?ということについて、記事では
実は、過去に米カリフォルニア州の巨大活断層(サンアンドレアス断層)で発生した大地震を解析し、それが冬季の雨と雪によって引き起こされたことを突き止めた科学者たちがいる。

と説明しています。

【全くのデマ話ではないでしょうが...】


要因としては十分ありえる要因ではありますが、どれくらいの割合で影響してるのかは、気になるところです。
ちゃんと分析しないとほんとにそれが地震発生の一番の要因かどうかは解らないですしねぇ。

奇しくも本日は月に2回満月を迎えるブルームーン、しかも赤い月なんだそうで、こういった珍しい月のときはなんらかの影響が出ることがありますしね...

がっつり構える必要はないですが、地震が起きたときに対応できる準備は大丈夫か?見直すぐらいはしておいてもよいかもしれません。
自然にチカラは読めませんしね...


【関連記事】


豪雨・融雪による土砂災害発生件数が過去 10 年で最大を記録 国交省、H29の土砂災害発生件数速報値を発表(2017)

漫画みたいだ...韓国 浦項地震で地割れが発生する瞬間(2017)

実証されるまでは難しいかも...地震の前兆音は本当に地震の前兆か?(2017)

気持ち悪ぅ〜...メキシコ地震の最中に起きた奇怪な現象(2017)



(株)ケイエフのモルタル補強繊維



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!






posted by ケイエフ at 08:41| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月30日

掘削作業中に土砂崩れ 排水路で作業中の男性重体

Photo credit: naoyafujii on Visual Hunt / CC BY-NC

※イメージ画像です。

那覇空港の工事現場でも足場崩れて、死者出てましたよね(日テレニュース24)

【掘削作業中に土砂崩れる】


産経Westの伝えるところによりますと、25日午後1時50分ごろ、福岡県宮若市福丸の犬鳴川近くで排水路整備作業をしていた60代の男性作業員が、崩れた土砂に埋まったと119番があり、約15分後に消防が救出したが、男性は意識不明の重体、だそうです。

【寒波の影響ですか?、現場事故多し?】


2018年が始まってまだ間がないですが、なんだか、このところ工事現場での事故をよく聞きますね。
やはりこの極寒の中屋外で作業するからでしょうか?

無理しないようにして、安全確認しながら作業に当たりましょう。


【関連記事】


重機がのり面から川へ転落 作業者、腕が下敷きに

あわや大惨事...落石でスピード落としたら土砂災害

二次災害で被害拡大...重機2台が民家を直撃 神戸

落石防止ネット外れて、作業員に直撃 死亡事故 いわき市

殉職?? 雑草防除用ヤギ撃たれる 山梨(2017)


(株)ケイエフの強力空気搬送機 ジェクター



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!






posted by ケイエフ at 08:51| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月26日

重機がのり面から川へ転落 作業者、腕が下敷きに

Photo credit: Ruin Raider on Visualhunt.com / CC BY-NC-ND

※イメージ画像です。

セーフティークライマー工法を宜しくお願いします。

【作業員の命に別状はなし】


livedoorニュースの伝えるところによりますと、19日午後1時15分ごろ、京都・三千院に隣接する京都市左京区大原勝林院町の川で作業中の重機がのり面から川へ転落、作業員の腕が重機の下敷きになり病院へ搬送された、とのことです。
作業員の命に別状はなし。

【慎重な行動を心がけましょう】


元ネタの朝日新聞digitalには現場の映像もありますが、結構な高さから落ちてますね。4mだそうです。

命に別状がなくてよかったですが、寒波で寒空の下での作業はカラダがうまく動かなかったりしますし、判断能力も低下することが懸念されるので、要注意ですね。

先日も民家に衝突する事故がありましたが、作業者は十分注意が必要です。

【関連記事】


二次災害で被害拡大...重機2台が民家を直撃 神戸

落石防止ネット外れて、作業員に直撃 死亡事故 いわき市(2017)

殉職?? 雑草防除用ヤギ撃たれる 山梨(2017)



(株)ケイエフのリモコン式無人掘削工法 セーフティークライマー工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!






ラベル:重機 転落 京都
posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする