2017年09月28日

食欲の秋、だから??食べ物系ライフハック2つ




エンゲル係数が高い人には朗報!...いや、そういう人はもう知ってたりするのかな?^^;

【まずは松屋のライフハック】


まずひとつ目は、松屋。

個人的にはあまり利用する機会がないのでシステム自体もよく解らないですが、「松屋」ではどんぶりやフードメニューを注文するとセットでお味噌汁が付いてくるという嬉しいサービスがあるようですが、このお味噌汁を180円追加すれば豚汁に変更できるんだそうですね。

ここからがライフハックなのですが、

実はこの豚汁変更システム、味噌汁をもらう権利は無くならない

んだそうです。

180円出して『豚汁を追加する』、という感じでイメージするとしっくりくるんですかね^^;

このライフハックを伝えているのは、秒刊サンデーで、詳細は記事を読んで頂ければよいかと思いますがお店側の発想として、『汁に汁なんで、2つも汁物いらんやろ』ということであえて出していない、そうです。

というわけで、味噌汁もほしい方は、豚汁に変更する場合

「豚汁に変更、味噌汁も下さい!」

と言えばよいようです。

【もうひとつはココイチカレー】


そして、もうひとつはココ壱のカレー。

こちらはココ壱のカレーとドリンクを約300円安くする裏技、だそうです。
ネタ元はロケットニュース
詳細は記事を読んで頂ければよいかと思いますが、早い話が

ハーフカレー+単品白ご飯+ドリンクを頼んで、カレールーを無料でおかわりすれば、約300円お得

というお話のようです。
お店のシステムとして、カレールーは1回限り無料でおかわり出来るらしい...

【景気がいいのか、悪いのか...】


最近、こういった乞食速報な記事をよく見かけますが、これって、儲かってるから企業がどんどんサービスしちゃう!なのか、全然景気がよくならないから、お店に来てもらうためにお店が断腸の思いで無茶振りしてるのか、よく解らないですねぇ...

ま、飽食の秋なので安上がりにお腹いっぱいになりたい方はチャレンジジョイしてみてはどうでしょ?

【関連記事】


今年もやるらしい...深夜の体験型ホラーイベント「闇商店街・怨」

【乞食速報】明日9/22までだ、急げ!中華の幸楽苑が食事代の半額券を配布するキャンペーン実施中

【乞食速報】行ったことがない上京人にはチャンス!90周年記念行事 東急池上線が一日乗り放題になる!





(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!






posted by ケイエフ at 13:14| 大阪 ☀| Comment(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

電力を住宅間で融通して光熱費ダウンになる『街』 パナホームが販売


Photo credit: haru__q via Visual hunt / CC BY-SA

※イメージ画像です。

普及するんですかね、このシステム...電気代というライフラインコストに対してどう折り合いをつけるんだろうか?

【電気の地産地消、共有】


日本経済新聞の伝えるところによりますと、 パナホームが21日、太陽電池を搭載した住宅同士で電力を融通し合うシステムを導入した住宅事業を兵庫県芦屋市で始めると発表した、とのことです。

外部の大規模発電所に頼らないため、住民の電気料金を5分の1程度に抑えられ、災害時も住宅地内で生活に必要な電力を自給できる、住宅を2018年8月に発売し、同12月からシステムの運用を始める、と記事は続けています。

仕組みを同記事より引用させて頂くと、
各住宅には太陽電池と蓄電池、家庭用エネルギー管理システム(HEMS)を設置。各戸の蓄電池の残量や電力の使用状況をコンピューターで分析し、電力が余っている住宅から不足している住宅へと、専用の電線を使って電気をやり取りする。

となっています。

でもって、足りない分は外部の電力事業者から再生可能エネルギーで発電した電力を購入する、んだそうです。

【電気代が気になる...】


記事では、電気代を5分の1程度に抑えられる、とありますが月の電気代って一律なんですかね?^^;
そんなわけないですよね...

スマートジャパンでもこのニュースを取り上げてますが、どうやらこのスマートシティ、戸建住宅だけでなくマンションも同じエリアにできるようです。

同記事では、
エネルギーを創り出しやすいタイプの住宅とそうでない住宅を組み合わせることで、街区全体の正味の一次エネルギー消費量をゼロにするという考え方だ。

と説明している。

さらに、この太陽光発電(マンション部分)は災害時には自立運転に切り替え、共用部分の電力として供給され、共用部照明や水道等が使えるようなしくみ、らしい。

こういうった”共有”の仕組みは、某格安通信会社が余った通信パケットの共有でやってたりしますが、そこでもやっぱり当初は各人が払ってる料金絡みの問題が発生してました。

ライフラインであり生活費の中の結構な部分を締めるコストである電気代となると、事前説明で納得できるかどうかでしょうね。

しかし、ライフラインな部分に関しては地産地消できるのが一番安上がりな気がするので、将来的にはこのような形でインフラ整備されると住民としてはありがたいと思いますが...

また、こういったシステムは災害が発生したときにどれだけのパフォーマンスを発揮できるかなので、実際に街として機能した後の実績が気になるところです。

【おまけ】
太陽光発電つながりで、biglobeに興味深い記事が...

『<太陽光>休耕田メガソーラー 山里境界、獣害抑止も 京都』

農業従事者の高齢に伴い、休耕田に野生動物が住み着いて困るので、太陽光発電で獣害対策も期待、という内容です。

【関連記事】


標準設置になるといいな...コンセントのデッドスペースに収まる着せ替えスマートデバイス『Swidget』

お高いですが仮設住宅によいかも...10分で完成するコンテナハウス『Ten Fold』

電脳神頼みが実現!? IoTな神棚 爆誕


(株)ケイエフの土ほぐし機 エアースコップ



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!






posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月27日

詐欺じゃなかったのか^^;...ポテチの袋はなんであんなに空気が入ってる??


Photo credit: yto via VisualHunt / CC BY

※イメージ画像です。

メーカーさん、ごめんなさいm(_ _)m 容量詐欺だと思ってました^^;

【理由は酸化防止】


ロケットニュースが『【素朴な疑問 】なんでポテチの袋って空気がいっぱい入っているの!?』を取り上げています。

誰しも、一度は疑問に思い、なんか損してる気分になったことがあるはず!
筆者は詐欺だ!とばかり思ってました。^^;

しかも、この記事、かなり勉強になりますよ。
まず、ポテチバッグの半分以上が空気な理由、それは...

あれは空気ではなく、無味無臭の窒素。でもって、窒素が入れられてる理由はポテチの油の酸化防止。
さらに、袋をふくらませることでボロボロになるのを防止している、というのも理由だそうです。


なるほど、納得。
記事にはさらに入ってる窒素の割合とかメーカーごとの比較なんかの記述もあったりして面白いので、お暇なときにでも読んでみてはどうでしょ?

【ポテチ雑学ほかにも】


ちなみに、ポテチはほんのちょっと食べただけでも(数日続ければ)、すぐ太っちゃいますよね?
その理由は、糖分が多いから、だそうです。詳細は『緩やか糖質制限』というサイトに詳しく書かれているので、ご参照を。

さらに、ポテチを食べてる最中は水分を取ってはいかんのだそうです。その理由はcaroriというサイトによると、
ポテチを食べていると、塩分などで喉が渇き、水分を飲みたいという欲求が出てきますが、この水分を飲みたいという欲求が、これ以上ポテチを食べたいという欲求を薄れさせます。

ここで水分を飲んでしまうと、リセットされ、またポテチを食べたいという欲求が出てきてしまうので、ついつい食べ過ぎてしまう原因になります。

だからだそうです。

なるほど...さらに同記事では食べ終わったらウーロン茶を飲むようにしましょうと薦めています。
この理由はよく知られてますね、脂肪を分解してくれるからです。

食べすぎてしまう方は参考にされてみてはどうでしょ。
とは言っても食欲の秋ですしねぇ...^^;

【関連記事】


3つの材料でスニーカーが真っ白に蘇る技がすごい。

【人柱企画】日本製だとやっぱキツいか?一石二鳥のバーニングツナ缶メシは実用的か!?

どうやって事前チェックする?? 非常食、食べて食中毒 東京の高校の防災訓練で

これぞ究極のポテチか!?ガラスのように透き通ったポテチの作り方。(2014)





(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!







posted by ケイエフ at 13:04| 大阪 ☀| Comment(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

道路施設の点検要領の策定の最後、道路のり面点検要領策定 国交省


Photo credit: tatsuya.spyral via Visualhunt.com / CC BY-NC-SA

※イメージ画像です。

【道路施設の点検要領の策定の最後】


日刊建設工業新聞の伝えるところによりますと、国土交通省は、道路のり面を構成する切り土、盛り土、擁壁に特化した道路土工構造物の点検要領を策定した、とのことです。

記事によりますと、規模が比較的大きい高さ15メートル程度以上の切り土と高さ10メートル程度以上の盛り土を「特定道路土工構造物」と位置付け、地方自治体などの道路管理者に対して5年ごとに近接目視による点検の実施を求める、近く道路管理者に通知する、とのことです。

詳細は記事を読んで頂ければよいかと思いますが、ざっくり要点だけ要約すると、
・地域で防災上重要かつ走行量が多い都道府県道・市町村道ののり面に適用
・点検要領で特定道路土工構造物と位置付ける大規模な切り土と盛り土は、道路管理者に5年に1回を目安とする近接目視による定期点検の実施
・いずれものり面を保護する擁壁などの施設や排水施設も定期点検の対象

など説明されています。記事にはさらに詳細があるので、業界関係者の方はご一読されたほうがよいでしょう。

【老朽化が進む構造物】


自然災害による各種の構造物の崩壊も然ることながら、既存構造物の老朽化もここ数年の課題ですね。
トンネル内の壁面崩落とかよくニュースになってたりしますしね。

それでなくてもこのところのゲリラ豪雨は一気に雨量が増える傾向にあるので、重要なポイントです。
事故が発生する前にしっかり補修しておいてほしいところです。

【関連記事】


ポイントは『停止』出来るかどうか、運転中に自然災害に遭遇したら、どうする?

道路のSA/PAの清掃員の方は、なぜ頭に風船をつけているのか?

狙いは中小企業への導入促進...ICT工事普及へ各ブロックでモデル事業実施 国交省

お金ないから撤去で!...補修見送り、老朽トンネル・橋、全国で

トンネル工事中に落石、作業員肋骨を折る大ケガ 長崎道トンネル


(株)ケイエフの強力空気搬送機 ジェクター



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!






posted by ケイエフ at 08:29| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月26日

お隣の大国の空港は想像以上に未来だったでござる、と話題



※画像は@chinshonatsuyoさんのツイートよりキャプチャさせて頂きました。


ほぉ...これはすごいな。日本はやらないんですかね?

【多機能カートがすごい】


@chinshonatsuyoさんのツイートで、お隣の大国 中国の空港のカートがすごいと話題です。

それがこちら。


確かにこれはすごい...搭乗券をスキャンすれば搭乗口までナビゲートしてくれて、映画も見れて至れりつくせりなんだとか...しかも無料ですって、奥さん┐(´д`)┌ヤレヤレ

【もはやモバイルバッテリーすらダサい、らしい...】


同ツイートに書き込まれてるコメントにもなかなかの情報が...このカート、スマホの充電もできちゃうらしい。

そして、中国の小学生の間では、もはやモバイルバッテリーを持ち歩くのも”ダサい”んだとか工エエェェ(´д`)ェェエエ工
なぜなら、一元(日本円で約17円)で充電できる、というのがその理由だとか...。

日本だと近いものが横浜のGUにあるらしい( ̄ロ ̄|||)なんと!?


そういや、GUって大阪でも無人レジ化してるとこがありましたね^^;

いっそのこと、先のカート、スケボーみたいなのになってて航空券スキャンしたら、勝手に誘導してくれるようになるといいのにね。(^^)

【関連記事】


海外人びっくり...見よ!これが日本のソフトクームロボ『やすかわくん』だ!

表情や微妙な仕草はもはや人間...3DCGの女子高生『Saya』、ミスiD pr動画公開

レーザー加工がご自宅で!kickstarterにポータブルレーザー加工機『Cubiio』登場

大丈夫か!?ロボ労働者...ワシントンDCで警備ロボ、水没





(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!







posted by ケイエフ at 13:04| 大阪 ☀| Comment(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

台風18号の爪痕深く...臼杵城跡で法面が2か所崩落、現地調査、大分


Photo credit: RaymondChen via Visualhunt.com / CC BY-NC-ND

※イメージ画像です。

今後の天気も気になるところですが、復旧進みますかね?

【臼杵城跡で法面崩落】


OBS大分放送ニュースの伝えるところによりますと、台風18号によって県内の文化財にも被害が相次いでいて、臼杵市では臼杵城跡で法面が崩落していて、県や市が20日、現地調査を実施した、とのことです。

臼杵と言えば、大分合同新聞も同地域の土砂災害の爪痕のニュースを流しています。

記事によりますと、台風18号の影響で、不通区間となったJR日豊線の臼杵―市棚(宮崎県延岡市)間は、運転再開まで数カ月以上かかり、長期化する見通しであることが21日、関係者への取材で分かった、とのことです。

記事より一部引用させて頂きますと、
不通区間では複数箇所で土砂が線路をふさいでいる。関係者によると、徳浦の現場は数十メートルにわたって土砂が堆積。山沿いにあり、現場に向かうには狭い道やトンネルを経るため、大型の車両や重機を運び込むのが困難という。

だそうで、秋の長雨シーズンには痛い状況ですね。

【1ヶ月予報だと平年並み】


周辺住民の方からすると、交通手段が使えない、または遠回りすることになると生活に支障が出て困るので早いとこ復旧してほしいところなんでしょうが、状況が状況なので致し方ないところでしょうか。
心情お察し致します。

tenki.jpの一ヶ月予報を見る限り、降雨量は平年並みまたはやや低いかも、が40%の確率です。

どちらも早く復旧するといいですね。

【関連記事】


日本縦断台風18号、各所で土砂災害

台風前に...石狩で土砂崩れ、豪雨で582人に避難指示

工事中に再発しなければよいのですが...地すべり対策に14億円、崩落面に複数亀裂の二次災害防止も 大分県


(株)ケイエフのモルタル吹付け用補強繊維



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!





posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月25日

標準設置になるといいな...コンセントのデッドスペースに収まる着せ替えスマートデバイス『Swidget』




将来的にはおうちのコンセントがこういう形で、デファクトスタンダードになってくれると助かるんだが...

【デッドスペースの有効活用】


TABILABOで紹介されていた、『Swidget』というスマートコンセントがナイスですよ。
記事によると、このアイテム、コンセントとコンセントの間のデッドスペース(ほんとにデッドスペースなの??)にスマートデバイスを突っ込むことで、色んなことを実現してしまおうというコンセプトです。

例えば、何が出来るか?...室内監視カメラ、アロマディフューザー、不審者への警告スピーカー、家電のスイッチコントロールなどなど。

動画をどうぞ。4分弱です。



同製品は、Kickstarterで目標額の2倍以上の105,886ドル(約1,181万円)を集めて、すでに終了してるわけですが、現状では利用できるアイテム数も限られ、北米に特化した電圧設定となっていることから、次回の出品もあるのでは?と記事は期待しています。

【問題はセキュリティかな?】


日本でもすでにスマート家電が出てきており、IoT(もののインターネット)と言われて久しいですが、インターネットにつながる機器が家にあり、そこにアクセスするということは、インターネットと家の間にドアをつけるわけで、そこをどう守るかが鍵となりますね。

セキュリティ問題でよく言われるのは、『完璧なセキュリティはない。十分なセキュリティがあるだけ』。

一歩間違えば、個人情報ダダ漏れ状態になりかねないので、取扱は慎重にしないといけないですが、それさえ押さえておけばこんなに便利なものはありません。

差し替えするだけで色んな機能が使えるようになるのはよいですね。
こういうのがデファクトスタンダードで設置されるような時代になることを祈るばかりです。

【関連記事】


レーザー加工がご自宅で!kickstarterにポータブルレーザー加工機『Cubiio』登場

建築デザイナーが作った幻想的な3D間接照明『KIRUMA』がかっこいい。

お盆休み周りに気になったニュースあれこれ その3

この手があったな!カーテン・ブラインド型の太陽光発電『SolarGaps』

最大80メートルの距離を一発計測できるレーザー距離計「VH-80」





(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 13:00| 大阪 ☁| Comment(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1ヘクタール18分で植林する、ドローンを使った植林システムが注目




これは面白い。それでもまだダメなのか...

【エリア情報収集して植林プラン作成】


カラパイアで紹介されていたドローンを使った新しい植林システムが未来っぽいです。

このシステムを研究・開発してるのはバイオカーボン・エンジニアリング社

詳細は記事を読んで頂ければよいかと思いますが、ざっくり要約すると、植林したい場所の地形、障害物などの情報をドローンで収集し、植林プランを作成、その地に適した樹木のシードポッドをドローンで投下する、というものです。

説明動画があるので、どうぞ。2分弱です。



シードポッドは生分解性のようで、いずれ土に還る仕様なんだとか。
このシステムが新しい、そして革新的だという理由は、蒔いた種の生存率の高さにある、らしいです。

さらに、
ドローン1台で、1ヘクタール分植林するのにかかる時間はわずか18分。技術的には、一人で6台のドローンを同時に操縦することも可能だ。この場合、1日に10万本を植えることができる。規制によって一人で1台しか操縦できない場合でも、人間の手よりは10倍早く、また、半分のコストで植林することが可能なのである。

と記事は続けています。すごい。

【まさにグランドデザイン】


それでも同システムはまだまだ開発途上だそうで、
しかし、十分というにはまだ程遠いのです」とフェドレンコさんは言う。「2030年までに、インドの大きさと同じだけの地域を森林に戻さなければならないのです。息を飲むような話です。現在のスピードでは不可能なのです。これが、私たちが開発を続ける理由であり、そもそもの動機なのです

と同社はコメントしているようです。

こうなってくると、ほんとにデザイナーの域ですね。
どんなシードポッドなのか判りませんが、鳥やほかの動物に食べられるリスクも少なそうですし。

ドローンも今後、Aiなんかと絡んでいくと、さらに進化しそうで楽しみですね。

【関連記事】


お盆休み周りに気になったニュースあれこれ その2

日本だと作っただけで即逮捕されそう...お手製『ドローンキャッチャー』がすごい。

これは見たい!インテルドローンライトショーが長崎ハウステンボスで開催中、らしい。

( ̄ロ ̄|||)なんと!?参加無料なのに賞金まで出る!?『ドローンによる鹿検知コンペティション』参加チームの募集開始

色々広がりそうですね...ドローンレースの動画がすごい未来感だと話題


(株)ケイエフののり面緑化工法 植物誘導吹付工



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!







posted by ケイエフ at 08:32| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月22日

マジで??アレを使うのは端から邪道とな!?...KFCのチキンの”おいしい”食べ方




おいしいものを食べるには、多少のリスクは仕方ない!ということか┐(´д`)┌ヤレヤレ

【パーツによって違う】


皆様はケンタッキー・フライド・チキンが好きですか?個人的にはあまり好きではありません。^^;
勿論、決してお安くないだけあって美味しいですが。

そんなKFCの『おいしい』食べ方を本家が公式youtubeで公開している、とガジェット通信が伝えています。

いくつか、公開されてるので、3つほどご紹介。
どれも、1分程度の映像です。

まずは、サイ(腰)編



続いてウィング編



さらにドラム編



【アレは使わないのが流儀】


名古屋のなんとかって言う鶏肉屋も似たようなこと言ってたような...
ところで記事に衝撃的な一文が...

最後は「あばら骨をしゃぶる」こともオススメされており、骨をしゃぶるという感覚があまりなかったので、これにも少し衝撃を受けた。
またペーパーナプキンを使うことも推奨していない。確かに、ペーパーナプキンを使うと衣が剥がれてしまうことがある。


( ̄ロ ̄|||)なんと!...お行儀の悪い...ことが推奨されているのですね(T_T)。
ペーパーナプキンを使うな、ということは、端から手がベトベトになることなんか、気にするな!ってことなんですか。..._| ̄|○ ガクッ

ますます縁遠くなりそうです^^;
美味の飽くなき探究に勤しんでらっしゃる方は、同記事をくまなく読んで美味しくご賞味ください。


【関連記事】


【乞食速報】明日9/22までだ、急げ!中華の幸楽苑が食事代の半額券を配布するキャンペーン実施中

【人柱企画】日本製だとやっぱキツいか?一石二鳥のバーニングツナ缶メシは実用的か!?

3つの材料でスニーカーが真っ白に蘇る技がすごい。





(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!






posted by ケイエフ at 13:00| 大阪 ☀| Comment(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アルパカもやってくる! 土木フェスティバル10/15@長岡市・越後丘陵公園




※画像は、新潟県のサイトのパンフレットよりキャプチャさせて頂きました。

アルパカは触ってみたいかも^^;...

【重機の試乗体験も】


建設通信新聞公式ブログの伝えるところによりますと、10月15日、長岡市の国営越後丘陵公園で第28回土木フェスティバルを開催する、そうです。

主催は、北陸地方整備局国営越後丘陵公園事務所と信濃川河川事務所、湯沢砂防事務所、長岡国道事務所、北陸技術事務所、新潟県長岡地域振興局地域整備部、長岡市、NEXCO東日本新潟支社長岡管理事務所、新潟県建設業協会長岡支部のようです。

詳細は同イベントのパンフレット(PDFファイル)をご覧頂ければよいかと思いますが、

・開催日:2017年10月15日(日)9:30〜16:30

・参加無料

・参加するには事前申込が必要

・午前の部と午後の部があり、各20名

・申込は、はがき、FAX、メールが利用可能

となっています。

ちょっと先のイベントなので、お天気がどうなるか解らないですが、このところの異常気象による自然災害多発な日本、色々勉強になるのではないかと思います。

お時間に都合のつく方は参加されてみてはどうでしょ?

【関連記事】


日本縦断台風18号、各所で土砂災害

地震、大雨、落石、床下浸水...先週末大荒れの日本

のり面保護工事施工外部分だった...佐渡一周線で土砂崩れ 新潟


(株)ケイエフの簡易吹付け法枠工 イージーシェルフ工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!







posted by ケイエフ at 08:37| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする