2017年07月06日

【セミナーレポート】中小企業の『IoT活用』セミナーに行ってきました。




去る2017年7月5日(水)に、堺市産業振興センターで開催されました、『堺市IoTセミナー 中小企業だからチャンスあり!! 』というセミナーに参加してきました。

内容的には、
本セミナーでは、大手企業ではなく、特に中小企業における導入事例を紹介しながら、IoT/IT導入を実行に移すためのヒントを皆様にご提供します。

ということです。

【基本、製造業向けだったが...】


会場に入って、ちょっとあら?と思ったのは、”製造業のための...”という表題がついていたこと。^^;

製造業のヒト向けなのね...と思いながら、ま、いっかと思って聞いてみたら、中身はどの業種でも役立ちそうな内容だったので、よかったです。

お客さんの層的には、30代後半から60代ぐらいまでの方ですかね、40,50代の方が多いかなと思いました。
次期経営陣的なポジションの方ですかね。

本セミナーは2部構成で、

第一部 中小企業のIoT導入のススメ、進め方、その事例
第二部 IoTを活用している中小企業の実例紹介

という形になっていました。

【第一部 身の丈にあったIoT】





最初は国の方針であったりの概略が説明されてました。
IT,クラウド活用における国の方向性としては、

・中小企業にお金が回るようにしたい

・スマホなどの生活の中で使ってるITガジェットやクラウドサービスなどを仕事に活かすこと

などが、国が進める方向性のようです。

内容的には、頂いたレジュメにきれいにまとめられていたので、そのまま引用させて戴くと、
・5Sはカイゼンの大前提

・カイゼンの積み重ねを改革へ

・顧客ファースト

・IoT=ものづくり+情報づくり

・データを現場に、そして顧客へ

・明日からできるIoTの実施


ということです。

大企業と違って、資金もマンパワーも限られてる中小企業にあっては、まずは身の回りの、まだ改善できるポイントの発掘、改善できるポイントのIT化・データ化・集まったデータを顧客・社内へフィードバック、という流れでやってはどうか、というのが本セミナーの趣旨だったように思います。

IoT(モノのインターネット)と言えば、新しくできたスタイルと思われガチですが、実は昔から日本にあるスタイルで、その代表的なものが『富山の薬売り』だと例えられてました。

【お金がないなら、DIY】


製造業向けというだけあって、事例としては製造業の方の事例が多かったですが、

・既存のITガジェットとITサービスの組み合わせをシステム化すれば、中小企業でもスマートシステムを生み出せる

・ただのものづくりからサービスを付加するスタイルがこれから重要になる

という趣旨のこともおっしゃっていたように思います。

面白い事例としては、ある機械の稼働状況をチェックするのに、古くなったスマホを取り付けて、スマホの加速度センサーと通信機能を使ってデータを集める、という仕組みを作った会社があるんだとか。

【第二部 中小企業のIoT実践例】





二部では、実際に中小企業でどのような取り組みがなされているか、の実例を紹介頂きました。

なぜ、今、中小企業にIoT導入を勧めるか、というと、電子パーツが昔に比べて非常に安くなっているんだそうです。

なので、今まで技術者が持っていた色んなノウハウをデジタル化しやすい、データ化しやすいんだそうです。

セミナーでは、実際に講師の方が2週間ぐらい前に日本橋(大阪の電気専門店街...最近は大阪のアニメの聖地になりつつあるけど...^^;)で調べた、というリストを公開して頂いてましたが、確かに安いです。

ざっくりですが、

電子基板・・・Maxでも1万円弱
各種センサー・・・Maxでも4,000円弱

ぐらいでした。
確かにこの程度なら、試作できますね。...プログラム書くヒトがいるけど...

こちらの講師の方も、まずはサービス化できる社内、自社業務のスマート化ポイントを探して、やってみる、ことからはじめてはどうか、とおっしゃってました。

【個人的まとめ】


”IoT”と聞くと、ネット経由で冷蔵庫の中身をチェックできたり、外出先からエアコン入れたりという、なんだか、大掛かりなイメージがあるんですが、こうしてみると、割と低コストで試作することが可能なんだな、と思いました。

あと、電子パーツって意外と安いんだな、というのも知れてよかったです。
言われてみれば、ちょっと前から話題になってた”Raspberry Pi”という、手のひらサイズのPCの素(電子基板)って、1万円弱で買えるって言ってたのを思い出しました。

自作PCとかいじれるヒトなら、何かしら作れそうですね。^^;
そして、きっとどこの会社にもひとりぐらいは、パソコンヲタクっているでしょうから、なんかやってくれそうです。

無論、がんばって何か作ったあかつきには、彼にはちゃんとご褒美あげてくださいね。( ̄ー ̄)ニヤリ

今回のセミナーは、両講師とも、非常にわかりやすく、うまく実事例を交えて話してくれたので、かなり敷居が下がったように思います。

特に第一部で講師を務めてくださった、一般社団法人クラウドサービス推進機構の代表理事 松島氏は、元日本IBMの営業マンだったというだけあって、話もうまく、ご自身の活用しているクラウドサービスの実データを用いて説明頂いたので、とても解りやすかったです。

講演頂いた、講師の皆様、お疲れ様でした、そして有難うございました。m(__)m

【ちなみに大阪府では...】


本年度から、中小企業へのIoT導入を円滑に進めるため、「大阪府IoT推進ラボ事業」に取り組んでいるらしく、無料で「IoT診断」「IoTマッチング」をしてくれるようです。
詳細は、大阪府のプレスリリースでどうぞ。

【関連記事】


防犯防災総合展2017に行ってきました。 その1

防犯防災総合展2017に行ってきました。 その2

【イベントレポート】第4回 震災対策技術展大阪に行ってきました その2

【イベントレポート】第4回 震災対策技術展 大阪に行ってきました。その1

【イベント】防犯防災総合展2017 事前登録開始

【イベントレポート】KENTEN2016に行ってきました。



環境・防災・リサイクルの(株)ケイエフです。



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



ケイエフは、ロープ高所作業ブログやってます!特別教育の出張講習のレポート記事多数!









posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | セミナーレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月12日

【イベントレポート】関西エクステリアフェア2017に行ってきました。




2017年6月8日〜9日まで 大阪南港にあるインテックス大阪で開催されていた、『防犯防災総合展』、建築材料・住宅設備総合展『KENTEN2017』、と続き残るひとつ、関西エクステリアフェア2017も併せてに行ってきました。

【3つの展示会の中で一番派手...ですが...】





入場口はパラパラと言う感じですが、ちょうどお昼時だったのでね。




入るなり、どどーんと日本庭園。
さすがエクステリアフェア。




CADソフトの会社が入り口近くにありました。
関西エクステリアフェアは、一方通行で進むようにできてるのが、防犯防災総合展KENTENとは違うところです。




お庭まわり系のアイテムが多数出品されてるわけですが、こちらは人工芝。
最近の人工芝はよく出来てますねぇ。^^;




庭石。
実際にお庭に置いたイメージが作られてるので、判りやすい。
関西エクステリアフェアは、展示会場にこんなリアルな造形が沢山あるので、見ごたえがあります^^;。




四国化成さんのブースが、今回はとても印象的でした。
なんせ、見せ方がうまい!
こちらは、塗り壁実演系。




客層もリアル。
もろ、塗装職人なおっちゃんがあれこれ聞いてました。
去年、こんなヒト見なかったと思うんだけど...^^;




これも四国化成さんのブースなんですが、壁面塗装をミュージアム化。
名付けて、『塗り壁ミュージアム』(((*≧艸≦)ププッ
額縁に塗り壁を入れて...すごい無機質(((*≧艸≦)ププッ




来場者が実際に壁塗りを体験できるコーナーも。
なんか、日曜なんちゃら教室状態でした^^;。
しかし、うまいわ。




リッチピーポーな匂いしかしないお庭アイテム。(ヽ´ω`)フゥ-3




今年大ブレイクした宅配ポスト。
各社いろいろ出してました。すでに門扉標準設置タイプも...^^;




関西エクステリアフェアは、とにかくブースがダイナミック。
三協アルミさんのブース横(というか、もうブースではなくエリアという感じですけどね^^;)




なんか、すごいのあるぞ!?と思っていってみたら、ドーム状スクリーンが!!
どこのリッチピーポーがこんなことするんだろう??と思っていたら...




このドーム状スクリーンは売り物ではなさそうでした^^;。
ちょうど筆者と同じ疑問を持たれた方がスタッフさんに聞いてました。
どうやら、売り物はこのドーム状スクリーンの下のテラスのようです(*´ω`*)




関西エクステリアフェアでは、会場内にフリードリンクコーナーがあるので、助かります。
3箇所あったんですが、前からそんなにありましたっけ??




( ̄ロ ̄|||)なんと!?...家一軒まるっと作っちゃうダイナミックさ。
というか、外構周り色々扱ってると、そうなりますよね。^^;




このブロックはなかなかおもしろかったです。
持った感じ、普通に重かったですけどね。
しかし、帰り際、スタッフさんとお客さんが話してる会話の中で、
『...そうなんです、まだ売れないんですよ、法令とか色々ありましてね...^^;』
と聞こえたんですが...このブロックのことですか?^^;




エクステリアフェアでも、スマホで工程管理ですかね?
LINEと連携できる的な感じですけど。




防草マサ土。
業種的にエクステリア関係の来場者は、女性が多かったりしますが、お庭関係だと結構年配の男性が多かったりしますね。こちらのブースでもおじいちゃんというレベルの年齢の方が熱心に質問してました。




個人的に一番気になったのが(株)バスクさん。

遊歩道なんかの砂利を固める接着剤の販売をされてるそうですが、抜群の透水性らしいです。
実施にアスファルトなんかとの比較実験映像を流してましたが、水を流しっぱなしでも全く水がたまることがなかったです。




接着剤の中に、防弾チョッキの中に入ってるのと同じ繊維が入ってるそうで、接着強度もかなり強く、この接着剤を作って13年になるが一度もクレームを受けたことがない、とか...すごい。




これは石を実際にその接着剤で止めたものですが、結構なチカラで叩いても大丈夫らしいです。
一度叩いてみてください、というので、叩いたら...手が痛かった(((*≧艸≦)ププッ
そりゃそうです、石ですから。思いっきりは無理かも^^;。
どのくらいの強度があるのか、気になるところです。

帰り際に社長さんが名刺交換してくださいました。
その時は気づかなかったのですが、帰って名刺みたら弊社と割りと近いところでした^^;

【まとめ】


3つの展示会の最後に行った展示会でしたが、やはり、こちらの展示会も前年に比べて派手さがかなり無くなってました。

防犯防災総合展、KENTEN、関西エクステリアフェア、と3つの展示会の中でこの関西エクステリアフェアが毎年一番派手で、ちょっとしたお祭り状態の展示会だったのですが、今年はショータイムもなく、かなりシックな感じがしました。

ただ、行ったのが初日のお昼とかなので、金曜日とかに行けばまた違った風景が見れたのかもしれませんが。
やっぱり景気があんまりよろしくないのでしょうか?

各ブースで丁寧に対応して頂いた皆様、お疲れ様でした、そして有難うございましたm(_ _)m

【関連記事】

防犯防災総合展2017に行ってきました。 その1

防犯防災総合展2017に行ってきました。 その2

【イベントレポート】第4回 震災対策技術展大阪に行ってきました その2

【イベントレポート】第4回 震災対策技術展 大阪に行ってきました。その1

【イベント】防犯防災総合展2017 事前登録開始

【イベントレポート】KENTEN2016に行ってきました。



(株)ケイエフの特殊配合モルタル 特モル



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



ケイエフは、ロープ高所作業ブログやってます!特別教育の出張講習のレポート記事多数!







posted by ケイエフ at 13:09| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナーレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【イベントレポート】KENTEN2017に行ってきました。




2017年6月8日〜9日まで 大阪南港にあるインテックス大阪で開催されておりました、『防犯防災総合展』と同時開催されていた、建築材料・住宅設備総合展『KENTEN2017』に行ってきました。




防犯防災総合展とKENTENでは、展示会場内にフリードリンクコーナーがないですが、今年はKENTENの入り口付近に、♪ネスカフェアンバサダァ〜、が来てました。

無料でおいしいコーヒーをいただけました。ご馳走さま(^q^)




防犯防災総合展同様、こちらも大盛況です。
ただ、防犯防災総合展とKENTENは今年(昨年もそうだったんですかね?)相互入場が可能、つまり、どっちかに事前登録あるいは当日受付を済ませていれば、両方行き来できるシステムだったようなので、相乗効果というヤツでしょうか。




そして、いきなり壁塗り実演がなされてました^^;。




弊社もお世話になっている、イプロスさん。

いつも入り口近くのよい位置にブースがありますね。
こちらで配布されてる袋(いや、資料がメインなんですけど^^;)が大きくて展示会を回って歩くにはとてもよいので、袋を早速頂きに参りました。^^;

ちなみに弊社のイプロス特設サイトはこちら。




震災対策技術展でもありましたが、こちらの展示会でもVRを活用したプレゼンをやってました。
内装や家自体をバーチャルで体験できるのは、仕上がり等をイメージしやすくなりますからね。




ぱっと見、テレビのクイズショーのセットか!?と思うブースが...ちょうど真横を通ったとき、これからプレゼン始めます的なアナウンスが流れてましたが、スルーしてしまいました^^;
何屋さんか判りませんが、とりあえず、目立ってました^^;




こちらはジオラマを製作してくれる企業さん。
このサイズのジオラマで15万円ぐらいと、ちょうど、隣のおじさんの質問に回答しているスタッフさんの話が聞こえました。

意外と安い??




茅葺屋根を販売する企業さんでしょうか?




難燃性のシートでしたか、ネーミングが...『難でや然』^^;
やらかしてる感が...




こちらは、衝撃吸収型ガードレール的なヤツです。
デモ映像が流れてましたがクッションが巻いてあるガードレールのイメージです。




専門学校のブース。
先のジオラマ製作会社のよりは、はるかに大雑把な作りですが、遠目に見たら意外と街っぽく見えるもんだなぁと思いました。




個人的に、今回のKENTENの目玉その1。
大和ハウス工業さんの床下点検ロボット。

スタッフさんが開発元話をしてくださいました。
床下の点検に社員を潜らせて作業させるのは、いかがなものか?というところからスタートし、市販品を探したそうです。

しかし、売ってなかったので造るしかないな、となって開発。
確か、高さ15センチぐらいの障害物は乗り越えてくれると言っていたような...

コントローラーはゲーム機みたいでした^^;
実演もしてくれましたが、テレビで入れないところをぐんぐん進んでいくロボットみたいでちょっとかっこよかったです。

ちなみに、お値段( ̄ロ ̄|||)なんと!? 250万円...(ヽ´ω`)フゥ-3
丁寧に説明して頂き、有難うございました。m(_ _)m




同じ団体だと思ってまとめたんですが、よく見ると『日本建築材料協会』さんと『日本建築協会』さんでした。
大変失礼致しました。m(_ _)m




防犯防災総合展では、高知県が県内企業さんを後押しするブースを出してましたが、こちらでは島根県さんが同様に県内企業さんをバックアップするブースを出されてました。

木材の外壁板みたいなのが多かったのですが、ヒノキ等から取れるアロマオイルが展示されてたのは印象的です。




犬矢来が展示されてました。
犬矢来って普通に今でも住宅設備のひとつなんですね。

弊社には、この犬矢来を参考にした『シカ夜来』があります。
のり面専用シカ・イノシシ侵入防止柵ですけど...^^;




そして、個人的に今回の目玉その2は、こちら、アンドパッドというシステム。

どういうものかと言いますと、物件ごとで進捗管理、画像管理、チャットなど一元管理できるクラウドサービスです。

対応可能ファイルは、画像とPDFのようですが保存できる容量は無制限だそうです。
1ユニット30idで18,000円(税抜き)/月〜利用可能だとか。

うまく使えば、スマホでどこからでも進捗管理等できますね。
大手建設業者さんでは、導入されてるそうです。

聞かなかったですが、データのエクスポートとか出来るんですかね...恐らくこの手のサービスは使ってる間は、そこのシステムにデータを保管してもらえますが、契約が終了したらデータがなくなってしまいますからね。




アートっぽい壁面緑化?があったのでパチリっ!

【まとめ】


防犯防災総合展もそうだったのですが、こちらもなんだか、こじんまりした感じがしました。

昨年結構ドハデなイベントを展開していた出展者さんが今年も出展されてましたが、昨年のようなイベントはされてなかったり、ブースの大きさが縮小されてたり、と経費があまり使えなかったので感が否めない感じがありましたね。

やはり不景気なんじゃ...^^;

サービスにせよ、展示会の見せ方にせよ、IT技術の導入はどんどん進んでるようなので、来年あたりAIで対応するブースも出てきたりなんかして...^^;

そこまではいかないでしょうが、すでにでっかいタブレットを立てて、そこからカタログが見れるようにしてるところもありました。

展示会のプレゼン方法もどんどん進化していきますね。
各ブースで丁寧に対応して頂いた皆様、お疲れ様でした、そして有難うございましたm(_ _)m

【関連記事】

防犯防災総合展2017に行ってきました。 その1

防犯防災総合展2017に行ってきました。 その2

【イベントレポート】第4回 震災対策技術展大阪に行ってきました その2

【イベントレポート】第4回 震災対策技術展 大阪に行ってきました。その1

【イベント】防犯防災総合展2017 事前登録開始

【イベントレポート】KENTEN2016に行ってきました。



(株)ケイエフの自然土舗装材 スタボン



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



ケイエフは、ロープ高所作業ブログやってます!特別教育の出張講習のレポート記事多数!







posted by ケイエフ at 08:50| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナーレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月09日

【イベントレポート】防犯防災総合展2017に行ってきました。 その2




2017年6月8日〜9日までインテックス大阪で開催されております、『防犯防災総合展 in Kansai 2017』に行ってきました。
パート1はこちら。

【やっぱりネットワーク関連が目立つ】





イベントレポートパート1繋がりで、車両系では、トラックにキャタピラがついた車両も。
昨年も紹介しましたっけ??^^;




先日の震災対策技術展でもそうだったのですが、通信系企業が今回、防災関係で多く出展してましたね。

ドコモさんがあったので、へぇ〜ドコモもあるのか、と突っ立ってたら、説明しにきてくれました。

ドコモさんでは、現場の雨量をネットを介して見ることができるシステムを提案されているようで、建設現場等では雨量によって工事を進めるかどうかの基準が決まっているそうです。

使っているのは、アメダスと同じ測定器(って言ってたと思う^^;)だそうで、ドコモさんのサーバに構築したシステム上で今日は現場中止とか、周辺地域の浸水状況とか確認できたりするシステムだそうです。

もちろん、アナウンスも出来るようになっています。
どんどんIT化が進んでますね。
丁寧なご説明、有難うございましたm(__)m。




システム系で言えば、富士通さんも出展されてました。
通信インフラさえ、破綻していなければ災害時にはこういったネットワークサービスが大いに活躍できるでしょうから。




本イベントでも、非常用電源関係で出展されてる企業さんが数社ありました。
意外とデカいですね。何日ぐらい持つんだろうか??




こちらはバイクの非常用電源でしょうか?




こちらは東京ビックサイトのブース。
秋に開催される危機管理産業展2017ほか、の告知にブースを出されてました。
そう言えば、昨年も来られてたような...ご苦労さまです。^^;




大阪市建設局さんは、雨水タンクを設置されてました。
雨水ってほんと有効活用したいですよね。集合住宅とか、雨水でトイレ流すシステムを常備化してほしい。




ん??なんか背負ってる...と思ったら、担架のようです。
背負って歩けるぐらい軽い担架ってことでしょうか。




除雪用スコップを販売する企業さん。
異常気象のせいで、降る地域では深刻な問題となってますしね。




土のうや緊急用ヘルメットなどの小物アイテムも。
あと、写真には撮りませんでしたが、やはり、非常食、緊急用トイレを展示するブースは多かったです。
非常食は積極的に試食を配るところが多くなってきました。いや、今回は頂きませんでしたよ( ̄ー ̄)ニヤリ。




Σ( ̄▽ ̄;|||<なんとっ!お茶漬の素でおなじみの永谷園さんも非常食を出してられるのですね。知らなかった...




こちらは、パイプ椅子6脚あれば、簡易ベッドが作れるよキット。
最初見た時は、まだ準備出来てなかったのでテーブルかな?と思ったのですが、帰り際に見たらセッティングされていて、テレビ局が撮影してました。

【まとめ】


昨年に比べて、ちょっと小じんまりまとまった、感じがしました。
おそらく、昨年を上回る、というか目を引く巨大系展示物が減ったからではないかと。^^;

内容的にはそう大きくは変わってないと思いますが、都市災害対策系はちょっと減ったような気がします。

あと、やはり通信系は増えてるように思いますね。国土交通省がIoT系を推進してるせいもあってか、ネットワークやデータ端末を使っての防災対策が増えてるような気がします。

先日の震災対策技術展もそうでしたが、集客はかなり好調なようで朝から長蛇の列が出来るほどの入数。
しかも、どこのブースにも大体数人が説明を聞いている状態なので、出展者にしてみればコスパがよいのではないでしょうか。

防災意識が高まっているのか、企業が事業の1カテゴリーとして防災に注目してるのか、そのあたりが気になるところですが。

同じインテックス大阪で同日程で、建築資材の展示会『KENTEN』と外構関係の展示会『関西エクステリアフェア』も開催されてるので、お時間に都合のつく方は行かれてみてはどうでしょ?本日17:00までやってます。

最後になりましたが、各ブースとも、積極的に商品の説明をしにきてくださいました。
ご対応頂いた皆様、お疲れ様でした、そして、有難うございました。m(__)m

【関連記事】

防犯防災総合展2017に行ってきました。 その1

【イベントレポート】第4回 震災対策技術展大阪に行ってきました その2

【イベントレポート】第4回 震災対策技術展 大阪に行ってきました。その1

【イベント】防犯防災総合展2017 事前登録開始

防犯防災総合展 in kansai2016に行ってきました その1

防犯防災総合展 in kansai2016に行ってきました その2



(株)ケイエフの安全具



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



ケイエフは、ロープ高所作業ブログやってます!特別教育の出張講習のレポート記事多数!







posted by ケイエフ at 13:00| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナーレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【イベントレポート】防犯防災総合展 in kansai 2017に行ってきました。 その1




2017年6月8日〜9日までインテックス大阪で開催されております、『防犯防災総合展 in Kansai 2017』に行ってきました。

開催は本日までなので、お時間のある方は足を運んでみてはどうでしょ?

【こちらも朝から大盛況】





あいにくの曇り空でしたが、雨が降らなくてよかった。^^;
ゲートの前の広場には、恒例のB級グルメ屋台カーがずらり。そして、献血カーも。




朝イチ10時すぎに行ったのに、この長蛇の列。
異常気象、ワケの分からない犯罪多発のせいか、防災系のイベントはかなり活況です。




場内の案内ボード。
前回までは確か、自衛隊なんかの特殊車両が屋外に展示されてたと思うんですが、今回はなかったような...




開場十数分なのに、ものすごい賑わいです。




入場して、すぐに大阪府警?のセミナーのヒトに袋を手渡され、少しでいいから聞いていきませんか?と声をかけられた^^;。
どっちかというと、メインは『防災』関連だったのですが、袋ほしさに入って聞いてみました^^;。

テーマは、『企業の防犯CSR活動』ということで、CSRとは、Corporate Social Responsibilityの略だそうです。
つまり、企業の社会的責任の一環として、環境問題や周辺地域への貢献とともに、犯罪の発生しにくい街づくりに企業も協力してください、というのが狙いのようです。

近江商人の格言『売り手よし、買い手よし、世間よし』の三方よしの精神を例にあげて説明されてました。

しっかりパワポでプレゼン資料を作成されてました。最近のおまわりさんは、パワポも使いこなさねばならないのですね^^;。




昨年は確か、中に入れてもらった潜水艦みたいなシェルター。今年も健在展示。




こちらは、排水ポンプ。
売りは、ひとりで持ち運びできる軽量設計...とは言っても26Kgあるんですけどね^^;。
結構重かったです。

しかし、もちろん、大の大人なら、ひとりで運んで動かせます。
丁寧な説明、有難うございましたm(__)m。




都市災害系で言えば、やはり止水板関係のブースも何社か見かけました。




人気のドローン。
予約券みたいなのを発行してて、購入時に5000円引きになるとか言ってましたね。(^^)
今回は実演はしてなかったようですが...




毎度おなじみ、高知県のブース。
いくつもの高知県の企業さんがまとまっているブースです。




そんな高知県のブースで、ちょっとおもしろいアイテムを発見しました。
災害時、孤立集落なんかになってヘリから発見してもらう際の目印フラッグと言いますか、なんというか...
言われてみれば必要ですね。




こちらもおなじみ、地震体験車。




車両系と言えば、今回も大阪府警、消防署、水道局が車両を展示してました。
水道局が展示してた車両はちょっと面白かったですね。沢山蛇口がついたパイプが伸びてました^^;。

長くなってきたので、残りは後半パート2にて。

【関連記事】
【イベントレポート】第4回 震災対策技術展大阪に行ってきました その2

【イベントレポート】第4回 震災対策技術展 大阪に行ってきました。その1

【イベント】防犯防災総合展2017 事前登録開始

防犯防災総合展 in kansai2016に行ってきました その1

防犯防災総合展 in kansai2016に行ってきました その2






(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



ケイエフは、ロープ高所作業ブログやってます!特別教育の出張講習のレポート記事多数!







posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナーレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月02日

【イベントレポート】第4回 震災対策技術展大阪に行ってきました その2




昨日2017年6月1日(木)、大阪は梅田グランフロントで開催されている『震災対策技術展 大阪』に行ってきました。
パート2です。第一弾はこちら。

本日2017年6月2日が最終日で17:00までなのでお時間にご都合がつく方は行かれてみてはどうでしょうか?

【無線含め通信系多し】



震災対策技術展 大阪2017


個人宅用救助デッキ。




総務省さんのブース。
地震等で携帯の基地局が潰れた場合、wifiの電波を使って電話できるシステムを展示。
自治体さんには、有事の際には無償貸与される、ようです。

今回の展示、無線や通信系の展示をされてるブースは多かったです。




こちらはちょっと斬新なサービスでした。
被災されたオフィスへ燃料を配達するサービスです。

地震なんかで被災した場合、燃料って配達してもらうほど緊急性あるのかな?とふと思って聞いてみたら、非常用電源なんかは燃料が必要なので、と。
なるほど...

普段は何のサービスしてるんですか?と聞いてみたら冬場は灯油の販売、その他の季節はあれこれ、とおっしゃってました^^;。




ソフトバンクのブースでは衛星電話を紹介。
衛星電話って、今、どれくらいで持てるんですか?と聞いてみたら2年契約で月額約5000円強、通話料は160円/分だそうです...やっぱ、通信費は高いですね(T_T)

維持費が意外と安いのと、昭和を感じる分厚いスタイルのケータイでしたが、持った感じは思いの外軽くてびっくり。

スタッフさんいわく、ここ数年契約は右肩上がりだそうで、損保会社さんなんかが多いですが最近の傾向としては業種問わず、だそうです。

漁師さんとかが使ってるイメージだったので漁業とかキーワードが出るかと思ったんですが、出なかったのでそうでもないんですかね?^^;




耐震補強具も最近はファンシーなものに...かわゆす(*´艸`*)




こちらは、被災して荒れた道路を仮補強するようなプレート。
工事現場への荒れた道にも使え、軽いのが特徴なんだとか。





今回の展示会で3番目ぐらいに目についたので、免震プレート的なもの。
何社か出展されてました。




被災すると食料問題が出て来るので、農林水産省さんのブースも。
こうしてみると、やはり災害が発生時には色んな省庁が絡んできますね。




国土交通省 近畿地方整備局さんのブース。




災害系イベントでは常連さんの、国立研究開発法人 寒冷地土木研究所さん。




防護服を展示してるブースの横に、大阪府警。
避難時の持ち出し用リストなんかを配布されてました。




”地震に強い土!”というキャッチコピーに引かれました。^^;
説明を聞いてみたら、粒子の大きさの違う土を混ぜ合わせて密度を上げた土、ということらしいです。
淀川の堤防なんかはコレだとか。

弊社はのり面工事関係のお仕事なので、法面もこういう土使えば減災できるんじゃ??とふと思ったのですがダメですかね^^;

丁寧にご説明頂き、有難うございましたm(_ _)m




最後に出展者さんのカタログ設置コーナー。
片っ端から持って帰ってるヒトがいましたが、重くなるんじゃ...^^;

【まとめ】


今回の展示では、通信系、携帯連動系ソフトまたはアプリが多く目につきました。
モノのインターネットと言われるIoT技術が進んでいるからでしょうか?

展示物も以前はもっと大掛かりなモノが多く展示されてたイメージですが、割りとこじんまりした感じでした。

ただ、防災意識が高まっているのか、そして事業として防災関連の事業にかかわるところが多いのか、展示会に足を運ぶヒトは多いようです。

初日朝からこんなにヒトが集まってるのも少々びっくりしました。ま、場所的にもアクセスいい場所ですしね。^^;

来週は、防犯防災展もあるので今回の展示会でご興味を持たれた方は来週の防犯防災展にも足を運んでみてはどうでしょ?インテックス大阪での開催ですが...

最後になりましたが、各ブースで丁寧に色々説明頂いた皆様、有難うございましたm(_ _)m
とても勉強になりました。


【関連記事】


震災対策技術展 大阪に行ってきました。その1

【イベント】震災対策技術展 大阪、招待状申込受付開始

【イベント】防犯防災総合展2017 事前登録開始

【イベントレポート】第二回 震災対策技術展 大阪に行ってきた。その2(2015)

【イベントレポート】第二回 震災対策技術展 大阪に行ってきた。その1(2015)


(株)ケイエフの自然土舗装材 スタボン



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



ケイエフは、ロープ高所作業ブログやってます!特別教育の出張講習のレポート記事多数!







posted by ケイエフ at 13:07| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナーレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【イベントレポート】第4回 震災対策技術展 大阪に行ってきました。その1




昨日2017年6月1日(木)、大阪は梅田グランフロントで開催されている『震災対策技術展 大阪』に行ってきました。

本日2017年6月2日が最終日で17:00までなのでお時間にご都合がつく方は行かれてみてはどうでしょうか?

【初日、朝イチで行ったのに...】





朝10時からだったので、その時間に併せて行ったのですが、10:15ぐらいで受付がこの行列。




入場すると、すでにこの混雑です。すごい...まだ初日の朝なのに...




設営が間に合わなかった?または手直し?してるブースも...イベント事は何かと突発的なトラブルがあったりしますからね^^;




入場するなり、お声がけ頂いたのが国立研究開発法人 防災科学技術研究所さん。
そして、正直これが本日のメインイベントになっちゃいました^^;。




『地震を体験してみませんか?今なら席空いてますよ!(^o^)』
と言われて、いそいそとかけて見てびっくりです。^^;
体感する装置はついてなかったですが、3Dの映像が結構リアルでした。

なにより、10階建ての建物の高さを感じてもらうため、として10階から下を見下ろす映像がCGで再現されてました。
360℃の映像です。

備え付けの家具に固定具を付けてる場合とつけてない場合を再現されてましたが、固定具がない場合は、内容物が飛び交う始末です。(((( ;゚Д゚))))ガクガクブルブル
家具など、地震で倒れてきそうなものはちゃんと固定しましょう。




名前を聞いたことがある土木・建築系のコンサルさんなんかも多く出展されてましたが、多くはスマホ連動のアプリまたはソフトの案内をされてるところが多かったですね。




自治体さんも数か所出展されてましたが、ちょっと意外だったのは兵庫県や大阪府摂津市など、山が近いところの自治体さんも出展されてました。





実演されてるブースも結構ありました。
上が液状化して土台が傾いた住宅を、土台に手を付けること無く住居を水平にできるシステム。

もちろん新築の際に設置するものだそうですが、地震で地盤が液状化したり傾いたりしたときに、基礎部分を掘り返さなくてもアンカーをねじで上げれば水平にできるらしく、初期費用としてはかかるが、被災した際は短工期、低コストで自宅を修復できる、のがポイントだそうです。

左の写真は、手動ポンプ式浄水器。
右の写真は、凝集剤って言うんですかね?汚水に粉末を入れると泥が固まって沈殿する、というアレです。

やはり実演してもらうと判りやすいですし、ついつい見入ってしまいますね。^^;
ご説明頂いた皆様、有難うございましたm(_ _)m




ベットの上の部分を強化して、地震の際の落下物から身を守るベッド。
防災系の展示会ではおなじみの展示です。




四角いシェルター。
一昨年、一昨々年ぐらいは丸いシェルターをよく見かけましたが、四角いシェルターはちょっと新鮮でした。

この大きさで大人4人が入れるんだそうです。
”入ってみませんか?(^o^)”
と言われたので、それではお言葉に甘えて...^^;...と入ってみました。

うーん...大人4人はちょっとキツいかもです。^^;
入れるのは入れそうですが...

外装の強度もちゃんと考えあるので、いきなり潰れることはないそうです。
こういうの見ると、お値段が気になるところですが、聞いてみたら設置地域などによりますが運搬・設置・本体・諸費用込で、ざっくりですが、90万ぐらいご用意頂けると、大丈夫じゃないか?と思います、と言ってました。

意外と安い??^^;...ちょっとした小銭持ちの方なら買えそうです。

ブースの担当者の方が、ちょっと興味深い話を教えてくれました。

実際に東北震災で被災して、生き残った方のお話だそうですが、震災前は、もう年も年だし、いつ死んでも未練はないわ、と強がっていたそうですが、いざ被災して津波に流されてるとき、死にたくない!!と生に対する執着心がむくむくと沸き起こって、死にものぐるいで近くに浮かんでたパレットに掴まって助かったんだとか...

やっぱ、人間の本能として、生への執着というのは沸き起こるもんなんですね。(((( ;゚Д゚))))ガクガクブルブル




どこだったかのブースでアンケートにご協力いただけませんか?と言われ、うちのブースは目立ってますか?と聞かれたことがありましたが、こちらのブースはぱっと見、化粧品会社かと思ってしまいました^^;。
目を引いたと言えば引きましたが...

一番よいのは、やっぱり、何屋さんかがパッと見て解るのが一番いいですね。




震災技術対策なので、非常用トイレ・非常食のブースはやはり多いです。




そんな中で、初めて、防災備蓄食を食べてみませんか?とお声がけして頂いた企業さんがあったので、ありがたく頂いてみました。

3種類の非常食を試食させて頂きました。
カレーライスと味噌汁とコーンスープです。

袋を開けてすぐの状態を試食させて頂いたのですが、どれも普通においしかったです(^q^)
しかも、汁物系はどろっとしてるので、なんでだろ?と思ったら、不安定な場所で食べることを想定して、うっかり倒してもすぐに流れ出ないように工夫されてるんだとか...よく考えてますねぇ。




安定のミドリ安全^^;
どこのイベントに行っても、この巨大パネルはやっぱり目を引きます。

長くなってきたので、その2へ続く。

【関連記事】


【イベント】震災対策技術展 大阪、招待状申込受付開始

【イベント】防犯防災総合展2017 事前登録開始


(株)ケイエフの特殊配合モルタル



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



ケイエフは、ロープ高所作業ブログやってます!特別教育の出張講習のレポート記事多数!







posted by ケイエフ at 08:32| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナーレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月09日

【セミナーレポート】今後必要になるかも...法人番号活用セミナーに参加してきました。




昨日、帝国データバンク主催の、法人番号活用セミナーに参加してきました。


■法人番号ってご存知ですか?

ちょっと前にマイナンバーという個人を特定する番号が全国民に付与され話題となりましたが、それの法人版です。

詳細は国税庁のサイトでご覧頂ければよいかと思いますが、法人登記された企業について固有の番号を割当てたものが法人番号です。

それで今回のセミナーでは、法人番号付与以来、半年が経ったのでどのような活用方法があるか、という内容でした。

そこで紹介されていたのが、国税庁が運営する『法人番号公表サイト』。

■国税庁法人番号公表サイト

この8月末現在で、法人番号が付与されている企業さんは、全国で438万件あるんだそうです。
法人番号は、一企業一番号制なので、支店・営業所等には付与されません。
また、個人事業主にも付与されません。

上記Web上では、
1.登記正式名称
2.登記所在地
3.法人番号
が表示されます。

そして、住所移転、屋号の変更等があった場合はその更新情報も記載されるようになっているそうです。

また、検索したデータはダウンロードできるので、社内データの情報更新に役立ちそうです。

まだ見てないのですが、落としたデータには、23項目に渡ってその企業の情報が入ってるそうです。
これはすごい...

■各省庁との連携も今後ある予定、らしい...

さらに『経済産業省が法人番号付与ツール』というのを公開しているようです。

■経済産業省 法人番号付与ツール

MSエクセルで出来たツールなので、自社のデータもこれがあれば容易に番号付与することができます。

この法人番号は、基本的に随時更新されているので、今まで手動であちこちのサイトから情報を集めて来なくても国税庁さんがそれを変わりにやってくれるわけですから、業務の手間をカットできるのはすばらしいです。

さらにさらに、国税庁さんに正式申請すれば、この法人番号データベースシステムのWeb-apiを利用することができるんだそうです。

■使用上の注意点も...

これは帝国データバンクの講師の方がおっしゃっていたのですが、この法人番号公表サイト、使用には注意点もあるようです。
それは、このサイトで出てくる情報は、その企業さんの存在性を証明するものではない、ということらしいです。


■法人番号は事業活動に影響する?

ここが気になるところだと思うのですが、正式決定ではないですが、金融機関が企業の口座開設等に法人番号の利用を検討する動きがあるらしく、今すぐではないですが、もし金融機関や行政への色んな手続きに法人番号が必須となった場合、やらざるを得なくなるので、今すぐでなくてもよいですが、動向をチェックしておいたほうがよいですよ、と本セミナーの主催者はおっしゃってました。

また、経済産業省や厚生労働省等が持っているデータが連携していくようですので、今後利用価値はどんどん上がることになるので、チェックしておいたほうがよいですね。

■国税庁も色々考えてるなぁ、と...

今回このような取り組みをされてるバックボーンについてもお話頂いたのですが、業務の効率化等で企業の色んな負担を減らすことを考えて作られたシステムとなっており、現在ISO等に国際コードとしての登録申請をしている、とのことだったのでこういう部分で民間企業のバックアップ支援をしてるんだなぁ、と思いました。

まぁ、ほかに考えてることもあるんでしょうけど( ̄ー ̄)ニヤリ。

セミナー主催者によると、一部民業圧迫的な話もされてましたが^^;。

ともあれ、法人番号公表サイトは結構使えるので、試しに使ってみてはどうでしょ?
まずは、自社の検索でも...


【関連記事】

【セミナーレポート】購入型クラウドファンディングセミナーに行ってきました。



(株)ケイエフの強力空気搬送機 ジェクター



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!



ケイエフは、ロープ高所作業ブログやってます!特別教育の出張講習のレポート記事多数!








posted by ケイエフ at 13:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナーレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月26日

【セミナーレポート】購入型クラウドファンディングセミナーに行ってきました。




本日2016年2月26日(金)、堺商工会議所で開催されました、『購入型クラウド・ファンディング活用セミナー+相談会・交流会』に参加してきました。

講師は、地域密着型クラウドファンディングのFAAVOとサイバーエージェント社運営のMakuakeの2名。

【クラウドファンディングとは】


まずはクラウドファンディングとは、なんぞや?というところですが、

クラウド(群衆)+ファンディング(資金調達)

という意味。
クラウドは、ネットのクラウドサービスのクラウドではなく、群衆の意味のクラウドだったんですね。^^;

要するにネットを通じて自分のアイデアを形にすべく、広くアピールしてネット民から出資を募るサービス、なわけです。

主に3つのスタイルがあるらしい。
これについては、Money Tipsというサイトが詳しく説明されてたので、引用させて頂きます。

1.寄付型

社会的な問題の解決などの取り組むNPOや個人に対して、資金提供するタイプです。
金銭的なリターンはありませんが、社会的な貢献活動の1つとして、資金提供を通して参加していくものです。
例えば、震災復興に関して活動する方への寄付などがあります。

だそうで、寄付という形をとるので、限定的なんだそうです。
だいたい支援額の10%を寄付するんだとか。

2.購入型

今回のセミナーの講師所属の2つの団体もこのパターン。一番よく活用されるパターンだとか。
ビジネスやプロジェクトなどに資金を提供するタイプで、金銭的なリターンはありませんが、商品やサービスのリターンが受けられるものです。
例えば、農園を作りたい人が資金を集め、その農園で収穫した野菜の一部を資金提供した人へ渡します。


出資に対してお返しするのは、サービスであったり、命名権などの権利、制作物など。
小さなプロジェクトや地域振興などのプロジェクトにも使える。

3.投資型

大きなプロジェクト(メガソーラーなど)などに向いてるもので、出資に対してお金で返す、イメージだそうです。(引用元のMoney Tipsによるともっと複雑なようですが...)

【資金調達以外のメリットも!】



クラウドファンディングと聞くと、新商品開発や世にないものを作りたいなどの資金調達を主にイメージしますが、資金調達以外の効能が色々あるようです。
(実は筆者はこの部分を知りたくてセミナーに参加しました^^;。)

Makuakeの講師がおっしゃってたのがまとまっていたので、そのまま使わせて頂くと、

1.PR・プロモーション
2.テストマーケティング
3.顧客獲得
4.実績作り

どちらの講師も同じことをおっしゃってましたが、

●本商品化の前にどれくらいの反応があるのか、見たい。
●うちはこんなことが出来る技術があるよ、とPRできる。
●ひとつ製品を作ってみて資金が集まったら、出資者に提供して先行使用してもらったりできる。
●未来のお客さんを獲得するなどが可能になる。
というわけです。

さらに、上記2団体では団体が潰れない限り、一度登録したプロジェクトは、ずっとWeb上に残ったままになるので、希望出資額に達したりすると、実績としてアピールできる、という側面があるんだとか。

あと、金融機関との融資の交渉などで、融資に難色を示される場合でも、こういった実績があると割りと交渉が有利に進められる、というのもあるそうです。

そして、現在、クラウドファンディングは世界中で話題となっており(yahoo検索で700件、市場規模は2015年 283.7億円)、プロジェクトをアップすればかなりの話題性を生むことが見込まれます。

そこから逆に融資を申し出る金融機関などもあるんだとか。

【もちろんデメリットもある!】



デメリットというか、これは起案者のモラルやリテラシーの問題だと思いますが、資金調達しようとしてるサービスなり、製品なり、プロジェクトが法に抵触してないか、事前の調査をしっかりしておかないと、ネットで炎上、ということもあるようです。




【クラウドファンディングの大まかな手順】



面談⇒プロジェクトシート作成⇒審査⇒Webページ公開⇒スタート

という感じのようです。

プロジェクトシート(企画案みたいなもんですね。)作成時に、あれこれ手直しは必要なようですが、一度審査に失敗したから、もうそのプロジェクトは再申請できない、のではなく、手直してして持ってきてね、という対応はしてもらえるようです。

上記2団体に関しては、目標額、募集期間等を設定して、それを達成すれば集まった出資金から手数料を差し引いた出資金をゲットできる仕組みのようです。

期間内に目標額に達しなければ、不成立として、出資金を一切受けられないAll or Nothing型と、目標額に達しなくても集まった出資金を出してもらえるAll In型というのがあるそうで、FAAVOは、All or Nothing型だそうです。

確か、FAAVOは不成立の場合の金銭的負担はない、と言ってたような...(詳細は同団体に確認してください^^;)

【クラウドファンディングを成功させる秘訣】



1.巻き込む

これはどちらの団体の方もおっしゃってましたが、クラウドファンディングの真髄は、”巻き込む”ことにあるらしく、いろんな人を巻き込むことを前提に設計しないとなかなか成立しない、ようです。

Makuakeのデータによると、

『スタートから24時間以内に目標額の30%を集めてる人が、目標額達成する確率が80%』

なんだそうです。

2.お願いする

スタート時、ゼロが続くとなかなか後の出資も延びないので、事前の根回しが重要なようです。

つまり、スタートの前段階で、こんなことをするからお願い!出資して!と知人・友人・縁者に根回ししておくことが重要なんだとか...
こんな表現もされてました。
『お願いしまくれる人がクラウドファンディングに向いてる人』

なるほどね^^;。

3.SNSは必須

より多くの人にプロジェクトをやってることを伝えるためには、Twitter、Facebook、InstagramなどのSNS利用はほぼ必須のようです。
しかも、期間中は、更新し続けないと、どうしても中だるみになるので、継続して毎日アピールすることが重要なんだとか。

ま、この当たりはWebマーケティングでは当然のことでしょうね。

4.お得感を出そう

プロジェクトの設計には、限定感があり、かつお得感を出すと集まりやすいそうです。
確かに...

5.チームでやろう

このクラウドファンディングは、意外と労力がいるようで、ひとりでやると結構キツいらしいので、出来ればチームで作業を分担しもってやったほうがいいらしいです。





【セミナーを聞いてみて...】



セミナーに、実際にクラウドファンディングを利用されて、目標額達成した方が体験談を語っておられ、その方もおっしゃってましたが、資金調達のスタイルが変わるだけで、ベースになっている商いの基本は同じなので、こういうサービスの審査に通ったから自動的に資金が集まりやすくなるわけではない、ということですね。

クラウドファンディングでも、やはり地道な営業活動は必要なわけで、ただ副産物と言いますか、うまく転がりはじめると、ついてくるモノはかなりの威力を持っている、と思われます。

参加されてた受講者が意外と年齢層が高かったのも印象的でした。もっと若い人が聞いたほうがいいと思うんだけど...^^;

いろんな団体がすでに日本にもあり、団体ごとで持ってる強みに特徴があるようなので、ご興味のある方はあれこれ調べてみてはどうでしょ?
とてもいい勉强をさせて頂きました。m(__)m

講師の皆様、お疲れ様でした。


【関連記事】

これは期待!ついに台風発電プロジェクトが資金調達開始、してるらしい。

爆発するんじゃ...5分でスマホを満充電できるバッテリー『ASAP Dash』が資金調達中

これこそ指紋認証の適材適所!指紋認証可能な南京錠『Tapplock』が資金調達中

これはいい!雪かきが断然楽になるシンプルアイテム『EZSHOVEL』

これだ!もう絶対寝坊しない目覚ましシステム、Kickstarterで資金調達中


環境・防災・リサイクルの(株)ケイエフ



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!





posted by ケイエフ at 22:11| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナーレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月06日

【イベントレポート】テクノメッセ東大阪2015に行ってきました。




昨日と今日、マイドームおおさかで開催されてます『第28回東大阪産業展 テクノメッセ東大阪2015』に行ってきました。
その2です。その1もどうぞ。
本日も開催しているので、お時間のある方は足を運んでみてはどうでしょ?
今日は、16:00までだったかな?




大学ブースも結構出てましたね。
東大阪といえば、近大ですね。そんなイメージが...^^;




ドローンなど色々展示されてる中、大阪工業大学さんは、セ○ウェイもどきのようなビークルを展示・実演してました。
乗ってる人が、
”これ、セ○ウェイみたいなもんですか?”
と野暮な質問をしたら、
”そうです!セ○ウェイに色々改良を加えて...云々...”
と解説されてました^^;。

どう見てもセ○ウェイ的な何か、ですよね^^;。
乗るにはコツがいるようで、画像の人の次に乗った人はガクブル状態でなかなか機体を安定させられなかった模様...それでもものの2分ぐらいで安定して乗れるようになってましたが...

原理的にはセ○ウェイと同じように、ハンドルを前に倒せば前進、後ろにすれば後退、という動きです。




機械的なアイテムが並ぶ中、歯ブラシも...




JIS規格やISOに関する資料を展示してるのは、日本品質保証機構さん。
やっぱ、工業製品ってJIS要りますもんね...勉强になりそうな資料が沢山置いてあったので、頂いてきました...ブースに人がいなかったんですけど^^;




展示会名物、足裏マッサージ??と思いきや、”岩盤足浴”...へぇ...




今回も通路ごろにカテゴリー化されていたのですが、”成長産業”というカテゴリーがありました。




”成長産業”というだけあって、放射線医学総合研究所とか日本原子力研究開発機構など、難しい系のブースが...JAXAの衛星の部品とか作ってる町ですからね...




無論、東大阪市のブースも。
ここ数日、”別の案件”でお騒がせのようですが...^^;




そして、なぜか金融機関のブースも...融資のご提案ですか?




こちらの企業さんは、塗料でメッキのような表現ができる技術がおありだとか。
右側の画像、ベースは全部プラスチック。金属やガラスにも、勿論メッキ仕様の塗装が可能だとか。
あと、起毛したような塗装もできるらしいです。




こちらはダンボールなどの紙製品を製造してる企業さん。
紙相撲ならぬ、ダンボールすもうキットなる商品が...売れてるんですか?って聞いたら、”売れてます!ネット販売ですけど...( ̄^ ̄)キッパリ!”。
1600円だそうです。なんか、懐かしい...あんまり子供の頃遊ばなかったけど^^;。




ページトップのトップシェア・オンリーワン商品という陳列ボックスに入ってた、雛人形。
なぜ、パンダのかぶりもの??....


と言うわけで、個人的なイメージとしては、工業団地の企業さんが高い技術をお披露目してる展示会だと思っていたのですが(勿論、皆様、そうなんでしょうけど^^;)、それだけでなく、東大阪にはこんな企業があるんですよ!という工業製品だけでなく、色んな分野の企業さんを街ぐるみで紹介してる、という印象の展示会でした。

ご対応頂いた皆様、丁寧に対応頂き、有難うございましたm(__)m。
また、お疲れ様です、あと半日、がんばってくださいm(__)m

お時間のある方は足を運んでみてはどうでしょ?

【関連記事】

【イベントレポート】建設技術展2015近畿に行ってきました。 その1

【イベントレポート】建設技術展2015近畿に行ってきました。 その2

【一応イベント参加】大阪勧業展2015に行ってきた...んですけど...ごめんなさい(T_T)。

【イベントレポート】全国建設業労働災害防止大会の展示会に行ってきました。その1

【イベントレポート】全国建設業労働災害防止大会の展示会に行ってきました。その2

【イベントレポート】防犯防災総合展 in kansai 2015に行ってきました その1

【イベントレポート】防犯防災総合展 in kansai 2015に行ってきました その2

海外の人が唖然...知ってました?このイベント『全国穴掘り大会』

【イベントレポート】第二回 震災対策技術展 大阪に行ってきた。その1

【イベントレポート】第二回 震災対策技術展 大阪に行ってきた。その2

【イベントレポート】Kenten2015も見てきました。


(株)ケイエフのロックボルト関連資材ページ






posted by ケイエフ at 13:06| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナーレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【イベントレポート】テクノメッセ東大阪2015に行ってきました。その1




昨日と今日、マイドームおおさかで開催されてます『第28回東大阪産業展 テクノメッセ東大阪2015』に行ってきました。




マイドームおおさかに入るなり、クリスマスツリー...なんか、最近、季節感が...^^;
早くないっすか??




受付はこんな感じ。
先日の建設技術展2015近畿は、3フロアーに渡ってブースが出展されてましたが、今回は1フロアーのみ。




入り口横には、特別講演のモニターでしょうか?設置されてました。




ゲートを抜けて入ったところはこんな感じ。
今回の入場者は結構、シルバー層が多かった感じです。
中小・零細企業の社長さんでしょうか?おじいちゃんっぽい人が多かったです。




入ってすぐのところに、ハードロック工業が...
ハードロックをガンガンかけていてほしかったですが、それはなかった^^;。
そらそうだ。




物体に凹凸があっても印刷できるシール技術?のある企業さん。
ほかのお客さんとしゃべってるのを聞いていると、勢いで起業しました!的な会話が...^^;
ノリのいい大坂のおばちゃん、という感じでした。社長さん?




こちらもパッケージ屋さんですかね?




東大阪といえば、やはり金物のイメージなんですが、バネ屋さんが数ブースありました。




あと、ボルト屋さん。
どこのブースだったか、ステンレスとかのボルトもあるらしい...




Σ( ̄▽ ̄;|||<なんとっ!ラグビーのブース。
そっか...花園競技場があるんでしたね、東大阪。このところのラグビーの盛り上がりで出展??
なんか...今回の展示会のイメージじゃなかったんですが...
でもって、なぜかポスターもらいました。五郎丸さんとか言う人かな??中身まだ見てないんですけど^^;。




こちらははんこ一筋65年、ゴム版ならシェア85%ぐらいあるんじゃないかな?と言ってたはんこ屋さん。
今回の展示会で一番熱心に説明してくれましたm(__)m。

昔は象牙とかのはんこが人気だったそうですが、国際条約の関係上、象牙とか使えないので、チタン製のはんこが人気なんだとか。

写真の中央に写ってる機械が、チタンのはんこを掘る機械で、大手メーカーの機械なら1000万はするそうですが、こちらの機械は500万強だそうです。

CADシステムとセットで使うわけですが、すごい細かい文字でも正確に掘れちゃうらしいです。
内容にもよりますが、はんこ一本、およそ3時間で作れちゃうらしいです。
しかも、レーザーで掘るので、ちょっと薄めの板金なら文字をくり抜いたりできるそうです。

ボタン一発で緻密な文字を掘ってくれるこの機械はなかなかすごいです。
実演してましたが、火花チリまくりでした^^;。




こちらの企業さんは、3Dスキャナーで物体をスキャンしてCADデータに出来るシステムを展示してました。
実演してるの見てると、面白いぐらい簡単に取り込めちゃうので楽しそうです。
バーコードスキャナーみたいなので物体をなぞると、PCに物体が立体的に再現される感じ。
こういうのがあると、複雑な形状のものもあっちゅうまにCADデータにできてよいですね。

隣のテーブルに作ったものが展示されてました。
また、こことは別に設計屋さんでも3Dスキャナー導入した、というところがあり、需要増えてますか?と聞いたところ、今のところ、お客さんも制作側も手探り状態、とおっしゃってました。
メリットとしてはやはり、作業工程の短縮だとか。




今回の展示会、こちらの勝手な思い込みでものづくり系のブースがずらり、と思っていたのですが、実はそうでもなかったです。^^;。

こちらは鳥取県さんのブース。
勿論、鳥取の企業さんを紹介するため、自治体がPRにとブースを出してるわけですが、鳥取県は観光案内もされてました。
自虐的に、マイナーな県なので、なんとかアピールしたい!とおっしゃってました^^;。
熱心に色々解説してくれました。ご丁寧な対応、有難うございましたm(__)m
がんばれ!鳥取!




1フロアのみだったのですが、所狭しとブースが並んでいても、展示パネルはやはりありました。
産学連携のシーズなんかが紹介されてました。
パネルの前には、結構分厚目のシーズ集も置いてありました。

長くなってきたので、続きは午後から。

【関連記事】

【イベントレポート】建設技術展2015近畿に行ってきました。 その1

【イベントレポート】建設技術展2015近畿に行ってきました。 その2

【一応イベント参加】大阪勧業展2015に行ってきた...んですけど...ごめんなさい(T_T)。

【イベントレポート】全国建設業労働災害防止大会の展示会に行ってきました。その1

【イベントレポート】全国建設業労働災害防止大会の展示会に行ってきました。その2

【イベントレポート】防犯防災総合展 in kansai 2015に行ってきました その1

【イベントレポート】防犯防災総合展 in kansai 2015に行ってきました その2

海外の人が唖然...知ってました?このイベント『全国穴掘り大会』

【イベントレポート】第二回 震災対策技術展 大阪に行ってきた。その1

【イベントレポート】第二回 震災対策技術展 大阪に行ってきた。その2

【イベントレポート】Kenten2015も見てきました。


(株)ケイエフの簡易吹付法枠工 イージーシェルフ工法






posted by ケイエフ at 08:27| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナーレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月14日

【イベントレポート】全国建設業労働災害防止大会の展示会に行ってきました。その2




去る2015年9月10日〜11日にグランキューブ大阪で開催されました『全国建設業労働災害防止大会』に行ってきました。
その2です。その1は、こちら。




ヘルメット系も沢山出展されてました。
こちらはファンがついたタイプ。




ファンと言えば、最近服に付いたものがあったりして、海外の方にはウケがいいようですが、ハーネスにつけるファンも...




カラフルですね...これもやっぱ”けんせつ小町”や”ドボジョ”を意識したバリエーションでしょうか?




ヘルメットの中の発泡スチロールを幾何学的な構造物に改良したもの。




蒸れるヘルメット、タオルを撒いたら、タオルを結んだ団子部分がジャマでヘルメットが浮くので、ヘルメットの中に取り付ける吸汗シートにしました!その名も!”吸収男児”!...形状が...”多い日も安心!”な”アレ”みたいでした^^;




安全靴も結構多かったです。安全靴も実は進化してます。




安全靴と言えば、靴の先に鉄板が入ってて、ダンプに轢かれても大丈夫!というのが売りなわけですが、今は鉄板なんか入ってません。樹脂で出来たこなんのが入ってるんだそうです。
そして1tまでの重さに耐えることができるそうな。これで、飛行機も乗れちゃうわけです。
軽くなってよいですね。v(´∀`*v)ピース

このパットだけほしい、と言ったら、バラ売りはしてないし、普通の靴にこれだけ入れても中でずれちゃってダメですね、とのことでした^^;。

あと、最近多い事故はつまずいてコケて大怪我というのが多いんだそうです。なので、今の安全靴は、靴先が2mmほど浮いてるんだそうです。伸縮性もよいらしい。




こちらも安全靴。




長靴なんかもあったりします。屈伸しても長靴の負荷がカラダにかからないように伸縮性のある素材になってるんだそうです。




安全手袋も。
こちらの手袋はステンレスと、あと特殊な繊維が編みこんである手袋なので、カッターを使ってるときに誤って切っても怪我しないんだとか。

最近は工事現場だけでなく、オフィスでも思いっきりカッターの刃を出してカッターを使う若人がいるらしく、そんな若人でも手を切ることなく作業できるそうな。




自撮り棒がトレンドな現在、工事パネルを自撮り棒にしちゃった製品。




防塵マスク。色々あります。電池で空気を入れるものから、アナログなヤツまで。
やっぱり吐吸両方に対応したものが人気だとか。




ポカリスエットでお馴染みの大塚製薬さん。
なぜ?って思ったら熱中症対策でした。イオン入りと普通のヤツ、両方頂きました^^;




こちらも熱中症対策。気温の見える化。イベントなんかの会場で使われることが多いそうな。




こちらの企業さんは、個人的にはちょっと興味深かったです。
色々扱ってるんですが。↓




吸着剤。吐瀉物を速攻固めて片付けられる粉末。
ネットでこれの類似品みたことある!鉄道会社がご愛用のアレですよ!




油吸着シート。




仮設関係もいくつか見かけました。




アルミで出来た、高いところの上るアレ。180kgまで対応可能。




なぜか、フットマッサージ?




防塵マスクも結構ありましたね。
弊社営業スタッフいわく、以前お客様よりお問い合わせ頂いたゴーグルがこちらで見つけたとか...




ガス計測器。ガス関係もいくつか出てました。あと、匂い検知器とか。




スリングベルトとか玉掛けで重量物を吊るときに、頭上にモノを上げてます!みたいな警告を発する装置。
人力で叫び続けるには限界がありますからね。




タイベック防護服みたいなのも結構ありましたね。




安全対策の展示パネルも。




安全講習系の書籍の販売もしてました。

という感じでした。
対応頂いた皆様、お疲れ様でした、そしてありがとうございましたm(__)m。

【関連記事】

【イベントレポート】Kenten2015も見てきました。

【イベントレポート】防犯防災総合展 in kansai 2015に行ってきました その2

【イベントレポート】防犯防災総合展 in kansai 2015に行ってきました その1


(株)ケイエフのトゲ無し玉掛けワイヤースリング





posted by ケイエフ at 13:08| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナーレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【イベントレポート】全国建設業労働災害防止大会の展示会に行ってきました。その1




去る2015年9月10日〜11日にグランキューブ大阪で開催されました『全国建設業労働災害防止大会』に行ってきました。安全保護具等安全にかかるツールの展示会をやっているとのことで、講演は聞かなかったのですが、展示会のほうだけ参加させて頂きました。

先日お伝えしたように、、厚労省から『ロープ高所作業について、改正労働安全衛生規則が施行されます。』というお達しがあったからか、ハーネスの展示が多かったです。弊社も安全帯やロリップ等扱っておりますが、今後ハーネスも取り扱っていきますので、とても参考になりました。

あと大きく目立ったのはヘルメット、安全靴などやはり安全保護具の展示会なので身に付ける系は多く展示されていました。

弊社は2日めの11日の午前中に行かせて頂いたのですが、いつも参加させて頂く防災系のイベントよりはやや人の入りは少なかったように思います。その分、出展者の皆様にはとても懇切丁寧に対応頂きました。ご対応頂いた皆様、ありがとうございました。m(__)m またお疲れ様でした。




会場に入ると、こんな感じです。海外の方と思しきスタッフさんのいるブースが数社あったのが、ちょっと印象深かったです。




おっと、忘れてた^^;。入り口にちゃんとブースの案内板も...




ハーネスといえば、人気の藤井電工さんのブース。弊社もハーネスを取り扱わせて頂いています。ハーネスのお問い合わせは、弊社Webサイトの問合せフォームをご利用ください。




マネキンにハーネスをつけてるブースが沢山ありました。




こちらは谷沢製作所さんのハーネス。




こちらはミドリ安全さんのハーネス。ベルトの塊みたいなハーネスは着用時に混乱するので、裏にメッシュの面をつけることで装着しやすく工夫。




こちらはサンコーさんの展示、ハーネス。




ベルトだけで宙吊りになった場合とハーネス着用時では、態勢がこれだけ違う、という案内ボード。




弊社スタッフがハーネスを着用して、実際に吊られてみました^^;。
実は彼の前に私も、ベルトとハーネス両方着用して吊られてみたのですが、ベルトで吊られると内臓がちぎれそうになるぐらいの圧迫感があり、とても救助が来るまで宙吊りになっていられないぐらいキツかったです。(T_T)。ハーネスは必須ですね。ご用命の際はケイエフまでお問い合わせください^^;。




宙吊りになったときに足の負担を軽減するベルトみたいなのもあるようです。
画像が解りにくいですが、腰につけたちっちゃい箱からベルトを伸ばして、足の裏で踏む感じです。




propさんのハーネス。こちらはマタの部分のベルトの色を変えることで装着しやすくする工夫がされています。




センサーが内蔵されていて、転倒するとエアバッグが作動するハーネスもあったりします。




最近は”けんちく小町”という女性スタッフも活躍する現場になりつつあるためか、女性仕様のものもいくつか展示されてました。




これまた”けんちく小町”シリーズ。




横移動時の吊り具。




ハーネスを取り扱ってるところは、ハーネス周りの器具を同時に展示してます。




ちゃんとベルトを装着してるかどうかを無線で確認できるガジェット。

長くなってきたので、残りは”その2”で。

【関連記事】

【イベントレポート】Kenten2015も見てきました。

【イベントレポート】防犯防災総合展 in kansai 2015に行ってきました その2

【イベントレポート】防犯防災総合展 in kansai 2015に行ってきました その1







posted by ケイエフ at 08:35| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナーレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月12日

【イベントレポート】Kenten2015も見てきました。


kenten 2015


2015年6月11日〜12日にインテックス大阪にて開催されている、『防犯防災展 in kansai 2015』に行った際に隣でやってるKENTEN2015も併せて見てきました。
今日が最終日なので、お時間のある方はどうぞ、まだ間に合います。

時間の関係上、さらっと見て回った程度ですが、何かの参考になればと思います。^^;

では早速レポートを。


kenten 2015


吹付ける”石”、だそうです。


kenten 2015


内装系の企業さんが多いですね。和室みたいなブースが...
なかに着物着た、京都の呉服屋の若旦那、みたいな雰囲気のヒトがいました^^;。
かってなイメージですけど。(≧m≦)ぷっ!


kenten 2015


3Dプリンターでまるっと、家の模型が作れるよ、というブース。
中国で実際に3Dプリンターで作った家とかネットに流れてたので、そのうち、3Dプリンターによる注文住宅とかできるかもですね。


kenten 2015


おっと...弊社もお世話になっている、建設技術データベースサイトのイプロスのブース。
すごいコンパニオンの数...儲かってるんですね^^;。
こういったソフトだとかWebサービスはまず目を引いて、近寄ってもらわないと見せれるものが見せれないですからね。

防犯防災展より、こちらのKENTENのほうがコンパニオンさんが立っているブースが多かったですね。^^;
やっぱ、住宅関係は儲かってるの??^^;


kenten 2015


石屋さんのブース。


kenten 2015


瓦屋さんのブース。


kenten 2015


配水管関係...ブースのセットってやっぱ目立ったもん勝ちのところがありますね。
このブースはやたら目についた、というかなんか、気になった^^;。
弊社とは全然関係ない業界ですが...配水管?いやいや、あるじゃないですか...配管を傷つけないで掘削するにはエアースコップをどうぞ^^;...なんちって。


kenten 2015


ハト対策。獣害は社会問題になってますしね。
ハトって、殺しても卵捨ててもダメなんですってね。法で守られてるんだとか。
こちらの対策グッズは、いろいろありましたよ、止まらないようにするもの、臭いで撃退するもの、入ってこれないようにするもの...


kenten 2015


そして、謎のブースが...^^;
近寄ってみたらお話されそうだったので、行かなかったですけど、折角高いお金を払ってブースを借りてるんだからもっと宣伝すればいいのに、と思ってしまいました^^;。
なんか、もったいない。


kenten 2015


そして、展示パネルコーナー。
リフォームうんぬんと描かれていたような...

あと、関西エクステリアフェアもやってましたが、時間の関係上、寄れませんでした。
まだやってるので、お時間のある方はインテックスへどうぞ。


【関連記事】

【イベントレポート】第二回 震災対策技術展 大阪に行ってきた。その1

【イベントレポート】第二回 震災対策技術展 大阪に行ってきた。その2

防犯防災総合展 in Kansai 2014に行ってきました。(2014)

【おまけ】KENTEN2014と関西エクテリアフェアも行ってきました。(2014)

第一回 震災対策技術展 大阪に行ってきました。(2014)


(株)ケイエフの自然土舗装材 スタボン





posted by ケイエフ at 13:14| 大阪 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナーレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【イベントレポート】防犯防災総合展 in kansai 2015に行ってきました その2


防犯防災総合展 in kansai 2015


2015年6月11日〜12日にインテックス大阪にて開催されている、『防犯防災展 in kansai 2015』に行ってきました。
イベントレポートパート2です。パート1はこちら。
今日が最終日なので、お時間のある方はどうぞ、まだ間に合います。
最終日は17:00までだったと思うので、お早めに。

では早速レポートを。


防犯防災総合展 in kansai 2015


時間の関係上、お話は聞けなかったのですが、確か昨年は熱感知防犯カメラのデモをやってたような...
今年はちょっと違うっぽい。


防犯防災総合展 in kansai 2015


防災用簡易トイレ。
今年はこんな感じのダンボールを使用した外装に、あるものをセットすれば防災グッズになる、という商品をよく見かけました。


防犯防災総合展 in kansai 2015


こちらも災害トイレ系...多いですねやっぱり、災害トイレ。


防犯防災総合展 in kansai 2015


お約束の非常食。


防犯防災総合展 in kansai 2015


4ヶ国語、380アナウンスが収録された、拡声器。
多分、AndroidOSで動いてるんでしょうが、こんなところにまでタブレット機能が搭載されるんですね。


防犯防災総合展 in kansai 2015


測量系カメラ、防犯系カメラ、あれこれ。


防犯防災総合展 in kansai 2015


弊社も登録してます、関西広域連合のブース。


防犯防災総合展 in kansai 2015


大阪警備協会?だったかな?
どっちかというと防犯系のブースなのに、災害時に体温を温存するためのシートをノベルティグッズで配ってました。
大人気(≧m≦)ぷっ!


防犯防災総合展 in kansai 2015


色んな小物系のブース。


防犯防災総合展 in kansai 2015


小物系のブースでもやっぱりダンボール仕様のシェルター??
最近ダンボール素材というのは、割りと注目されてますね。防音効果が高かったり、割りと強かったり。
そしてリーズナブル。


防犯防災総合展 in kansai 2015


昨年はドローンを展示されてたNEXCOさんのブース。
今年はドローンはあまり目にしませんでしたね...ここに限らず。


防犯防災総合展 in kansai 2015


こちらも小物系ですが、ペットボトルとLEDライトを併せてランタンをつくっちゃおうというグッズ。
こういう、家庭に大概あるであろう、ものを利用して安価に防災グッズにするようなものが今年はよく目につきました。


防犯防災総合展 in kansai 2015


この展示会は屋外にもいろいろ展示されてたりします。
屋外の展示も昨年より少ないような...自衛隊、国土交通省...テイジン??
今年は、地震体験カーが展示場の入り口にないなぁ...と思っていたら、ここにありました^^;
昨年体験したので、今年はもう体験しませんでしたが。


防犯防災総合展 in kansai 2015


自衛隊の装甲車。いつ見てもイカツいですね^^;
でも、説明してる自衛官のおにぃさんはやさしそうなヒトでした^^;。


防犯防災総合展 in kansai 2015


自衛官募集してました(≧m≦)ぷっ!
人手不足はこんなところにも??...モテるのにね。
君も国を守ってみないか!...なんちって^^;


防犯防災総合展 in kansai 2015


国土交通省の災害対策本部。
これも昨年同様、安定のご出展。

とまぁ、個人的には、こちらのイベントも、弊社が関係する土砂災害系の防災関係が少なかったようなイメージで、少々残念でした(弊社にとって、ですが^^;)

いつも、こういうイベントは最終日に行くことが多いですが、今回は初日に行きました。
初日のほうがヒト多いようなイメージですね...それともこのイベントはたまたまですか?
17:00までやってるので、まだ間に合います。お時間のある方は足を運んでみてはどうでしょ?

【関連記事】

【イベントレポート】第二回 震災対策技術展 大阪に行ってきた。その1

【イベントレポート】第二回 震災対策技術展 大阪に行ってきた。その2

防犯防災総合展 in Kansai 2014に行ってきました。(2014)

【おまけ】KENTEN2014と関西エクテリアフェアも行ってきました。(2014)

第一回 震災対策技術展 大阪に行ってきました。(2014)


(株)ケイエフのリモコン式無人掘削工法 セーフティークライマー工法





posted by ケイエフ at 11:09| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナーレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【イベントレポート】防犯防災総合展 in kansai 2015に行ってきました その1


防犯防災総合展 in kansai 2015


2015年6月11日〜12日にインテックス大阪にて開催されている、『防犯防災展 in kansai 2015』に行ってきました。
今日が最終日なので、お時間のある方はどうぞ、まだ間に合います。

たまにしか行かない展示会なのに、やっぱ今日も雨..._| ̄|○...。
いやいや、雨男じゃないですよ?梅雨だからです^^;。

総評としましては、先週行ってきました震災対策技術展とダブって出展している企業様も多く、また目を引くクルマ系の展示も多かったです。この当たりは、昨年とほぼ同じような内容ですかね。

あと小物系で、やはりトイレ関係が多く、災害時に人間が避けて通れないトイレ関係の関連グッズを扱っているところが目につきました。そして、小物やトイレで目についたのが、家にあるものを利用して災害対策グッズを作ってしまう系、お金を出来るだけかけないで災害対策しよう、という関係の商品が多くみられました。

昨年はあまり目にしなかったが、今年出店されてた中ではスマホのアプリを扱うブースもあってちょっと斬新でしたね。スマホといえば、こんなところにも(多分、アンドロイドOS!?)タブレット機能を持たせるのか!というのがあって、思わず見入ってしまいました。


では早速レポートを。


防犯防災総合展 in kansai 2015


展示会初日であり、同イベントは、隣で2つ展示会をやっていたので、結構な人でしたね。
トップの画像見ると全然ヒトいてないやん、と思うかもしれませんが、受付はこんな感じで結構並んでました。


防犯防災総合展 in kansai 2015


会場に入ってすぐはこんな感じ。


防犯防災総合展 in kansai 2015


なんかちょっとやり過ぎ感が否めないコンパニオンのおねぇさんがずらっと並んだブース。
顔認識システムの企業さんでした。
入ってすぐのところなので、いやでも目につきます(;´∀`)。


防犯防災総合展 in kansai 2015


そして、先日の震災対策技術展同様、バギーのような乗り物が...
これも瓦礫の上でも走行可能、というヤツなんでしょうか...


防犯防災総合展 in kansai 2015


このシリーズは5台ぐらいタイプの違うものが展示されてました。


防犯防災総合展 in kansai 2015


こちらはキャタピラ仕様。


防犯防災総合展 in kansai 2015


スペックが表示されてましたが、イマイチよく解りません^^;。


防犯防災総合展 in kansai 2015


三輪仕様。テレビカメラがこの辺りに来てたので、夕方のニュースで流れたのかもしれません。


防犯防災総合展 in kansai 2015


”Patroller”と書いてあるので、巡回用ですか??


防犯防災総合展 in kansai 2015


先日の震災対策技術展でもそうでしたが、ジオラマを作って説明されてるブースが多かったですね。お金かかってるなぁ、と思いました。
こちらは手すりのすべり止めみたいな商品を扱ってる企業さんでしたかね。


防犯防災総合展 in kansai 2015


こちらはスマホアプリの販売をされてる企業さん。


防犯防災総合展 in kansai 2015


メッシュコードという、地域を網目に区切って数値化したものを利用して、正確な場所を相手に伝えることができるシステムのようです。


防犯防災総合展 in kansai 2015


毎年出展されてますね。高知県の集合ブース。
高知県下の企業さんを束ねて、県をあげての防災ブース。


防犯防災総合展 in kansai 2015


シェルター販売のブース。
シェルターというと、地下に掘ったり、ドラゴンボールのポッドのようなものをイメージするのですが、今回の展示でほかでも見かけたのがこのタイプ。
必要最小限の構造で落下物や崩れ落ちてきたものから自分を守る、的な感じのものでした。


防犯防災総合展 in kansai 2015


弊社も落石防護網でお世話になっているタキロンさんのブース。


防犯防災総合展 in kansai 2015


LEDを使った誘導パネル、というか表示板みたいなのを扱っておられたようです。

残りは後半で。

【関連記事】

【イベントレポート】第二回 震災対策技術展 大阪に行ってきた。その1

【イベントレポート】第二回 震災対策技術展 大阪に行ってきた。その2

防犯防災総合展 in Kansai 2014に行ってきました。(2014)

【おまけ】KENTEN2014と関西エクテリアフェアも行ってきました。(2014)

第一回 震災対策技術展 大阪に行ってきました。(2014)


(株)ケイエフの簡易吹付法枠工 イージーシェルフ工法





posted by ケイエフ at 08:40| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | セミナーレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月25日

平成26年度 全国法面防災協会 総会 開催





去る2014年11月20日に、弊社が事務局を務めさせて頂いております、全国法面防災協会の総会が開催されました。

ご出席頂きました皆様、お疲れ様でした。





この度を持ちまして、これまで当協会のためにご尽力頂きました、望月顧問が退任されることになりました。
長い間お世話になり、有難うございました。
なお、望月顧問には、今後も名誉顧問ということでご協力頂けるとのことです。今後共よろしくお願いいたします。













【関連記事】

岩手・宮城内陸地震 復旧工事(栗駒)の現場画像

グラスタンドBタイプ 施工画像 秋田

全国法面防災協会、技術研修会を開催しました。

【実績】イージーシェルフ工法および色粉使用現場 長野県








posted by ケイエフ at 13:01| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナーレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月19日

第一回 震災対策技術展 大阪に行ってきました。




大阪駅に隣接したグランフロント大阪にあるコンベンションセンターにて6月17日・18日に開催されました、『第一回 震災対策技術展(自然災害対策技術展) 大阪』に行ってきました。





入口入ってすぐはこんな感じ。
場所がアクセスしやすいからか、昨日NHKのニュースで報道されたからか、先日行ってきた防犯・防災展より客入はよかったようです。

とは行っても、私も初めてグランフロント大阪に行きましたが、このコンベンションセンターにたどり着くには、少々戸惑いましたが...^^;




震災対策展と名打つだけあって、建物や都市部の災害対策系の出展が目立ちました。
こちらは、液状化現象対策のようです。





エコカー的なものも、先日行ってきた防犯・防災展同様、展示されていました。
しかし、こちらは震災で家が倒壊しても車で二三日過ごせる仕様的な感じですが...




災害時のトイレ対策グッズ。




弊社では落石防護網も取り扱っておりますが、こちらの企業さんは落石防護柵のパネルを展示をされてました。
入れ替わり立ち代り説明を受けてる方が多かったです。




防災にチカラをいれてらっしゃる高知県、ここでも県を上げてのブースがありました。




都市部止水系のシステムの企業さんです。




防災展では、Nexco西日本のドローンが展示されていましたが、こちらの企業さんではセスナタイプの無人空撮システムのようです。
重さが0.5kgと表示されてましたね。軽い...




上記の無人空撮機で集めたデータからこんな画像が作れるよ、的な展示が。
3Dで表現できるんですね。




情報通信研究機構(NICT)のブース。




NICTでは、地震等で発生する電磁波を計測して防災に役立てるという研究をされてるようです。
一説には、巨大地震が発生する数日前にある種の電磁波が発生する、という話もあるので、やはり、こういう研究はしてるんでしょうね。




弊社はタキロン社の落石防護網でお世話になっておりますが、タキロン社のブースを発見。
今回の展示は落石防護網ではなかったようですが...




天井落下防止システムの企業さんです。
防災展でも、これらの天井落下防止や軽量素材の天井材などの展示もいくつか出展されていました。




急傾斜での掘削等で労働災害撲滅を目指したセーフティークライマー工法を扱う弊社としましては、”傾斜地”という言葉に反応してしまいました。^^;
全然関係なかったですが...




気象庁 大阪管区気象台の展示。
防災展ではブースがありましが、こちらの展示会では展示パネルと資料のみです。




そして、なぜか、大阪管区気象台の展示に土砂災害のパネルが...




公益社団法人 日本地震工学会の展示。
こちらも展示と資料のみ。




国土交通省 近畿地方整備局の展示。
防災展ではブースがありましが、こちらも展示パネルと資料のみです。




お約束。関西広域連合も展示とパネルのみです。




今回の展示会には、防災系のNPO法人もいくつか出展されてました。
”防災士”というのがあるんですね...そう言えば、過去に弊社のブログで防災士の試験問題みたいなのを扱ったことを今、思い出しました。




日本植生さんのブース。ソーラーパネルの展示のようです。
海外の方はなにやら説明されてました。スタッフの方かしら?それともお客さんですかね?




(独)土木研究所 寒地土木研究所のブース。
先日の防災展より、今回の震災対策技術展のほうが土木系のブースが多いですね。
そして、こちらも入れ替わり立ち代り説明を聞きに来ているヒトがあとをたちませんでした。




NHKメディアテクノロジーのブース。
東日本大震災の被災地を3D映像で映したものを見せていました。
震災対策技術??と思いつつも、前で説明を聞いているヒトがいたので、一緒に説明を聞いていると、こういった災害の状況をよりリアルに後世に残すことがひとつの目的だとか...

それが...すごいんですよ、この3D。
実際にぺらっぺらのサングラスみたいなメガネをかけて見せて頂きましたが、ものすごい立体映像です。
ディスプレイの中にちっちゃい被災地が立体的に出現する感じです。




この立体感が伝わるか!?と写真を撮ってみたのですが、やっぱ写真じゃ無理ですね。^^;
動画にすればよかった...

メガネを貸してくれた担当者の方に、この映像はいつごろお茶の間に出てきますか?と聞いてみたら、

”現在、8Kの技術が進んでるので、こっちが先か8Kが先か?...難しいところですね。こちらの3D映像は、映画アバターのあと、ちょっと下火になってしまったのと、まだまだこの映像を長時間みると気分が悪くなるというヒトもいますからね...”

とのことでした。
丁寧にご説明頂き、有難うございましたm( __ __ )m。




最近の展示会では、ドリンクコーナーは常設なんですかね、こちらの展示会でもドリンクコーナーがありました。が、招待客以外は有料??という感じでしたが...

【総括】

自然災害対策技術というサブタイトルはついているものの、震災対策技術展ということだったんですが、意外と土木系の技術を展示するブースが多くありました。
まぁ、場所的にも大阪駅というわかりやすく、アクセスしやすい場所なので、集客が見込めることを見越しての出展だったのかもしれませんね。

こちらの展示会でもやはり通信技術系のブースは多かったです。
ちょっとびっくりだったのは、スーツ系の、ビジネスマン的なヒト以外に高齢の方や、ベビーカーをつれた若いお母さん的なお客さんも入っていたりして、防災に対する意識の高さが伺えました。

【関連記事】

防犯防災総合展 in Kansai 2014に行ってきました。

【おまけ】KENTEN2014と関西エクテリアフェアも行ってきました。

防災計画に役立ちそうですね...土石流実験を公開 国総研

アナログから衛星まで、最新防災関連事情 4つ

無線によるP2P接続?災害時にも有用な通信技術、アノニマスが開発中

世界の水没都市を体験できる『World Under Water』

国土地理院、災害時に備えて新たな地図記号発表








posted by ケイエフ at 09:06| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナーレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月16日

【おまけ】KENTEN2014と関西エクテリアフェアも行ってきました。




弊社では、植物育成関連で、吸出し防止材ヤシマットEG植栽パック(集水保水型植栽袋)などを扱っております。

また、コンクリート土間などでクラック抑制資材 タフライトCP、遊歩道や玄関アプローチに使える自然度舗装材 スタボン等も扱っております。

防犯防災総合展と同じインテックス大阪で、建築材料・住宅住宅設備総合展関西エクステリアフェアがやっていたので、関連するものはないか、と思い併せて行ってみました。




CADソフトでおなじみの福井コンピュータのブースがありました。建築系でもソフトがあるんですね。




こちらのKENTENイベントの会場は、防災展よりもヒトの入りが少なかったような...
こちらはセメント防水の企業さんのようです。




住宅関係も獣害対策ですね...ハトよけのようです。




カタログ展示コーナーでは、東京大学の『微視的機構に基づくセメント系廃材と二酸化炭素の再資源化・有効利用による資源循環システム』というパネルと、資料が置いてありました。
なんか...難しい...^^;




中小企業庁の下請代金法講習会のチラシや中小企業庁の下請企業支援策冊子が置いてありました。
小さい企業さんがそれだけ多いということでしょうか。




ここから関西エクステリアフェア。




エクステリア(外溝)というだけあって、住宅まわりの資材や緑化資材の企業さんがメインですね。
この展示会では、名前をきいたことがある大手の企業さんが多く、会社の規模からか、コンパニオンのおねぇさんがどこのブースにも大概いて、防災展や建材展とは雰囲気が全然違いました。

また玄関まるごとブースに作っちゃったり、高級住宅の和室みたいなのをそのまま再現しちゃったり、と作りの大きいブースづくりになっていて、スケールが全然違うな、という感じです。
正直、上の画像のようなブースばかりでした。




フリードリンクが提供されてました...なんという気前のよさ...




ぐるっと回ってたら、イベントが始まった...パントマイムのヒトがパフォーマンスはじめた。
なんだろ...このお祭り状態のイベント...
ひょっとして、エクステリア業界はお金持ちなの??

3つの展示会を回ってみましたが、最終日にしてはちょっと寂しいお客さんの入りという感じでしたかね。

【関連記事】

防犯防災総合展 in Kansai 2014に行ってきました。

アナタの地域は大丈夫? 日本各地のシロアリ生息マップ無料公開 ハイファイブ(2013)

エリアまるごと”パッシブハウス”がドイツで大人気、だそうです。(2013)

負担ばかり先に...地震保険料値上げへ 平均15%(2013)








posted by ケイエフ at 13:13| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナーレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

防犯防災総合展 in Kansai 2014に行ってきました。




先週金曜日、インテックス大阪で開催されておりました防犯防災総合展 in kansai 2014に行ってきました。
展示会場を回って、比較的よく目についたのは無線関係のネットワーク機器に絡んだ商品が多かったように思います。




入り口入ってすぐのところに、弊社が植生基材注入工 MAXグリーンラグ工法レジスタードマークでお世話になっております、太陽工業社のブースがありました。




弊社も傾斜面用安全帯等、安全具系の商品を取り扱っておりますが、展示ブースには保護具を扱ったブースも...これは今回初めてみるような気がします。




津波被害が珍しくなくなった昨今、海上保安庁のブースも。船の模型とか置いてありました。




空撮も最近では珍しくなくなって、ドローンと呼ばれる無人航空機も身近なものになってきましたが、Nexco西日本のブースではドローンの展示説明をされていました。




アップでみると、こんな感じ。




今回は行政系の防災対策室的なブースも多々見かけました。こちらは、豊中市のブース。




お約束。弊社も加入しております。関西広域連合のブース。




こちらは気象庁のブース。竜巻発生再現装置が置かれてました。入れ替わり立ち代り、色んなヒトが説明を聞いてました。竜巻もひとごとではなくなってきてますからね...




こちらもお約束。国土交通省 近畿地方整備局のブース。お世話になります。




防災小物系をまとめたブース。車いすを人力車スタイルにしたものが展示されてました。なるほど、これなら災害時にスムーズに移動ができる...けど、引っ張るヒトの体力が心配^^;。




ホンダエコカーの展示。今回の展示では、ホンダ以外にもいくつか、出てました。




作った電気で扇風機回したり、ポットも沸かせるぞ!ってところでしょうか...




土のう立てだそうです。今回、土木系資材のブースをあまり見かけなかったような気がします...




月面基地などシミズドリームでおなじみの清水建設のブース...意外とあっさり??




個人的には、一番興味津々でした。^^;
カシオテクノ(株)のブース。びっくりなのは、360度映せる魚眼レンズみたいなので部屋の四隅を捉え、各ポジションを平面画像処理して、映し出せるというカメラを開発してるとか...しかも、お値段30万とそんなに高くない...

あと、熱感知カメラとかも扱ってるんだそうです。こちらは公園などの防犯に利用だそうです。ちょっとお値段が張るようですが...

さらに、太陽光パネルと合わせた監視カメラみたいなのもありました。晴れた日なら、4日分ぐらい可動できる電力供給が可能だとか。

丁寧に説明頂いたご担当者さま、有難うございました。m( __ __ )m。




屋外の展示。
こちらもお約束の地震体験車がありました。(パラソス邪魔だったですね^^;)

毎度、この体験車は見かけるのですが、こっ恥ずかしくて、遠慮してたわたくし。
今回は空いてたのもありますが、体験してみました。

阪神淡路大震災級の揺れを再現してもらいましたが、ダメですね、アレ。(T_T)
実際にあんな大地震に遭遇したら、生きてる自信がありません。
機会があれば皆様もどうぞ。




そして、はしご車なんかも体験できるようでした。こちらは未体験。
以前、別の防災訓練で乗ったことあるし...

今回の展示では、吸水土のうなんかもありましたが、前回に比べると止水系の機器をあまり見かけなかったのと、シェルター系のものも少なかったように思います。
どちらかというと、ネットワーク機器関連の展示が多かったですね。

あと、併設で建築材料・住宅設備総合展関西エクステリアフェアも同時開催してたわりには、お客さんの入が少なかったような...

土木関係の弊社としては、ちょっとがっかりかな、という感じでした。

【関連記事】

【イベント情報】第一回 『震災対策技術展』大阪 開催

防犯防災総合展in kansai 2013に行ってきました。(2013)







posted by ケイエフ at 09:07| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナーレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする