2018年04月18日

マジですか!?...強雨と関係がない土砂災害は「土砂災害警戒情報」の対象外



※イメージ画像です。


なかなかの衝撃の事実ですね。(T_T)

【2005年に沖縄でも...】


yahooニュースになかなか衝撃のニュースが報じられています。
先日の大分県の土砂災害についてですが、大雨が降ったわけでもないのに大規模に崩れたことでも話題となりました。

しかし、『土砂災害警戒情報』は強雨と関係ない場合、対象外だというのです。
詳細は記事にかなり詳しく色々解説されてるので、読んでいただければよいかと思いますが、一部引用させていただくと

都道府県と気象台等で共同で発表している「土砂災害警戒情報」は、土砂災害の全てを対象とする情報ではなく、強い雨によって発生する土砂災害を対象とする情報です。

 つまり、土砂災害のうち、土石流と急傾斜地崩壊のうち主として表層崩壊を対象とする情報です。急傾斜地崩壊のうちの深層崩壊と地滑りは、技術的に予測が難しい土砂災害であるため、最初から「土砂災害警戒情報」の対象外です。


というわけです。言われてみれば確かに...

【急傾斜な山が近くにある方は要注意】


災害というのはある程度、条件が揃っていれば予測が可能だし、防災システムを作ることは可能ですが、条件が解らなかったり、足りなかったりすると、警報システムとか精度が問われてしまうので作れないですよね。

ただ、この記事を読んで、土砂災害は大きく2種類あり、深層崩壊を原因とする土砂災害は、土砂災害警戒情報の対象外なので山間部付近にお住まいの方は、この警戒警報だけを当てにしてはいけない、ということです。

簡単なことではないんですが、できれば斜面の近くにお住まいの方は可能であれば、山の斜面から出来るだけ離れたところに移動することが望ましいですね。
こればかりは、お金もライフスタイルも色々関わるので、決断するのは難しいのですが...

先日ご紹介したラズパイ製超低周波感知器がうまく検知してくれるものなら、警戒情報に使えるかもですね。

【関連記事】


大分土砂災害の裏で南砺市でも土砂災害

復旧中の現場で再び土砂崩落 9日、静岡県天竜区 国道152号

地下水が関係か?...大分・中津で3世帯飲み込む土砂災害

土砂崩れ複数...震度5強の地震で自衛隊に災害派遣要請 島根

ラズパイの可能性を感じる!超低周波で自然災害を検知、ホームモニター『RASPBERRY BOOM』


(株)ケイエフの特モル、特殊配合モルタル



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!






posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月17日

397現場で労働安全衛生法に関する違反発覚!...近畿6労働局 建設業監督結果



※イメージ画像です。

65%強はひどいな...

【安全衛生法違反が6割強】


労働新聞社の伝えるところによりますと、 大阪、京都、滋賀、兵庫、和歌山、奈良の近畿2府4県の労働局が、平成29年12月に実施した609の建設工事現場に対する一斉監督の結果を公表、65.2%に当たる397現場で労働安全衛生法に関する違反が発覚した、そうです。

内訳の詳細も記事にありますが、「墜落・転落防止」違反が( ̄ロ ̄|||)なんと!?480事業場もあったそうです。

【人の命よりコストダウンですか?】


当ブログでも度々工事現場の事故をお伝えしていますが、必要最低限の安全確保は施さないとダメですよね。
ただでさえ、人手不足で、危険なところで仕事をするわけですから。

女性の進出も増えてきてることですし、しっかり安全確保する環境を整えましょう。
弊社では土木・のり面工事の安全具を多数取扱っておりますので、お気軽にご相談ください。

【関連記事】


安全確認は十分に...下水道工事で土砂に埋もれ作業員死亡

あんえいネットで守りましょうよ!鳥取で落石事故 作業員死亡

フルハーネス着用必須...あべのハルカス、日本一のビル屋上に屋外デッキ設置

ハーネスの準備は大丈夫ですか?第13次労働災害防止計画 答申 厚労省

第13次労働災害防止計画(2018年度〜2022年度)発表 厚労省




(株)ケイエフの土木・のり面工事の安全具



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!






posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 | Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月16日

大分土砂災害の裏で南砺市でも土砂災害

Soil Erosion, Frazer Hill = 土壌崩壊Soil Erosion, Frazer Hill = 土壌崩壊 / JIRCAS

※イメージ画像です。

大分県で土砂崩れが発生した日、南砺市でも土砂災害があったようです。

【割と頻繁に土砂崩れ起きる場所】


チューリップテレビの伝えるところによりますと、11日未明、南砺市で山の斜面から大量の土砂が流れ込み国道156号が18キロにわたって通行止めとなった、と伝えています。

原因は先週の雨と雪解け水で地盤が緩んだ可能性がある、と県砺波土木センターは見ているようです。
記事に動画がありますが、作業担当者は
この辺りは割と土砂崩れがよくある、よくあるけど、ここまで大規模なのは初めてだ

と話しています。

【意外なところに影響も...】


動画の中で、幹線道路の飲食店の方が、
なんか暇だな、なんか変だなと思ったら土砂で道路が埋まってた...これからGWになるので、早く復旧してほしい...

と言ってるのが印象的でした。

なるほど、山間部の道路が土砂で埋まると道路沿いのドライブインとか飲食店の営業にも大きく影響しますよね。

早く復旧することを祈るばかりです。

【関連記事】


地下水が関係か?...大分・中津で3世帯飲み込む土砂災害

土砂崩れ複数...震度5強の地震で自衛隊に災害派遣要請 島根

推定5000立米か!?県道越前織田線で土砂崩れ 福井

凍結土の上を土砂流出?...東富士演習場内で自衛隊員死亡事故の原因

表層崩壊?...川が出来たように流た土砂が石北線塞ぐ 北海道


(株)ケイエフのロックボルト関連資材



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!






posted by ケイエフ at 08:37| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月13日

復旧中の現場で再び土砂崩落 9日、静岡県天竜区 国道152号

IMG_5279IMG_5279 / Vikalpa | Groundviews | Maatram | CPA

※イメージ画像です。


先日当ブログでもお伝えした、道路寸断したところですね。

【再開、大幅に遅れる見込み】


静岡新聞SBSの伝えるところによりますと、9日午前8時ごろ、浜松市天竜区龍山町瀬尻の国道152号で、3月9日に起きた土砂崩れの復旧作業の途中だった斜面が再び崩れているのを、現場の作業員が発見した、と伝えています。

記事によると、再び土砂崩れが発生した現場は、3月の崩落箇所の一部、崩れた土の量は前回の約250立方メートルより大幅に多い約700立方メートルとみられる、として、工事関係者は4月末の再開を目指していたが、再開は大幅に遅れる見込み、と記事は続けています。


【工事箇所より深い部分をえぐれるように...】


作業前だったようで、人的被害は無いようですが、工事した部分のより深い部分からえぐれるように崩れていた、と記事で表現しているので表層崩壊的な感じですか??

大分の土砂災害は原因不明ですが、こちらの原因はなんですかね?
ちょっと不気味な土砂災害が連発して、怖いです。

山間部周辺にお住まいの方、山間部でお仕事される方は地域の防災情報、気象情報をよくチェックしておきましょう。

余談ですが、同じ静岡新聞のニュースで『「ふじあざみライン」(小山)土砂堆積 GW前の開通困難』というのもあります。

【関連記事】


土砂崩れ複数...震度5強の地震で自衛隊に災害派遣要請 島根

推定5000立米か!?県道越前織田線で土砂崩れ 福井

道路寸断...浜松市の国道で土砂崩れ 天竜区



(株)ケイエフのコリモコン式無人掘削工法 セーフティークライマー工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!







posted by ケイエフ at 08:41| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月12日

地下水が関係か?...大分・中津で3世帯飲み込む土砂災害



※画像は、@suisuisuikaudon氏のツイートからキャプチャさせて頂きました。

雨も降ってない、地震もない??のかな?

【3世帯が土砂に飲み込まれる。】


朝日新聞digitalの伝えるところによりますと、 11日午前3時40分ごろ、大分県中津市耶馬渓町金吉で裏山が幅約100メートルにわたって崩落し、3棟の住宅が土砂にのみ込まれた、とのことです。


@suisuisuikaudon氏がツイートで画像をアップしてますが、かなり大規模な土砂崩れですね。




youtubeにも動画がアップされてるのでご覧頂けます。



また同記事では、
中津市消防本部によると、現場周辺で雨は降っておらず、崩落の前兆もなかったという。

と伝えています。

原因は、まだまだ調査中のようですが、TBSnewsの動画によると地下水が大きく関係しているのではないか、とのとこです。

さらに、朝日新聞digitalの続報記事によりますと、
九州大の三谷泰浩教授(岩盤工学)は「現時点では、崩れ落ちて下部にたまった土砂の塊が、斜面のさらなる崩壊を止めているのでは」とみる。救助などのために下部の土砂を除くと新たな崩壊を招く恐れがあるため、慎重な作業が必要と指摘する。

とコメントを掲載しています。

【前兆もなかったぽい】


ひとが寝てるときに発生する土砂災害は最悪ですね。4棟あるうち、3棟が土砂に巻き込まれ、現地を見た方の意見からして生存がかなり危ぶまれるのですが...

現地では雨も降ってなかったようですし、地震もtenki.jpの過去地震を見る限り、大分では発生してないですね。鹿児島では10日に軽くあったようですが...

とりあえず、土砂に飲み込まれた方が無事救出されることを祈るばかりです。
作業に当たられる方も、二次災害に巻き込まれないよう、十分安全確保の上対処したいところですね。

【関連記事】


土砂崩れ複数...震度5強の地震で自衛隊に災害派遣要請 島根

推定5000立米か!?県道越前織田線で土砂崩れ 福井

凍結土の上を土砂流出?...東富士演習場内で自衛隊員死亡事故の原因

道路寸断...浜松市の国道で土砂崩れ 天竜区



(株)ケイエフのコスト縮減型吹付法枠 アールティーフレーム工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!







posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月11日

(*゚Å゚)ェ..ゥソーン...ドローン郵便、飛行数十秒でビルに激突 ロシア



※画像はANN Newsの動画からキャプチャさせて頂きました。

まさかのぶっつけ本番??...いくらなんでもそんなことは...あるのかな??

【疑いようもなく成功??】


テレ朝ニュースの伝えるところによりますと、ロシアでドローンを使った小包の配達サービスが4月2日に始まり、その第一便を飛ばしたところ、数十秒後にビルに激突して大破してしまう、という事故が発生したそうです。

しかも、記念すべき新サービス発表とあって、動画で撮られていたようですが、とんだ失態を晒してしまうハメになってしまったようです。

では動画をどうぞ。1分少々の動画です。



同記事はGigazineでも紹介されていますが、この事故による負傷者はいなかったものの、同式典開催地であるウラン・ウデがあるブリヤート共和国の首長アレクセイ・ツィデノフ氏は、今回の事故の原因について
「この地域の100以上あるWi-Fi接続の電波がドローンの飛行を混乱させ、事故を引き起こした可能性があります」

と語っている、と記事では続けています。

【やはり障害は多いか...】


怪我人がでなくてなによりですが、あまりにおそ松な結果ですね。
そもそもテスト飛行とかしなかったんでしょうか?

ドローンによる飛行となると、電波関連の障害もあるでしょうが、バードストライクやイタズラ等、障害となりそうな課題は沢山残っていますね。

今後、我が国でも恐らくドローンによる配達サービスが予想されますが、今回の事故から学べることは多そうです。

弊社が関係する、土木・建設の業界でもすでにドローンの使用は始まっていますが、のり面工事関係だと山間部なのでまだマシなんでしょうが、都市部の建設現場などでのドローン使用の場合、今回のように電波の干渉問題は大いに懸念されますね。

通行人は頭上にも注意が必要になりそうです。

【関連記事】


チキチキマシンかよ!?...未来の消防車がなんか漫画チックな件

まだよくわからん、という人に朗報、CIMやi-constructionの概要が10分で解る動画(2017)

1ヘクタール18分で植林する、ドローンを使った植林システムが注目(2017)



(株)ケイエフののり面工事・土木工事の安全具



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月10日

土砂崩れ複数...震度5強の地震で自衛隊に災害派遣要請 島根



※画像はTBS Newsよりキャプチャさせて頂きました。


なんか、液状化してるっぽい...

【土砂でガードレールが圧し曲がる】


TBS Newsの伝えるところによりますと、9日未明、島根県で震度5強の揺れを観測する地震が発生、各地で土砂崩れや断水などが相次いでいる、とのことです。

記事には動画もありますが、水道管が破裂して断水を起こし、コンビニの駐車場には亀裂が入り、神社の鳥居が倒壊、土砂災害も複数箇所発生している模様です。
県はすでに自衛隊に災害派遣要請済み。

【今週はお天気も不安定だし...】


上記ニュースの映像を見てると、天気悪かったんですかね?土砂崩れが泥水っぽい感じなんですが...そして、明日水曜日は全国的にお天気よろしくないようなので、余計に心配です。

余震がまだまだ続くでしょうし...落ち着いてる状態のときに、避難経路を確保して、避難出来る人は避難しておきましょう。

【関連記事】


表層崩壊?...川が出来たように流た土砂が石北線塞ぐ 北海道

推定5000立米か!?県道越前織田線で土砂崩れ 福井

急傾斜地崩壊危険区域だった...アパートの裏山、土砂崩れ 竹田市

凍結土の上を土砂流出?...東富士演習場内で自衛隊員死亡事故の原因

道路寸断...浜松市の国道で土砂崩れ 天竜区


(株)ケイエフの簡易吹付け法枠工 イージーシェルフ工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!







posted by ケイエフ at 08:38| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月09日

あんえいネットで守りましょうよ!鳥取で落石事故 作業員死亡

這就是落石這就是落石 / x020440

※イメージ画像です。

安全対策は出来ていたのでしょうか?

【山の斜面から突き出した岩を撤去する工事】


日テレニュースの伝えるところによりますと、鳥取市の工事現場で起きた落石事故で、石の下敷きになり意識不明の重体となっていた50代の男性が亡くなった、そうです。

事故があった現場は、事鳥取市国府町雨滝の工事現場で、4日午後2時過ぎ、3メートル前後の石などが崩れる落石事故が発生、工事を行っていた鳥取市向国安の会社役員河西達志さん(54)が石の下敷きになった、と記事は続けています。

日テレのリンクは切れてますね^^;....日本海新聞の記事でどうぞ。


【安全確保をしっかりと...】


痛ましい事故ですね。哀悼の意を表します。
山間部でのお仕事は、土砂崩れや落石の危険を伴います。作業者の安全を確保することも厚労省からのお達しにも入っていますよね。

作業に当たる方はしっかり安全確保しましょう。

今朝ほど、島根県で震度5の地震があったことですし、周辺地域での土砂崩れや落石にも注意が必要です。

弊社では、岩盤を破砕する、瞬発・多段式 非火薬岩盤破砕システム NRCも取扱っております。
お気軽にお問合わせください。

【関連記事】


歩道に80センチの石...岐阜城近くの石垣から一部落石

急傾斜地崩壊危険区域だった...アパートの裏山、土砂崩れ 竹田市

【閲覧注意】なぜ彼女は挑んだのか!?...土砂崩れの第二波に挑んだ女性 ペルー

道路寸断...浜松市の国道で土砂崩れ 天竜区


(株)ケイエフの、工事現場の作業員の命を守る、あんえいネット



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!






posted by ケイエフ at 08:38| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月06日

歩道に80センチの石...岐阜城近くの石垣から一部落石

岐阜城の方から降りてくる岐阜城の方から降りてくる / rch850

※イメージ画像です。

行楽シーズンなので、ちょっと怖いですね。

【80センチの石落下】


中日新聞の伝えるところによりますと、岐阜市の金華山山頂にある岐阜城近くの石垣から先月、一部の石(長さ約八十センチ)が直下の歩道に落下していたことが分かった、とのことです。

石は2つ落下しており、ひとつは歩道に、ひとつは歩道の脇道に落ちていた、すでに防護網を設置済みと記事は続けています。
また、大雨の影響で地盤が緩んだ可能性が高いと市職員は見ているようです。

【大きな改修が必要かも...】


気候もよくなり、観光シーズン突入なだけにちょっと怖いですね。
前回の測量が2014年で、市職員が大きな改修が必要かも、とコメントしてるので、観光で行かれる方は注意が必要です。

季節が進んで雪解けや雨で地盤が緩んでるところも出てくるのではないですかね。
今日は全国的に雨模様のようですし。

行楽で山へ行かれる方、山間部でお仕事される方は落石や土砂崩れに注意しましょう。

【関連記事】


急傾斜地崩壊危険区域だった...アパートの裏山、土砂崩れ 竹田市

【閲覧注意】なぜ彼女は挑んだのか!?...土砂崩れの第二波に挑んだ女性 ペルー

道路寸断...浜松市の国道で土砂崩れ 天竜区

台湾地震の前揺れ?...落石直前でクルマを止めた車載映像が怖い...



(株)ケイエフのロックボルト部材



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!






posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 🌁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月05日

原因は「凍上現象」、道路の推定破損箇所約4800箇所 盛岡市

未舗装…未舗装… / ryumu

※イメージ画像です。

なるほど、こうやって道路って傷んでいくのね...

【雪解け、低温、膨張】


積雪でしみ込んだ水分が凍って路面が隆起する「凍上現象」と、雪解け後の交通量の増加で、盛岡市では道路の補修工事に追われている、とyomiuri onlineが伝えています。

記事によりますと、市道の破損箇所は推定で約4800か所に上る、とのこと。
記事にはこの原因も詳しく解説されていますが、引用させて頂くと、
凍上現象では、経年劣化によるアスファルトのひびから雪解けの水分が入り込み、気温の低下で凍結・膨張して路面のひびが隆起する。気温が高くなる3月に交通量が増えて路面に負荷がかかり、穴ができたという。


この現象に起因する被害としては、2012〜16年度で平均17件、17年度は、タイヤのパンクや車の損傷などの連絡が200件を超えている、と記事は続けています。

【事故にも繋がるので...】


パンクほかのクルマへの被害もさることながら、それが原因で事故にでも発展したら大変ですね。
それでなくても、高齢者ドライバーが増えているので危険です。

事故を起こさないように注意しましょう。

【関連記事】


下水管破裂?原因は調査中...門司で県道2メートル陥没

凍結土の上を土砂流出?...東富士演習場内で自衛隊員死亡事故の原因

同じ地域で5箇所 米フロリダ州で陥没相次ぐ

知らなんだ...沖縄の道路は白っぽい??舗装は地域により違う、らしい。


(株)ケイエフの土ほぐし機 エアースコップ



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:35| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月04日

ラズパイの可能性を感じる!超低周波で自然災害を検知、ホームモニター『RASPBERRY BOOM』




これはうまく応用すれば、簡単に災害モニターが出来るのでは...
ただ、誰がプログラムすんだ??って話はありますが^^;

【可聴範囲外の音を検出】


techable.jpで紹介されていた、ホームモニター『Raspberry Boom』がヨサゲです。
同アイテムはKickstarterで資金調達中です。

どういうものかと言いますと、20Hz以下の人が気づかない低周波数を検知して、自然界の色んなイベントを知ることができる、というシロモノです。

記事にどんなことが出来るかが紹介されているので引用させて頂くと、
強風や雷、高波といった気象イベント、エアコンや交通といった身近な環境状況、火山の噴火や地震といった自然災害、ロケットや核実験など人工物によるイベント、そしてそれ以外の予想外のイベント、たとえばエイリアンによるファーストコンタクトなどなどだ。

だそうです。

さらに、ではどんな風に動いてくれるかというと、
たとえば火山の周辺に住んでいる人のRASPBERRY BOOMが噴火を検出するなど、世界中のどこかでいままでにない低周波が登録されれば、あなたのRASPBERRY BOOMが同じパターンの周波数を検出したときにその正体がなにか判別できることになる。

と記事は紹介しています。

気になるお値段なんですが、さすがラズパイ製、ラズパイ(RaspberryPie)以外の一式セットでも219ドル(約2万3000円)の支援で手に入れられるようです。

【電子工作が得意な人なら...】


DIY好き、電子工作好きな人なら、裏庭の土砂崩れセンサーとかサクッと作れちゃいそうですね。
ちなみに、RaspberryPieとは、パソコンのすごいちっちゃい版みたいなものだと思って頂ければよいかと思います。(詳細はフリエンというサイトに詳しく書かれているのでどうぞ。)

また、同じtechable.jpの記事に『気温や湿度、不審な動きをモニターする小型センサー「Sense」がマルチ!』という、こちらはスマホで検知できるセンサーが紹介されているのでご参考までにどうぞ。

電子機器のパーツも安価で手に入るようになっているし、京大防災研が地域住民の一緒にIoTで土砂災害情報収集というニュース(京都新聞)もあるので、安価にこういったモニターセンサーが手に入るようになるとよいですね。

【関連記事】


全国の公衆トイレに設置希望!電池・配線レスでトイレの使用状況を把握できるストライク『SWITCHSTRIKE AIR』

リアルに使えそうなワイヤレス充電が世界最大の家電見本市「CES」に登場した、らしい。

5000円もいらないのか!?....赤外線センサー搭載のかわいいロボット『フォロ』

全部がコレならいいかもですが...IoTで管理する斜面の太陽光発電 大津市のケース


(株)ケイエフの工事安全具



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!









posted by ケイエフ at 08:38| 大阪 | Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月03日

色々興味深い...国交省とJAXAが共同で『災害時の衛星画像活用のためのガイドブック』作成




興味ある人には面白い読み物になるかも。

【ガイドブックは3種類】


JAXA(宇宙航空研究開発機構)のプレスリリースによりますと、同JAXAが、国土交通省と共同で、災害時の人工衛星画像の活用を促進するために、「災害時の人工衛星活用ガイドブック」を作成した、とのこです。

このプレスリリースは同様に国土交通省でも発表されています。

同プレスリリースに詳細がありますが、
中央防災会議が作成する、政府の防災対策に関する基本的な計画「防災基本計画」の平成29年4月の修正において、災害発生時に人工衛星による情報手段を活用する体制の整備の推進が盛り込まれました。JAXAと国土交通省は、同年5月に災害時の被害の迅速な把握に人工衛星などの画像を効果的に活用するとともに、その成果を地方公共団体と共有することを目的として「人工衛星等を用いた災害に関する情報提供協力に係る協定」を締結しました。

とのことです。

なお、ガイドブックは、

災害時の人工衛星活用ガイドブック 水害版・衛星基礎編(PDFファイル)

災害時の人工衛星活用ガイドブック 水害版・浸水編(PDFファイル)

災害時の人工衛星活用ガイドブック 土砂災害版(PDFファイル)

からなっています。
衛星基礎編部分はどれも同じ?に見えるのですが...^^;

【ちょっと興味津々^^;】


一般ピーポーは直接関係ない、というか、興味がなければあまり意味はないですが、例えば土砂災害編だと、衛星がどんな風に土砂崩れ場所を解析するか、とか、被災地を捉えるのに衛星の角度がどうとか、結構マニアックなことが書いてあって、個人的には楽しめそうです^^;

国土交通省のプレスリリースページよりPDFファイルでダウンロード出来ますので、興味のある方はどうぞ。

【関連記事】


対象は小さいお友達!...遊んで学ぶ防災カード『このつぎなにがおきるかな?』 国交省リリース

報酬付き...交通やインフラに関する意見、ネットモニター募集 国交省

ツイッター利用による災害救助要請のひとつのアイデア

豪雨・融雪による土砂災害発生件数が過去 10 年で最大を記録 国交省、H29の土砂災害発生件数速報値を発表(2017)


(株)ケイエフの作業員の命を守る!のり面工事の安全ネット あんえいネット



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!







posted by ケイエフ at 08:50| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月02日

表層崩壊?...川が出来たように流た土砂が石北線塞ぐ 北海道



※画像はTBSニュースの動画よりキャプチャさせて頂きました。

雪解けで土砂崩れ起きるとこうなるのかな??

【けが人はなし。】


TBSニュースの伝えるところによりますと、29日夕方、北海道上川町のJR石北線で、特急列車の運転士が線路に土砂が流れ込んでいるのを見つけ、緊急停止、JR石北線は一部区間で不通となったとのことです。

記事に動画がありますが、なんか、初めて見る光景...雪がかぶってるから余計そう見えるのかな?


北海道ニュースUHBがyoutubeに動画をアップしてました。どうぞ。



【一気に暖かくなったしね...】


春を通り過ぎて夏ぐらいの勢いの気温になった日もありますしね...一気に雪解けが進みますよね。
今週も週末までは暖か気温で、その後、雨が降る模様ですし...

雪解けによる土砂崩れに注意しましょう。
上記ニュースは電車が巻き込まれなくてよかったですね。

【関連記事】


推定5000立米か!?県道越前織田線で土砂崩れ 福井

急傾斜地崩壊危険区域だった...アパートの裏山、土砂崩れ 竹田市

凍結土の上を土砂流出?...東富士演習場内で自衛隊員死亡事故の原因

【閲覧注意】なぜ彼女は挑んだのか!?...土砂崩れの第二波に挑んだ女性 ペルー


(株)ケイエフの簡易吹付け法枠工 イージーシェルフ工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!







posted by ケイエフ at 08:46| 大阪 | Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月30日

( ̄ロ ̄|||)なんと!?ペットボトル飲料水の中に、マイクロプラスチックが入ってるかも、というお話

まぶしいまぶしい / neco

※イメージ画像です。

うーむ、あまり神経質になりすぎるのもどうかと思いますが、知ってしまうと気持ちのいいものではありませんね。^^;

【90%は体外へ排出される、ものの...】


yahooニュースに衝撃のニュースが流ていました。元ネタはGizmodoのようですが。

記事によりますと、非営利ジャーナリズム団体であるOrb Mediaが新しく発表した研究結果によると、9つの国からサンプルされた259個のペットボトル飲料水をテストしたところ、242個のペットボトル飲料水から微小なプラスチック粒子、マイクロプラスチックの粒が発見された、とのことです。

なお、今回の研究者がプラスチック検知に使った方法はプラスチックにくっつく染料を使ったもので、飲料水ブランドのうち二社はこの方法はプラスチック検知として信頼できない方法であると主張している、ようです。

詳細は記事を読んで頂ければよいかと思いますが、魚を食べる捕食者の場合、魚の中にプラスチック粒子が含まれていてもプラスチックは排泄物の中に混じって出てくることがわかっており、マイクロプラスチックは人体にどのような影響与えるのか、実際のところまだわかっていない、と記事は続けています。

あと、どうやってペットボトル水の中にマイクロプラスチックが混入したか?について、
「おそらく大気を通してでしょう」とStory of Stuffと呼ばれる組織の研究員であるAbigail Barrowsさんは英ガーディアンに語っています。

と記事はコメントを掲載しています。

【大気中からマイクロプラスチック混入??】


知ってしまうとあまり気持ちのいい話ではないのと、体内に異物が混入するということは人によってはアレルギー反応を起こす人もいるでしょうし、下手したらアナフィラキシーショックを起こすこともあるかも、です。

ただ、記事にもあるようにこの検査方法の信憑性や人体への影響がはっきりしていない、そして、これが原因でなんらかの病気を発症したというニュースも聞かないので、いまのところはどうすることも出来ないですね。^^;

大気中からマイクロプラスチックが混入するのであればペットボトル飲料水に限ったことでもないでしょうし。

我々が出来ることは、自然界にペットボトルやプラスチック製品を捨てたりしないことですね。

【関連記事】


これは是非採用すべき!...10うんちで2時間点灯、わんこのうんちを燃料に街灯発電

これは酷い...偶然釣り上げたカワカマスが人害に遭っていた件(2017)

役所で使えればなおよしなのに...WWF、絶滅危惧種モチーフの認印で寄付キャンペーン(2017)

覚えておいて損はない、太陽光とペットボトルで汚水→清水を作る技(2017)


(株)ケイエフの植生基材注入工 グリングリーンマット工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!







posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 🌁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月29日

下水管破裂?原因は調査中...門司で県道2メートル陥没

道路標識工事中道路標識工事中 / shibainu

※イメージ画像です。

九州方面って、ここ数年やたら道路陥没してるイメージなんですが...

【下水道破裂?】


西日本新聞の伝えるところによりますと、27日午後2時ごろ、門司区清見1丁目の県道で、通行中のトラック運転手から「道路が陥没している」と110番があった、とのこと。

北九州市によると、アスファルトの舗装部分(縦4メートル、横2メートル)が約2メートル陥没していた、と記事は伝えています。

けが人等は出ていないようですが、現場の道路下には下水管が埋設されており管が破裂したかもしれない、と水道局がコメントしているようです。

【九州って道路陥没多いイメージなんですが...^^;】


福岡で大規模陥没があってからのイメージなのか、なんか九州って道路陥没多いイメージです。^^;
季節柄雪解け等で地盤沈下とかもありそうなので、他人事ではないですね。

こればかりは気をつけようがないので、事故に遭わないことを祈るばかりです。

【関連記事】


同じ地域で5箇所 米フロリダ州で陥没相次ぐ

年末近くに多発?...今度は新潟で道路陥没、車脱輪で乗車親子けが(2017)

一年前の陥没地域かと思った...市道に4メートルの亀裂 福岡(2017)



(株)ケイエフの強力空気搬送機 ジェクター



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!






posted by ケイエフ at 08:41| 大阪 🌁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月28日

弾丸を止める安くて丈夫な木材『スーパーウッド』が開発される 米

Photo credit: controlarms on Visual Hunt / CC BY

※イメージ画像です。

防災関係でも活躍できそうですね。重さはどうなんだろ?

【しかも極めて安価。】


fabcross for エンジニアの伝えるところによりますと、米メリーランド大学の研究チームは、木材の強度と硬度を10倍以上高め、スチールやチタン合金にも匹敵する強靱な天然素材を作り出す方法を開発した、とのことです。

詳細は記事を読んで頂ければよいと思いますが、研究チームを率いるLiangbing Hu准教授によれば同研究手法で処理された木材は、天然のものに比べ12倍の強度と10倍の硬度があるらしく、弾丸のような飛翔体を新素材に打ち込む試験をしたところ、飛翔体は天然の木材は貫通したが、処理された木材では途中で止まった、と記事が続けています。

【衝撃には強そうですが...】


安価で強靭な素材となれば、あちこち使えそうですし、木であるから自然に還るという点でもよいのでしょうが、耐火性能はどうなんですかね?普通に考えれば、なんだかんだ言って”木”ですし...

難燃性があれば最強の素材になりそうです。
今後の実用化に期待ですね。

【関連記事】



どんだけカタツムリいるねん...原子兄さん、自力で石灰モルタルを作る

全身コンセントにできる繊維『ウェアラブル セルフォーム』帝人が開発

人材難のこれからは”自己修復系”が必須...というお話

M9.0でも大丈夫!?塗って耐震を強化するコンクリート、カナダで実用化へ(2017)



(株)ケイエフのモルタル吹付補強繊維



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!







posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 | Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月27日

推定5000立米か!?県道越前織田線で土砂崩れ 福井

LandslideLandslide / jitze

※イメージ画像です。

記事の画像見ると、結構大規模ですね。

【けが人はなし。】


中日新聞の伝えるところによりますと、25日午前5時45分ごろ、越前町道口で山の斜面が崩落し、県道越前織田線をふさいでいると通行人から110番があった、とのことです。復旧の見通しは立っていない、とのこと。

記事の詳細によりますと、
現場は越前トンネルの南側出入り口から約400メートルの地点。斜面は高さ約70メートルあり、中間部付近から頂上部までの約40メートル、幅約40メートルが崩れ落ちた。土砂の量は5000立方メートルほどとみている。

と続けています。

【やっぱ雪解けですかね?】


5000立米というのは結構な土砂災害ですよね...人的被害が無くて何よりですが、かなり暖かくなってきた日本、やっぱり雪解けの影響でしょうか?

今週は場所によって夏日になる日もあるので、雪解けが一気に進むこととなるでしょうから、土砂災害には十分注意が必要ですね。

山間部にお住まいの方、山間部でお仕事される方は地域の防災情報を十分チェックするようにしましょう。

【関連記事】


凍結土の上を土砂流出?...東富士演習場内で自衛隊員死亡事故の原因

【閲覧注意】なぜ彼女は挑んだのか!?...土砂崩れの第二波に挑んだ女性 ペルー

道路寸断...浜松市の国道で土砂崩れ 天竜区


(株)ケイエフのリモコン式無人掘削工法 セーフティークライマー工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!






posted by ケイエフ at 08:42| 大阪 | Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月26日

第13次労働災害防止計画(2018年度〜2022年度)発表 厚労省



※厚生労働省『第13次労働災害防止計画(2018年度〜2022年度)』よりキャプチャさせて頂きました。

先日お伝えした答申の正式発表版ですかね。

【労働災害を減少のための国の重点的取組事項】


厚生労働省のプレスリリースに『第13次労働災害防止計画(2018年度〜2022年度)』というのが上がっています。

労働災害防止計画とは、同省の説明から引用させて頂くと、

「労働災害防止計画」とは、労働災害を減少させるために国が重点的に取り組む事項を定めた中期計画です。


だそうで、今回のスローガンは、
第13次労働災害防止計画が目指す社会
「一人の被災者も出さないという基本理念の下、働く方々の一人一人がより良い将来の展望を持ち得るような社会」


となっています。
詳細は同省のプレスリリースサイトよりどうぞ。

■第13次労働災害防止計画について

■第13次労働災害防止計画(2018年度〜2022年度)
 ※PDFファリルで計画内容をダウンロードできます。

また、日経コンストラクション2018.3.26号にも高所作業におけるフルハーネス使用に関して記事を掲載しており、高所作業の安全帯は2022年から従来型の使用を禁止すると伝えています。

詳細は同雑誌をご覧頂ければよいかと思いますが、2018年4月から改正令などを公布し、2019年4月から施行する、とも伝えています。

【転落死亡も増えているらしいので...】


一番最近だと新名神の工事現場で足場が崩れて作業員が転落する、という事故もありましたね。

先日当ブログでお伝えしたとおり、メーカーさんも、現行のモデルの製造が近い内に中止になり、ハーネス型の安全具へと移行するというお話しもありました。
(2018年1月現在の情報ですが、現状のスケジュール感をまとめた資料をイプロスというサイトで公開しております。よろしければ併せてご覧頂ければ幸いです。)

弊社では現場作業での安全具を取扱っておりますので、お気軽にご相談頂ければ幸いです。

【関連記事】


ハーネスの準備は大丈夫ですか?第13次労働災害防止計画 答申 厚労省

フルハーネス着用必須...あべのハルカス、日本一のビル屋上に屋外デッキ設置

心肺停止で発見...山の掘削中に足場崩れ 作業員の男性生き埋め


(株)ケイエフの現場作業の安全具



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:37| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月23日

急傾斜地崩壊危険区域だった...アパートの裏山、土砂崩れ 竹田市

Photo credit: Lainmoon on Visual Hunt / CC BY-NC-SA

※イメージ画像です。

今週はお天気悪かったですからね...

【直径2メートルの落石も】


大分合同新聞の伝えるところによりますと、21日午前9時20分ごろ、竹田市竹田の木造2階アパートの家主から「裏山が崩れている」と県竹田土木事務所に通報があったそうで、現地では高さ約10メートル、幅約15メートルにわたってモルタルを吹き付けた崖が崩落していた、とのことです。

また静岡でも土砂崩れがあったようです。
テレ朝ニュースの伝えるところによりますと、22日、静岡市葵区奈良間の市道で落石防護ネットごと崩れているのを帰宅途中の人が発見、通用した模様です。
4世帯13人が孤立状態だが、ライフライン等に問題はない、とのことです。

【来週は気温が一気に上がることですし。】


春分の日は関東以北で大雪になるなど、この時期にしてはよく解らない寒波に見舞われた日本列島ですが、来週は一気に気温も上がるので、雪解けによる土砂崩れ等十分注意が必要です。

上記の災害では、人的被害は出てないようですが、一歩間違えばアパートごと巻き込まれてるところです。
ご自宅の裏が傾斜面になってる方は普段からチェックしておきましょう。

【関連記事】


凍結土の上を土砂流出?...東富士演習場内で自衛隊員死亡事故の原因

【閲覧注意】なぜ彼女は挑んだのか!?...土砂崩れの第二波に挑んだ女性 ペルー

道路寸断...浜松市の国道で土砂崩れ 天竜区

そっちもあるか!?...融雪水使用増加で地下水渇水、地盤沈下の恐れも 富山

住宅裏ののり面崩落、2世帯7人が公民館へ避難 17日 氷見市


(株)ケイエフのコスト縮減型吹付法枠 アールティーフレーム工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!







posted by ケイエフ at 08:50| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月22日

これはあかんやつや!ニュージーランドで発生した『粒状流』が怖い。




こんなスピードで来られたら、手のつけようがないですよね(T_T)

【一般的な現象のひとつ、だと...】


@kininaruutyu氏がツイートにアップしていた『粒状流』という動画が怖いです。

まずは動画をどうぞ。



氏のツイートによると、ニュージーランドで非常事態宣言が出されるほどのサイクロンに見舞われた際の映像ということで、2月20日の災害のようです。

これについては、カラパイアが記事にしているようで、記事に”粒上流”の説明もあるので、引用させて頂くと、
「これは壮大な粒状流の一つです。奇妙な光景に見えますが非常に一般的な現象であり、文献でもよく記載されているもので、小石が粒子のようになり流体のようにふるまう現象なんですよ」

どうやらこれは堆積物が重力で流れる現象の一つで、岩石が砕けるなどしてある一定のサイズにそろった石が大量にある状態で起きるものらしい。なお、山から流れ出た無数の石たちは扇状に堆積していくという。

だそうです。

【落ちたら一巻の終わり】


落ちたら即死ですね(T_T)...というか、近くいいるだけで危ないですよね。
ときどきでっかい石も飛び跳ねてるみたいだし...

こんな現象に遭遇しないことを祈るしかないですね。

【関連記事】


豪雨・融雪による土砂災害発生件数が過去 10 年で最大を記録 国交省、H29の土砂災害発生件数速報値を発表
(2017)


22日に土石流6回...飯山市の土砂崩落現場(2017)

まるで石の川やん!...登山中に土石流が来てとっさに逃げる登山者の映像(2016)※動画はリンク切れです。


(株)ケイエフのリモコン式無人掘削工法 セーフティークライマー工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!





posted by ケイエフ at 08:44| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする