2021年01月22日

今年はちょっと楽?日本気象協会、2021年春の花粉飛散予測(第3報)を発表

hay feverhay fever / 一人寿司-Hitori Sushi

※イメージ画像です。

マスク着用常態化、外出自粛なので今年はちょっとマシなのでは??

【2月上旬からスタートし、3月は各地でスギ花粉がピーク】


tenki.jpの伝えるところによりますと、20日、日本気象協会は2021年春の花粉飛散予測(第3報)を発表した、とのことです。

詳細は同サイトに図解入りで詳しく解説されているので、そちらをご覧頂ければよいかと思いますが、ざっくり記事より引用させて頂くと、
■2月上旬に九州や四国、東海、関東の一部から花粉シーズンがスタート

■スギ花粉の飛散開始※は、九州から関東まで例年並みか早く、北陸や東北は例年並みとなる見込み
※飛散開始日:1平方センチメートルあたり1個以上のスギ花粉を2日連続して観測した場合の最初の日

■スギ花粉飛散のピークは、
 ・福岡で2月下旬から3月上旬
 ・高松・広島・名古屋では3月上旬から中旬の予想
 ・大阪は3月上旬、東京は3月上旬から下旬
 ・金沢・仙台では例年並みの3月中旬から下旬

■スギ花粉飛散が終わる頃、ヒノキ花粉が飛び始め、ピークは
 ・福岡では3月下旬から4月上旬
 ・高松は4月上旬から中旬
 ・広島・大阪では4月上旬の見込み
 ・名古屋・東京では4月上旬から中旬

となっているようです。

2021年春の例年比での花粉飛散傾向予測としては、東海、北海道は例年並みのようですが、それ以外の地域の飛散量はやや少ない、と記事は伝えています。

【マスクはしてても...】


今年はマスク着用が常態化してるし、外出自粛傾向、テレワークなどで花粉症の方も症状がマシになるのでは?と思ったりしたのですが、室内でも新型コロナウィルスの関係で換気をするため、結局は同じなんですかね。

花粉症の方にとっては、むしろ、室内でもマスク必須となるかも、なわけです。

いろんな”外敵”から挑戦される人類ですが、自己防衛に努めましょう。

【関連記事】


大丈夫か?いやむしろ...PM2.5もろ過可能、現場仕事にも対応、ファン送風付きハイテクマスク『ナノブリーズ』(2020)

雨が降った後に晴れると花粉量は20倍になる、らしい。(2020)

マジか、間違ってたわ...正しいマスクの付け方、知ってました?(2020)

設計データ公開...スパコン富嶽によるシミュレーションから生まれたフェイスシールド 理化研など3社(2020)



(株)ケイエフの現場の安全確保アイテム



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!




(株)ケイエフ、めるまが配信中 配信登録はこちら




(株)ケイエフ運営のウェビナー事業 KFカレッジ 毎回CPDS申請








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月21日

結構数がある...「簡易に鋼材、鉄筋等の腐食状況を把握できる技術」の技術比較表を公表 国交省

irish unemployment comparedirish unemployment compared / Sean MacEntee

※イメージ画像です。


なんか、いっぱいあった。

【現場実証試験等を実施、技術比較表をとりまとめ。】


国土交通省のプレスリリースによると、公共工事等における新技術活用システムの活用方式「テーマ設定型(技術公募)」により、同一評価項目や試験方法の下で比較可能な技術比較表を作成し、新技術の活用を促進することを目的に技術公募を行い、現場実証試験等を実施、「テーマ設定型(技術公募)」による技術比較表をとりまとめたので、公表する、とのことです。

テーマ設定型(技術公募)とは、プレスリリースの説明を引用させていただくと、
直轄工事等における現場ニーズ・行政ニーズ等に基づき技術テーマを設定し、民間等から技術の公募を行い、同一条件下の現場実証等を経て、個々の技術の特徴を明確にした資料(技術比較表)を作成し、新技術の活用を促進する取り組み。

だそうで、NETISのサイトで見ることが出来るようです。(上のメニューの「テーマ設定型の比較表」という部分です。)

今回公表されたのは、「簡易に鋼材、鉄筋等の腐食状況を把握できる技術」の比較ですが、サイトには
・ライティング技術等の除雪作業の効率化に寄与する技術
・コンクリートのひび割れについて遠方より検出が可能な技術(まだ公開されてない模様)
・上塗り塗装施工したままで可能な溶接部の亀裂・劣化調査技術

などいくつかリストが上がっています。

【参考にするにしても数は多いほうがよい】


公募なので、ほかにもあるんでしょうけど比較可能な技術の特徴を抑えられるのはよいかもです。

同NETISのページをブックマークしておけば、更新状況をときどきチェックできますね。

【関連記事】


解りやすい...土石流が発生した時、砂防施設がある時、ない時、の模型実験 国交省 飯豊山系砂防事務所

国土強靭化、防災・インフラ整備に1兆2786億円を計上 国交省(2020)

工事写真、レイア化へ移行...日建連が活用ガイド作成 利用を推進(2020)

やっぱ、そうなりますよね...災害危険地、住宅優遇しない方向で 国土交通(2020)

こんなのがあるのか!?国交省の防爆バルーン搭載車両がかっこいい。(2020)



(株)ケイエフの瞬発・多段式 非火薬岩盤破砕システム NRC



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



(株)ケイエフ、めるまが配信中 配信登録はこちら



(株)ケイエフが運営するウェビナー事業 KFカレッジ CPDS申請中








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月20日

中津の国道沿いの斜面崩れる 大分

landslidelandslide / tsuda

※イメージ画像です。


雨降ったんでしょうか?

【深夜、通行人からの通報】


テレビ大分の伝えるところによりますと、18日午後11時20分ごろ、中津市本耶馬渓町多志田の国道212号で国道沿いの斜面が崩れて、およそ10キロに渡って通行止めとなっている、とのことです。

県の中津土木事務所によりますと斜面が高さおよそ7メートル、幅8メートルほどに渡って崩れていてけが人などはいませんが土砂が国道をふさいでいる、中津土木事務所が復旧作業を進めると共に土砂崩れの原因を調べている、と記事は続けています。

【二次災害にもご注意を。】


迂回路があるようですが、作業に当たる方も大変ですね。

このところ、寒波にやられている日本。これだけ寒いと体もうまく動かなかったり、注意散漫になったりするので、作業に当たる方は十分お気をつけください。

【関連記事】


雪解けや雨が原因?...和田川沿いで土砂崩れ 富山

国土強靭化、防災・インフラ整備に1兆2786億円を計上 国交省

雪が降っても起こるのか...砺波市で地すべり、空き家1棟全壊



(株)ケイエフの植生基材注入工 グリングリーンマット工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



(株)ケイエフ、めるまが配信中 配信登録はこちら



(株)ケイエフが運営するウェビナー事業 KFカレッジ CPDS申請中








posted by ケイエフ at 09:00| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月19日

冬眠とかしないの?新潟県で、イノシシ被害相次ぐ。

Wild boars | September 23, 2020 | Eekholt - Großeaspe - Schleswig-Holstein - GermanyWild boars | September 23, 2020 | Eekholt - Großeaspe - Schleswig-Holstein - Germany / torstenbehrens

※イメージ画像です。


マジか...無敵ですね。

【あらゆるところに猪突猛進】


新潟県でイノシシによる被害が多発してるようです。

Biglobeニュースの伝えるところによりますと、新潟県糸魚川市で11日、イノシシに突進されて3人がけがをした、いずれも命に別条はない、と伝えています。

記事によると、同日午後1時半頃、自宅付近の道を除雪していた60歳代男性がイノシシ1頭に突進され、左ふくらはぎをかまれてけがをした、突進してきたイノシシは体調1mで、後ろから襲われた、と伝えているそうです。

またAmebaニュースでは動画でニュースを伝えていますが、イノシシが車に突撃する映像が収められています。

またBSNニュースの伝えるところによりますと、イノシシによる人身被害が過去最多となっているとして15日、新潟県が注意を呼び掛けた、とのことです。

一連のニュース記事によると、このたびのイノシシ被害の原因は、なるべく雪のない場所に移動するような生態であり、もともとが臆病ないきものなので、雪の少ない道路などに出没した際、人や車に出くわし驚いて襲ってくるのではないか、と予測しているようです。


【除雪の際はくれぐれもご注意を。】


イノシシって冬眠しないんですかね?そう言えば、イノシシの冬眠ってあまり聞いたことがないような...

新潟県の皆様は除雪作業の際もご注意ください。
そして、新潟でこういうことがあるということは、よそでもあるということですね。

地域の防災情報をチェックしたり、除雪の際に近くを見渡すなどの注意も必要です。
農作物などの被害だけでなく、除雪においても獣害対策が必要とは...困ったものです。

【関連記事】


2020年年末年始に気になったニュース その2(2020)

なぜ奈良の鹿はプラ製包装を食べてしまうのか?(2020)

獣害対策に使えない?動物用架道橋、動物の命救う 米ユタ州(2020)



(株)ケイエフ 獣害対策には工法選択が重要



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



(株)ケイエフ、めるまが配信中 配信登録はこちら



(株)ケイエフ運営のウェビナー事業 KFカレッジ 毎回CPDS申請








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月18日

20代作業員ふたり死亡...橋の耐震補強工事中 那須塩原

工事工事 / omni_sight

※イメージ画像です。


年始にこの手の事故が多いような気がするのですが、気のせいですかね?

【土留めの鉄板ごと崩落】


gooニュースの伝えるところによりますと、栃木県那須塩原市の東北自動車道の上にかかる橋の耐震補強工事中に土砂崩れが起き、作業員2人が生き埋めになり救助された、とのことです。

なお、このニュースの続報として病院に搬送後二人の死亡が確認された、と下野新聞が伝えています。

記事によると、同工事では作業員ふたりは、掘った穴の中で作業をしており、土留めの鉄板ごと土砂が崩れた模様。警察が当時の状況を詳しく調べている、と伝えています。

【年末年始に多いような...】


危険な現場作業だけに、年間を通じて一定数の事故が見受けられるのですが、個人的な印象としては年末年始に多いような気がします。

お正月気分や成人式などのお休みが近いこともあるのか、気の緩みが発生するんでしょうか、それとも、もともと寒い時期なので寒さで安全対策が緩慢になってしまったりするのでしょうか。

原因は調査中なのでなんとも言えないところですが、くれぐれも安全確認、安全対策をしっかり行って作業にあたりましょう。

年のはじめに事故というのも、気分よくないでしょうし、死んでしまってはもともこもありません。

【関連記事】


年末年始も要注意...屋根に積もった雪はゾウ2頭分

想定外の大雪で各地被害...倒木、高速道路で立ち往生、停電、孤立集落(2020)

事故事例のデータベース『職場のあんぜんサイト』by厚労省がヨサげ(2020)

これは覚えておくべし...仕事中のコロナ感染、労災です!熊本労働局(2020)

逃げれない...ロッククライミング中に落石 上富良野岳 北海道(2020)

安全確認の徹底を...只見線復旧工事現場で作業者、岩の下敷きに(2020)

暖冬ゆえなの?...工事現場で事故相次ぐ、宮崎と千葉(2020)



(株)ケイエフのコンクリートキャンバス



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!




(株)ケイエフ、めるまが配信中 配信登録はこちら



(株)ケイエフが運営するウェビナー事業 KFカレッジ CPDS申請中








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 | Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月15日

天候に左右されないの?地滑り前兆、衛星使いキャッチ 静大准教授と浜松市が実験

2010-07-18 276 012010-07-18 276 01 / 石川 Shihchuan

※イメージ画像です。


今や衛星の電波って気象に影響されないのかしら...

【数ミリ程度の地面の動きも把握できる、らしい】


静岡新聞SBSの伝えるところによりますと、静岡大情報学部の木谷友哉准教授が2020年12月から、浜松市などと協力して天竜区佐久間町大滝地区に高精度衛星測位(GNSS)機器を設置し、地面の変動などを正確に測定する実証実験を始めた、とのことです。

記事によりますと、地滑り防止区域となっている同地区の斜面や集落につながる道路のガードレールなど計7カ所に高精度衛星測位と通信用の機器を設置、技術の進歩で、数ミリ程度の地面の動きも把握でき、データは定期的に木谷准教授の研究室へ送信される、そうです。

GNSSによる測定で精度の高い情報を得られるようになれば、広範囲の地面の動きを観測できる、遠隔でデータを集めることができるので手間がはぶける、と記事は続けています。

【データが溜まれば精度のアップも見込めるか】


最近の衛星の電波って気象に左右されないんですかね?そこが問題なければ、あとはAI(人工知能)で精度アップも見込めるので、防災手段として有用になるかもです。

先日も民間の土砂災害予測を民間で、というニュースがあったので、こういう技術がどんどん民間ベースで進むかもしれません。

しかし、なぜ設置場所はガードレール?(など、となっていたので、ガードレールだけじゃないんでしょうけど。)

うまく機能してくれるとよいですね。

【関連記事】


立ち位置難しいかも...洪水と土砂災害の予報を民間でも 気象庁有識者会議で検討開始

新型コロナの影響が雪に影響...都市部における人と気象の関係

インテリアとしてもいいかも、天気によって形や量が変わる『ストームグラス』



(株)ケイエフのコスト縮減型吹付法枠 アールティーフレーム工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



(株)ケイエフ、めるまが配信中 配信登録はこちら



(株)ケイエフが運営するウェビナー事業 KFカレッジ CPDS申請中








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月14日

雪解けや雨が原因?...和田川沿いで土砂崩れ 富山

雪解け 5雪解け 5 / NakaoSodanshitsu

※イメージ画像です。


大雪の後だけに今後も要注意ですね。

【人や建物に被害なし、川の堰き止めもなし】


yahooニュースの伝えるところによりますと、立山町(富山県)を流れる和田川流域の斜面で今月、土砂崩れが起きていたことがわかった、とのことです。

記事によると、土砂崩れは立山町芦見の和田川沿いの斜面で、幅およそ30メートルにわたって発生、今月4日に地元の人から土砂崩れが起きていると連絡があり発覚、人や建物に被害はなく、土砂による倒木が川に流れ込んでいるものの、川は堰き止められてはいない、と記事は続けています。

今後の対応は、県と立山町が協議の上で検討する、とのことです。

【大雪が降った後なので、全国的に要注意】


先日も確か富山県でしたね、雪解け水が染み込んだことが原因で発生した土砂崩れ。

まだ調査中のようですが、この時期の雪解け水の浸透で土砂崩れが発生したとすると、つい先日まで(一部地域では継続中ですが)大雪になっていたところも多く、またこの週末気温が少し上がるようなので、注意が必要ですね。

そう言えば日本海側は気温が上がる週末雨になるとか天気予報で言っていたので、土砂崩れもそうですが、その前に雪崩とかにも注意が必要です。

豪雪になった地域の皆様は、気象情報、防災情報をこまめにチェックしておきましょう。

【関連記事】


立ち位置難しいかも...洪水と土砂災害の予報を民間でも 気象庁有識者会議で検討開始

結構降ったのかも...魚沼市の関越道で法面が崩落(2020)

雪が降っても起こるのか...砺波市で地すべり、空き家1棟全壊
(2020)




(株)ケイエフの簡易吹付け法枠工 イージーシェルフ工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!




(株)ケイエフ、めるまが配信中 配信登録はこちら




(株)ケイエフ運営のウェビナー事業 KFカレッジ 毎回CPDS申請








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月13日

立ち位置難しいかも...洪水と土砂災害の予報を民間でも 気象庁有識者会議で検討開始

Weather forecastWeather forecast / Sami Niemelä

※イメージ画像です。


すでに行政や自治体が民間技術とコラボしてやってる部分もありますが...

【委員からは慎重論も】


TBS newsの伝えるところによりますと、国と都道府県が行っている洪水や土砂災害の予報について、民間にも許可する場合、どのような基準を設けるべきか、気象庁の有識者会議での検討が始まった、とのことです。

記事によると、民間が適確な予報を行うことは技術的に困難という理由で今まで許可が出ていなかったが、技術の進歩に伴い、気象庁が今後の予報のあり方について検討するため、有識者による検討会を新たに設置、国と民間の役割分担をどうすべきかなど、どのような基準を設けるかなどについて議論する予定、だと続けています。

【すべてはAIで解決??】


気象庁以外の民間事業者にも気象や波浪、地震の揺れや津波などについて予報を行うことが、気象業務法に基づき許可されています、という説明に一瞬、え!?そうなん?とか思ってしまいましたが、ウェザーニューズとか普通に民間企業ですもんね。

ただ、この予測に関しては、お天気もそうなんですがあちこちから出されても、ってのはありますね。

土砂災害や洪水予測なんかは、人や建物への被害が直接関係するため、情報の統一はしてほしいところです。

まぁ、そうは言ってもは100%当たる予測を出来る人・団体がいるわけではないんですけど。

ビジネス的には、行政が保持していたサービスが民間で出来るようになることはよいことですね。

最近はいろんなデジタル系技術や人工知能技術が発達してるので、予測精度も上がるでしょうし、民間のサービスが充実するかもしれません。

どうなりますやら、今後の展開に注目です。

【関連記事】


国土強靭化、防災・インフラ整備に1兆2786億円を計上 国交省

おおよその目安に...『新型コロナの流行状況にもとづくイベント開催リスク』シミュレーター(2020)

インテリアとしてもいいかも、天気によって形や量が変わる『ストームグラス』(2020)



(株)ケイエフの土砂崩れ検知・警報装置 スーパーサッチャー



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!




(株)ケイエフ、めるまが配信中 配信登録はこちら




(株)ケイエフ運営のウェビナー事業 KFカレッジ 毎回CPDS申請








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☔| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月12日

この先かなり深刻かも...公共工事に中止命令、その理由は...秋田県湯市

排雪排雪 / pika1935

※イメージ画像です。



人手不足と大雪か...まだ2ヶ月半ぐらい真冬なんですけどね...

【除排雪優先で】


秋田魁新報の伝えるところによりますと、今冬の記録的大雪を受けて秋田県湯沢市が6日、市の工事を受注した建設業者へ除排雪作業に当たってもらうため、7日から工事を一時的に休む内容の中止命令を出した、とのことです。

命令は、市建設課が発注した橋りょう補修工事や市道改良工事などに当たる8事業者に出し、民家などの屋根の雪下ろしや道路の除排雪などを行ってもらう、と記事は続けています。

【除雪が追いつかない、ぐらい大雪になっているということですか】


このお年始寒波は相当強烈だということですね。

そう言えば、どこかのニュースで4年ぶりの大雪とか言ってたような...
地方の小さな都市だと人口も少なく高齢者が多いので、作業が追いつなかいんでしょうね。

新型コロナで失業した人に日当いくらで発注してみれば?と思ったりしますが、関東圏だと緊急事態宣言で移動もできず、というところなんでしょう。

なかなかうまくいかないものです。

除雪作業での事故も日々ニュースを賑わす状況になってきております。
除雪作業に当たる方は、安全を確保して無理しないように、事故にならないように注意しましょう。

【関連記事】


年末年始も要注意...屋根に積もった雪はゾウ2頭分(2020)

想定外の大雪で各地被害...倒木、高速道路で立ち往生、停電、孤立集落(2020)

事故事例のデータベース『職場のあんぜんサイト』by厚労省がヨサげ(2020)

サービスの細分化が増えるかも...道民限定 冬の旅行で除雪補助が出る、旅行会社 4社(2019)

フォークリフトが除雪車になる!というアイテムがあるらしい。(2019)



(株)ケイエフの墜落防止制止器具および安全確保アイテム



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



(株)ケイエフ、めるまが配信中 配信登録はこちら



(株)ケイエフが運営するウェビナー事業 KFカレッジ CPDS申請中








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月08日

新型コロナの影響が雪に影響...都市部における人と気象の関係

DSC00377DSC00377 / ume-y

※イメージ画像です。

これは興味深い。

【都市部ではコンマ何度で雨が雪に】


exciteニュースに『今年は、コロナの影響が、雪にも出るかもしれない?【気象予報士・増田雅昭解説】』という記事がありますが、これが非常に興味深いです。

詳細は記事を読んで頂ければよいかと思いますが、都市部においては人が外に出ているかどうかで気象に影響する、ようです。

一部記事より引用させて頂くと、
もともと東京とか都市部は、人が減る土日・祝日に気温が下がるという調査があります。東京都心では、土日・祝日の気温が、平日に比べて、平均して0.2℃ほど低く...(中略)...たった0.何度と思うかもしれませんが、雨か雪は、0.何度が結果を大きく左右します。...


コンマ何度で、雨が雪になったりする、そうで冬はその傾向が色濃く出るんだとか。

【大雨がドカ雪になることも...】


ここ最近は雨が降るというと、ゲリラ豪雨的にどばっと降ったり、線状降水帯が出来てそれが長く続いたりしてます。

もしこの寒波襲来の時期にそんなのが出来たら、大雨が大雪になりかねないですね。

コンマ何度が非常に気になってきました。
外出時は小数点以下の気温も気にしたほうが良さそうですね。

記事にはこれ以外にも、西暦の下一桁の数字でお天気ジンクスがある、みたいなことも書かれているので、ご覧になってみてはどうでしょ?

【関連記事】


年末年始も要注意...屋根に積もった雪はゾウ2頭分(2020)

数は少ないが一発がデカかった...2020年お天気10大ニュースランキング(2020)

インテリアとしてもいいかも、天気によって形や量が変わる『ストームグラス』(2020)

かつて日本でも...砂漠地帯のアフリカ北部リビアで『ガルガンチュア』が降った、らしい。(2020)



環境・防災・リサイクルの(株)ケイエフ



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!




(株)ケイエフ、めるまが配信中 配信登録はこちら



(株)ケイエフが運営するウェビナー事業 KFカレッジ CPDS申請中








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月07日

解りやすい...土石流が発生した時、砂防施設がある時、ない時、の模型実験 国交省 飯豊山系砂防事務所

静岡空港静岡空港 / keyaki

※イメージ画像です。

映像でみるとやはり解りやすいですね。

【砂防ダムの役目も分かる。】


国土交通省 飯豊山系砂防事務所の方が『土石流の現象について、土石流模型実験装置を用いて紹介します。』と言う動画をTweetにアップしていましたので、ご紹介です。

ぱっと見で状況が理解できるので、よいですね。
では、動画をどうぞ。



実験では、小石のようなものをまとめて流していますが、実際はここに河川の水だとか上から倒木や砂なんかを巻き込んで流れてくるので、その破壊力は凄まじいものになるんでしょうね。

砂防ダムが如何に大事かがよく解ります。

【ちょっとPRを。】


模型実験といえば、来る2021年1月25日に弊社が運営するウェビナー事業『KF カレッジ』で無料ウェビナーを開催します。

テーマは、『模型実験で学ぶ斜面対策工』という内容になっています。

日経コンストラクション誌の人気連載「ドボク模型プレゼン講座」の著者であり(株)藤井基礎設計事務所の代表である、藤井俊逸氏に講師をお願いしておりますので、よろしければご参加頂ければ幸いです。

オープン記念で無料かつ、CPDSも2ユニット取得できるウェビナーとなっています。
皆様のご参加、お待ちしております。

詳細は、KFカレッジのブログよりどうぞ

【関連記事】



うまく機能してくれるのかが見もの...微生物コンクリート自己修復技術の今

臨場感まで伝わるのが5G?...ローカル5Gを活用した無人化施工 熊谷組とNEC実証実験

最短2時間でデータ受信、5分で解析、正答率9割...被災地を迅速に特定する技術 パスコが開発

こんなに違う!従来型スピーカーと防災スピーカー、鳴動試験動画

孤立集落でも電気供給可能な日が来る?...無線電力転送、受電効率92.8%を達成 金沢工業大学の研究グループ



(株)ケイエフのあんえいネット




(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



(株)ケイエフ、めるまが配信中 配信登録はこちら



(株)ケイエフ運営のウェビナー事業 KFカレッジ 毎回CPDS申請









posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月06日

数だけ見ると半端ない...台風19号復旧で『施工不良』 千曲川右岸の護岸工事

Rikuzentakata Post-earthquake Reconstruction 陸前高田市震災復興事業
Rikuzentakata Post-earthquake Reconstruction 陸前高田市震災復興事業 / : : Ys [waiz] : :

※イメージ画像です。


施工不良レベルではないのでは...

【1万3471ヵ所にのぼる施工不良】


yahooニュースの伝えるところによりますと、国土交通省北陸地方整備局は先月28日、去年10月の台風19号で崩れた千曲川の護岸復旧工事で1万3471ヵ所にのぼる施工不良があったと発表した、とのことです。

詳細は記事をご覧頂ければよいかと思いますが、不良箇所の大半はブロックの段差や隙間などのようです。

しかし、112メートルで基礎工事が行われないままコンクリートブロックが張られていた、などの状態も見つかっているようで、北陸地方整備局では、1月8日までに原因究明や今後の方針を提出するよう求めている、と記事は続けています。

【次に自然災害が発生したときの耐久性が...】


このところ、線状降水帯が出来たり、降る雨がゲリラ豪雨だったりして半端ない雨量になっており河川の氾濫による被害が多くなっているので、復旧工事はきっちりしておいてほしいところです。

折角復旧させてもまた崩れるようなことがあれば、なんのための工事かわからなくなってしまいますし。


【関連記事】


アート作品ではなく、リアルな施工ミスで作られた階段(2020)

テレワーク時代にはよいかも...工事の施工手順や積算をCG動画で学習できる『施工動画』(2020)

施工業者も大変...神戸市、土砂条例施行 水質調査や土砂崩れ保証金積立など(2020)



(株)ケイエフの土ほぐし機 エアースコップ



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!




(株)ケイエフ、めるまが配信中 配信登録はこちら




(株)ケイエフが運営するウェビナー事業 KFカレッジ CPDS申請中










posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月05日

2020年年末年始に気になったニュース その3

IMGP4798
IMGP4798 / Kyoto-Picture

※イメージ画像です。

昨日に引き続き年末年始に気になったニュースです。

■12月29日(火)4時24分頃、関東や東北地方で震度1を観測する地震がありました。(ウェザーニューズ)

深発地震による「異常震域」と呼ばれる震度分布がみられ、震央近傍では震度1以上の揺れが観測されず、震央から離れた場所で揺れが観測されました。

震源が和歌山県沖なのに、揺れたのは北関東、福島。
そんなことあるの??

■ちょっとやり方を変えるだけで、仕事はもっと簡単になる(小太郎ブログ)

日本の現場やったら、即始末書ものになりそう。

■雪かき中、重機が沢に転落 下敷きになり男性死亡/岩手・岩泉町(岩手放送)

2月ぐらいまでまだまだ油断できない寒波。雪かき作業に当たる工事会社の皆様、お気をつけください。

■登山者に猟銃の弾が当たる 山梨県丹波山村(テレビ山梨)

猟やってます、とか立ち入り禁止とかしてなかったんですかね?怖いな。

■今夏から「線状降水帯注意報」発表へ 洋上の水蒸気観測 気象庁(yahoo news)

予測困難な理由の一つが、積乱雲のもととなる水蒸気を大量に供給する洋上に観測網がないことだ。このため気象庁は今年から、豪雨が発生しやすい6〜9月に東シナ海に同庁の観測船2隻を重点配備し、洋上の水蒸気量を観測。


すごいな。お金かかってる。うまく機能して予測的中確率が上がると、いいな。

■損保ジャパン インフラ損壊前に保険金
危険予知し前払い 復旧費抑制狙う(日本経済新聞)


センサーで道路や鉄道の状態を常に監視し、崩落などの危険性が基準を超えるまで高まった段階で保険金を払う。ライフラインの寸断が起きる前に対策をとってもらうことで被害と保険金の支払いを抑える。


企業や自治体向けみたいだけど、これって保険っていうのかしら...保険料も気になるところ。

■キャンプや災害時に活躍! フィリップスの新ポータブル電源は32万4000mAhの超大容量(techable.jp)

10万弱で購入可能なのは、お手頃でよいかも。
地方の過疎地の自治体とかは、5台ぐらい用意しとけば災害時に孤立集落になっても安心できぞう。
サポーター支援が、すでに2600万以上集まってるのもすごい。



【関連記事】

2020年年末年始に気になったニュース その1

2020年年末年始に気になったニュース その2



(株)ケイエフのコンクリートキャンバス




(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!




(株)ケイエフ、めるまが配信中 配信登録はこちら




(株)ケイエフ運営のウェビナー事業 KFカレッジ 毎回CPDS申請







posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月04日

2020年年末年始に気になったニュース その1

P1180170-1P1180170-1 / zunsanzunsan

※イメージ画像です。

あけましておめでとうございます。
旧年中はお世話になりました。本年もどうぞ宜しくお付き合い下さいませ
m(_ _)m。
恒例の年末年始に気になったニュースまとめです。

■ワークマンが撥水加工を施した初のビジネススーツを製作、価格はセットアップで4800円(Fashionsnap.com)

もう、これでいいと思う。ワークマン、すごいな。

■建設機械の故障箇所をスマホアプリで特定 壊れた部位はARで表示 クボタなどが開発(IT media news)

これはよいかも。自分でメンテナンスできるレベルならなおよしですね。

■国交省、実際の都市を仮想空間に再現する「PLATEAU」公開--まちづくりのDXを支援(cnet japan)

設計する人にはお役立ち。

■世界初の木造人工衛星、京大計画(共同通信)

イメージ画像が、どうみても外側が木製なんだけど、これ、大気圏で燃えないの??行きは格納されてるから問題ないのかな?
使用後に大気圏に突入させた際、金属製と違って有害物質が発生せず、環境に優しいのが特長だ


■【動画】【プレスリリース】最大離陸重量25kg以上の大型ドローン活用 山間部における重量物運搬の実運用化に向け前進 -C&R、サイトテック(dronetribune)

岐阜県郡上市などでの実証実験の動画が見れますよ。

■降り止まない落石…登山中のピンチから家族を守り抜いた作戦とは?(ライブドアニュース)

なるほど。数人で登山の場合、一列に並ぶ、イヤホンはしない、が鉄則ですね。

■楽天モバイル、宇宙に携帯基地局 日本全土をエリア化する「スペースモバイル計画」22年開始めざす(engadget日本版)

これが実現して、期待する通信ができれば山間部での通信や災害時の通信がかなり捗りますね。
あれ?しかし、衛星の電波って曇ってたらうまく行かないんじゃなかったでしたっけ?

■豪雨で崩れる日本列島。地質や地下水を無視した土地利用が災害を誘発している(yahooニュース)

かなり難解な問題だと思う。
その地の生活もあるし、森林管理の問題もあるし...

■パデュー大、プラグ&プレイでコンクリートの強度を測れるセンサー! 建築の時短へ(techable.jp)

コンクリートに音波を送ることで強度を直接測定。...(中略)...さらには、コンクリートの微細構造に関する詳細な情報も得ることができるとのこと


非破壊系はやっぱ音波である程度調べられそうですね。
前からありそうだけど、得られる情報量が違うのかな?

■今年の打撃、新型コロナだけにあらず−気候変動で保険金請求急増(ブルームバーグ)

英慈善団体クリスチャン・エイドが保険損失を基にまとめた今年の気象災害ワースト15によれば、単一の災害として最も被害が甚大だったのは5月にベンガル湾を襲ったサイクロン「アンファン」。490万人が避難し、被害額は130億ドル(約1兆3500億円)に上った。


保険代がどんどん上がっていくことを考えると、持ち家ってどうなの?って思うな。
保険かけない生活スタイルにシフトすべき?ノマド最強な時代か!?

午後からも続きます。



(株)ケイエフのコスト縮減型簡易吹付け法枠 アールティーフレーム工法




(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!




(株)ケイエフ、めるまが配信中 配信登録はこちら




(株)ケイエフ運営のウェビナー事業 KFカレッジ 毎回CPDS申請







posted by ケイエフ at 09:00| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月25日

年末年始も要注意...屋根に積もった雪はゾウ2頭分

合掌造り 雪下ろし合掌造り 雪下ろし / tsuda

※イメージ画像です。


年末年始も寒波の影響で大雪になるとも言われてることですし。

【大雪から数日…新たな危険が】


数日前、寒波の影響で日本海側を中心に大雪となりましたが、FNNプライムオンラインでそんな大雪が降った後に危険がいっぱいだと伝えています。

記事はTVワイドショーからのもののようで、詳細は記事をご覧頂くとして、屋根に積もった雪の落雪や昼夜の寒暖で路面が凸凹になる、山間部での雪崩の危険性について解説されています。

一部記事より引用させて頂くと、

例えば、5m四方の屋根に1mの雪が積もったとします。
積もり始めは新雪で軽いのですが、日に日に降り積もる雪の重みで全体がしまっていき、「しまり雪」と呼ばれる状態になります。
この状態で屋根の上に積もった雪の重さは、なんと約12tにもなるのです。
これはゾウ2頭分の重さに匹敵するほどの重さ。
これだけの雪が屋根の上に積もっていますから、上方からの落雪には注意が必要なのです。

だそうです。

除雪作業でよく事故になっているのは、こういうのが原因ですね。

あと、山間部の雪崩の兆候についても。

雪の隙間が出来ている状態の『クラック』
雪玉のようなものができている状態の『スノーボール』
『雪のしわ』

これらを見つけると、雪崩の可能性が高いようです。

【年末年始に次の寒波が】


雪になれてないと、上記のような状況は危険ですね。

アンナというサイトで気象予報士 蓬莱大介氏が年末年始の気象予測を語っていますが、クリスマスあたりに緩んだ気温も年末年始に次の寒波がくるので、日本海側は大雪に注意、と伝えています。

今年の場合は新型コロナウィルスの関係もあり、万が一避難所に避難するようなことがあれば、いろんなところに気を使わなくてはならず、疲れてしまいそうなので、日本海側の方は特に大雪に対する備えを十分行っておきましょう。

山間部でお仕事される方も、雪崩の兆候を頭に入れて災害に巻き込まれないようにしましょう。

お正月にゆっくりのんびり出来るように、今のうちに備えられる準備はしっかりとしておきましょう。
雪下ろしを余儀なくされた場合はお気をつけください。

【関連記事】


想定外の大雪で各地被害...倒木、高速道路で立ち往生、停電、孤立集落

雪が降っても起こるのか...砺波市で地すべり、空き家1棟全壊

かつて日本でも...砂漠地帯のアフリカ北部リビアで『ガルガンチュア』が降った、らしい。


(株)ケイエフのスーパーセーブロープ



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



(株)ケイエフ、めるまが配信中 配信登録はこちら








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月24日

国土強靭化、防災・インフラ整備に1兆2786億円を計上 国交省

??.JPG??.JPG / plfonne

※イメージ画像です。


年々増える自然災害にどんどんお金かかりますね。

【令和3年度予算案の重要課題】


産経新聞の伝えるところによりますと、令和3年度予算案で頻発する風水害や土砂災害のほか、大規模地震や津波に対する防災・減災、インフラの老朽化などの対策に1兆2786億円を計上した、と伝えています。

建設通信新聞にその詳細な内訳があるので、内訳はそちらを参照頂ければよいかと思いますが、一部記事より引用させて頂きますと
■土砂災害防止施設の重点整備など総合的な土砂災害対策の推進費1003億円

■自治体の流域治水の取り組みを支援するため、防災・安全交付金を増額し、8540億円

■災害時でも輸送ルートが確保されるよう、道路の防災・減災対策も強化する。高規格道路のミッシングリンク解消や4車線化、直轄国道とのダブルネットワーク化などに4315億円


など、記事では詳細な内訳を記しています。

なお、上記予算案は2020年度第三次補正予算と併せての予算案のようです。

【コロナ禍での防災・減災対策でさらに膨れる】


防災対策構造物の老朽化補修や新規の対策に併せて、それを実行するにあたってのコロナ対策を含めているので、余計に多くなってしまいますね。

2021年中にコロナは収まるのでしょうか?収まってくれれば、多少時間はかかってもコロナ前の経済活動に戻れるのでまだよいのですが、現状先が見えない状況だけに、予測するのは難しいですね。

その反面、テレワークやウェビナーなど、時短と移動コストの削減につながる新スタイルも進んでいるので、一部コストカットにもつながってはいますが。

自然災害がそのコストをふっとばすぐらいの勢いになってるので、厄介です。
今年のように台風上陸が無くなるだけでも、随分助かるのですけどね。

どうなりますやら、2021年。

【関連記事】


やっぱ、そうなりますよね...災害危険地、住宅優遇しない方向で 国土交通

国から補助とか出ないのかな?...熊本豪雨被災地の復旧に地元失業者を有償で『副業でみんながつながる熊本・球磨復興プロジェクト』

頻発する豪雨に対応した土砂災害対策、老朽化インフラ対策に重点 国交省予算 総額8兆8609億円

人は集まるのかしら...工事発注時に価格割り増し 「復興係数」国交省

逃げるが勝ちという手も...危険性が高いエリアの開発を厳格化 国土交通省



(株)ケイエフのコスト縮減型吹付法枠 アールティーフレーム工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



(株)ケイエフ、めるまが配信中 配信登録はこちら








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月23日

たった3ミリの素材で-40℃まで対応...お値段もなかなかの『エンデヴァージャケット』





高耐久だと考えれば安いかも。

【防寒防水で内側にはソーラーコアで無敵】


roomie.jpが紹介していた防寒ジャケットがよさげです。

OROSの『エンデバージャケット』というのがそれ。
現在、クラウドファンディングサイト『machi-ya』にて、資金調達中のプロジェクトなんですが、ざっくり特徴だけ記事より引用させて頂くと、

■−40℃まで対応、厚さ3mmの素材

■素材はNASAが宇宙服に使用していることでも知られるエアロゲル素材

■防水防汚処理、内側は蒸れない特殊素材

■難燃性も高く、BBQやキャンプファイヤーでも安心

■3つのポケット大と2つのポケット小を配備

とまぁ、まさにアウトドアのために作られたジャケットになっている模様。

ただ、お値段もそこそこでします。定価ベースで¥59,800(税込み)。
そして、メンズはすでに売り切れている模様。(2020年12月23日現在)

説明動画があったので、どうぞ。




【屋外作業者には無敵のアウターかと。】


結構なお値段がしますが、宇宙服に使われる素材なので、そう簡単には破れたり劣化したりはしなさそうです。

そう考えると、屋外で作業される方には最強のアウターとなりそうですね。
これ一枚で完全防寒してもらえそうです。

なんなら、中はTシャツまたはロンTレベルでOKとなりそうなので、着ぶくれせず動きやすくなることは間違いなし。

残念ながらメンズはすでにout of stockとなっていますが、欲しくなってしまった人は問合せてみてはどうですかね。

【関連記事】


なんか方向性が違うような...大手スーツメーカーから「パジャマスーツ」爆誕

軽量、薄厚自在な空気ベストをワークマンが出している、らしい。


雨が降り、雪が舞う、話題のワークマンのファッションショー『過酷ファッションショー』

被災地なんかにもあるといいかも...廃棄生地で作られた『シェルタースーツ』

これはありがたい!ダイドーほか3社で現場にドラム缶コーヒーを届けるキャンペーン開催中


(株)ケイエフのコスト縮減型吹付法枠 アールティーフレーム工法




(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



(株)ケイエフ、めるまが配信中 配信登録はこちら









posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月22日

雪が降っても起こるのか...砺波市で地すべり、空き家1棟全壊



※画像は日テレNEWSの動画よりキャプチャさせて頂きました。


ニュースでは雪どけ水が地下に染み込んで地盤がズレたか?とかいってましたね。

【幅100メートル、長さ200メートル】


FNNプライムオンラインの伝えるところによりますと、19日昼過ぎ、砺波市の山あいで地滑りが発生し、空き家1棟が倒壊した、とのことです。

詳細は記事を読んで頂ければよいかと思いますが、幅およそ60メートル、長さおよそ200メートルにわたって山の斜面が崩れ落ち、空き家1棟が倒壊したと記事は続けています。

また、日テレニュースが地すべりの瞬間の動画をyoutubeにアップしています。




【冬の地すべりは辛い】


幸か不幸か、巻き込まれたのが空き家で幸いです。

雪が降ってるような状況で住んでる家が地すべりに巻き込まれたとか、なったら目も当てられません。
しかも、年の瀬に...

原因はこれからの調査となるようですが、ニュースでは雪解けの水が地下に染み込んで地盤が緩んだのでは?とのことでした。

近隣に住む2世帯7人が近くの公民館に避難されたようです。

斜面に近いところにお住まいの方は注意しておきましょう。

【関連記事】


お盆の間にも土砂災害...山形県小国町で土砂崩れ、道路崩落


梅雨明けでも要注意 佐世保の地すべり、今もなお拡大中


これも地すべりなの?ノルウェで大規模地すべり発生 家8軒、海に吸い込まれる。

先週末の雨各地で被害...三重県でのり面崩落、岩手では通学路崩落

落石多いな...大分で落石、長野ではのり面崩落




(株)ケイエフの簡易吹付け法枠工 イージーシェルフ工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!




(株)ケイエフ、めるまが配信中 配信登録はこちら








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月21日

うまく機能してくれるのかが見もの...微生物コンクリート自己修復技術の今

Methicillin-Resistant Staphylococcus aureus (MRSA) BacteriaMethicillin-Resistant Staphylococcus aureus (MRSA) Bacteria / NIAID

※イメージ画像です。

どれくらい環境の影響を受けるかが気になる。

【ひび割れ発生で微生物が活動開始、塞がると休眠状態に】


建設通信新聞の伝えるところによりますと、戸田建設が、日本大学工学部と共同でコンクリートに発生したひび割れを微生物の代謝活動を利用して補修する「自己治癒コンクリート」の実用化に取り組む、と伝えています。

詳細は記事を読んで頂ければよいかと思いますが、仕組みの説明を引用させて頂くと、
ひび割れが発生すると、酸素と水によって微生物が活動を開始。代謝活動によって乳酸カルシウムを取り込んで、炭酸カルシウムを生成することで発生したひび割れを閉塞していく仕組み

だそうです。

同社は、継続して経過観察を行うなど技術の有効性を検証、独自のサスティナブル技術の1つとして積極的な展開を図っていく方針だと記事は伝えています。

【実証実験済みで量産体制に入ってるものも...】


またほぼ時を同じくして、會澤高圧コンクリート株式会社と同社のR&D部門であるアイザワ技術研究所株式会が、2017年4月より、オランダのデルフト工科大学とバクテリアの代謝機能を活用した自己治癒コンクリート技術を共同開発してきたが、2年半の実証実験を経て、新たな量産技術を確立した、と@Pressにプレスリリースがなされています。

こちらも詳細は記事を読んで頂くとして、年間70万立米分に相当する自己治癒コンクリートの供給を可能にするバイオマテリアル(商標:Basilisk)の製造プラントを札幌市内に設置、2020年11月16日より本格稼働を開始、今後、関東圏、関西圏にも同様のプラントを追加設置し、社会インフラ関係を中心に国や自治体、建設業界等に本テクノロジーの本格採用を働きかけていく、と伝えています。

【微生物って暴走したりしないんですかね】


ひび割れたら勝手に直して、治ったらそこでじっと休眠状態になり、またひび割れたら勝手に活動してくれるってすごいですね。

そんなに微生物って都合よく動いてくれるんですか?

色んなコンクリート構造物の老朽化が始まっており、それに加えて人材不足な昨今、うまく機能してくれたらこれほど願ったりかなったりの技術はないです。

今後の実現場での効果に期待ですね。

ところで、ホラー系のアニメじゃないですけど、微生物が突然変異とか起こして暴走するとかないんですかね。
増殖しまくって、もこもこになったりとか...


【関連記事】


ついに生体マテリアル誕生か!?バクテリアで自己修復する『生きたコンクリート』開発中

IoTと『生体受容性コンクリート』で垂直緑化の面積拡大が可能に

老朽化対策とビッグデータ収集...アメリカで開発進む『インテリジェント・コンクリート』とは

アレもコンクリ化できない??『サトウキビからコンクリート』開発中、琉大のブラジル出身研究者

耐久性は6〜9倍、ゴムみたいに柔軟な『コンクリート』を開発 ロシア

土壌汚染にも効く?ダイオキシン類を除去してくれる細菌、米ラトガーズ大が発見。



(株)ケイエフの反応型けい酸塩系表面含浸材 リアル・メンテ



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



(株)ケイエフ、めるまが配信中 配信登録はこちら








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月18日

想定外の大雪で各地被害...倒木、高速道路で立ち往生、停電、孤立集落

投稿:2017大雪投稿:2017大雪 / sukitamba

※イメージ画像です。


豪雪地域でも、ちょっと早すぎな感じですか?

【今夜から再び強い寒波が】


連日の大雪で各地雪に絡む被害が拡大している模様。

京都では測定器が故障?
gooニュースの伝えるところによりますと、京都府北部で前夜から降雪が続いた16日、府の道路情報提供システムが綾部市老富町の積雪量を5メートル超と示した、とのことです。

管理する府中丹東土木事務所は「どう見てもそんな積雪量ではなく、何らかの観測機器のエラーではないか」と原因を調べている、と記事は続けています。

新潟日報の伝えるとこによりますと、降り始めからわずか2日で積雪が1メートルを超えた新潟県中越地方で除雪に絡む事故が多発している、とのことです。

15,16日の二日間で9人の人的被害があり、うち7人が重症、また、下船渡の男性宅では、裏手の川が上流から流されてきた雪であふれ、床下まで浸水した、と記事は続けています。

さらに鳥取県では、電柱の倒壊や倒木のため3か所の集落が孤立していて、あわせて26世帯37人が影響を受けている、とyahooニュースが伝えています。

兵庫県でも倒木で孤立集落が発生していると、Amebaニュースが伝えています。

東京と新潟を結ぶ関越自動車道では、雪で動けなくなる車両が相次いだ、と朝日新聞digitalが伝えています。

と、各地の被害が続々上がってくるのですが、この大雪、週末にもまた来そうです。
tenki.jpの伝えるところによりますと、18日夜には再び、真冬並みの強い寒気が流れ込む見込みで、19日にかけて、北海道や東北、北陸から山陰では雪が降り、山沿いでは大雪となる模様、と伝えています

【落差がひどかっただけに...】


ほんの数週間前まで夏日とか言ってる地域もあったぐらい暖かい日が続いたので、この落差はキツいですね。

雪下ろしや除雪で重傷者も出てるようですし、くれぐれもお気をつけください。
NHK Webニュースで大雪での注意ポイントをまとめられているので、併せてご覧ください。

年の瀬って、バタついてて気持ちに余裕がないというのもあるのでしょうが、何かとありますね。
くれぐれも怪我や事故、災害には細心の注意を払いましょう。


【関連記事】


やっぱこれからが本番か!?2月はじめに大寒波かも...(2019)

国交省、「異例の降雪時」にチェーン装着車だけを通行させる全国13区間を発表(2018)

こんなん知らんかった...これって人災?工場から出る煙がつくる『工場雪』というのがあるらしい。(2018)

多少関係性はあると思うが...大雪の後には巨大地震が起きやすい!?(2018)

雪で外出しづらい今こそ防災食の消化を...『ローリングストック法』という考え方(2018)


(株)ケイエフのスーパーセーブロープ



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!




(株)ケイエフ、めるまが配信中 配信登録はこちら








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする