2018年06月18日

フルハーネス義務化で『安全帯』の名称が変わる!、労働安全衛生法を改正した施行令で。



※イメージ画像です。

なんかちょっと言いにくいですけどね^^;

【厚労省省令として2018年6月20日に公布】


IT media Builtの伝えるところによりますと、政府が2018年6月8日、労働安全衛生法を改正した施行令を公布し、安全帯の名称を「墜落制止用器具」に変更した、とのことです。

高所からの墜落による労働災害を防止するため、6.75m(メートル)以上の高所での作業にはフルハーネスの安全帯着用を義務付けることなどを盛り込んだ労働安全衛生法の改正で、施行令の一部を改正する政令が2018年6月8日公布で、実際の適用は2019年2月1日からの適用と記事は続けています。

詳細は記事を読んで頂ければよいかと思いますが、2m以上の高さで作業を行う者に、特別教育の義務化が明記される労働安全衛生規則(安衛則)は、管轄の厚生労働省から省令として2018年6月20日に公布され、新たなルールや新規格などは、経過措置を一定期間置いた2019年2月1日から運用を開始、新規格に適合しない、2019年8月1日前に製造された安全帯や現在流通している安全帯については、2022年1月1日までの間はその使用が認められ、同月2日から使用が禁じられる、とさらに記事は伝えています。


【業界団体も準備中】


以前当ブログでもお伝えしていた案件がいよいよ動き出したという感じですね。
そして、以前にも書きましたが業界もこれに併せて準備中です。2018年1月時点での情報をまとめたものをイプロスというサイトにアップしておりますので、併せてご覧頂ければ幸いです。

人手不足と現場スタッフの高齢化のため、墜落事故で怪我したり死亡したりしたら色んな所で損害を被ることになります。こういった事故を少しでも減らすために、打てる手は打っておくべきですね。

ハーネス型安全具ほか、現場の安全具を弊社は多数取り扱っております。お気軽にお問い合わせ頂ければ幸いです。

と、こんな記事を書いていたら、小太郎ブログでこんな動画がアップされてました。



【関連記事】


ハーネスの準備は大丈夫ですか?第13次労働災害防止計画 答申 厚労省

397現場で労働安全衛生法に関する違反発覚!...近畿6労働局 建設業監督結果



(株)ケイエフの現場の安全具



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!







posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月15日

安全確保は大事!平成30年1月に発生した現場崩落事故に書類送検 福岡

Photo credit: holy on Visualhunt.com / CC BY-NC-ND

※イメージ画像です。

人為的なミスでの事故は減らすことができるはずなんですけどね。

【現場はほぼ垂直】


労働新聞社の伝えるところによりますと、福岡・直方労働基準監督署は、地山崩落を防ぐ対策を怠ったとして、福岡県田川市の土木会社と同社現場責任者を労働安全衛生法第21条(事業者の講ずべき措置等)違反の容疑で福岡地検飯塚支部に書類送検した、とのことです。

崩落した地山の法面はほぼ勾配がつけられていない垂直なもので、崩落の危険性が高い状態だったとみられる、と記事は続けています。

【人手不足だし、貴重な労働力なので...】


今年の1月の工事らしいですが、最近よく取り上げられますね、こういう安全確保を怠って発生した事故。
人手不足が叫ばれる昨今、貴重な戦力を失うのは企業にとっても痛手なのではないですかね?何より大切な社員が事故に遭ったり死亡したりするのは心痛む事象だと思うのですが...

現場で働く皆様は、いま一度安全確保に努めましょう。


【関連記事】


また死亡事故...鉄塔建設現場で土崩落防止プレート撤去中 生き埋めに 宮崎

造成工事で安全対策怠り、土木工事業者を送検 沖縄労基署

397現場で労働安全衛生法に関する違反発覚!...近畿6労働局 建設業監督結果



(株)ケイエフの強力空気搬送機 ジェクター



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月14日

道路上に42立方メートルほどの土砂が流出...県道松川インター大鹿線で土砂崩れ 長野

LandslideLandslide / thetalesend

※イメージ画像です。

金曜日、雨らしいですからね...

【巻き込まれた人はいない模様】


中日新聞の伝えるところによりますと、12日午後2時半ごろ、中川村の県道松川インター大鹿線で土砂が崩れていると地区の道路を維持管理する松川町の会社から県飯田建設事務所に連絡があった、とのことです。

同地域の近くにはリニア中央新幹線関連の工事があるが、現場とは少々距離があるので同工事とこの土砂災害は関係性は薄く、斜面を覆っていたモルタルの経年劣化などが原因ではないか、と記事は続けています。

【経年劣化が疑われる事故多いですね。】


昨年あたりから、ぽつぽつとこういった補強済みののり面の、経年劣化による土砂崩れが増えてるような気がします。
記事に現場の写真が掲載されていますが、結構な崩れようですよ。

【関連記事】


梅雨の影響が出始めた感じですか?...真庭の県道でのり面崩落 勝山栗原線全面通行止め

川沿いの道路と護岸が柵ごと崩落 尼崎、広島では土砂崩れで車が巻き込まれる

経年劣化の模様...岩瀬隧道(いわせすいどう)内で土砂崩落

原因は「凍上現象」、道路の推定破損箇所約4800箇所 盛岡市



(株)ケイエフのコスト縮減型吹付法枠 アールティーフレーム工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月13日

梅雨の影響が出始めた感じですか?...真庭の県道でのり面崩落 勝山栗原線全面通行止め

Photo credit: fserow2006 on Visual Hunt / CC BY-NC-SA

※イメージ画像です。

梅雨の雨の影響が出てきた感じですか?

【落石防護網で大事にはなってない感じ?】


山陽新聞の伝えるところによりますと、真庭市で11日から12日未明にかけて、2カ所で道路ののり面崩落や倒木があり、岡山県は通行止めなどの規制を取った、とのことです。

記事によりますと、現場は県道勝山栗原線の、のり面で高さ5メートル、幅8メートルにわたって岩盤が崩れ落石防護網を突き破って道路に散乱している、とのことです。

なお、同土砂崩れでのけが人等は出ていない模様。


【大雨もそうだけど、台風シーズンだし...】


梅雨の真っ只中にいる日本なわけですから、雨が降るのは仕方ないですが先日のように台風の心配もしないとダメですしね...
岡山県は山肌が結構岩盤系だというのを聞いたことがあるんですが、そうだとしたら崩れたときはヤバいですね。

今回も落石防護網を突き破ってるようですし...山間部を移動される方は注意しましょう。


【関連記事】


川沿いの道路と護岸が柵ごと崩落 尼崎、広島では土砂崩れで車が巻き込まれる

ナダレンジャーって誰!?...土砂災害の恐怖を伝える、富士で砂防フェア

静岡でも土砂崩れ...市道水窪白倉川線、全面通行止め



(株)ケイエフの植生基材注入工 グリングリーンマット工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☔| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月12日

意外とサクサク動く!国交省提供の『国土交通省ハザードマップポータルサイト』



※画像は国交省提供の『ハザードマップポータルサイトの紹介(pdf形式)』よりキャプチャさせていただきました。


格安スマホでもそこそこヌルヌル動きましたよ。(平日14:00ぐらいにアクセスした結果ですけど。)

【大雨のときなど、身近な地域の災害危険地域を一括表示】


国土交通省のプレスリリースによりますと、国土交通省ハザードマップポータルサイトで、梅雨や台風に備え、想定最大規模の洪水浸水想定区域が簡単に確認できるようになりました、とのことです。

同ポータルサイトでは、洪水、土砂災害、津波の情報をマップに重ね合わせることができるサイトで、自分がいる地域の災害危険地域を確認することができるようになっており、このたび、梅雨や台風シーズンに備え、 全国109 水系の国管理河川における洪水浸水想定区域(想定最大規模)を重ね合わせることができるようになったとのことです。

詳細は同省のハザードマップポータルサイトの紹介(pdf形式)でご確認いただければよいかと思いますが、これから大雨、台風シーズンなのでブックマークしておくとよいでしょう。

【スマホのほうがサクサク動く??】


実際にアクセスして、表示させてみたのですが、PCで見るよりスマホで見たほうがサクサク動いたような印象ですが、気のせいでしょうか?^^;

日本経済新聞の記事によると、土砂災害に関しては割と身近な災害と感じるようになったのか、土砂災害の訓練参加が急増しており、5年前に比べ13倍の伸び率になっているんだとか。

こういったマップ系サイトは意外と表示が遅かったりすると、あまり有用性を感じないですが割といい感じで動いてたので一度試してみるとよいかと思います。アクセスする環境で違ったりもしますしね。

山間部周辺にお住まいの方や山間部でお仕事される方は、事前に危険な地域を確認しておき、逃げる際はどっちに逃げたらいいか予行演習しておくといざというときに慌てずに済みます。

ぜひ、試しておきましょう。


【関連記事】


色々興味深い...国交省とJAXAが共同で『災害時の衛星画像活用のためのガイドブック』作成

6月は土砂災害防止月間...内閣府 水害・土砂災害対策の手引きを発表

全国展開へ...愛知のシカ情報マップ(2017)

現在地は土砂災害大丈夫か?が解るアプリ 『どしゃブルJr.』パシフィックコンサルタンツが開発(2017)



(株)ケイエフの簡易吹付け法枠工 イージーシェルフ工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!










posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月08日

川沿いの道路と護岸が柵ごと崩落 尼崎、広島では土砂崩れで車が巻き込まれる

護岸工事護岸工事 / taken_spc

※イメージ画像です。


これからの梅雨のシーズン、大丈夫でしょうか?

【長さ約5メートル、幅約1・5メートルに渡り柵ごと】


神戸新聞NEXTの伝えるところによりますと、4日午後2時ごろ、兵庫県尼崎市南七松町2、蓬川沿いの市道で、川に面したコンクリート製の護岸と道路の一部が崩落しているのを通行人が見つけ通報、とのこと。

市は200メートルに渡って通行止めにし、修復工事を行う、と記事は続けています。

また、広島では車が犠牲になる土砂崩れが...

日テレnews24の伝えるところによりますと、6日午後8時ごろ、広島県安芸太田町の国道で、通行人から「土砂が崩れて、通行できない」と通報があった、とのことです。

記事によるとこの土砂崩れで、車1台が川に転落した、伝えてられています。


【大雨で川が氾濫したら怖いです。】


コンクリートの護岸が崩れたということは、経年劣化ですかね...危ないですね。
これから梅雨で大雨が増える季節にこれは危険。増水した川の影響とか考えられるので、うかうか川のほとりは歩けないです。
ほかのところは大丈夫なんでしょうか?是非、チェックしておいてほしいところです。

広島で土砂崩れに巻き込まれた人は大丈夫なんでしょうか?
この週末の雨は台風になるかもしれない熱帯低気圧の影響で結構激しい雨になるようなので、山間部周辺にお住まいの方、山間部周辺を移動される方は注意が必要です。

できればおとなしくしておくほうがよいかもしれません。
ご注意ください。

【関連記事】


氾濫する川を甘く見てはいけない、という映像

また事故か...堤防護岸工事現場で、土砂が崩落 福岡

これはあかんやつや!ニュージーランドで発生した『粒状流』が怖い。




(株)ケイエフの補強繊維



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☔| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月07日

ナダレンジャーって誰!?...土砂災害の恐怖を伝える、富士で砂防フェア





キャラ、迷走中ですか!?(((*≧艸≦)ププッ

【なかの人は、防災科学技術研究所の人】


中日新聞の伝えるところによりますと、土砂災害の危険性を理解してもらう「砂防フェア」が三日、富山市総曲輪のグランドプラザであり、模型や実験などを通じて、訪れた人たちに防災の大切さを呼び掛けた、とのことです。

防災科学技術研究所の研究者、納口恭明さんが演じる「Dr. ナダレンジャー」のショーが繰り広げられた、と記事は続けています。

【見た目はチャラいが、中身はしっかりしてる^^;】


イベントも大事なんですが、突如彗星のごとく現れた、この『Dr. ナダレンジャー』がとても気になります^^;。
そんなわけで、ぐぐってみたら、動画がありました。



小学校なんかでも出張イベントしているようです。



さらに、全労済のサイトには特設ページもお持ちのようです。

土砂災害はおこちゃまにアピるのも大事ですが、高齢者に一番気をつけてもらいたいところも多分にあるので、”ナダレん防 将軍”あたりでアピるといいのではないかと...^^;

今後、あちこちに出没するかもしれませんね( ̄ー ̄)ニヤリ
ちょっと期待です。(((*≧艸≦)ププッ

...しかし、なぜこのチャラいスタイル...^^;


【関連記事】


【展示会】第5回 震災対策技術展 大阪に行ってきました。

梅雨も近いし...田辺市の奇絶峡で地滑りの疑い

マラソンコースや遊歩道脇で崩落...秋田と長野で道路下など崩れる。

先週の雨で、山形でも民家裏で土砂災害




(株)ケイエフの強力空気搬送機 ジェクター



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!









posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月06日

2018年06月05日

6月は土砂災害防止月間...内閣府 水害・土砂災害対策の手引きを発表



※画像は国土交通省の土砂災害防止月間発表プレスリリースにあった、ポスターをキャプチャさせて頂きました。


そう言えば6月は土砂災害防止月間でしたね。

【九州北部豪雨の反省から、避難方法など基本情報】


リスク対策.comの伝えるところによりますと、内閣府は5月31日、「水害・土砂災害から家族と地域を守るには」と題した手引きを公表(pdfファイル)した、とのことです。

これは、2017年の九州北部豪雨の反省から作成されたもので、避難方法や普段からの備えなどに基本的に必要な知識について記している、と記事は伝えています。

同手引きは、『内閣府 防災情報のページ』にあり、『風水害対策』となっており、いろんなPDFファイルやページがリンクされています。
土砂災害系だと、

◆総合的な土砂災害対策検討ワーキンググループ

というのがあるようです。

あと、気象庁も

「土砂災害警戒判定メッシュ情報の活用 〜土砂災害から命を守るために〜」

というリーフレットを作成しています。


【新規も怖いが...】


ゲリラ豪雨や台風、大雨による土砂災害も怖いですが、すでに補強されてるところがそろそろ限界を迎えて経年劣化しているのに気づかず、安心してたら崩れた、なんてのが一番怖いですね。

とりあえず、今月は土砂災害防止月間なので、いつもより意識しておきましょう。

【関連記事】


【展示会】第5回 震災対策技術展 大阪に行ってきました。

夕方に流れる音楽は、帰ろうね、のサインだけではない...ご当地防災無線行政チャイムあれこれ

定点観測ならWebカムみたいなほうがよくない?...ドローン使って土砂災害前兆現象確認 敦賀市など調査

資金調達には失敗したようですが、よいアイテムだと思う『Rescue me ballon』



(株)ケイエフの簡易吹付け法枠工 イージーシェルフ工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!







posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月04日

経年劣化の模様...岩瀬隧道(いわせすいどう)内で土砂崩落

道路トンネル道路トンネル / Japanexperterna.se

※イメージ画像です。

状況がよく解らないんですが、内壁から崩れ落ちたってことですかね?

【トンネル内で土砂崩落】


タウンニュース鎌倉版の伝えるところによりますと、5月29日、岩瀬中学校近くの岩瀬隧道(いわせすいどう)(全長約90m)内の小袋谷側から24m地点で、天井から1㎥ほどの土砂が崩落した、とのことです。

記事によると、けが人等は出ていない模様で土砂の撤去も完了しているが、30日現在、大船2028番先から七久保橋交差点まで約1Kmに渡り通行止めが続き、解除の目途は立っていない、とのこと。
土砂崩落の原因は経年劣化ではないかとのことです。

【今後あちこちで出るかも...】


まず”隧道”という漢字が読めませんでした^^;
”すいどう”と読むらしく、あちこちの記事を読んでみると、昔は”隧道”というのがトンネルの意味だったようです。

しかし、。常用漢字以外の文字(隧)が使われているために、第二次世界大戦後の漢字制限や用語の簡略化、外来語の流入などの時代の流れにより、一般的にはトンネルが使われてるようですね。

さて、上記の記事よりトンネル内で土砂が崩落したということは、内壁も崩れ落ちたってことですかね...これは怖い。
トンネル内だと逃げ場もないですしね。

経年劣化が原因ではないか、とのことですが、今後こういう事故が増えそうです。予測不可能なので回避も難しいですが、巻き込まれないないことを祈るばかりです。


【関連記事】


googleがトンネル掘削技術に参入?「HyperSciences」

現況と約0.1秒前の画像を繰り返し比較で落石予兆を察知 大林組と岡山大学がシステム開発

鳥取西道路の重山地区で法面変状、大規模地すべり対策 中国整備局

原因は「凍上現象」、道路の推定破損箇所約4800箇所 盛岡市



(株)ケイエフのモルタル吹付け補強繊維



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月31日

梅雨も近いし...田辺市の奇絶峡で地滑りの疑い

58(1)58(1) / t_kawaji2010

※イメージ画像です。

間もなく梅雨ですしね...

【土砂が崩れて右会津川に達した場合、被害が広範囲に及ぶ恐れ】


紀伊民報の伝えるところによりますと、和歌山県田辺市上秋津の奇絶峡近くの山で、地滑りのような状況が確認されたとして、林野庁が対策工事を進めている、とのことです。

土砂が崩れて右会津川に達した場合、被害が広範囲に及ぶ恐れがあるため、田辺市は30日、上秋津の右会津川流域の6地区を対象に説明会を開く、と記事は続けています。


【過去に何度か崩れている場所、らしい。】


そろそろ梅雨だし、雨の日が増える前に対策が必要ですね。どんな地域なのか、解らないですが大規模な土砂崩れが予想されるのであれば今のうちになんとかしないとですね。

今年の梅雨の傾向としては、本州は平年並みか平年より雨量が多くなる傾向(tenki.jp)だそうなので、これから梅雨に入ると、山間部周辺の方にとっては気が気ではない季節です。

被害を最小限にする工事などは可能ですが、すべてを予防出来るわけではないので、自主的に対策を考えておきましょう。


【関連記事】


マラソンコースや遊歩道脇で崩落...秋田と長野で道路下など崩れる。

先週の雨で、山形でも民家裏で土砂災害

静岡でも土砂崩れ...市道水窪白倉川線、全面通行止め



(株)ケイエフの瞬発・多段式 非火薬岩盤破砕システム NRC



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!









posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月30日

イノシシはワラビ嫌いなのか??...ワラビ畑でイノシシ対策実証実験 富山の住民グループ

Thelypteris torresianaThelypteris torresiana / harum.koh

※イメージ画像です。


シカとかはどうなんだろうか?


【遊休地をワラビ畑に】


yomiuri onlineの伝えるところによりますと、富山市亀谷地区の住民グループが、遊休地をワラビ畑にすることで、イノシシの住宅地への進入を防ぐ実験を始めた、とのことです。
(yomiuri onlineの記事がリンク切れになっているので北國新聞の記事でどうぞ)

記事によると、同地域ではワラビ畑へのイノシシ被害がほぼなく、昔から”イノシシはワラビは食べない”という言い伝えもあるので、遊休地の茂みをワラビ畑にすることでイノシシのすみかを減らすことができ、住宅地への進入も阻止できる可能性があると推測し、今回の取り組みになったそうです。

【慣れたりしないんだろうか?】


ちょっと面白い実験ですね。動物が苦手とする匂いや食べ物ってやっぱりあるとは思いますが、野生動物って環境適応能力も高いですしね...慣れとか発生しないんでしょうか?

ちなみに、記事の実験で出来たワラビは地域の特産品として扱うようです。

今後の実験結果が気になるところです。

【関連記事】


GW2018中に気になったニュースまとめ その5

GW2018中に気になったニュースまとめ その2

【ちょいグロ】オイルは最強なのか!?...油とボールだけでねずみホイホイが作れてしまう、件

色々すごいわ...オクラホマの野ブタ捕獲機がマッドマックス的な件

有能だったでござる^^;...スーパーモンスターウルフ実用化へ


(株)ケイエフの法面工事のシカ・イノシシ侵入防止柵 シカ矢来



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月29日

ふたつのサイクロンでアラブの砂漠に滝ができる。





( ̄ロ ̄|||)なんと!...これはキツいわ。

【これまで死者13人が出ている模様】


Hazardlab.jpが伝えるところによりますと、先週中東アラビア半島にふたつのサイクロンが直撃し、アラビア海沿岸一帯に大雨被害をもたらした、そうです。

記事に現地映像のツイートがリンクされていたので、こちらにも貼らせて頂きました。
@Bex2018Geobexさんアカウントのツイートです。




さらに同氏のTwitterよりもうひとつ。




こちらは道路なんでしょうか?
ほぼ台風時の海みたいになっていますが...

記事の説明では、
今月18日には最大瞬間風速が約25メートル(時速95km)に達し、ソマリアやエチオピアでは年間降水量に匹敵する大雨が降った。(中略)イエメンとの国境に近いオマーン第2の港町サラーラでは、草木がまったく生えていない岩山を泥水が滝のように流れ落ち、各地で浸水被害が発生するなど、深刻な被害が報じられている。

と続けています。


【他人事ではない我が国、間もなく梅雨入り】


アラブ諸国って、山に木がないイメージですが、やはりこうなっちゃうのですね。
しかし、梅雨シーズンがまさに始まろうとしている我が国も他人事ではありません。

この6月の雨量は某テレビ番組の気象予報士いわく、例年より多くなる、という予想を言ってました。
山間部にお住まいの方、山間部でお仕事される方は近隣の危ない場所などをチェックしておいたほうが良さそうです。


【関連記事】


同じ地域で5箇所 米フロリダ州で陥没相次ぐ


色々興味深い...国交省とJAXAが共同で『災害時の衛星画像活用のためのガイドブック』作成

緊急時はよい方法?...一括土嚢作成ツールが面白い。

映画が一本できそう...『スモークジャンパー』というお仕事を知ってますか?



(株)ケイエフのEG植栽パック(集水保水型植栽袋)



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!









posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月28日

マラソンコースや遊歩道脇で崩落...秋田と長野で道路下など崩れる。

岩泉町、快晴。緑が美しい。安家へ向かう道路、路肩の崩落が点々と。岩泉町、快晴。緑が美しい。安家へ向かう道路、路肩の崩落が点々と。 / jetalone

※イメージ画像です。


あちこち崩れてるっぽいです。


【約10mに渡って道路下の斜面崩落】


秋田魁新報の伝えるところによりますと、北秋田市内の市道が崩落したため、「北緯40度秋田内陸リゾートカップ100キロチャレンジマラソン」の事務局は大会参加の募集を一時中止した、とのことです。

記事によると、被害があったのは同市阿仁萱草の市道荒瀬萱草線で、コースの59・5キロ付近。大雨により道路下の斜面が長さ約10メートルにわたって崩れ、道路がほぼ寸断された、そうです。

ほかに、長野県でも。
中日新聞の伝えるところによりますと、松本市安曇の北アルプス・上高地を流れる梓川の左岸遊歩道で、明神橋の下流約一キロ地点が一部崩落しており、迂回(うかい)路を設けると同市が発表したそうです。

こちらは、高さ約七メートルののり面が長さ約十メートルにわたって崩れ、幅約二・五メートルの遊歩道は最大で幅一メートルほど削られた、と記事は続けています。


【梅雨が近づいているので...】


季節的には観光の季節ですし、山方面に遊びに行かれる方も多いかと思いますが、梅雨が近づいてるからか、雨の日が増えて来てますね。
その影響で地盤が緩んだりしてるので、山に入られる方は要注意です。

今週もお天気不安定っぽく、今週にも九州は梅雨入りか?という話もあるようです。(yahooニュース


【関連記事】


先週の雨で、山形でも民家裏で土砂災害

東北の大雨、秋田、岩手で被害

静岡でも土砂崩れ...市道水窪白倉川線、全面通行止め


季節の変わり目だから?...長野地震でのり面崩落、岩手八幡平アスピーテラインで落石

週明けの雨の影響ほかでも...日田市でものり面崩落、南砺市は田んぼのり面崩落


(株)ケイエフのモルタル吹付補強繊維



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月25日

まだまだ課題山積だと思うのだが...建設業で導入進む「AIロボ」、25年に雇用3割減も

Artificial intelligence?Artificial intelligence? / HowardLake

※イメージ画像です。


A.I(人工知能)もどこまでこっちの思ってることをこなしてくれるか、というのもありますしね...

【東京五輪後も需要は安定して発生の予想】


yahooニュースがちょっと怖いテーマを取り上げています。

詳細は記事を読んで頂ければよいかと思いますが、人手不足からロボット・AI(人工知能)化が進む建設業界で、製造業とは異なる厳しい作業現場を自動化するには、長い時間とコストがかかり、生産性の上昇や労働コストの圧縮はなかなか進まず、このままでは2025年に3割超の雇用が減少し、人手面から建設量を維持できないという「最悪の事態」も懸念されている、と記事は伝えています。

高齢な労働者の「引退」が見込まれており、25年度までの10年間に全体の3割超に当たる128万人の雇用減少が予想される、一方で建設工事の受注自体は、震災復興や東京五輪など大型工事が終息した後も、さほど減らない見通し、だとか。

この見通しの根拠は、老朽化インフラの維持補修の需要で、20─25年度は年平均2.3%増えると政府は試算していると記事はさらに続けています。


【需要時期と開発時期のミスマッチですかね】


ロボットスーツや作業系ロボットが使えるレベルのものになればいいですが、現時点ではまだまだコストもかかるし、導入しはじめたばかりなので、どんな課題が出るかも解らないですしね...

カラパイアに『人工知能(AI)が人類を驚愕させた10の瞬間』という記事がありますが、ここでもロボットアームに頭蓋骨を潰された、などの事例が紹介されているので、誤動作も怖いし...

ただ、これが進むと若者の現場人気は上がりそうな気がしますが...
重労働サポートアイテムがやっと現場に入り始めた感じなので、ロボットが勝手に作業してくれる日はまだまだ遠そうです。

記事に大手各社の対応も記載されているので、参考にされてみてはどうでしょ?


【関連記事】


印刷するだけじゃない!『4Dプリンター』なるものが開発されてるらしい。

GW2018中に気になったニュースまとめ その4

(*゚Å゚)ェ..ゥソーン...ドローン郵便、飛行数十秒でビルに激突 ロシア

今一番タケコプターに近いデバイス!?『Lunavity』

【展示会】第2回 農業ワールド&第6回 関西高機能素材Weekに行ってきました。




(株)ケイエフのリモコン式無人掘削工法 セーフティクライマー工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!







posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月24日

気持ちは解らないではないが...『自然災害で何人亡くなると報道されやすくなるのか』の分析結果がツライ。

Street Speech of Election of The Presidents of Democratic Party of JapanStreet Speech of Election of The Presidents of Democratic Party of Japan / Dick Thomas Johnson

※イメージ画像です。

うーむ、難しい問題ですね...お仕事だし、やはり見られてなんぼの業界ですしね...

【公平にはならないですよね...】


Gigazineが興味深い記事をアップしています。

記事によると、ニュースにおける自然災害の取り扱いは「決して公平なものではない」という研究データが、さまざまな研究データを掲載するOur World in Dataに発表されている、と言うのです。

詳細は記事を読んでいただければよいかと思いますが、結論から言うと
見た目にド派手な映像が撮れたり、多くの人が犠牲になったというようなインパクトのある見出しが付けれるニュースは大々的に取り扱われ、被害は深刻では有るけれどビジュアル的な要素が不足していたり、報道される国から遠く離れたところだったりすると、あまり大きく取り上げられない、

という内容になっています。

この研究は、2007年に研究者のトーマス・アイゼンシー氏とデビッド・シュトロムバーグ氏の2人が、アメリカ主要報道機関(ABCニュース・CBS・NBC・CNN)の自然災害に対する報道の影響を調査するため、1968年から2002年までの間に主要報道機関が取り扱った5000件の災害および70万ものニュースを分析したもの、なんだそうです。

記事では『報道機関の災害報道には、「ニュースのインパクト」によるバイアスがかかっていることを念頭に置く必要がありそうです。』と締めくくっています。


【商売である以上、仕方ないのかな...】


上記はアメリカの話となってますが、日本でも最近はよく『マスゴミ』と言われるぐらい派手な映像を撮るために無茶する傾向になる報道各社。

スポンサーからお金をもらってやってることなので、ある程度仕方ない部分はあるんでしょうけど...

その裏にはそれを期待しちゃう一般ピーポーがいるわけで、これはこれで宜しくないのかもしれませんね。

そういうド派手なインパクトのあるものばかり目にさらされてるので、もはや、純粋にニュースの中身を吟味することが出来ないカラダになってしまっているのかもしれません。

ほかにも色んな要素がそれぞれの立場にあるので、一概にどれが悪いということは出来ませんが、気をつけないといけませんね。

【関連記事】


免疫あるか、要チェック!密かに流行ってる『はしか』は怖い。

こんなに??...風力発電の知られざる弊害が話題に。

撒いたら消える、とかだといいな...プラスチックを消化分解する酵素発見 英・米研究チーム

( ̄ロ ̄|||)なんと!?ペットボトル飲料水の中に、マイクロプラスチックが入ってるかも、というお話

さすが??...英国の街灯広告がブラックだと話題



(株)ケイエフの簡易吹付け法枠工 イージーシェルフ工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!









posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 | Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月23日

先週の雨で、山形でも民家裏で土砂災害

IMG_1456IMG_1456 / susancorpuz90

※イメージ画像です。

今日も全国的に雨なので注意が必要ですね。

【いずれも民家に迫る土砂災害】


山形新聞が土砂災害2件を伝えています。

まずは、19日の山形新聞
18日の大雨で、小国町では土砂崩れが発生し、大蔵村や鶴岡市では避難所が開設された、と伝えています。

続いて20日の山形新聞
19日午前1時10分ごろ、鶴岡市温海で、民家裏の斜面が崩れたと、住民が市温海庁舎に届け出た、と伝えています。

現場は斜面は高さ約20メートル、幅約30メートルにわたって崩れ、コンクリート壁と金網のフェンスが押し倒されて民家の外壁にぶつかった、と記事は続けています。

【週末に向けては気温が上がる傾向】


今日明日天気が崩れたあとは、また気温がぐんと上がるそうなので、土砂災害も要注意ですが、熱中症も気をつけなければなりませんね。
というか、今年のこの時期にしては朝夕の気温差が大きくないですか?昼間夏並に暑いのに、夜は冷え込むみたいな...

体調管理も気をつけましょう。


【関連記事】


静岡でも土砂崩れ...市道水窪白倉川線、全面通行止め


季節の変わり目だから?...長野地震でのり面崩落、岩手八幡平アスピーテラインで落石

沖縄梅雨入り、各地で雨の影響...青森・縫道で土砂崩れ、熊本・通潤橋の石垣の一部崩落

週明けの雨の影響ほかでも...日田市でものり面崩落、南砺市は田んぼのり面崩落




(株)ケイエフのロックボルト関連部材



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 | Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月22日

東北の大雨、秋田、岩手で被害

Queen St. 水没。Queen St. 水没。 / torus

※イメージ画像です。


先週の大雨は東北で結構大きな被害になったようですね。テレビのニュースで床上・床下浸水が発生した、というのは見ましたが。

【民家の裏庭崩れる土砂災害も。】


まずは、岩手県。
iwate nippoの伝えるところによりますと、18〜19日未明に降り続いた大雨の影響で、二戸市では19日夜、土砂崩れが発生し、作業小屋の一部が損壊、また増水した川を見に行って行方不明になった方もいる、と伝えています。

記事によりますと、土砂崩れの現場は二戸市浄法寺町端保口(はほぐち)地内で18日午後6時50分ごろ、高さ約30メートル、幅約10メートルにわたって土砂崩れが発生し、姉帯幸雄氏の作業小屋に土砂が流入、壁や窓などが壊れた、けが人は出ていない、と続けています。

つづいて秋田県では、毎日新聞の伝えるところによりますと、19日朝、雄物川が3カ所で氾濫、各地の消防に取材し毎日新聞が集計したところ、約50カ所で土砂崩れがあった、男鹿市脇本浦田の会社員、三浦武夫氏宅では、18日午後2時10分ごろ、「バーン」という音とともに裏山から泥などが家に入ってきた、と伝えています。

【これから梅雨シーズンなので、大雨の日は自宅待機または避難を。】


テレビのニュース映像ではどっぷり雨水で街が沈んでしまってましたが、秋田県で50箇所の土砂災害は酷いですね。地域の皆様の心情お察し致します。

また、毎度毎度、こういう大雨の際に畑や川の様子を見に行って、川に落ちたり行方不明になったりするニュースが流ますが、大雨の中、様子を見に行くのはやめましょう。生業の元である畑は大事かもしれませんが、命あっての物種、生きていればこそです。

最近の気象状況は我々の予測をはるかに越えるケースが多いので、何が起きてもおかしくないですからね。
これから梅雨シーズンで雨の日が増えるので、くれぐれも注意しましょう。


【関連記事】


静岡でも土砂崩れ...市道水窪白倉川線、全面通行止め


季節の変わり目だから?...長野地震でのり面崩落、岩手八幡平アスピーテラインで落石


沖縄梅雨入り、各地で雨の影響...青森・縫道で土砂崩れ、熊本・通潤橋の石垣の一部崩落

週明けの雨の影響ほかでも...日田市でものり面崩落、南砺市は田んぼのり面崩落


(株)ケイエフの植生基材注入工 グリングリーンマット工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!










posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月21日

定点観測ならWebカムみたいなほうがよくない?...ドローン使って土砂災害前兆現象確認 敦賀市など調査

Drone Aerial ShotsDrone Aerial Shots / OIST (Okinawa Institute of Science and Technology)

※イメージ画像です。

どれくらいのスパンで確認するか、ですね。

【前兆現象を俯瞰して情報共有】


産経ニュースの伝えるところによりますと、6人が亡くなった大分県中津市邪馬渓町の土砂災害を受け、NPO法人「まちの防災研究会」と敦賀市は17日、同市内の土砂災害警戒区域で小型無人機ドローン使って災害の前兆現象を確認するテスト調査を行った、とのことです。

記事によりますと、
土砂災害では地面の亀裂や樹木の傾きなど前兆現象が見られるが、実際に山に登って目視で確認するには土砂災害の危険箇所が非常に多く、時間と労力がかかる。ドローンを利用すれば少人数で短時間で上空から前兆現象を確認でき、定期観察も可能になるという。

として、行政との情報共有により避難の呼びかけなどに役立つ、と続けています。

【範囲は限られるが、バルーンで俯瞰はいかが?】


ほんとは、山にセンサー埋め込んで、というのがいいんでしょうがコストもかかることですしね...
定点観測的なところで言えば、バルーンにWebカム付けて浮かしておくというのはどうですかね^^;。

そのほうがいつでも見たいときに見れるのでよいような気がしますが...
これから梅雨入りで土砂災害の発生率は上がるので、なんらかの対策を施して被害を最小限に抑えたいところですね。


【関連記事】


(*゚Å゚)ェ..ゥソーン...ドローン郵便、飛行数十秒でビルに激突 ロシア

チキチキマシンかよ!?...未来の消防車がなんか漫画チックな件

資金調達には失敗したようですが、よいアイテムだと思う『Rescue me ballon』

マジですか!?...強雨と関係がない土砂災害は「土砂災害警戒情報」の対象外



(株)ケイエフの特殊配合モルタル 特モル



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!







posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月18日

資金調達には失敗したようですが、よいアイテムだと思う『Rescue me ballon』





いいじゃないですか、これ。なんで資金調達失敗したんですかね?

【バルーンで位置をお知らせ】


1000mgで紹介されていたSOSバルーンがいい感じです。
山で遭難してしまった時などに飛ばして自分の居場所、緊急事態を知らせる事ができる防災グッズ「SOSバルーン(Rescue Me Balloon)」。

記事によると、同バルーンは
実はこれいくつかの改善と製品化の為に2014年にクラウドファンディングによる資金調達を目指しましたがこれに失敗。現在は航空関連の会社と組み開発を続けているそうです。10万ドルの募集に対して3.6万ドルしか集まらなかったのか・・・。なんでやろ?

だそうです。

価格の問題ですかね?

とりあえず、動画をどうぞ。



釣りする人とか登山する人、山菜採りに行く人なんかは、もう少し小さくした奴を持っておくと、もしもの際に役立ちそうですけどね。


【関連記事】


これはほしい!ケーブルをまとめながら床に貼り付けてくれる『The GaffGun』

ラズパイの可能性を感じる!超低周波で自然災害を検知、ホームモニター『RASPBERRY BOOM』

今一番タケコプターに近いデバイス!?『Lunavity』




(株)ケイエフのコ瞬発・多段式 非火薬岩盤破砕システム NRC



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!









posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 | Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする