2018年03月22日

これはあかんやつや!ニュージーランドで発生した『粒状流』が怖い。




こんなスピードで来られたら、手のつけようがないですよね(T_T)

【一般的な現象のひとつ、だと...】


@kininaruutyu氏がツイートにアップしていた『粒状流』という動画が怖いです。

まずは動画をどうぞ。



氏のツイートによると、ニュージーランドで非常事態宣言が出されるほどのサイクロンに見舞われた際の映像ということで、2月20日の災害のようです。

これについては、カラパイアが記事にしているようで、記事に”粒上流”の説明もあるので、引用させて頂くと、
「これは壮大な粒状流の一つです。奇妙な光景に見えますが非常に一般的な現象であり、文献でもよく記載されているもので、小石が粒子のようになり流体のようにふるまう現象なんですよ」

どうやらこれは堆積物が重力で流れる現象の一つで、岩石が砕けるなどしてある一定のサイズにそろった石が大量にある状態で起きるものらしい。なお、山から流れ出た無数の石たちは扇状に堆積していくという。

だそうです。

【落ちたら一巻の終わり】


落ちたら即死ですね(T_T)...というか、近くいいるだけで危ないですよね。
ときどきでっかい石も飛び跳ねてるみたいだし...

こんな現象に遭遇しないことを祈るしかないですね。

【関連記事】


豪雨・融雪による土砂災害発生件数が過去 10 年で最大を記録 国交省、H29の土砂災害発生件数速報値を発表
(2017)


22日に土石流6回...飯山市の土砂崩落現場(2017)

まるで石の川やん!...登山中に土石流が来てとっさに逃げる登山者の映像(2016)※動画はリンク切れです。


(株)ケイエフのリモコン式無人掘削工法 セーフティークライマー工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!





posted by ケイエフ at 08:44| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月20日

今一番タケコプターに近いデバイス!?『Lunavity』




これは楽しそう。

【月面歩行のようなふわっと感を地上で。】



techalbeで紹介されていた、『Lunavity』がとても未来を感じる楽しいアイテムになりそうです。

記事によると、同アイテムは東京大学・暦本研究室の学生らが開発したバックパック。
さらに詳細が記事に記されているので、引用させて頂くと、
Lunavityは、バックパックとマルチローターで構成されるデバイス。バックパックをランドセルのよう背負うと、頭上に16台のローターがくる。

特別にボタンなどで操作する必要はなく、Lunavityは人の動きに合わせてジャンプをアシストするので、装着した人は体が軽くなってふわりと宙に浮く。


まさに現代版タケコプターって感じですね。(ただし、飛行は出来ないようですが...)
とりあえず、動画もあるので、どうぞ。実際に飛んでるところはコンセプト動画っぽいですが...



【自転車の代わりになれば...。】


将来的に、自転車の代わりぐらいのアイテムになってくれたら楽しそうです。
ただ、ローターがあんなに付いてるとめちゃくちゃうるさそうですけど^^;。

今後の開発が楽しみですね。

【関連記事】


いい時代ですねぇ...中高生が高度な科学分野で論文作ったりチャレンジできる『PEIJジュニアリサーチャー』募集中

ちょっとヤバイ方向へ進んでないですか?...盆栽をAIでペット化?『BonsAI』

へぇ....ヘリコプターのエンジンはどうやってあの巨体を飛ばしているか?の解説動画

チキチキマシンかよ!?...未来の消防車がなんか漫画チックな件






(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!







posted by ケイエフ at 13:04| 大阪 ☔| Comment(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

googleがトンネル掘削技術に参入?「HyperSciences」



※Gif画像は、IEEE Spectrumというサイトより拝借しました。

もうよくわからない世界ですね^^;

【ピストルみたいな掘削システム】


Googleがトンネル工事技術に参入するかもしれない、とtechableが伝えています。
正確には、HyperSciencesという掘削技術を買収するんじゃないか、という憶測なんですが...当のGoogle本体は否定している、と記事は伝えています。

この「HyperSciences」という掘削技術について、記事が丁寧に説明してくれているので引用させて頂くと、
HyperSciencesは、ドリルの前方からコンクリートによる発射体を秒速2km以上で発射する斬新な掘削システムを開発している。発射体は数秒おきに発射され、岩面を崩壊させていく。

地表から7km掘り下げる同社のシステムは、既存のシステムの10倍の深さで井戸を掘ることができ、世界中のあらゆる場所で地熱エネルギーの利用を可能にする

というものらしいです。

上記のGif画像がそのイメージのようで、IEEE Spectrumというサイトから拝借しました。^^;

この技術を使えば、1/5のコストで、2.5倍のスピードでトンネル掘削ができるんだとか...

【どこに向かっているのやら...】


イーロン・マスク氏のhyperloop構想といい、今回の、Googleが注目するトンネル掘削技術といい、最近のお金持ちは土木に興味津々なんですかね?^^;

やっぱ、この2者の構想からして見ている先は宇宙なんでしょうか...
このHyperSciencesで実際に掘削しているところを見てみたいものです。

【関連記事】


現況と約0.1秒前の画像を繰り返し比較で落石予兆を察知 大林組と岡山大学がシステム開発

もはや重機の近くにいる必要すらない、と!?...auの5Gで建機を遠隔操作、実証実験成功


(株)ケイエフの土ほぐし機 エアースコップ



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!






posted by ケイエフ at 08:38| 大阪 ☔| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月19日

5000円もいらないのか!?....赤外線センサー搭載のかわいいロボット『フォロ』




もはや、子供のお小遣いレベルでこんな高機能なロボットが買えちゃうんですね。

【3800円はちょっと衝撃。】


IT media life styleで紹介されていたロボットがちょっと楽しそうです。

イーケイジャパンが3月13日に発表した、6脚歩行機能を備えたロボットキット「フォロ」というのがそれで、価格は3800円(税別)と子供のお小遣いレベルで買えちゃうロボット。

驚くべきはその機能。記事より引用させて頂くと、
6本の足で歩行するギミックを備えた小型ロボット工作キットで、“顔”の部分に赤外線センサーを内蔵。手などを認識して追いかけるように動く「なかよしモード」と、障害物を避けるように自動で動き回る「たんけんモード」の2種類のモードを備えた。

んだそうです。

動画もあるので、どうぞ。



ロボットキットなので、組立は自分でやるようですが、4月中旬に発売予定だそうです。
魔改造したら、ちょっと楽しそうなヤツになりそうです。

【これもびっくりですが...】


小型ロボットが一葉ちゃん一枚で買えちゃうのもびっくりなんですが、今どきのロボットってそんなに安いのかと思って、『一万円以下で買えるロボット』と検索してみたら...

ロボット掃除機って、今、一万円以下でも買えちゃうんですね。^^;
性能は如何なものか、解りませんが...すごい時代です...

あと、ロボットチリトリってのもあるようですよ。(((*≧艸≦)ププッ

【関連記事】


有能だったでござる^^;...スーパーモンスターウルフ実用化へ

なんでも出来るなぁ...家庭菜園の収穫ができるLEGO『Harvest Machine』






(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!






posted by ケイエフ at 13:04| 大阪 ☔| Comment(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

凍結土の上を土砂流出?...東富士演習場内で自衛隊員死亡事故の原因

Photo credit: dice-kt on VisualHunt.com / CC BY-SA

※イメージ画像です。

イメージがわかないんですが、土砂崩れとはまた別なんですかね?

【スラッシュ雪崩も怪しい?】


静岡新聞SBSの伝えるところによりますと、小山町の陸上自衛隊東富士演習場内で5日、男性2人が亡くなった事故で、演習場上流域の富士山東側斜面にある渓谷を起点に土砂流出が起きていたことが11日、林野庁静岡森林管理署などの調査で分かった、とのことです。

記事で気になる部分は、
災害当時の気象状況などから「起点付近の土壌が凍結し、水が地中にしみ込まずに地表を伝って渓流に流れ込んだことが大規模な土砂流出の主な原因となった可能性がある」

と調査に参加した今泉文寿静岡大農学部准教授がコメントしているところです。

【雪解けの季節なので山間部は要注意です。】


記事からだけでは解らないですが、要するに土壌が凍結している状態で、上の部分の雪だけが溶けるか、雨が降ったとかで、その水が渓流に合流して勢いついて土砂を運んだってことですかね?

もしそうなら、これからの季節の登山とか山間部の作業って危ないですね。
ま、さすがに富士山ほどの高さではないところがほとんどなので、土壌が凍結したままというのは、ここ最近の気温からは考えにくいですが...

それでも雪解けで大量の水が川に流れていくので、登山される方や山間部でお仕事される方は要注意です。

こんなスタイルの土砂災害があるんですね...土中に水が染み込まないとか、凍結で。

【関連記事】


道路寸断...浜松市の国道で土砂崩れ 天竜区

雪解けや雨に注意!...ゲレンデ崩落、県道ふさぐ 愛知

これは怖い...富士山大沢川の標高1500m付近でスラッシュ雪崩



(株)ケイエフの、作業員の命を守る、法面の安全ネット あんえいネット



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 08:48| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月16日

安い...のか?でも便利!金属パーツが1個からオーダーできちゃう金属加工ネットショップ『METALWORKS』オープン

Photo credit: HIRAOKA,Yasunobu on VisualHunt.com / CC BY-ND

※イメージ画像です。

金額的に安いのかどうか、頼んだことないので解りませんが、確かに便利!

【パーツ一個からオーダー可能】


Gizmodoの伝えるところによりますと、オンライン上から、イラストレベル製図で金属パーツを1個から制作してくれる、『METAL WORKS』というオンラインショップがオープンしたようです。

記事によりますと、加工前に3Dモデル図を確認でき、イラストは手書きもOK。
制作事例としては、同社のプレスリリースによりますと、
製作事例
各種取付固定金具(テレビ、スピーカー、カメラ、プロジェクター等)
金属製ダクト、ポール(支柱)、看板、支持台、架台、ラック(棚)、キャビネット(収容箱)、机
家具、アウトドア用品、車、バイクのパーツなど、etc…

と、市販品もあるけど、サイズが合わなかったりオリジナルなモノがほしい、というものを作ってもらえるようです。

価格はモノにもよりますが、1,000円から製作可能だとか。

【何より敷居が下がるのはよいことです。】


価格が安いのかどうかは、こういうの頼んだことないのでなんとも言えないんですが、個人的には、金属加工屋さんって、小ロットとか試作品とかでも結構な金額を見積もられそうなイメージ。

Web上から、こんなん作ったらいくらぐらいで出来る??というのが出来るのはよいことですね。
見積は無料だそうです。

あと、数千円レベルから出来ると思うと、ちょっと頼みやすくなるかも。
製作事例というか、こんなんだったらコレぐらいの金額という目安をもっと提示してもらえると助かりますね。

手軽にオリジナルなメタルアイテムが作れるとなると、ますますDIYが捗りそうです。

【関連記事】


最近の気なるWebサービス3つ

なんど見てもすごい...ミクロレベルの隙間を加工しちゃう金属加工会社の技(2017)

アリかもしれないが...東京五輪2020のメダルはリサイクルで(2017)







(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!







posted by ケイエフ at 13:03| 大阪 ☀| Comment(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【閲覧注意】なぜ彼女は挑んだのか!?...土砂崩れの第二波に挑んだ女性 ペルー




微動だにしてないのも怖いが...

【結構ショッキングな映像です。】


1000mgで紹介されていた映像が衝撃的です。ペルーのクスコで撮影されたらしい動画なんですが、土砂崩れが発生した現場で、なぜか、山に挑む女性が...

動画は50秒ほどです。



記事によると、酔っ払っていたらしいですが...
にしても、もっとびっくりなのは、土砂崩れがあった現場に半端ない人が集まってますね。
近寄ったらダメでしょ??
よい子の皆は絶対マネしないようにしましょう。

【関連記事】


道路寸断...浜松市の国道で土砂崩れ 天竜区

これは怖い...富士山大沢川の標高1500m付近でスラッシュ雪崩

あわや大惨事...落石でスピード落としたら土砂災害

年末年始に気になったニュース2018 その3



(株)ケイエフの簡易吹付法枠工 イージーシェルフ工法



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!





posted by ケイエフ at 08:39| 大阪 ☀| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月15日

人類が月に持ち込んだゴミの量が結構な量だった、件

Roving HillsRoving Hills / NASA on The Commons

※イメージ画像です。

これは興味深いですね。

【回収できるわけもなく...】


Gigazineがちょっと面白いデータを取り上げています。
それは『人類は月にどのぐらいの量の「ゴミ」を残してきたのか?』というものです。

詳細は記事を読んで頂ければよいかと思いますが、これまで1959年にソ連が打ち上げた球体の宇宙船「ルナ2号」が月面に衝突して以来、幾度となく人類は月に物資を運んだり降り立ったりして、そのたびに月面に『ゴミ』を残してきたわけです。

その量は記事より引用させて頂くと、
ソ連とアメリカによる探査の後を追って、ヨーロッパや日本、インド、中国なども探査のために月に大小さまざまな探査船を送りこみました。その結果、月面に投棄または放置されてきた「ゴミ」の量は、なんと189トン以上にものぼるとのこと。

だそうです。

概ね200トンぐらいあるわけですが、それが一体どれくらいのものかと思ってぐぐってみたら、ニュースでも話題になった東北震災の際に民家の上に乗り上げた船が200トンだそうなので、結構な量です。

あと、今世間を騒がせている”アノ問題”の売却地から出てきたゴミも200トンだとか(参考:@info_9 )^^;

さらに記事によりますと、英語版Wikipediaのページには、これらの”ゴミ”の内訳公開されているようです。
List of artificial objects on the Moon』 by wikipedia

【宇宙人がリサイクルとか...^^;】


持って帰る燃料もなく、かと言って宇宙空間で爆破?と思ってもみましたが、ゴミが月から宇宙空間に移動するだけか?と思ってもみたり...^^;

宇宙人がうまくリサイクしてくれるといいんですが、そこまでいくと漫画の世界ですね^^;

将来、月に移住とかいう話が現実になった場合、すでにゴミだらけになってるかもしれません。
そう考えるとちょっと萎えますね。

そういうや、一時流行りましたよね?月の土地の販売...購入された方の土地はすでにゴミ捨て場になってるかも...

【関連記事】


気分はゼロ・グラビティ...船外活動を体験できる『Spacewalk filmed in 360』(2017)

こんなに??...風力発電の知られざる弊害が話題に。(2017)

これは酷い...偶然釣り上げたカワカマスが人害に遭っていた件(2017)





(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!







ラベル:環境 ゴミ 衛星
posted by ケイエフ at 13:03| 大阪 | Comment(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハーネスの準備は大丈夫ですか?第13次労働災害防止計画 答申 厚労省




ハーネス型安全帯の準備は大丈夫ですか?

【死亡事故の4割が転落、墜落】


日経コンストラクション 2018年3月12号に、『労働死者15%以上削減へ』という記事が掲載されています。
記事の内容は、厚生労働省の「第13次労働災害防止計画」について労働政策審議会が答申というプレスリリースに基づいて書かれているようです。

詳細は同誌でご確認頂ければよいかと思います、ざっくり説明すると

■墜落・転落防止に高所作業者はフルハーネス型保護具の着用を原則とする

■オリンピック関係の建設業者は長時間労働の削減

■厚労省 労働政策審議会が厚労省大臣に答申

■2018年から2022年までの5年間に17年比、15%削減

■過重労働による自殺削減のたメンタルヘルス対策も盛り込む


という内容になっています。

また厚生労働省の、この『第13次労働災害防止計画』については、ネット上で確認可能(PDFファイル)です。

【業界的にはモデルチェンジも】


いよいよ、ハーネス型安全帯本格導入の波が現実味を帯びてきましたね。
安全具を取扱いしております弊社にもメーカーさんから、現行のモデルの製造が近い内に中止になり、ハーネス型の安全具へと移行するというお話しもありましたし。
(2018年1月現在の情報ですが、現状のスケジュール感をまとめた資料をイプロスというサイトで公開しております。よろしければ併せてご覧頂ければ幸いです。)

建設業関係での労働災害が全体の1/3とも言われているので、少しでも現場での安全確保のためにも、ハーネス型安全をご検討ください。
弊社でも建設・土木業界でご使用の安全具を多数取扱っておりますので、お気軽にご相談頂ければ幸いです。

【関連記事】


安全確認は十分に...下水道工事で土砂に埋もれ作業員死亡

フルハーネス着用必須...あべのハルカス、日本一のビル屋上に屋外デッキ設置

また事故か...堤防護岸工事現場で、土砂が崩落 福岡

掘削作業中に土砂崩れ 排水路で作業中の男性重体

重機がのり面から川へ転落 作業者、腕が下敷きに

二次災害で被害拡大...重機2台が民家を直撃 神戸



(株)ケイエフののり面工事・土木工事関係の安全具



(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!






posted by ケイエフ at 08:47| 大阪 ☁| Comment(0) | 今日の気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月14日

どっちなんだろ?やっぱ○テキ?ホース遊びをしていたクマの災難




うーむ、背中がかゆいんじゃ?って見えるんですが、やっぱ○テキ食らった感じですか?^^;
いずれにせよ、動きは面白いです。

【悶絶するクマを初めてみた。】


temita.jpで紹介されていたクマの映像がコミカルで面白いです。(当の本人はたまったもんじゃないでしょうけど。(((*≧艸≦)ププッ)

ホースで遊んでいたクマ、ホースが外れて勢いよくアソコ付近に...



個人的には足に当たってるような気がしますが...タンスの門に足の小指ぶつけた、的な...
しかし、クマの弱点がちょっと見えたような気がします。( ̄ー ̄)ニヤリ
クマに襲われそうになったら、ホースも有効な武器になるかも^^;

【関連記事】


さすが??...英国の街灯広告がブラックだと話題

ちょっとヤバイ方向へ進んでないですか?...盆栽をAIでペット化?『BonsAI』

マジ?CG?...ネズミがシンクでカラダ洗ってたでござる。

有能だったでござる^^;...スーパーモンスターウルフ実用化へ

敵かな!?、味方かな!?...シカを襲う野犬目撃情報相次ぐ 京都





(株)ケイエフの更新履歴 KF Logs、絶賛更新中!








posted by ケイエフ at 13:03| 大阪 | Comment(0) | スタッフ・ルーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする