2022年12月08日

匂いとか大丈夫?浄水場の汚泥をのり面緑化の土に、年200万節約 山梨


Photo credit: eviloars on Visualhunt

※イメージ画像です。

割りとやってる自治体は多い模様。

【1年間に発生する汚泥の6分の1にあたるおよそ100トンを再利用】


NHK ニュースウェブの伝えるところによりますと、山梨県甲府市が民間企業と協力して市内の浄水場で出た汚泥をのり面の緑化用の土として再利用する取り組みを始めた、とのことです。

この取組により、汚泥の処分にかかっていた経費およそ200万円の削減が可能で、脱炭素社会や循環型社会の実現につながるので大いに期待している、と市のSDGs推進課課長のコメントを記事は続けています。

【効果のほどはいかに?】


汚泥、のり面緑化と検索すると、色んな自治体で活用しているようですね。

経費削減になり、緑化がはかどるならよいのでしょうけど、匂いとか大丈夫なんだろうか?と思ったりします。
なんとなくですが、下水道の汚泥と聞くと臭そうなイメージなんですが、そんなことはないのでしょうか?

【関連記事】


注意喚起、になればいいな...落石復旧記念で山梨の道の駅が作った渾身の期間限定メニュー『落石カレー』

まだまだ検証は必要かもだけど半年で5センチ成長し、Co2吸収量2倍の木がある、らしい。

100年かかるものを30年で出来ないか?への気の長い挑戦、人工土壌を作る研究 森林総合研究所

のり面に緑肥を植えて、Co2を土壌炭素貯留 実証実験、化粧品製造会社の枚方工場で

汚水処理もロボットの時代!?重金属を回収するナノロボット開発される


(株)ケイエフののり面緑化工法 植物誘導吹付工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



(株)ケイエフ、めるまが配信中 配信登録はこちら



(株)ケイエフといさぼうネットが共同で運営のウェビナー事業 K&iウェブアカデミー 毎回CPDS申請





posted by ケイエフ at 09:00| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年12月07日

年の瀬なので、作業は慎重に、護岸工事現場で事故、作業員死亡 栃木


Photo credit: Froschmann : かえるおとこ on Visualhunt.com

※イメージ画像です。

お亡くなりになられた方に哀悼の意を表します。

【バックホーとコンクリートブロックに挟まれ、搬送】


下野新聞の伝えるところによりますと、5日午前、栃木市永野川の護岸工事現場で作業事故があり、バックホーとコンクリートブロックに土木作業員男性が挟まれ、病院に搬送されるも、病院で死亡が確認された、とのことです。

コンクリートブロック設置の作業中の事故で、事故原因等を調査中と、記事は続けています。

【寒くなってるし、集中力も低下するので細心の注意を。】


痛ましい事故ですね。
このところ、こういう重機と何かに挟まれて、というニュースをちらほら見かけるように思うのですが。

冬は寒さも厳しくなり、集中力が散漫になるので、作業中は周囲の状況のしっかり確認して作業に当たりましょう。

今年も残すところひと月弱となっていますし。

【関連記事】


試運転の時でよかった、路面電車が事故る映像

安全確保はしっかりと...胸に5センチの竹、草刈りしていた男性死亡 岐阜・美濃加茂市

安全確認はしっかりと...浄水場の埋設物工事で土砂崩れ、作業員ひとり死亡 夕張市

季節の変わり目だし、注意を、落石雪防止の工事現場で作業員、高所作業車に挟まれ死亡

安全確認を十分に、浜松 大雨で崩れた土砂の撤去作業中転落 し作業員死亡



(株)ケイエフののり面の安全ネット あんえいネット



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



(株)ケイエフ、めるまが配信中 配信登録はこちら



(株)ケイエフといさぼうネットが共同で運営のウェビナー事業 K&iウェブアカデミー 毎回CPDS申請





posted by ケイエフ at 09:00| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年12月06日

九州はそこそこ雨降った?延岡の市道でのり面崩落


Photo credit: Ikhlasul Amal on Visualhunt.com

※イメージ画像です。

このところ、土砂災害が発生しそうな大雨は記憶にないのですが。

【復旧のメド立たず、原因は調査中】


宮崎日日新聞の伝えるところによりますと、1日午後11時40分ごろ、延岡市伊形町の市道で「斜面が崩れて通れない」と市民から延岡署に通報があった、とのことです。

現場では市道北側ののり面が高さ約30メートル、幅約20メートルにわたって崩落しており、原因は調査中、けが人等は出ていない、と記事は続けています。

【結構な崩れ方】


この時期でも、沖縄や北海道は前線の影響で雨になったり、雪になってりしてますからね。
九州でも雨が降ったのでしょうか?

記事に現地の画像がありますが、結構な崩れ方ですね。

巻き込まれた方がいらっしゃらなくて何よりです。

作業に当たる方はくれぐれも安全確保で行いましょう。
年末も近いことですし。

【関連記事】


11月末に発生したブラジルの幹線道路の土砂災害がエグい件

作業は慎重に、林道整備中にショベルカー転倒で作業員下敷き、死亡 大分

西表島で道路崩落、石垣市で5箇所土砂崩れ、11月の24時間雨量で過去最大

報道少なくない?台風15号で静岡県に被害拡大

この三連休も要注意...台風14号、各地に被害をもたらす



(株)ケイエフののり面作業用および墜落制止用器具



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



(株)ケイエフ、めるまが配信中 配信登録はこちら



(株)ケイエフといさぼうネットが共同で運営のウェビナー事業 K&iウェブアカデミー 毎回CPDS申請





posted by ケイエフ at 09:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年12月05日

11月末に発生したブラジルの幹線道路の土砂災害がエグい件


Photo credit: Rakesh Pai on Visualhunt.com

※イメージ画像です。

結構な数の車が飲み込まれています。
お亡くなりになった方に哀悼の意を表します。

【2名死亡、数十人が行方不明】


CNN.co.jpの伝えるところによりますと、ブラジル南部パラナ州で11月30日、豪雨による土砂崩れがあり、当局者によると少なくとも2人が死亡、数十人が行方不明になっている、とのことです。

こちらは現地の空撮映像。@henriquebrito9257の動画チャンネルより。


20台の車とトラックが土砂に巻き込まれ流されたと伝えています。

Twitterにも続々と現地の画像がアップされています。



道路が川のようになっているのに、なぜ警察は通行止めにしない?と憤ってるツイート。



土砂災害に巻き込まれけど、運良く助かったトラックドライバーの車内の映像。よかったですね。



大規模土砂崩れの手前なのか、先なのか解りませんが、もう一箇所崩れてますね。

yahooニュースが詳しく伝えていますが、豪雨は続いており救助活動が難航、崩れた土砂の重みでさらに道路が陥没する危険性もある、と綴っています。

【この時期の土砂災害は日本だとキツい】


南半球なので、季節的には夏ですかね。

かなり大規模な土砂災害になっているようです。被害に遭われた方にお見舞い申し上げます。

日本ではこのところ、日本海側や沖縄方面は雨が結構降っているようですが、大きな土砂災害等は報じられていないですが、割りと高頻度で地震は発生しているので、気は抜けませんね。

年末だし、何事もなく新年を迎えられることを祈るばかりです。

現場作業される方は、季節の変わり目のように寒暖差が激しいので、注意して作業に当たりましょう。

【関連記事】


西表島で道路崩落、石垣市で5箇所土砂崩れ、11月の24時間雨量で過去最大

阪神大震災を想起させるような被害、台湾でM6.9の地震 発生時映像まとめ

ナイス、おばあちゃん、巨大落石から老婆避難成功、家屋は倒壊 中国 雲南省

濁流と土砂災害でトレーラー18台が立ち往生、ほかにも複数土砂災害 日勝峠 北海道

ルパンか!?中国で大規模土砂災害発生、トンネルから脱出する車が映る。


(株)ケイエフのコスト縮減型吹付法枠 アールティーフレーム工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



(株)ケイエフ、めるまが配信中 配信登録はこちら



(株)ケイエフといさぼうネットが共同で運営のウェビナー事業 K&iウェブアカデミー 毎回CPDS申請





posted by ケイエフ at 09:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年12月02日

稼働部分が多くてエグい、急傾斜でも作業可能な多機能重機 ウォーキングショベルー



※画像はNEWS ATLASの動画からキャプチャさせて頂きました。


スイスの会社だったのですね。

【歴史は意外と古く、1966年から製造】


ナゾロジーで多機能重機が紹介されています。

以前、当ブログでもご紹介したことがあるのと同じだと思うのですが、通常キャタピラになっているところがタイヤになっていて、急傾斜でも地面にストッパーのようなものを出して支えて作業可能な変態重機ですね。

記事によると、1966年、ヨーゼフ・カイザー氏とその友人アーネスト・メンジ氏が最初のウォーキング・ショベルカーを作り、現在も両者がそれぞれ「カイザー社」「メンジ社」という会社で、製造・販売を続けてるそうです。

デモ映像がまたエグい動き方してます。どうぞ。



日本でも購入可能なようで、株式会社サナースという会社が輸入販売している模様。

【NETIS登録されてる?】


『メンツィムック』で検索するとNETIS登録という表記のカタログとか出てきますね。まだ生きてるかどうか解りませんが...

これがリモート操作できるなら、最強重機かもです。

【関連記事】


マンホールなど、鋳鉄製道路部品の耐久性能をテストするには、専用の機械がある。

時代はケモナー系!?100kgまで積載・運搬可能な4足歩行ロボ、川崎重工業が開発中

第一次産業のすごい機械あれこれ

実はウィンウィンになれるのでは...建設業界が『e-Sports』プレーヤーに熱視線を送っている、らしい。

なんか、斬新...、ダム底を掃除する重機、メンツィムック社製スパイダーM545。(2020)



(株)ケイエフの簡易法枠吹付工 イージーシェルフ工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



(株)ケイエフ、めるまが配信中 配信登録はこちら



(株)ケイエフといさぼうネットが共同で運営のウェビナー事業 K&iウェブアカデミー 毎回CPDS申請





posted by ケイエフ at 09:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年12月01日

業務フローの効率化や人員リソースの最適配置などに...多種多様な作業を高精度認識する技術を開発 NEC


Photo credit: Rawpixel Ltd on Visualhunt.com

※イメージ画像です。


【従来は認識できる行動や状況が限定的だった】


EnterpriseZineの伝えるところによりますと、NECが、建設現場などに設置したカメラの映像から、複数の人物の、それぞれ異なる多種多様な作業内容をリアルタイムで高精度に認識する技術を開発したと発表した、そうです。

詳細は記事を読んで頂ければよいかと思いますが、従来の一般的な行動解析技術では、人物や物体の関係性を解析するものの、その解析には人物や物体の視覚的特徴のみが用いられており、認識できる行動や状況が限定的だったが、作業内容を認識するうえで重要な人物の姿勢特徴、使用している道具や重機などの物体の種別情報、人物や物体の位置情報、人物の周辺環境の視覚的特徴などの表現形式の異なる多様な特徴の間の関係性を統合的に解析できる、そうです。

この技術により業務フローの効率化や人員リソースの最適配置などが期待され、今後は物流や製造業での導入も視野に入れ実用化を目指す、と記事は結んでいます。

【情報量多すぎない?】


AIやディープラーニングで、色んな情報を分析できるようになるのはよいですが、そのそれぞれを見てどう活用するのかを考えるのは人間なわけで、結構情報量多すぎなんじゃないかと思ったりします。

逆に現場で働くロボットを効率的に誘導するのに役立ちそうな感じがしますが。

慢性的に人手不足で高齢化が進む現場なので、今後は重要なシステムになるかもしれませんね。

【関連記事】


実はウィンウィンになれるのでは...建設業界が『e-Sports』プレーヤーに熱視線を送っている、らしい。

土砂に埋まったスマホの位置情報の読み取りに成功 SB、双葉、東京工大

土砂災害のピンポイント警報につながる比抵抗モニタリング装置を開発、中央開発と早稲田大学理工学術院

すごい...未来のインテリアデザインはこうなる、のか??

過去の労災データから建設現場のリスクを見える化、安衛研らが共同開発



(株)ケイエフののり面作業用および墜落制止用器具



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



(株)ケイエフ、めるまが配信中 配信登録はこちら



(株)ケイエフといさぼうネットが共同で運営のウェビナー事業 K&iウェブアカデミー 毎回CPDS申請





posted by ケイエフ at 09:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月30日

職種的に厳しいところも...クチコミサイトが明かす物流・建設業界のリアルな問題点


Photo credit: FonsoSac on VisualHunt.com

※イメージ画像です。


職種による、かも。

【クチコミサイト全体の6割のクチコミが物流・建設業界】


Forbesの伝えるところによりますと、物流と建設業界で働く社員や元社員がクチコミサイトに投稿した「不満」を分析したところ、一般に離職理由とされることが多いものに混じって、いくつかの重要な問題点が浮き上がった、キーワードは、女性・リモートワーク・副業、だとのことです。

詳細は記事を読んで頂ければよいかと思いますが、業界ごとの不満の分析でこれらの不満に対する対策を企業側が講じないと、業績に影響が出ることとなり、最近では選択式のアンケートではなく、こうしたクチコミの重要性を感じる人事担当者もいる、と記事は続けています。

【お互いの着地点をどこにするか、ですね。】


現場仕事だと、なかなかテレワークや副業は難しい、かもですね。

リモート重機操作なんかも現実的になってきている(はじまってるところもあるでしょうし。)ので、ある意味リモートワークは可能になりつつありますが、まだまだ先のイメージ(大手さんはそうでもないかも、ですが。)

そんな中でどこで折り合いをつけるか、ですね。
カラダが資本の職種が存在する業界なので、スタッフの高齢化が進み、慢性的に人手不足なので、なおさらスタッフの休み確保は重要だと思うのですが。

経営にかかわる方はクチコミサイトを覗いてみてはどうでしょうか。

【関連記事】


過去の労災データから建設現場のリスクを見える化、安衛研らが共同開発

助かる!設問に答えて行けば必要な支援が解る『お悩みハンドブック』Graffer社

ご存知でした?高齢者の職場環境改善のための補助金『エイジフレンドリー補助金』厚生労働省

きっかけとしてはよいかも、ですが...担い手不足が深刻な業種への就職に30万円の奨励金 福井県

どんな職場もありますよね...ツイッターで展開される『#クソ現場祭り2021』が面白い(2021)



(株)ケイエフのトゲ無し玉掛ワイヤースリング



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



(株)ケイエフ、めるまが配信中 配信登録はこちら



(株)ケイエフといさぼうネットが共同で運営のウェビナー事業 K&iウェブアカデミー 毎回CPDS申請





posted by ケイエフ at 09:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月29日

まだまだ検証は必要かもだけど半年で5センチ成長し、Co2吸収量2倍の木がある、らしい。


Photo credit: Starr Environmental on VisualHunt.com

※イメージ画像です。

見た目、なんか、木という感じではないですが...

【ジャパロニア+菌根菌で成長アップ】


SBS newsの伝えるところによりますと、地球温暖化の原因となる二酸化炭素を減らそうと、ある木を育てる実験が静岡県御前崎市で行われているそうです。

記事にインタビュー動画もあるので、記事をご覧頂ければよいかと思いますが、その木の名前は『ジャパロニア』、「早生日本桐」と呼ばれるもので、この木と菌根菌を組み合わせて栽培すると、土壌の栄養分が効率よく樹木に運ばれ樹木が早く成長する、とのことです。

菌根菌を使った土を使うと半年でおよそ5mも育つ木になる、と記事は伝えています。
さらに、この木は一般的な植物の2倍の二酸化炭素を吸収するそうなので、地球温暖化対策になり、桐という高級木材の確保も狙えるとして、これからの環境問題、あるいは作物生産、あるいは農村の振興というものに活用していければいいなと日本菌根菌財団 石井孝昭理事長が語っている、とのことです。

【まだまだ研究中のようですが。】


菌根菌とやらが、土の養分を根こそぎ木に送るらしいので、そこの土壌が痩せてしまうんじゃないかという懸念が思いうかぶのですが、まだまだ調査中のようなので、これからですかね?

周囲の環境、特に土壌に大きな影響が出ないのであれば、ちょっとしたエコ産業になりそうです。

今後の成果に期待したいところです。

【関連記事】


そんなことがあるのね...熱波で気温激上がりのせいで樹木が爆発する事案が発生 米オレゴン州

こりゃ簡単!スコップ一本で簡単に苗木を植える方法

土砂災害対策の新サービスとなるか...『戻り苗』販売サービス開始 ソマノベース

生態系が崩れてる?前年比10倍のスピードで『ナラ枯れ』増加 神奈川県

管理は大事...放任果樹伐採で猿被害10分の1 山形


(株)ケイエフの自然生育型緑化工法 土壌菌工法




(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



(株)ケイエフ、めるまが配信中 配信登録はこちら



(株)ケイエフといさぼうネットが共同で運営のウェビナー事業 K&iウェブアカデミー 毎回CPDS申請






posted by ケイエフ at 09:00| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月28日

第一次産業のすごい機械あれこれ




すごいな、色んな重機があるもんですね。

【見てるだけでもスッキリ】


@TechAmazing氏のツイートより。

林業や農業などで使われる重機をあれこれ詰め込んだ動画です。

サクサク作業が進むので、とても便利ですね。
しかし、特殊すぎて、一体いくらすんだ、この重機??と思ってしまうのですが。



事故ると大変なので、重機の操作の際は、周囲の状況や機器トラブルに注意しましょう。

【関連記事】


作業は慎重に、林道整備中にショベルカー転倒で作業員下敷き、死亡 大分

気持ちいい...壁面緑化と化した植物をぴっぱがす映像

季節の変わり目だし、注意を、落石雪防止の工事現場で作業員、高所作業車に挟まれ死亡

重機で遊んではいけません...フォークリフトでブランコ遊び、女児死亡


(株)ケイエフのリモコン式無人掘削工法 セーフティークライマー工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



(株)ケイエフ、めるまが配信中 配信登録はこちら



(株)ケイエフといさぼうネットが共同で運営のウェビナー事業 K&iウェブアカデミー 毎回CPDS申請






posted by ケイエフ at 09:00| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月25日

またまたやるみたいです!有料記事が今日から28日(月)まで読み放題「日経クロステック週末無料開放」開催


Photo credit: steve: they can't all be zingers!!! (primus) on Visualhunt

※イメージ画像です。

反響よかったんですね。

【例によって一部制限あり】


日経クロステックの伝えるところによりますと、2022年11月25日(金)の夕方ごろから11月28日(月)の朝まで、「週末無料開放」を開催、通常は有料会員しか見られない記事をすべて開放、どなたでもお読みいただけるようにいたします、とのことです。

なお、雑誌の誌面PDFのダウンロードなど、期間中でも有料会員限定、登録会員限定の機能があり、日経Robotics、日経不動産マーケット情報、日経FinTech、日経ニューメディア、日経コンストラクション技術士試験対策の記事は無料開放の対象外、だと記事は伝えています。

【ありがたく活用させて頂きましょう】


なんという太っ腹。2回目があるとは。
通常有料なコンテンツが無料で読める、というのはありがたいですね。

秋の夜長(もう冬かもですが)に、折角のチャンスなので読みたいものを探して読んでおきましょう。

例によって、IT分野・先端技術分野・土木建築分野などよく読まれた記事ランキングが発表されています。


【関連記事】


本日夕方からスタート、有料記事が約3日間読み放題「日経クロステック週末無料開放」開催

紙媒体は難しいか...100年続く専門誌「土木技術」休刊へ

基本的な診断なら無料で試せる...中小企業向けの補助金・助成金自動診断サービスを開始、DMMとライトアップ

事故リスク15%減、AIで事故リスクを推定する「GOOD DRIVEアプリ」を無料提供、ソニー損保

「刈り取り」で草が増えてしまうのはなぜ? 日経XTECH(2021)




K&iウェブアカデミーが皆様のCPDSユニット,CPD単位の取得をお手伝い致します。



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



(株)ケイエフ、めるまが配信中 配信登録はこちら



(株)ケイエフといさぼうネットが共同で運営のウェビナー事業 K&iウェブアカデミー 毎回CPDS申請





posted by ケイエフ at 09:00| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月24日

実はウィンウィンになれるのでは...建設業界が『e-Sports』プレーヤーに熱視線を送っている、らしい。


Photo credit: LeafLanguages on Visualhunt.com

※イメージ画像です。

お金次第かも...

【コントローラーの操作技術に注目】


ITmediaエグゼクティブに興味深い記事が掲載されています。

『建設業界、eスポーツプレーヤーに熱視線 建機の遠隔操作に技を 若手技能者確保へ』と第された、この記事、慢性的に人手不足、職人の高齢化が進む建設業界で、今注目しているのが、eスポーツプレーヤー。

詳細は記事を読んで頂きたいのですが、一部記事よりその理由を引用させて頂くと、
ジョイスティックなどゲームコントローラーの高度な操作技術が、油圧ショベルやクレーンなど建設機械の遠隔操作に生かせるとみており、eスポーツプレーヤーを呼び込み、慢性的な若手技能者不足の解消につなげたい考え

だそうです。

建設大手や国交省がeスポーツ絡みのイベントを開催するなどして、今後若者に魅力ある業界につなげたい考えだ、と記事は結んでいます。

【場合によっては、ちょっと明るい未来が見えるかも。】


着目点はいいですが、古臭い組織体制を捨てて新たな運営スタイルが必要になるかも、ですね。
あと、納得のお金と休みが出せるか?というのもあるでしょう。

建機がさらにスタイリッシュになれば、将来的には若者に魅力ある仕事になるかもしれませんね。
あと必要なのは、重機を操るかっこいい女性ですか?

【関連記事】


なんかキツい...日本の某株式会社立大学の卒業式の風景

すごい...未来のインテリアデザインはこうなる、のか??

気持ちいい...壁面緑化と化した植物をぴっぱがす映像

そりゃ、楽しいわ...最新VRゲームアイテムがすごい、そして意外と安い件

現場への搬送も楽になる、移動式3Dプリントの研究が進んでいる、らしい。


(株)ケイエフの超音波を用いた非破壊測定システム NND



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



(株)ケイエフ、めるまが配信中 配信登録はこちら



(株)ケイエフといさぼうネットが共同で運営のウェビナー事業 K&iウェブアカデミー 毎回CPDS申請





posted by ケイエフ at 09:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月22日

土砂に埋まったスマホの位置情報の読み取りに成功 SB、双葉、東京工大


Photo credit: MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito) on Visualhunt

※イメージ画像です。

ビーコン信号的なものだとダメなんですかね?

【中継機をケーブル接続で一緒に飛ばす的な。】


IoT newsの伝えるところによりますと、ソフトバンク株式会社と国立大学法人東京工業大学は、地震などにより土砂やがれきに埋まった要救助者の位置をドローンで特定するシステムの研究開発を行ってきましたが、このほど実証実験で、最大5メートルの土砂に埋まっているスマートフォンの位置を数メートルの誤差で特定することに成功した、とのことです。

詳細は記事を読んで頂ければよいかと思いますが、従来の「ドローン無線中継システムを用いた遭難者位置特定システム」は、ドローンに搭載しているバッテリーでドローンと無線中継システムに電力を供給しており、1回当たりの飛行可能時間が最大約30分のため、捜索範囲が広い場合は捜索を中断してバッテリーの交換を行う必要があった。

これが迅速な救助支援への障壁となっていたが、主ドローンと補助ドローンをケーブルでつなぎ、さらに地上からもケーブルで繋ぎ給電することで長時間の捜索が可能になり、実証実験では地上と上空の間の障害物等も問題なく対処できた、と記事は伝えています。

【訓練が必要かも...】


ちゃんと地上からのケーブルに対する障害物の検証もできてるので、有用なんでしょうけど、この操作をできるドローン操縦者がどれぐらいいるんだろう、と考えると当面の実用は結構難しいのでは、と思ったりします。

よく飛行機が墜落したり、船が沈没したときにビーコン情報うんぬんという話がありますが、スマホにビーコン埋め込むとか出来ないんですかね?

そんなことしたら、スマホが個人で持てなくなるぐらい高くなるのかもしれませんが。

しかし、捜索の時短が可能になるのはよいことです。

【関連記事】


山間部でも高速通信が可能になる、イーロン・マスクの衛星通信『スターリンク』日本でのサービス開始

光ファイバーケーブルで自然災害を検知する研究が進んでいる、らしい。

これはこれで怖い、ドローンに使われるプロトコルに脆弱性、乗っ取りも可能

検討課題も多そう...20日からドローン登録義務化開始、あの人が文句を聞いてくれるらしい。

ますますネット回線が重要に...災害時の物資要請を効率化、防災DXツール「B-order」β版 試験運用開始


(株)ケイエフのトゲ無し玉掛ワイヤースリング



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



(株)ケイエフ、めるまが配信中 配信登録はこちら



(株)ケイエフといさぼうネットが共同で運営のウェビナー事業 K&iウェブアカデミー 毎回CPDS申請





posted by ケイエフ at 09:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月21日

作業は慎重に、林道整備中にショベルカー転倒で作業員下敷き、死亡 大分



※画像は、TVOテレビ大分ニュースの動画からキャプチャさせて頂きました。


お亡くなりになった方に哀悼の意を表します。

【一緒に作業してた人が昼食から帰ったら】


yahooニュースの伝えるところによりますと、17日午後、大分県佐伯市宇目の山中で、作業をしていた高齢の男性が倒れたショベルカーの下敷きになり、死亡した、とのことです。

テレビ大分ニュースのyoutube動画があるので、どうぞ。



一緒に作業していた人が昼食から戻ったら、ショベルカーの下敷きになっていたとして、119番通報、病院に運ばれるも死亡が確認された、と記事は伝えています。

【寒くなってきてるのでさらに注意が必要】


映像の最初に斜面の中腹から林道へパンするので、てっきり上から転がり落ちたのかと思ってしまいました。
そうではなさそうな感じですが。

そろそろ寒くなってきて、屋外での作業は注意力が散漫になりそうなので、重機等動かす方はよりいっそうの注意が必要ですね。

あとひと月半ほどで年明けなので、元気に新年を迎えられるよう、注意しましょう。

【関連記事】


死因は外傷性窒息死...釣り人、2mの落石の下敷きになり死亡

安全確保はしっかりと...胸に5センチの竹、草刈りしていた男性死亡 岐阜・美濃加茂市

安全確認はしっかりと...浄水場の埋設物工事で土砂崩れ、作業員ひとり死亡 夕張市

季節の変わり目だし、注意を、落石雪防止の工事現場で作業員、高所作業車に挟まれ死亡

安全確認を十分に、浜松 大雨で崩れた土砂の撤去作業中転落 し作業員死亡



(株)ケイエフのリモコン式無人掘削工法 セーフティークライマー工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



(株)ケイエフ、めるまが配信中 配信登録はこちら



(株)ケイエフといさぼうネットが共同で運営のウェビナー事業 K&iウェブアカデミー 毎回CPDS申請





posted by ケイエフ at 09:00| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月18日

『新種の』地震が現る、その名も『ハイブリッド周波数波形地震』


Photo credit: Gerry Dincher on VisualHunt

※イメージ画像です。

言われてみれば、そうかも。

【地下への人間の干渉が、大きな地震の誘発に繋がる可能性】


シェールガス田の掘削で周辺や、あるいは離れた場所でも地震が発生することが確認され、問題となっていますが、ナゾロジーで『新手の』地震が確認されている、と伝えられています。

その名も『ハイブリッド周波数波形地震』。

詳細は記事でご確認頂ければよいかと思いますが、この地震の特徴は、非常にゆっくりとした揺れで、しかも通常は7秒程度で収まる揺れが、10秒以上と長く続く、と記事は伝えています。

さらに、特徴を記事より引用させて頂くと、
水圧破砕によって地中に大量の水が浸透することで、地震エネルギーを放出しないゆっくりとしたすべりが地中に生み出されることで始まり...(中略)...近くの断層に応力変化を引き起こし、それが蓄積されて大きな地震を引き起こす可能性がある

とのことです。

ほかにも記事では二酸化炭素を地中に埋める事などの環境対策について触れていますが、上記のような新しい地震も環境問題になるかもしれない、と結んでいます。

【ある程度の犠牲は必要かも】


すべてまるっと納めることは不可能なので、どっかに負荷がかかるのは多少仕方ないとは思うのですが、原因が解ってきたら解決する方法は模索しないといけないでしょうね。

日本ではシェールガス掘削は一部の地域だけのようなので大きくは影響しないでしょうけど。
地下をあまり弄くると、ヤバいということは覚えておいたほうがよいでしょう。

【関連記事】


すごい!と思ったけど課題も...洪水対策を施した水陸両用ハウス

超高層ビルの屋上にプールを設置して地震が起こるとこうなる、映像

阪神大震災を想起させるような被害、台湾でM6.9の地震 発生時映像まとめ

週末は雨の可能性でさらに注意、震度6弱の地震で『軍艦島』で土砂災害

西日本も雨の影響? 福島でも土砂災害、地震で被災の橋崩落



(株)ケイエフの土ほぐし機 エアースコップ



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



(株)ケイエフ、めるまが配信中 配信登録はこちら



(株)ケイエフといさぼうネットが共同で運営のウェビナー事業 K&iウェブアカデミー 毎回CPDS申請





posted by ケイエフ at 09:00| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月17日

マッドサイエンス的だが、制約付きでアリかも...天然の30倍の空気清浄を行う観葉植物、仏ベンチャーが開発


Photo credit: Tetsuya Odaka on VisualHunt.com

※イメージ画像です。

やりはじめたら、あれもこれも全部手を付けないといけなくなった、みたいな...

【遺伝子編集で共生菌も改造】


カラパイアの伝えるところによりますと、フランス、パリのスタートアップ企業「ネオプランツ(Neoplants)」社が、 ハイテク観葉植物「Neo P1」を開発、通常のポトス(観葉植物)30本分の空気清浄効果を出せる、そうです。

詳細は記事を読んで頂ければよいかと思いますが、開発のもともとのコンセプトは電気を使わずに空気をキレイにする方法の開発だったとして、人から観葉植物として選ばれやすい『ポトス』を元に遺伝子操作を行い、数々の課題をクリアして完成させた、ようです。

恐るべきはその能力で、一部記事より引用させて頂くと、
完成したNeo P1は「ホルムアルデヒド」や「トルエン」など、室内の4大汚染物質を効果的に吸収することができる。さらに山火事の煙に含まれる発がん性物質ベンゼンなどにも効果がある。

そうです。

同Neo P1の空気清浄能力が飛躍的にアップしたのは、有害な化学物質ですら食べてしまう極限微生物から遺伝子を集め、それを共生微生物に組み込んだことにある、として、これが今後重要な地球温暖化対策になるだろうと考えている、と記事は結んでいます

【お値段は179ドル(約25000円)、らしい。】


ゲノム編集で怖いのは、想定外の能力までアップしてしまったりすることではないかと思いますが、本ハイテク植物は
米国食品医薬品局(FDA)の基準に準拠するために、ゲノム改変のせいでポトスが野生で強い繁殖力を持ったり、農薬に耐性を持ったりしないよう気をつけたとのことだ

と記事にあるので、基準をクリアしてるんでしょうね。すごい。

記事に価格も書かれているので、もう販売されてるんですかね?

口に入るもののゲノム編集モノはかなり抵抗がありますが、こういう形ならアリかもしれません。
もちろん、副作用的な部分はちゃんと検証しておいてもらいたいですが。

【関連記事】


100年かかるものを30年で出来ないか?への気の長い挑戦、人工土壌を作る研究 森林総合研究所

ビジュアルはもう少しなんとか...3Dプリントされた肉

神の領域っぽい...人工遺伝子回路の設計により植物の根の構造を変化させることに成功 米スタンフォード大学

開発者は本家アイロボット社の技術者、ルンバ園芸用が開発される。


のり面に緑肥を植えて、Co2を土壌炭素貯留 実証実験、化粧品製造会社の枚方工場で


(株)ケイエフのEG植栽パック(集水保水型植栽袋)



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



(株)ケイエフ、めるまが配信中 配信登録はこちら



(株)ケイエフといさぼうネットが共同で運営のウェビナー事業 K&iウェブアカデミー 毎回CPDS申請





posted by ケイエフ at 09:00| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月16日

すごい!と思ったけど課題も...洪水対策を施した水陸両用ハウス





日本は地震も多いし...

【押し寄せる水で浮くシステム】


@TechAmazing氏のTweetで紹介されていた動画です。

洪水なんかで水嵩が増えると、家が浮くシステム。



急増するゲリラ豪雨や線状降水帯による洪水が多発する昨今、これはいい!と思ったのですが日本の場合、洪水同様、地震大国でもあるのでもうひと工夫必要になりそうですね。

しかし、家の中に色んなものを詰め込んだ状態で浮くんですかね??

【関連記事】


中国あるある...頑なに土地の売却を拒否った結果ぽつんと一軒家、だがその場所が...

これは賢い...洪水時のサイドビジネス

まだあとひと月は続くらしい、記録的な豪雨による洪水で幅100キロの湖ができる パキスタン

その先に安全な場所は待っているのか?洪水をある方法と乗り切ろうとする女

森林は大事、『水源かん養保安林』の能力がすごい、動画



(株)ケイエフのサビない落石防護・かご・高耐久線材 トワロンIRワイヤ



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



(株)ケイエフ、めるまが配信中 配信登録はこちら



(株)ケイエフといさぼうネットが共同で運営のウェビナー事業 K&iウェブアカデミー 毎回CPDS申請





posted by ケイエフ at 09:00| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月15日

土砂災害のピンポイント警報につながる比抵抗モニタリング装置を開発、中央開発と早稲田大学理工学術院


Photo credit: IDI at NTNU on Visualhunt

※イメージ画像です。

今後の実績数に期待ですね。

【電気の流れにくさから帯水層を捉え、斜面災害警報に】


PR Timesのプレスリリースによりますと、中央開発株式会社が、早稲田大学理工学術院 上田匠准教授との共同研究により,比抵抗モニタリング装置を開発し,日本応用地質学会(10月13〜14日,大阪府吹田市)で発表した、とのことです。

詳細はプレスリリースでご確認頂ければと思いますが、ざっくり要約すると、地盤の比抵抗(電気の流れにくさ=電気伝導度の逆数)を常時モニタリングすることによって帯水層を捉えることができれば,斜面災害の警報システムになりうると考えたシステム、のようです。

また、逆シュランベルジャー法という測定方法を用いることで,高頻度の測定,リアルタイムの解析,装置の小型・省電力化,携帯電話回線による遠隔操作を実現した、と記事は続けています。

将来的には,斜面崩壊の先行現象を検知し,警報を発する「斜面崩壊警報システム」としての運用が期待できる、と記事は伝えています。

【減災につながるのでよいですね。】


土砂災害が予測できれば、減災になるのでよいですね。

リリースによるとすでに実証実験済みのようですが、どれぐらいの精度なのか、今後の実例数に期待したいところです。

土砂災害については、結構条件であったり発生兆候なんかも出てきてるので、対策しやすくなるかもしれませんね。

【関連記事】


いろいろすばらー!3Dプリンターで蚊を撃退する薬剤入指輪、ドイツの研究チームが開発

光ファイバーケーブルで自然災害を検知する研究が進んでいる、らしい。

過去の労災データから建設現場のリスクを見える化、安衛研らが共同開発

工事現場で実験してほしい、ドルビーらの研究チームが開発したノイキャンシステムが強烈すぎる件

災害大国日本には是非一台ほしいところ。イスラエル、『壁透視』次世代レーダーを開発



(株)ケイエフの土砂崩れ検知・警報装置 スーパーサッチャー



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



(株)ケイエフ、めるまが配信中 配信登録はこちら



(株)ケイエフといさぼうネットが共同で運営のウェビナー事業 K&iウェブアカデミー 毎回CPDS申請





posted by ケイエフ at 09:00| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月14日

100年かかるものを30年で出来ないか?への気の長い挑戦、人工土壌を作る研究 森林総合研究所


Photo credit: h_saarikoski on Visualhunt

※イメージ画像です。

後継者問題も課題となりそうですね。

【一世代では終わらない研究】


読売新聞オンラインにちょっと興味深い記事があります
※会員登録しないと途中までしか読めませんが...

詳細は記事を読んで頂ければよい(途中までは登録しなくても読めます。)かと思いますが、『土を人工的に作り出し、世界の食料問題を解決したい』と題されたこの記事は、森林総合研究所の藤井 一至 主任研究員の『人工土壌の研究』について書かれた記事です。

記事より一部引用させて頂くと、
一般的には厚さ1センチ分の土壌ができるのに100〜1000年かかる。ところが、藤井さんはインドネシアの土壌を研究していた2015年頃、過去に採取された試料を整理して調べ、荒廃した土壌が約30年で10センチ近く回復した例を見いだした

と記事は綴っています。

【土って何か?を初めて聞いた。】


空気とは何かって、元素記号使えば、なんとなくあぁ、という感じですが土って何から出来てます?と言われたら確かに、いや土は土でしょ?みたいになりますね。

しかし、色んなモノが混じって出来上がったもので、1センチの土壌が出来上がるのに100〜1000年かかるというのはびっくりです。

記事を全部読んだわけではないですが、欧州や中東では今年ひどい干ばつに見舞われたようですし、『土』がなければ植物が育たないので食料問題に発展しますね。

気候変動や環境汚染など、色々問題になる昨今、今後良質な『土』の需要も高まるかもしれません。
しかし、結構な年月がかかりそうですね、この研究。

【関連記事】


オイルマネーパワーはすごいな、サウジアラビアの環境未来都市構想『The Line Project』着工開始

ランウェイに水を!アレで...ファッション業界流SDGsの表現の仕方。

森林は大事、『水源かん養保安林』の能力がすごい、動画

のり面に緑肥を植えて、Co2を土壌炭素貯留 実証実験、化粧品製造会社の枚方工場で

汚水処理もロボットの時代!?重金属を回収するナノロボット開発される



(株)ケイエフの自然生育型緑化工法 土壌菌工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



(株)ケイエフ、めるまが配信中 配信登録はこちら



(株)ケイエフといさぼうネットが共同で運営のウェビナー事業 K&iウェブアカデミー 毎回CPDS申請





posted by ケイエフ at 09:00| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月11日

元データがいるけど、こうなれば地下埋設物などの点検や工事が捗るAR




構造物の設計データは必要になるが。

【地面の下はこんな感じ、みたいな。】


@van_eng622氏のTweetより。

埋設された部分を拡張現実(AR)表示してしまう、というAR映像。



道路の下に埋まってるものが全部表示さたら良いのに。
データ入れ込むのは大変だけど。

これがスマホレベルで見れるようになると、メンテナンス業務がはかどりますね。


【関連記事】


すごい...未来のインテリアデザインはこうなる、のか??

コンクリート蓋を少労力で移動させる一つの賢いやり方

将来的にはこうなるのか...AR(拡張現実)を利用した展示会が面白そう。

定点観測が捗るな...同じ構図を簡単に撮影できるAR試作(2021)

もう柱は傷つけない! ARで子供の成長を管理・比較できるアプリ『せいくらべ』(2021)



(株)ケイエフの強力空気搬送機 ジェクター



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



(株)ケイエフ、めるまが配信中 配信登録はこちら



(株)ケイエフといさぼうネットが共同で運営のウェビナー事業 K&iウェブアカデミー 毎回CPDS申請





posted by ケイエフ at 09:00| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月10日

一石二鳥!なのか?救援物資が届くまでのつなぎにできる『食べれるドローン』開発 スイス連邦工科大学


Photo credit: Sugaaaaa_LFLC on VisualHunt

※イメージ画像です。


いやいやいや、食べたくないですけど。

【翼は『ポン菓子』】


ナゾロジーの伝えるところによりますと、スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)に所属するロボット工学者ボクオン・クァク氏ら研究チームは、ポン菓子の翼をもつ「食べられるドローン」を開発した、として2022年10月23日から27日にかけて京都で開かれたロボット技術の国際学会「IROS 2022」で発表された、とのことです。

詳細は記事を読んで頂ければよいかと思いますが、災害が発生し、道路が寸断された場合、被災地へ食料を運ぶことが出来なくなる、かと言って配達用ドローンは重量の約30%しか荷物を運べず、効率が悪い、なので、機体を食べれるものにすれば迅速に食料を運べる、ということらしいです。

この発想から、届けられる食料を重量の50%まで増加させることに成功した、と記事は伝えています。

研究チームは今後、食用油や調味料を加えることで、よりカロリーが高く美味しい翼へと改良していく予定だ、と記事は続けています。


【衛生面の課題と、もうひとつ気になることが...】


まぁそりゃそうなんですが、なんせうん百キロとか飛んでいくわけで、日本の汚い空を飛んできた『ポン菓子』を食べて大丈夫なのか?というのもありますし、あまり食べたくもないですね(被災しているので、背に腹は変えられないってか??)

あと、途中でカラスの集団とかに食べられまくったりしないんですかね?
プロペラが邪魔するか??

あまり現実的でよいアイデアとは思えないですけどね...如何ですか?

【関連記事】


パワーはどうなんだろ?ビジュアルはかっこいいカブトムシ型ドローン

群れなすドローンで危険箇所でも構造物作成可能な3Dプリントシステムを開発 ICLとスイス連邦材料試験研究所

将来を考えるとコストアップもやむなしか、輪島道路工事用道路側面のり面保護工の現場でドローン資材運搬を試行 北陸整備局

動きがちょっと昭和っぽい...ドローンでりんご収穫する実証実験の映像

何キロまで大丈夫なんだろか?アングルグラインダーを連結して『ドローン』にしてみた件




(株)ケイエフのマルチ看板



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



(株)ケイエフ、めるまが配信中 配信登録はこちら



(株)ケイエフといさぼうネットが共同で運営のウェビナー事業 K&iウェブアカデミー 毎回CPDS申請





posted by ケイエフ at 09:00| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする