2018年01月25日

クルマの屋根の雪は落としてから走ろう、という映像




これは怖い...まだまだ雪が降りそうな気候なので気をつけましょう。

【このあとどうしたんだろうか?】


小太郎ブログで紹介されていた映像がとてもよい教訓になります。

時折クルマの屋根に雪が積もったまま走ってるクルマを見かけますが、コレ見たらそんなこと出来なくなりますよ。

この映像をアップしてるのは@yharu229さんという方です。




ご自身のツイートでもコメントされてますが、ほんと最悪死にますよ?
ヒィー((((゚Д゚))))ガタガタ−
お気をつけください。

【関連記事】


ツイッター利用による災害救助要請のひとつのアイデア

これは酷い...偶然釣り上げたカワカマスが人害に遭っていた件(2017)

考えるきっかけとしてはよいかと...『マンガでわかる、「ミサイルが飛んできた時に取るべき行動」』北海道庁(2017)

過ぎたるは及ばざるが如し...納豆の食べ過ぎは注意しましょう。(2017)

じーちゃんばーちゃんは必見!...とある賢老がやってるクレカ詐欺対策が秀逸(2017)





(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








ラベル:防災 屋根 クルマ
posted by ケイエフ at 13:02| 大阪 ☀| Comment(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

住宅裏ののり面崩落、2世帯7人が公民館へ避難 17日 氷見市

Photo credit: Lainmoon on VisualHunt.com / CC BY-NC-SA

※イメージ画像です。

この寒波も影響してるんですかね??

【2世帯が避難】


チューリップテレビの伝えるところによりますと、17日、氷見市で、住宅の裏庭の「のり面」が崩れているのが見つかった、とのことです。

崩落は、高さ5メートル、幅26メートルに及んでいて、2世帯あわせて7人が近くの公民館に自主避難した、けが人は出ていないと記事は続けています。

さらに、現在は土砂の動きはないが、崩落した「のり面」の下には、ほかにも住宅が立ち並んでいることから、氷見市は周辺の住民にも注意を呼びかけている、とのことです。

【造成地の崩落も増えてる??】


ちょっと前に近鉄沿線の住宅の造成地が崩落した事故がありましたが、最近、住宅地付近ののり面崩落のニュースもちょこちょこ見受けられますね。

寒波の影響とかもあるんでしょうか?
大雪になった関東以北では気温が上がったときがまた怖いですね。

【関連記事】


あわや大惨事...落石でスピード落としたら土砂災害

豪雨・融雪による土砂災害発生件数が過去 10 年で最大を記録 国交省、H29の土砂災害発生件数速報値を発表(2017)

相模原の新斎場候補地、台風21号で8箇所土砂崩れ(2017)


(株)ケイエフの簡易吹付け法枠工 イージーシェルフ工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!






posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月24日

リアルに使えそうなワイヤレス充電が世界最大の家電見本市「CES」に登場した、らしい。



Ossia社のサイトよりキャプチャさせて頂きました。

昨日ご紹介した給電・通信できるウェアラブルセルフォームとセットにすると、かなり色々使えそうですね。

【10m離れても充電可能】


カミアプで紹介されていた、今月12日まで開催されていた世界最大の家電見本市「CES」に登場した、本物のワイヤレス充電技術がすごい、と話題です。

このワイヤレス充電「Cota®」を開発したのは、米ワシントンに拠点を置くワイヤレス充電技術について研究・開発する企業Ossia、だそうです。

記事より一部説明を引用させて頂くと、
この「Cota®」はWi-Fiと同じ2.4Ghz帯域の電波を使用し、スマホやPCなどを遠隔で充電する技術。
iPhone等に搭載されている「Qi」とは違い、充電台にセットしなくてもOK。なんと10m離れてても充電ができるそうです。

実用レベルとして「2mの距離で2ワットの電力を提供」することを考えているとのことですよ。


【充電している空間での影響は??】


こういう遠隔で見えない”何か”が飛び交うような環境というのは、その中に人間がいるとどうなるんだろう?と思ってしまうのですが^^;

どういう原理でワイヤレス給電されるのかよく解らないのでなんとも言えませんが、人間のカラダを通過するときになんか影響ないんですかね?^^;

ただでさえ静電気でバチバチしているのに...^^;

ただ、コードなしで充電可能なら、重たいバッテリーを持ち運んで作業しているような環境ではかなり楽になりますね。

今後の開発が気になるところです。

【関連記事】


温度の変化で浮き出る塗料、というのがすごい件(2017)

これは楽しみ!IBMとディズニーが映画の中の未来アイテムを実現する『サイエンス&スターウォーズ』(2017)

採取簡単な発電物質...二次元物質『グラフェン』で電池いらずになる??(2017)

この手があったな!カーテン・ブラインド型の太陽光発電『SolarGaps』(2017)

電脳神頼みが実現!? IoTな神棚 爆誕(2017)





(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!






posted by ケイエフ at 13:10| 大阪 ☁| Comment(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あわや大惨事...落石でスピード落としたら土砂災害



テレ朝ニュースの動画よりキャプチャさせて頂きました。

これは怖い。よく止まったものです。

【間一髪、ドライバーは無事】


テレ朝ニュースの伝えるところによりますと、中国・四川で山道を走行しているときにドライバーが落石を発見、スピードを落とした次の瞬間突然、土砂崩れが発生。ドライバーは慌てて急ブレーキを踏み間一髪で助かった、そうです。

記事に映像がありますが、巻き込まれていたら間違いなくスクラップ状態です。

【小さな現象を見逃さないように...】


このドライバーも最初に落ちてきた落石で一度止まったのがよかったわけで、前兆現象をよく観察して冷静に判断することが必要ですね。

クルマに乗ってるとなかなか難しいところですが...
山間部をクルマで移動する際は、周りの状況を意識しながら移動しましょう。

【関連記事】


落石防止ネット外れて、作業員に直撃 死亡事故 いわき市(2017)

これは酷い...道路脇のり面崩落、愛媛(2017)

心肺停止で発見...山の掘削中に足場崩れ 作業員の男性生き埋め(2017)

落ちる前に打つ!...ノルウェーの落石対策が豪快。(2017)

無人島なのに??横須賀の無人島 猿島で土砂崩れ、男女5人がけが(2017)


(株)ケイエフの植生基材注入工 グリングリーンマット工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!






posted by ケイエフ at 08:37| 大阪 ☔| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月23日

全身コンセントにできる繊維『ウェアラブル セルフォーム』帝人が開発



engadget日本版の動画よりキャプチャさせて頂きました。

薄型電池と組み合わせれば、色々捗りそうです。

【配線不要で通信&給電が可能】


engadget日本語版で紹介されていた『ウェアラブル セルフォーム』がなかなかすごいですよ。

詳細は動画を見て頂ければよいかと思いますが、洗濯も出来るしぐにゃぐにゃ折り曲げたりも出来るらしい。
では動画をどうぞ。4分程度です。



使用用途などは、これからコラボして開拓していきたいっぽいので、我こそは!と思う方はなにかご提案してみてはどうですかね?

【関連記事】


新素材となるか!?キノコと木くずから作った『菌糸木材』(2017)

革新的研究開発推進プログラムから新素材、『繊維強化ゲル』開発(2017)

熱して固めればコンクリートブロックも持ち上げられるポリマー素材「BRAEÖN」(2017)

スウェーデンの奴とは別?...理化学研究所、化学的に蜘蛛の糸を合成する方法を開発





(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!







posted by ケイエフ at 13:02| 大阪 ☔| Comment(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

二次災害で被害拡大...重機2台が民家を直撃 神戸



※イメージ画像です。

あいや...これはキツい...

【1台は助けようとして失敗】


yahooニュースの伝えるところによりますと、神戸市垂水区塩屋北町2丁目で、21日午後5時20分ごろ、「パワーショベルが家を壊した」と付近の住民から110番通報があった、とのことです。

記事によりますと、作業中のパワーショベルがのり面を滑り落ち、民家に衝突、その重機を起こそうとしたもう一台のパワーショベルがバランスを崩し、隣家に衝突する、という不幸な事故となった模様。

【一台目のときに安全確認すべきでは...】


被害にあった民家から両方ともけが人は出ていない、とのことなのでよかったです。
現場の状況がどうだったのかはよく解りませんが、一台目が滑り落ちたときに状況をよく考えて行動すべきでは?と思いますが...

今週は気候的にも厳しい状況なので、屋外で作業される方は体調その他、色んな状況を考え事故をおこなさないように注意しましょう。

【関連記事】


ツイッター利用による災害救助要請のひとつのアイデア

落石防止ネット外れて、作業員に直撃 死亡事故 いわき市(2017)

心肺停止で発見...山の掘削中に足場崩れ 作業員の男性生き埋め(2017)

台湾で落石 日本人男性巻き込まれる 9日(2017)


(株)ケイエフのリモコン式無人掘削工法 セーフティークライマー工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!






posted by ケイエフ at 08:41| 大阪 ☔| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月22日

あなたはどのタイプ?投資家診断をやってみた。




性格が出ますよね、こういうの^^;

【どんなタイプの投資が向いてるか、を診断】


ひろぶろで紹介されていた、『投資家診断』。
全然投資に縁のない人、興味のない人もたまにはご自身の性格を再認識する意味でもやってみてはどうでしょ?

ちなみに、同診断は野村證券かなんかの診断のようです。
診断してみようと思う方はこちら。

【設問内容が...】


筆者は、やってみたら上記のようにマイホーム購入か賃貸か合理的に判断できるタイプの投資家、だそうです。

( ´_ゝ`)フーン...で、どういう意味??
投資で儲ける資質があるってこと?ないってこと?

性格が出てしまうのは確かですが、こと本来の投資の条件が筆者にはハードル高すぎでした(T_T)
昔、大学の商法の教授が、『株は、どぶに捨ててもいいカネが100万円あったらやってもいいが、必要な貯金しかないならやめておけ』と言われたので、それを今でも守っているチキンな筆者です^^;

【関連記事】


今までで一番判りやすい...年末ジャンボで1等を当てるということは...(2017)






(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!







posted by ケイエフ at 13:09| 大阪 ☁| Comment(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人材難のこれからは”自己修復系”が必須...というお話

Photo credit: dcdan on Visualhunt / CC BY-NC-SA

※イメージ画像です。

コントロール出来るんかい??と思っていた細菌系のお話ですが、やっと謎が解けました^^;

【すでに実用化されたものも...】


yahooニュースの記事に『細菌で「自己治癒」するコンクリートとは』というコラムがあります。

非常に興味深い内容で、建築・土木系の方は読んでおいて損はない内容になっているので、詳細は記事を読んで頂ければよいかと思いますが、ざっくり言うと自己修復するコンクリートの開発が進んでいて、実用化もすでにされている、という内容です。

記事にコンクリートのヒビ割れの原因も記載されていました。一部引用させて頂くと、
...特にコンクリートはヒビ割れと劣化がつきもので、短期的には水和熱によるヒビ割れが起き、中長期的には収縮や地盤変化、アルカリ骨材反応など多様なヒビ割れが起きる。
コンクリートにヒビが入れば、中の鉄筋が腐食して膨張することで劣化が一気に進む。...


いわゆるクラックと言うヤツでしょうけど、そんなに種類があったんですね^^;
そりゃそうか...

クラックの自然修復系の材料は、いくらか筆者も見たり聞いたりしたことはありましたが、記事によると現在市場にある修復はせいぜい0.2ミリ程度のクラックしか修復できないようです。

現在研究が行われてるコンクリートに細菌をまぜて自動修復機能付きコンクリートを造る方法だと、
これは雨や空気中の二酸化炭素を利用する技術に似ているが、比較的大きなヒビにも対応が可能で充填能力や結合力も強く、熱による影響を受けにくくコンクリートとの相性もいい。

と記事は伝えており、比較的大きなクラックも自己修復できる模様。

記事ではオランダとアメリカの研究が紹介されています。

【細菌を休眠させる】


こういった細菌というヤツは、必要なときに必要な能力を発揮してくれるのか?という疑問があったのですが、記事によると、混ぜる際に餌と一緒に微小カプセルに入れて活性化させる、というか活動させるようにして能力を発揮させるんですね。

なるほど、それなら必要なときにがんばってくれそうです。
日本の場合、少子高齢化で公共工事の財源確保も微妙になってくるので、自己修復してくれるならそれに越したことはないです。

今後注目の技術ですね。

【関連記事】


年末年始に気になったニュース 2018 その4

革新的研究開発推進プログラムから新素材、『繊維強化ゲル』開発(2017)


(株)ケイエフの、のり面モルタル補強繊維



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!









posted by ケイエフ at 08:38| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月19日

クラウドファンディングの新たな利用法...寿司割烹『然』makuakeでVip会員募集中




どうせなら接待用の会員権にすればよかったのに...

【100万で半年寿司食べ放題、日本酒飲み放題のプランも】


favyというサイトで紹介されていたんですが、寿司割烹『然』がリニューアルオープンで会員制・完全予約制となるんだそうです。

よく解らないですが、その会員権プランをクラウドファンディングサイト『makuake』で募集しているようで、プランの中のびっくりプランが、『1,000,000円コース』。

このコースを支援すると、半年間お料理とお酒が食べ飲み放題になる、そうです。
勿論、会員権を持ってる人だけですけど...

100万円を180日で割ると、1日あたり5555.55...円なので、毎日通えば5500円強でお寿司と日本酒が食べ放題、飲み放題、というわけですね。^^;

リッチな人にはお得なのかもしれません。

ほかにも2万円でおまかせコース+飲み放題+個室利用コース(1回だけ)などいくつかリーズナブルなコースが用意されてるようで、目標金額50万円に対してすでに115万円を集めているようです。


【クラウドファンディングで会員権販売】


一番びっくりなのはクラウドファンディングで会員権を販売するという方法です。
こんな使い方もあるのか、とちょっと目からウロコでした。

見た感じ、高級料亭っぽいお店で、個人で何度も行くよりはVipなお客さんを連れていくようなところっぽいので接待コース的なコースを用意したほうがいいんじゃないのか?と思ったりしたんですが...^^;

色んなクラウドファンディングサイトの利用法があるもんですね。
仮想通貨でがっつり儲けた”億り人”な方、どうですか?( ̄ー ̄)ニヤリ

【関連記事】


学生さんが返済不要のプロジェクト資金を調達する方法は?

【乞食速報】プロしか飲めない街か!?...東京には24時間2400円飲み放題の居酒屋がある、らしい。(2017)

【乞食速報】予約が取れたら昼休みズラして、もあり? かっぱ寿司、禁断の食べ放題を全国展開へ(2017)





(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!






posted by ケイエフ at 13:06| 大阪 ☀| Comment(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ツイッター利用による災害救助要請のひとつのアイデア

Photo credit: MDGovpics on Visualhunt / CC BY

※イメージ画像です。

先日、『ルールづくりが必要...九州豪雨時の“救助要請”ツイッター、被災者から3%』と言う記事をアップしたところ、ツイッターによる救助要請にかかる諸所の課題を解決しつつ迅速かつ有効に救助要請が可能になるひとつのアイデアを教えて頂きましたので、ご紹介したいと思います。

【ハッシュタグとジオタグ利用で課題解決に...】


この情報をお送り頂いたのは、元国土交通省国土技術政策総合研究所 稲野 茂氏という方で、氏が2017年9月21日の第41回防災コミュニティ研究会で用いたスライドも併せてご紹介頂きました。

情報提供有難うございますm(_ _)m

早速、ご教授頂いたスライドショーを拝読させて頂いたのですが、非常に丁寧に、そして詳細にツイッター利用による救助要請案を解説されていらっしゃいます。

ご本人さまに同スライドの埋め込み許可を頂いたので、当ブログでも貼らせていただきます。



出典元:slideshare
https://www.slideshare.net/maod1/41-80091058

スライドは149ページに及ぶ一見膨大な量のように思えますが、1ページあたりのテキスト量は苦になるほどではないのでさらっと読んでいけます。

ツイッターをよく活用されてる方はお時間のあるときにご覧になってみては如何かと思います。

スライドショーの中には、色んな自治体での実施例も紹介されているので、行政の皆様は参考にされるとよいのではないかと思います。

【ポイントはやはり個人情報保護か?】


スライドの中でこれはいいんじゃないか、と思ったのは、東海大学内田研究室が開発したアプリ『DITS(Disaster Information Tweeting System)』。

ここにアクセスして投稿すれば、自動的にジオタグ(位置情報)を付加したツイートができるようなので、ご自身のツイッターアカウントの設定を変更することなく、位置情報付きのツイートが可能です。

ただし、ご利用のブラウザーの位置情報を読み取って付加されるようなので、ご自宅や居場所がバレたら困る場所でのご利用はしないほうがいいですが。(ここ重要^^;)

スライドの中で紹介されている事例を見る限り、そんなにノイズ(いたずら投稿)は見られないようなので、拡散力を考えると、やはり救助要請手段としては有能な気がします。

こういうのはトライアンドエラーで、使っていけば、新たな課題が出てきたり、改善が進むことが期待できるので、やっていく上で修正しながら、というのがよいかと思います。

うまく機能するようになるとよいですね。


【関連記事】


夏休みは危険が一杯!アブナイカモ親子が子供の事故防止を啓発中!

やはり電話が一番...SNSでの救助要請の効能

ルールづくりが必要...九州豪雨時の“救助要請”ツイッター、被災者から3%


(株)ケイエフの土ほぐし機 エアースコップ



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!







posted by ケイエフ at 08:30| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする